• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年05月17日

高知旅行(2)

高知旅行(2)  翌朝、いつもどおりに目が覚めたので外を見たら、見事に雨が上がっていました。
早速カメラ片手に周辺を散策してみました。

ホテルも薄っすらと雲がかかったようで幻想的な雰囲気です。

あらためてブリッジの木組みを見てみました。

やはり凄いです。

高台からホテルを眺めてみました。

吊り天井の下はホテルの2階で、その下がレストランです。

ホテルの周辺は太郎川公園という自然公園で、水車小屋や茶堂が移築されていました。

関ヶ原合戦のころの時代に津野山郷各村々に茶堂が建てられ、厄払招福の祭りを執り行ったそうです。中には弘法大師像が祀られていたりして、今でも梼原町内には13棟が保存されているそうです。

明治時代の民家も保存されていて、その中の1軒は食事処でした。

さすが、自然と共生している町ですね。

朝食の後は早めにホテルを出発。四万十川を目指します。

ホントなら源流付近から河口まで走ってみたかったのですが、国道とは名ばかりの狭い場所も多く、しかも雨上がりの山の中を走るのは危険・・・ということで今回は断念。

比較的広めの道を走るために、一旦、梼原町から西方面を目指します。

経由地にしたのは「道の駅森の三角ぼうし」。

ここは愛媛県鬼北町にあって、その名の通り「鬼」がいました(笑


ここから四万十川中流域を目指して走りましたが、途中ではやはり狭いクネクネ道に何度も出会い、対向車を察知するのに気を使いました。

10時ころ、やっとこさ四万十川流域に到着。早速沈下橋巡りを始めます。

・・で、最初に岩間沈下橋に行ってみたらこんな感じ。

昨年秋に老朽化で崩落したそうで、当然ながら通行止めでした。
有名な沈下橋ですが、きちんと修復できるんでしょうか?

次はもう少し下流の勝間沈下橋へ。

橋脚が3本ある珍しい橋で、釣りバカ日誌の撮影現場にもなったそうです。

せっかくなのでアクセラで渡ってみました。

幅は十分広いはずなのに、やはり怖いですね^^;

更に下流へ走っていると屋形船の看板がありました。

次は11時に出航するとのことで申し込みました。

船着き場に行くと少し下流に沈下橋が見えます。

3番めに長い橋で、高瀬沈下橋というそうです。

大きめの屋形船には数人がかりでお弁当を運んでいました。団体さんが乗るみたいです。
我々はどうかと思ったら、少し小ぶりの屋形船に貸し切りでした^^;

船頭さんは「今日は忙しいのでアルバイトで来てます」とのことで、本業はなんと投網漁師さんだそうです。

この漁で食える(生活できる)のは全国的にも珍しいそうです。

先ずは下流へ・・・。通常コースでは高瀬沈下橋を潜るそうですが、昨日の雨で水かさが増しているため、危険とのことで断念。

代わりに、いつもは浅瀬で行けない上流域まで遡ってエンジン停止。

川の音と、時折の鳥が聴こえるだけという、なんとも四万十川らしい贅沢な時間を過ごしました。

その後は四万十市でランチ休憩をしただけで、ひたすら南を目指して走りました。

午後2時前、無事に足摺岬に到着。ジョン万次郎の像が迎えてくれます。

早速散策開始で先ずは足摺岬灯台へ向かいます。崖っぷちの小径から思い切り腕を海側に伸ばしてパチリ。

到着したら小ぶりな白亜の灯台でした。

続いて展望台へ。
右手に灯台が見えます。

左手には天狗の鼻と呼ばれる崖が見えます。

大きめの岩の上に人影があると思ってみていたら、迎えの船が来ました。

釣りバカはこんなところでも楽しめるんですね。

せっかくなので、天狗の鼻へ行ってみます。遠くに見えますが、崖っぷちの道を歩くと10分もかかりませんでした。

ここからは灯台が遠くに見えます。

足摺岬を堪能したので、今度は連れ合いが行ってみたいという四国八十八ヶ所巡りの第38番札所 蹉跎山 補陀洛院 金剛福寺へ。岬の駐車場からは歩いてすぐです。

行ってみたらいやはや凄く豪華?なお寺さんでした。
本格的なお遍路さんは2日かけてこの辺地のお寺へ歩いて来るそうです。




境内で外国人の女性と話している、お年を召した男性お遍路さんを発見。
「英語は全くわからないが、同じお遍路さんなので心が通じる」とのことでした。
相手の女性はオランダ人だったそうです。

