• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たく@独車一番!48・46二番!のブログ一覧

2018年11月03日 イイね!

現行“ブラバス”2種のファイナルを飾る…

現行“ブラバス”2種のファイナルを飾る…『スマート ブラバス に「最終特別仕様」 2モデルを各10台限定発売』

6月登場の20周年記念車第1弾もそうでしたが、すでにフォーフォーブラバスは生産終了(よって現在は在庫車のみを販売)しているため、今回もフォーツーのクーペ/カブリオがベースとなりましたね。

当然、初代フォーツー(クーペ)の本国誕生20周年と現行“ブラバス”全体の終焉を告げる特仕だからか、内外装をベース車そのままのコーデにはせず、専用エアロやボディ&シートカラーで特別感満載に仕立てたのが特徴らしいですね。

今後ブランドがEVのみに特化していく方針を固めたため、高出力・高性能な“ブラバス”が次期型にも用意されることはないでしょうから、いろんな意味で貴重なモデルといえそうな気がします。

フォーツーブラバスといえば、8月に本国でこちらが登場したんですが、ベースをクーペじゃなくカブリオとした点と、搭載される直3ターボを元々の109hpから16hp(=125hp)増やした点に度肝を抜かれましたね。ただこれの国内正規導入は、今回の特仕登場などで可能性無しになったので、恐らく後にどこかの並行輸入業者さんが独自販売する方法をとるんでしょう。
Posted at 2018/11/03 11:01:36 | ドイツ車(Mベンツ/スマート) | クルマ
2018年10月26日 イイね!

ボディカラーが潔いホワイトのみとは…

ボディカラーが潔いホワイトのみとは…『メルセデスベンツ GLA にオフロードサスペンション装備、限定60台 492万円』

ベースの220 4マチックを含む標準系グレードは街乗り重視のコンフォートサスが標準なので、SUVらしくオフロード走行も楽しみたいユーザーにはもってこいな特仕が登場しましたね。

今回特別装備されたオフロードサスペンションとは↓(PDFでダウンロードした本国仕様の価格表からキャプチャしました)のようです…



たぶんMC前の「250オフロード」に標準装備されていたものと同じかと思いますが、本国では標準系グレードすべてにオプションで選ぶことができ、これを装着すると車高が30mm引き上げられるそうです。

限定台数は60台と少ないほうだし、ボディカラーは潔くポーラーホワイトのみなんですね…FFの180にも設定があり、おまけに定番のコスモスブラックといったカラーも用意された特仕だったら、恐らく150~200台近くの台数で出せたんでしょうが、なんと私の知らない間にオンラインストア限定の特仕も登場していたので、その兼ね合いも重なってこうなったんでしょうね。

これとは無関係ですが、私は「ジコチューで行こう!」(乃木坂46)を音楽番組で初めて聴いたときに、MC後で今回と同じホワイトを纏った個体(とくに220 or 250の4マチック)が芦ノ湖スカイラインなどを疾走するシーンを、理由もなしに思い浮かべてしまいました…(苦笑)
Posted at 2018/10/27 11:00:09 | ドイツ車(Mベンツ/スマート) | クルマ
2018年10月21日 イイね!

新型Aクラス(W177)、日本デビュー!!

新型Aクラス(W177)、日本デビュー!!新型Aクラス(W177)の日本仕様が正式デビューを果たしましたが、納車開始は再来月からの模様ですね。

当初は先代・W176で最量販モデルとなった、ガソリンエンジンを積む180(136馬力を誇るルノー製ベースの1.4リッターを搭載)の2グレードと導入記念車の“エディション1”のみが用意されたらしいですが…まあこれは他のブロガーさんの記事などで情報把握してたので、その通りになったなと思う他ないです。180だけでは到底寂しいので、今後2リッター搭載の“250”や今月のパリサロンでお披露目された“AMG A35”なども加わることに期待したいですね。

