• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

wellsincreaseの愛車 [スバル レヴォーグ]

SI-DRIVEオート化ユニット取り付け①

カテゴリ : 電装系 > 電装パーツ > 取付・交換
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度★★
作業時間3時間以内
作業日 : 2018年02月04日
1
インプレッサネット製SI-DRIVEオート化ユニットを取り付けます。このパーツを取り付けることにより、
1.SI-DRIVEオート機能
2.EyeSight自動ON機能
3.MID・MFDスイッチ切替機能
4.レーンキープ・ハザードランプ切替機能
がプラスされます。
2
まずは運転席右側のパネルとステアリングコラム下部をばらします。その後、バッテリーのマイナス端子を外します。
3
次に運転席足元ののれん分けハーネスを引っ張り出し、イグニッション、ACC、パーキング、アースにエーモン製Y型接続端子を接続します。
4
SI-DRIVEオート化ユニットの赤、緑、黒、灰色のハーネスにギボシ端子をかしめた後、先ほどY型端子を取り付けたのれん分けハーネスに接続します。
5
次にアクセルペダルに接続しているカプラーを外したうえで、その中の赤青線にエーモン製電源取り出しコネクタを接続してアクセル信号を取出し、SI-DRIVEオート化ユニットの白線にギボシ端子をかしめて接続します。このカプラーを外すのと電源取り出しコネクターを接続するのが一番大変でした。
6
更にステアリングコラム右脇のカプラーにSI-DRIVEオート化ユニットのカプラーを割り込ませます。
7
その後、SI-DRIVEオート化ユニット本体をステアリングコラム奥にタイラップで固定します。その際、LEDランプユニットを接続し、メーター前に引き込んでおきます。
8
配線を整理し、外したパネルとコラムを元に戻します。

②に続く。

関連パーツレビュー

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

AVH自動ON機能追加

難易度: ★★

ドライブレコーダー取り付け

難易度:

USB電源ユニット追加

難易度:

リア ドライブレコーダー取り付け

難易度:

axis-partsシーケンシャルウインカー取り付け

難易度: ★★

後席スポットマップランプ加工(穴拡大)

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「[整備] #レヴォーグ インジケーターリング取り替え https://minkara.carview.co.jp/userid/1435749/car/2502959/5029048/note.aspx
何シテル?   11/04 07:27
wellsincreaseです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

お友達

3 人のお友達がいます
■kazu■■kazu■ * カドゥーとVMGカドゥーとVMG
MochicooooMochicoooo

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
2017/9/28にD型レヴォーグに乗り換えました。ナビ・オーディオ等パーツ関係は殆ど前 ...
トヨタ カルディナ トヨタ カルディナ
2017/9/28に所有期間14年11か月でスバル レヴォーグに乗り換えました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.