• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Woo3!のブログ一覧

2007年11月27日 イイね!

餅3時のオヤツ、今日はアイスクリーム。

出向先の主任技術者T氏のおごりらしい。
ありがたい事です。
夏は飲み物をまとめて10本くれるし、オヤツ時にはアイスやスナック菓子を、残業が遅くなりそうな時も差し入れしてくれます。
さて今日は・・・

いろいろと種類があったので普通のじゃおもしろくないとコレを選びいただきます。

ガブ・・・なんですか?この固さは。
ガブガブ・・・真ん中辺りに白い塊がありました。
口の中で溶けてきてやっと解りました。

餅です。

そういえばキナコ餅の絵が袋に描いてあったな。せいぜい味だけだろうと高をくくっていたんですが、やられました。
あ、美味しいんですが餅が棒から離れるのが意外と早く落としそうになったので急いで口にほうばったという訳。
Posted at 2007/11/27 18:42:30 | コメント(0) | 気になる事・人・モノ | 日記
2007年11月26日 イイね!

奇抜なアイテム

奇抜なアイテムなんかこう奇抜なアイテムはないかいな。

例えばFグリルにくるくる回る羽根を付けるとか(子供っぽいな)

24系のようなアンテナを天井に付けるとか(赤くオールペンして角をつけるか)

360度モニターカメラの搭載(全天カメラは不要、道路や空が見えても仕方がない)
エルグランドだったかには標準装備らしい、いいなあそれ。

油圧式のジャッキを4つつけるとか(マッ○号か)

momoステの真ん中にGボタンつけてインタークーラーのインテークから鳥が飛び出すようにするとか(まさにマッ○号じゃないか)(できそうだけど)

変形してロボットになるとか(サイバトロンか!)

リアスポ(リア窓のすぐ下のやつ)にLEDサインボードを埋め込んで後続車に
「この先検問中」
「急停車注意」
「あおるな!」
「おとといきやがれ!」
などと表示出来るようにするとか、サインボード自体が傾いて可変スポイラー兼用になるとか
(あおられるだけじゃ済まないかも)

なんだかマンガっぽくなってきた。

普通のでいい、普通ので。
(本文と写真は無関係です)
Posted at 2007/11/26 19:03:17 | コメント(2) | DIY | クルマ
2007年11月19日 イイね!

オールペン 続き

オールペンをする前に 足付け という作業がある。
普通の板金屋さんでは塗装を全部はがしてから下地、上塗りを施しますが、オールペンでは既存の塗装の上に塗るというもの。
塗料が食いつきやすくするために、表面のクリア塗料に細かい傷を付けます。
耐水ペーパーの600番くらいで表面がテカらなくなるまで、簡単に言えば顔が写らなくなるまで擦り落とすのです。
これが意外とたいへんな作業。

幸いなことに樹脂製パーツについてはざっとペーパーかけをするだけです。
注意しなければならないのは縁の部分。
一番塗料が乗り(残り)にくいということ。
例えばドアの縁、ボンネットの先端など。
表面積が線状ですのであまり擦りすぎると下地が出てしまいます。
工場での電気塗装と異なるので注意が必要とのこと。
足付けには丸一日かけても足りないくらいの時間がかかります。
もう両腕、両足とも棒になるくらいたいへんなのです。
機械で出来ればよいのですが、熟練した人でも難しいという作業なので素人には無理。
耐水ペーパーで丹念に磨いていくしかありません。

夏場は汗だく、冬場は水が冷たいのでやりたくありません。
メタボな身体を酷使してダイエットも兼ねるなら夏の方がいいでしょう。

足付けが終わったら塗装前の一仕事。
ゴムのモールは引っ張れば簡単に取れます。
ヘッドライトやサイドターンランプ、テールランプなどナットで固定されているものは撤去しておきます。
ゴムのモール部分、リアゲートダンパー、エンジンルーム内、タイヤホイール、鍵穴、ウインドウ、ルーフレール、ドアの内側、ボディ部と接触する部分、塗りたくない所は全てマスキングしておきます。
マスキングには専用の剥がれやすい黄色いテープ(細かい部分はテープだけで)、テープが端についた幅の広いわら半紙、新聞紙、幅の広いビニール(非常に薄い)などを(面積の広い部分はこれで)貼り付けていきます。
貼られていない箇所は全て塗料が乗ってしまいますので、慎重に作業を行います。
曲線が多い車は相当な苦労を強いられると思われます。
実際、19系カルの場合も半日以上かかってしまいました。