更に話していると、なんと同じ埼玉県人だそう!。偶然にビックリでした。
しかも今回は四国八十八ヶ所巡りの4回目だそうで、超ベテランな御大でした。

この後はクルマでチョット移動して万次郎足湯へ。

ここの駐車場からパワースポット白山洞門を目指して崖を降りてみます。
花崗岩の海食洞としては日本最大級で県の天然記念物だそう。
狭くて急な階段をなんとか降りるとありました。

なんとなく洞門がハート型に見えますね。

洞門の真上の岩峰には白山神社が祀られています。しかしどうやってお参りするんだろ・・・

必死で階段を登って万次郎足湯へ戻ります。
無料なのでチョット中を覗いてみました。ここから白山洞門がバッチリ見えました(汗


この時点でホテルのチェックインには未だ余裕があったので、連れ合いご所望のジョン万次郎生家へ。

「中浜万次郎」という名は「中の浜の出身の万次郎」なんでしょうね。
行ってみたら中の浜地区の狭~い家並みの中に万次郎生家が再現されていました。
少なくとも現時点では観光地化されていませんね。

近所には高級な宗田節・鰹節の製造工場があって、おばちゃんたちがワイワイいいながら働いていました。


それはさておき、昨日の雨天で鍋焼きラーメンを食べたのに比べ、今日は晴天すぎるほどで汗ダクな老夫婦・・・(汗

早めにホテルに入ろう~
足摺岬から5分ほどの高台にある足摺テルメへチェックイン。

このホテル、最上階の5階がフロントで、つまりは崖に沿ってに下に向かって建っています。

老夫婦は階段移動が無いように、最上階が充てがわれておりました^^;

4階には図書ライブラリーやフリードリンクコーナーがあるんですね。

早速お出かけして数種類のワインを味わったのは云うまでもありません(爆

それからおもむろに温泉に入り、疲れを癒やします(温水プールもありました)。

夕食は黒潮コース。

鰹のタタキは勿論、お造りや清水ぶりの刺身など盛りだくさん。


この清水ブリはオプションです。

高知の地酒飲み比べセットをいただいたらもう、気持ち良すぎです(笑

あっという間に寝ついてしまいました。。。
ブログ一覧 | 旅行 | 日記
Posted at 2018/05/17 09:48:35

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

夏休み旅行(高知・柏島)まとめ 2 ...
Ssanさん

四国絶景めぐり3日間(2日目)
もりちゃんさん

足摺岬、四万十川... 本、読書. ...
晴耕雨読さん

四国カルスト~足摺岬ツーリング
tsworksさん

足摺岬ツーリング
RTriderさん

四国3、4日目
Amachanさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「ちちぶ車両基地酒場 in 横瀬 http://cvw.jp/b/143504/42193864/
何シテル?   11/17 18:04
趣味は車で、ドライブも車弄りも好きです。実用品の後付とかも・・・。 プロフィール画像は4番目の孫娘のLちゃん
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

j Factory 
カテゴリ:ショップ
2006/08/07 00:34:38
 

お友達

3代連続のVW GOLFから突如MB A45AMGに乗り換え。
なぜか、現在はボルボV40に乗っています。

でもVWが嫌いになったわけじゃありません。
思い返せばVWが自分に一番ピッタリな気がします。
クルマ好きの方ならどなたも大歓迎です。
152 人のお友達がいます
feriferi * TakaJunTakaJun *
まるにゃんまるにゃん * GTa郎GTa郎 *
masukiyomasukiyo * シークーシークー *

ファン

52 人のファンがいます

愛車一覧

ボルボ V40 ボルボ V40
V40 D40 R-DESIGN POLESTAR EDITION VOLVO90周年 ...
スバル インプレッサ スポーツ スバル インプレッサ スポーツ
2016年6月9日納車。 スバルディーラー認定中古車です。 HIDヘッドランプ,キーレス ...
メルセデス・ベンツ Aクラス higemas号 (メルセデス・ベンツ Aクラス)
2013年12月1日納車されました。 派手な外観と音。どうしましょ・・・
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
2010年7月2日納車。 3台連続のGOLFになりました。 VR4以来、久々の乗用車4W ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.