• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たく@独車一番!48・46二番!のブログ一覧

2018年11月02日 イイね!

新型(パサート)オルトラがようやく日本デビュー!

新型(パサート)オルトラがようやく日本デビュー!『VW パサート、シリーズ唯一の4WDモデル「オールトラック」発売 509万9000円より』

当ブログにこの記事を書いて1年以上が経ってますが、セダン&ヴァリアントに一足早く積まれた2.0TDI(190hp版)搭載は諦めることなく、やっと正式発表にこぎ着けた格好ですね。

てっきり先代から継承された1グレードのみの展開かな?と思っていたら、PHVのGTEやアルテオンR-ラインと同様、無印版と“アドバンス”の2種展開となったんですね。たぶん人気はアクティブインフォディスプレイといった豪華装備満載の後者に集中しそうな雰囲気がします。

現行モデル導入は本国デビューから時間を要したため、AKBのこの方よろしく「おーそーいっ!」(分かる人にはわかるフレーズ…)とツッコミたい気持ちもあるんですが、スケジュールの遅れは排ガス不正発覚の余波でこうなってしまったので、致し方ない点ではありますけどね。

気温の低下やスキーシーズンも重なるこの時期にぴったりなシート/ステアリングヒーターの全グレード標準装備を歓迎するユーザーもいそうですが、思えばそれはゴルフ(Ⅶ)のオルトラでも標準装備されていましたね…。
Posted at 2018/11/02 07:00:38 | ドイツ車(VW) | クルマ
2018年10月31日 イイね!

“ミラノエディション”のTDI搭載バージョン?

“ミラノエディション”のTDI搭載バージョン?『VW ゴルフ トゥーラン、ディーゼルモデルの限定車発売 レザーシート初採用』

トゥーランの特仕で、シートに上質な素材を使い、そして専用の17インチホイールも特別装備した…といえば、昨年登場の“ミラノエディション”を思い出しましたが、あのときも今回と同じく2色合計300台限定でした。

その“ミラノエディション”が1.4TSI搭載だったのに対し、今回登場の“プレミアム”は(日本仕様に追加されて間もない)2.0TDIを積ませた特仕になっているようですが、上級グレードのハイラインをベースとし、テクノロジーパッケージなどのオプションもふんだんに装備されているので、これは「“ミラノエディション”のリニューアル版であり、そのTDI搭載バージョンでもある」と思ったほうが分かりやすいですかね。



今回初採用されたレザーシート、見覚えのある柄で「もしや…」と思っていたら、案の定“ミラノエディション”に装着していたのとほぼ同じだったんですが、あちら用はマイクロフリース素材と組み合わされていたので、その素材が奢られていた部分も本革に置き換えられたということになりますね。

“プレミアム”がハイラインベースなら、“テックエディション”の第3弾(過去に1.4TSI搭載で2度発表されたので…)は今までに続きコンフォートラインベースで出しそうな気がするのは私だけでしょうか?
Posted at 2018/11/01 06:54:46 | ドイツ車(VW) | クルマ
2018年10月29日 イイね!

(T-ク・ω・ロス!)

(T-ク・ω・ロス!)予てより登場が予告されていた、現行ポロ派生の新SUV“T-クロス”が海外デビューを果たしました。

全長は4110mm、ホイールベースは2560mmと公表されているようですが、セグメントの違う兄貴分・T-ROCに対し、全高はハイトで四角さを強調したデザインコンセプト時代のイメージを踏襲しているものの、見ようによっては現行ティグアンか米・中市場向けのアトラス/テラモントの縮小版に見えなくもない!?)なので、ライバルは似たようなボディ形状で全高の数値も近そうなボルボXC40やジープ・レネゲードといったモデルたちが挙げられるかと思います。



日本での扱いやすさも悪くなさそうですが、1550mmオーバーと思われる全高だけを考えれば、都市圏にある一部のタワーパーキングには収まりきれないかもしれませんね。



インテリアはこんな感じです。ダッシュボードはベースのポロと雰囲気的に似てますが、前述のとおり全高がかさ上げされていることも関係してか、見た目はやや別物感が強いですね。この点はメルセデスAクラスに対するBクラスのインパネと似た棲み分けだと考えれば解りやすいでしょうか。ちなみに後席をフルフラットで倒せば、最大1281リットルの荷物を積むことができるそうです。

エンジンはガソリン・ディーゼル合わせて3機種が用意され、このうちの1.0TSI(3気筒ガソリン)はポロの日本仕様にも積まれている95hp版のほか、up!GTI用と同じ115hp版も設定したそうです。なおガソリン各機種は、ユーロ6d規制のクリアとWLTPモード燃費に適合させるため、前述のup!用1.0から装着し始めたGPF(いわゆる排ガス処理フィルター)も奢られているようです。



ドイツ本国では来年から販売開始となる模様ですが、日本導入の時期についてはT-ROCと同じく、現時点では不明となっているらしいです。ただ国内発表は、すでに本国デビューしていて販売も好調だというT-ROCが先になりそうな気はしますけどね。



モデルは日本時間:先週木曜にオランダ・アムステルダム、中国・上海、ブラジル・サンパウロの3か国3都市で一斉にワールドプレミアされたそうなので、世界戦略車らしく気合いの入ったデビューではありますが、VWは今年のパリサロン出展を(傘下のポルシェやアウディなどに任せるかたちで)見送ったため、もし同ショーへの出展が実現していたら、このT-クロスもブースに並べる予定だったんでしょうね。
Posted at 2018/10/29 21:22:08 | ドイツ車(VW) | クルマ
2018年10月27日 イイね!