塗装専用の換気設備の整ったブースで塗装を行います。
運転席の窓だけ開けた状態でマスキングを終えたらブースまで移動して停車。
運転席側の窓、ドア開口部、タイヤホイールなどにマスキングを終えたら、塗装の準備を行います。

ブースの周囲にあるビニール製のカーテンを全部閉じます。
換気ファンを全開で回しながら車体表面に付いているゴミや埃をエアダスターで吹き飛ばします。
全体の埃が取れたら、脱脂剤で表面に残っている油脂、皮脂などを除去。
再度エアで埃を飛ばして塗装開始です。

本塗りの前にざっと吹いて食いつきやすくします。
天井面やボンネットフードのように面積の広い部分から順番に吹いて行き、徐々に塗料が重なるように何度も塗り広げていくのです。
同じ箇所に吹き続けると垂れてきますから、一度全体にかけ終わったら少し乾燥を待ち、細かい部分や吹きにくい裏側などをこまかく吹き、様子を見ながら吹き続けていきます。
スプレーガンの吹き口は角度を変えられる他、量、細かさなどの調整が出来ますがそこはプロに任せて吹き方を指導してもらいながら自分で塗って行くのです。
ガンを右手で持った場合、エアホースは肩に掛けて左手でホースを引っ張りながら作業をすすめます。
ガンを持って塗装面から少し外れた場所に向けてレバーを引き、塗料が噴射し始めたら均一な速さで移動、吹き終わりは塗装面から外れた場所でレバーを戻します。
左右に動かす速さは早すぎても、遅すぎてもいけません。
ミストは全て換気ファンが吸い取ってくれます。
素人が塗装するとどうしてもムラが生じるので、途中でプロに見て貰い、ムラが出来ていたら修正をお願いします。
毎日やっていても一人前の塗装が出来るようになるまでには10年くらいかかるようです。

実は最初のオールペンの時は完全セルフ作業ではなくプロの力を借りたヘルプ作業だったのでマスキングを終えた私は塗装をプロに任せて帰宅しました。

えー!全部自分でやったんじゃないの?!と思われるでしょうけど時間的な制約があったのでやむを得ず。
さすがにプロの技で塗られた車体は液だれもなくムラもなく綺麗な仕上がりでした。

1週間後、工場を訪れるとマスキングの取れた車体がありました。
でもこれで終わりではないのです。
塗装を終えた車体表面は凸凹しているのでクリアの表面を均す必要があります。
最初は1000番くらいの耐水ペーパーを全体に掛けます。
一番最初の足付けと同じ要領です。
次に1500番くらいのを掛けます。

今度はコンパウンドを3種類使い分けて電動のポリッシャーで磨きを掛けます。
これが疲れる。
電動といっても身体全体で力を掛けながら押したり引いたりして表面を均一に磨いていくわけですから説明された通りにはなかなかうまくいきません。
プロがやるとスムーズに動くポリッシャーも素人が手に持つと暴れてうまく動かせない。
作業工賃が高いのは道具を使いこなせるプロだからこそなのだと体感させられたわけで納得がいきます。
3種類目の目の細かいコンパウンドで丹念に磨きを掛けて終了です。
磨き残しがないか確認します。
プロの目は鋭いもので素人目にはよくても、ここが、あそこがと指摘されます。

塗装前に表面を均す耐水ペーパー掛けを怠ると仕上げにも影響が出ます。
仕上げをしていると自分が妥協した箇所の荒が目立って情けなくなります。
ああ、やっぱりあの時妥協せずにやればよかったとか思うわけです。

塗装は奥が深い。
ほんの少しでもミスをすると最後にしっぺ返しを食うわけです。

Dラーの工場のメカニックには頭が下がります。
お客から預かった車を自分が納得出来るまでに仕上げる為には並大抵の苦労ではありません。
工賃が高いのはプロだからなのです。
プロ根性に敬礼!

補足
リアスポを塗った時のこと。
<040>スーパーホワイトⅡを塗った訳ですが、驚いたのは同じ<040>スーパーホワイトⅡでも9種類あるとのこと。
車種によっても違いますが、それぞれ微妙に色合いが異なります。
緑がかったもの、明るいもの、グレーが少し入ったもの、赤がはいっているもの、パターン見本を見せられても元の色がどれなのかわかりません。

実際にパターン見本と車体を並べてみても判断が付きかねるので一番近そうな見本を指定して調色してもらいました。
うむむ!塗装とは奥が深い。
Posted at 2007/11/19 16:34:34 | コメント(0) | DIY | クルマ
2007年11月16日 イイね!

