• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Baruのブログ一覧

2018年02月21日 イイね!

結局フルレンジ1発


DH-2203CMA 破損後にカー用のドームツイーターを試してみましたが、今風の音で好みではありまませんでした。

紙のツイーターを再設置しよう思いましたが、ハイパスコンデンサを組み直すのが面倒になり、久しぶりにフルレン ジ一発で聴いてみることにしました。


《 DIATONE P-610DA 》

ツイーターが無いとパッと聴きはつまらない音に感じますが、聴き込むと心地良く感じてきます。コンデンサが入ると濁りみたいなものを感じるからでしょうか?

ツイーターをいろいろ試して紙のツイーターに落ち着きましたが、改めてフルレンジ1発で聴いてみると、得るものもあれば失うものもあったって感じです。


このCDのあの曲で楽しもうと思って選曲しても、心地良くていつの間にか次の曲もそのまま聴いてしまいます。

車内環境が向上したせいか、以前よりは高域に不満を感じなくなってました。


結局フルレンジ1発に戻りました。
Posted at 2018/02/21 20:04:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年02月05日 イイね!

最後にドームツイーター


ミッドに DIATONE P610DA (16Ω) を使ってますが、社長は以前 P610DB (8Ω) をインストールした事があると伺いました。



社長が「P610 には紙のツイーターが合う」と仰り、紙のツイーターに変更した私は心の中で「ヨッシャシャー」と叫びました。

ところが「DIATONE のツイーターならありますよ」と、持ってこられたのは DH-2203CMA ドームツイーターで「このツイーターも面白い」と、譲ってくださりました。



確かに極性OKで、このバカでかいマグネットをみると鳴りそうな予感がします。1974年発売の DS-28B に搭載されていたもので、古いも物同士で P610 に合いそうな気もします。



車で径 124㎜ はすごく使いづらいですが、ホーン → リボン → ホーン → 紙 と試してきたので、この際最後にドームも試してみることにしました。


そこでまずコンデンサを選別し、6dB/oct -3dB クロス 5.4KHz ( 3.66μF ) で方チャンネルだけ鳴らしてみました。

すると、今風のキンキンする音とは真逆のしっとり落ち着く音になり、音にかなり厚みも増しました。音のキャラクターがツイーターよりになってしまいますが、これはこれで面白いです。

これは十分に試す価値があると思い、もう片方のツイーターも繋いで鳴らすと、

音が出ない!

抵抗を測るとオープン。両スピーカーともボイスコイルが切れたみたいです。ボリュームを絞っておかなかったから?

社長から譲り受けたツイーターが 残念なことになってしまいショックです。



ドームの音が忘れられないです。代わりを探してみます。
Posted at 2018/02/05 20:32:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月27日 イイね!

TA 調整確認


最近ボーカル系は殆どTA(タイムアライメント) で楽しむようになりました。

TAの調整はずっと自己流の無音調整でやってきたので、社長に確認をお願いしました。



最初にTAの正しい定位の状態を教えていただき、次に私の車を確認していただきました。

社長が車に乗り込むといきなり「このスピーカーが1位、次いでこれが2位、3位、4位」とおっしゃいました。

自分の調整には自信があったので???でした。


次に「CDを変えて下さい」と、そこで調整用のリファレンスCDに変えました。

すると今度は「OKです」と、調整は合格みたいです。


私がキョトンとした顔をしていると「CDが悪かったのですよ」と教えてくださりました。自分は今まで位相ばかりに気をとられ、そんな事は気にした事がありませんでした。

後で悪いCDを確認してみると確かに各スピーカーに1位~4位があり、新たな無音調整でのアンテナの持っていき方を勉強することができました。


今年初めてのショップ訪問でしたが、多忙な社長にお会いする事ができ、調整確認の他にもいろいろな事を教えていただきラッキーでした。
Posted at 2018/01/27 19:53:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月14日 イイね!

P610DAには紙のツイーターが合う


Technics EAS-5HH17G のツイーターを聴き込むと違和感を感じるようになりました。


高音の抜けが良くなると、今度はもう少し低音が欲しくなります。P610DA のフラットな特性が崩れた感じがします。

それと車の場合スピーカーを横から聴くので、高域が極端に落ち込む P610DA の弱点をツイーターで補なおうとしましたが、クロスが 20KHz と高いのでカバーしきれてない感じもします。


そこでアルニコホーンツイーターの音色は捨て難いですが、もう1つ試すことにしました。

Visaton TW6NG ペーパーコーンツイーター 8Ω □60㎜ です。



( 6dB/oct -3dBクロス 1.66μF 12KHz )


P610DA のフラットな特性を維持したまま高域が厚くなり、低音不足も気にならなくなりました。素朴なほっこりする感じの音で 、P610DA に一番きれいにはまった感じがします。


今回でツイーター検討 4回目になりましたが、ようやく紙のツイーターで落ち着きそうです。
Posted at 2018/01/14 20:34:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月27日 イイね!

ツイーター変更


もう1つ手持ちのツイーター Technics EAS-5HH17G を鳴らしてみました。



同じアルニコマグネットのせいか DIATONE P-610DA との相性が良く、つながりも良く感じます。

前ツイーター同様に周波数特性が 3KHz ~ 20KHz と高域は伸びていませんが、こちらは少し空気感を楽しめ、楽器の音の質感や、ボーカルの表現力がアップしました。これもアルニコマグネット効果でしょうか。

鳴らしてみて良かったです。これに決定です。
Posted at 2017/11/27 22:12:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

Baruです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

audioquest KING COBRA-2 3m,4m 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/22 15:47:25
自分なりに、ためしてガッテン! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/13 16:15:53
ニューヨークニューヨーク(^O^) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/24 13:54:48

お友達

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
自作でカーオーディオを楽しんでます♪
トヨタ プレミオ トヨタ プレミオ
トヨタ プレミオに乗っています。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.