この新型では予てより、音声認識機能のMBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)採用が大きな話題になってますが、英語圏の各国や本国仕様ではドライバーが「ヘイ、メルセデス」と話しかければ起動するのに対し、日本仕様では海外と語感を変えて「ハイ、メルセデス」と話しかければ起動する仕組みになっているようですね。徹底したローカライズがちゃんと為されてて、サプライヤーさんの企業努力が窺える点だなと思いました。

ただ上記のMBUXを含むコストの掛かった新装備が奢られたため、180のベースグレードでは3,220,000円と、先代同グレードがモデル末期時点で2,980,000円だったことを考えれば致し方ないと思いつつも、歴代の廉価グレードのなかで随分お高くなってしまったなぁ…という感はあります。ちなみに競合車種の(BMW)118iスタンダードも、一時は3,000,000円を切った価格設定でしたが、いま現在は原材料価格の高騰なども影響して3,170,000円という値段なので、今回の180とニアピンになってしまってるんですよね。

もしこの新型で加わったセダンも国内導入されたら、一体どんな価格設定にしてくるんでしょうか?MBJ側にとっては、180相当のグレードと価格帯で被りそうなCLA(クーペ版の方)やCクラスセダンとの兼ね合いも考えなくてはいけないので、結論が出るのは来年以降になるかと思われますが…。
関連情報URL : https://www.mercedes-a.jp/
Posted at 2018/10/21 09:07:39 | ドイツ車(Mベンツ/スマート) | クルマ
2018年10月11日 イイね!

【動画】新型BクラスのPV

Posted at 2018/10/11 05:57:36 | ドイツ車(Mベンツ/スマート) | クルマ
2018年10月08日 イイね!

“クロスブレード”以来の市販化および日本導入は為されるのか!?

“クロスブレード”以来の市販化および日本導入は為されるのか!?『スマート、コンセプトカー「フォーイーズ」をパリモーターショーで発表』

メルセデスからは新型B・GLEクラスも含めた数台がパリサロン初公開となりましたが、スマートからはこのフォーツー(カブリオ)ベースのEVコンセプトだけがワールドプレミアされたようですね。



奢られたステアリングですが、ベース車用のパーツを使ってはいるものの、上半分だけがカットされていて、レーシングカーのそれに似せた雰囲気もありますね。これも「EVだけど、走りの楽しさは忘れてないぞ」というブランドの意思が表れている証拠なんでしょう。

>>過去にも「クロスブレード」(2001年)や「フォースピード」(2011年)といったオープンタイプのモデルを発表しており、クロスブレードは少量限定で販売もされた。

初代フォーツーがベースだった「クロスブレード」は日本へも正規導入された経緯のあるモデルですが、もしこのコンセプトも本国で市販化されたら、国内導入は為されるんですかね?
Posted at 2018/10/09 07:07:48 | ドイツ車(Mベンツ/スマート) | クルマ

プロフィール

「スーパーGT:GT300はマネパの平峰一貴が自身初ポール。ランキング首位のARTA BMWは10番手に沈む http://www.as-web.jp/supergt/428914?all
何シテル?   11/10 19:59
ドイツ車ファン、48・46グループファンの私が書く全力応援ブログです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

新型G20 3シリーズの感想。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/04 10:55:30
あるべきものがない。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/04 10:55:02
新型3シリーズ雑感 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/04 10:54:21

ファン

95 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ スポーツ スバル インプレッサ スポーツ
親が現在所有している車です。
BMW 3シリーズ セダン サンマルチャン~UZA Version~ (BMW 3シリーズ セダン)
BMW 328i(F30)です。 ただ、価格が570万円からと高すぎですが・・・(汗) ...
ミニ MINI とっとこミニ太郎 (ミニ MINI)
小さき相棒、MINIクーパーS JCWキット装着仕様です。
アウディ A1 スポーツバック スーパー・ダイナマイト号 (アウディ A1 スポーツバック)
スーパー・ダイナマイト号です。(笑)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.