アルテオン日本仕様に“エレガンス”追加!

アルテオン日本仕様に“エレガンス”追加!『VW アルテオン、新グレードのエレガンス追加…3色から選べるインテリア』

ようやく日本仕様にも“エレガンス”、要はR-ライン付きじゃないグレードが加わりましたね。

>>「既存のRラインのアクの強さがテイストに合わないというお客様も結構いらっしゃる」「お客様からの要望が強かったインテリアの多彩なバリエーション、そして優雅な佇まいを特徴とする新たなグレードを追加することにした」

確かに昨秋の導入時は私目線でも、R-ラインだけだとデザイン等で好みが分かれそうだなぁ…と感じてたので、ゆくゆく“エレガンス”もラインナップに加わるだろうというのは想像できていたんですけどね。

その“エレガンス”は搭載されるメカニズムがすごく気になっていたんですが、組み合わせは私の予想していた2.0TSI(190hp版)+FFではなく、R-ラインと共通の2.0(280hp版)+4WDで落ち着いたんですね。

でもよくよく考えたら、パサートの2.0は220hp版を積み、おまけに駆動方式はFFなので、上記の190hp版を本当に持ってきちゃうと(想定される価格帯などで)パサートに対する逆転現象も起こりうるから、敢えてR-ラインと同じスペックで市場導入させたのかもしれませんね。

あとR-ラインと共通なのはメカニズムだけじゃなく、その“アドバンス”と同等の機能系・インフォ系・安全装備が標準で付き、さらに価格も同じというのには驚きました。

例のDYNAUDIO社製オーディオはゴルフ(7.5)やティグアンのときと同じように、パサートともども特仕デビューまで保留にしておくのかな?と思っていたんですが、今回の“エレガンス”の導入にあわせ、電動サンルーフとの抱き合わせでオプション設定されたとは意外に感じましたね。

ちなみにボディカラーでマンガングレー(メタリック色)も新設定されたようですが、“エレガンス”ではR-ラインのイメージカラーになっているターメリックイエローのみ非設定としたそうです。
Posted at 2018/10/28 12:47:57 | ドイツ車(VW) | クルマ
2018年10月23日 イイね!

ザ・ビートルにも“マイスター”が…

ザ・ビートルにも“マイスター”が…『2019年販売終了の VW ザ・ビートル、完成度を高めた特別仕様「マイスター」を発売』

これまでのファイナル特仕シリーズは1モデルが基本でしたが、今回は(“ベース”以外のグレードを基本とする)3モデルに同時設定してきたので、国内在庫が徐々に無くなりつつあるのかな?と勘ぐりたくなった次第です。

ゴルフⅥや先代ポロでモデル末期と同時に出した特仕も“マイスター”の名が与えられましたが、それは来年をもって導入打ち切りとなるザ・ビートルに引き継がれましたね。

各モデル共通して装備充実を図りつつも、限定台数は設けていないようなので、内容的にはゴルフ(7.5)の“テックエディション”、ドイツ他社では現行メルセデスCクラス(MC前のW205セダン、S205ステーションワゴン)の“ローレウスエディション”と扱いは同じと考えれば良さそうでしょうか。

VGJ曰く“マイスター”は“ザ・ビートルの集大成”とのことなので、今後また特仕リリースをすることは無いかもしれませんね。
Posted at 2018/10/23 23:33:02 | ドイツ車(VW) | クルマ

プロフィール

「昨年同時期の無資格者検査問題発覚に続き、ブランドイメージがた落ちの引き金を作ってしまいましたね…どうなることやら。 https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20181119-10361413-carview/?sid=cv
何シテル?   11/19 23:45
ドイツ車ファン、48・46グループファンの私が書く全力応援ブログです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

偉大なるミニマム 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/17 21:27:46
ゴルフトゥーランTDI試乗記 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/17 21:06:22
新型G20 3シリーズの感想。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/04 10:55:30

ファン

96 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ スポーツ スバル インプレッサ スポーツ
親が現在所有している車です。
BMW 3シリーズ セダン サンマルチャン~UZA Version~ (BMW 3シリーズ セダン)
BMW 328i(F30)です。 ただ、価格が570万円からと高すぎですが・・・(汗) ...
ミニ MINI とっとこミニ太郎 (ミニ MINI)
小さき相棒、MINIクーパーS JCWキット装着仕様です。
アウディ A1 スポーツバック スーパー・ダイナマイト号 (アウディ A1 スポーツバック)
スーパー・ダイナマイト号です。(笑)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.