オールペン

ふと#195をオールペンした時の事を思い出した。
最初はボディの凹みを修理するのが目的だった。
凹んだ部分を引っ張る道具、プロ用パテの種類の豊富さ、プロのパテ塗りの技を見て感激した。

レンタルガレージの料金表を見ていたら見慣れない言葉を耳にした。

オールペン

なんだろ?
その頃は知識が浅かったので聞いてみた。
「なんですかオールペンって」
全部塗装のことだと聞きカルチャーショック!
そんな事、出来るんだ?!
やり方や料金を聞いているうちに興味が湧いてきた。
しかしいくら安いと言っても軽く諭吉さんが10人くらいいっちゃいそうなので迷う。

板金補修はまだ半分くらいしか終わってない。
足付け(下地処理)をするなら今しかない。どうせ酒屋の車と馬鹿にされた色だからこの際オールペンして気分転換したいな、と思ってやる事にしたのだ。

後悔はしてないが予想以上にきつい作業だったので他人にはあまりお勧め出来ない。

DIYは経験を積めば積むほど楽しくなるって事を知って欲しい。
Posted at 2007/11/16 20:10:18 | コメント(1) | クルマ
2007年11月16日 イイね!

イカ棒製作案

イカ棒製作案図の下段は一般的に行われているアクリル棒に刻みを入れる手法。
上段は今回イカに手を抜くかと考えて、手が掛かりすぎるって事に後から気が付いて愕然とした例。(核爆)

一定間隔で刻みを入れるのは難しいし、しんどいのでなんとか手を抜けないかと考えて・・・板を積層状態にしたらどんなんだべと思っただけのこと。

枚数を計算したら幅500ミリの場合、250枚。
同じ高さではメリハリがないように思えたので1ミリずつ高さを変えようと、10ミリと11ミリにした。
計算すると必要な長さが・・・2625ミリ、2.6mも必要になる。
うーむむ、材料費がかかりすぎる。
それなら我慢して刻んだほうが安上がりか。

いやいや、待て待て。
ありがたいコメントを貰っていたじゃないか。
それだけじゃダメなんだよ、君。
(君って誰?誰?誰?・・・お、俺?!)
問題はLEDの光量というか輝度の問題なんじゃないか?
じゃあ片側に2個投入するか?
両側で4個、大奮発だ!

まだ実験段階なのでうまくいくかはわからないけど、やってみたーい。
・LEDじゃなくウェッジ球(電球)にしたら?
・光源部分をアルミホイルで包んで他に光が漏れないようにするとか
・熱収縮チューブで包むとか
・棒の背面部分にアルミテープを貼るとか
・白色かアルミか青色の塗装をしてみるとか
・デイライト化を諦める・・・OTZ・・・まあ、それはいいか。
DIYはカット&トライだーG7(古)
Posted at 2007/11/16 10:05:23 | コメント(0) | DIY | クルマ

プロフィール

一番の関心事が車! 車いぢり・・・ちょこちょこ小ワザ紹介中 純正が一番いい!だけどやっぱし・・・ 洗車・・・・もっぱら洗車機ぶっこみですがワックスは水...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2007/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

ニュートラル スイッチ 作成 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/10 20:45:52
致匠TM ドアストライカー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/02 12:16:29
助手席ドアミラーカメラのカバー製作 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/29 05:52:52

お友達

少し都会だけどやっぱりどこか田舎な町に来ました。

コルト・・・たまに見かけますがラリアートバージョンRは見ませんねー。
32 人のお友達がいます
つよ ぽんつよ ぽん * マ~くんマ~くん
tsahatsaha yuuki(.com)yuuki(.com)
タマ Tタマ T jinjin

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 コルトラリーアートバージョンR コルトくん (三菱 コルトラリーアートバージョンR)
排気量の割りによく走るらしいので期待してます
いすゞ アスカ いすゞ アスカ
就職して初めて自分の給料で買った車。1台目。NAVI5というオートマなのにマニュアルシフ ...
いすゞ ジェミニ いすゞ ジェミニ
2台目
ホンダ シビック 遅いシビックくん (ホンダ シビック)
3台目は新車と決めていたのと前の車(いすゞジェミニ)がECUの基板が逝っちゃったので急遽 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2005年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.