• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たく@独車一番!48・46二番!のブログ一覧

2014年06月21日 イイね!

'14(ニュル24・ω・時間予選!)

'14(ニュル24・ω・時間予選!)この記事は、ニュル24時間:マクラーレンがPP。GT-Rは10番手について書いています。

今年のニュルブルクリンク24時間レースは、#66 マクラーレン(SP9クラス、トップ画像のマシン)が強力なドイツ車勢を破り、まさかまさかのポールポジションを獲得しました。

私が一番に注目しているBMW勢は、最上位が#25 E89 Z4 GT3の2位、ワークスのチームシューベルトが走らせる#19 Z4は5位、#20は11位でしたが、E92 M3 GTで優勝した2010年以来の総合優勝に向けてはまずまずの結果となりましたね。

一方の日本車勢は、R35 GT-R GT3の3台や#48 LFAがトップ30入りを果たしましたが、WRX STIはクラス2位と惜しい結果に終わりましたね。ちなみに、下記には載っていないGAZOO Racingのトヨタ・86(#86、SP3クラス)ですが、こちらは予選116位・クラス2位という結果でした。

果たして今年のニュル24時間を制するのは、一体どのマシンなのか楽しみですね。

以下、AUTOSPORT webより引用です。
----------------------------------------------------------------------------------
【ニュル24時間:マクラーレンがPP。GT-Rは10番手】

第42回ニュルブルクリンク24時間耐久レースは20日、予選2回目とトップ30予選が行われ、ケビン・エストーレがアタックしたドール・モータースポーツの66号車マクラーレンMP4-12C GT3がポールポジションを獲得した。

ニュルブルクリンクのグランプリコース、北コース“ノルドシュライフェ”を組み合わせ24時間を戦う過酷なニュルブルクリンク24時間。予選2日目を迎えた20日は朝から霧がかかり、時折小雨が降るコンディション。ただ、予選2回目開始に向け少しずつコンディションは好転していった。

そんな中、20日午前に行われた予選2回目では序盤ウエットパッチが残っていたものの、少しずつスリックでの走行が可能に。ただ前日に行われた予選1回目でマークされた69号車マクラーレンMP4-12C GT3のタイムは破られず、上位うちタイムアップしたのは、プロスペリア C.アプトのアウディ10号車が5番手程度という予選となった。

迎えた17時15分からのトップ30予選。この予選はこれまでのVLNニュル耐久シリーズで資格を得た19台に加え、今回の予選1回目〜2回目で上位に入った11台から選抜される予選。日本勢では、ニッサンGTアカデミー・チームRJNのミハエル・クルム/田中哲也/星野一樹/千代勝正組30号車GT-R、GAZOO Racingの木下隆之/石浦宏明/大嶋和也/モリゾウ組48号車レクサスLFAがこの2回の予選でトップ30進出を決定した。LFAはこのトップ30予選の中で2台のみのGT3カー以外の車両となったが、一方で僚友の飯田章/脇阪寿一/井口卓人組53号車レクサスLFA CodeXは、ほんのわずかにトップ30入りに届かずとなった。

また、VLNでトップ30予選進出を決めていたシュルツ・モータースポーツの山内一典/トビアス・シュルツ/ミハエル・シュルツ/ジョルダン・トレッソン組24号車GT-R、チームRJNのヨーロッパ組が乗り込む80号車GT-Rがトップ30予選に進出した。ただ、24号車GT-Rは前日の予選1回目でクラッシュしていたため出走が危ぶまれていたが、なんとかトップ30予選に間に合いコースインしている。

グランプリコースのメインストレートに30台のマシンが並び、10秒ごとに1台ずつ出走する独特なスタイルのトップ30予選。マシンを送り出しチームスタッフが見守る中、2周のアタックが展開されていく。そんな中、ポールポジションを奪ったのはドール・モータースポーツの66号車マクラーレン。これまでマクラーレンはニュルで苦戦していたが、ワークスサポートを受けエストーレが会心のアタック。見事ポールポジションを得た。2番手につけたのは、マキシム・マルタンがアタックしたマルクVDSの25号車BMW Z4 GT3。3番手にはクリスチャン・マメロウがアタックしたフェニックス・レーシングの4号車アウディR8 LMSウルトラがつけた。4番手はブラックファルコンの14号車メルセデスベンツSLS AMG GT3、5番手はBMWスポーツトロフィー・チームシューベルトの19号車BMWがつけている。

日本勢では、アレックス・バンカムがアタックした80号車ニッサンGT-RニスモGT3が最上位の10番グリッドを獲得。ミハエル・クルムがアタックした30号車GT-Rは15番手となったが、ペナルティにより5グリッド降格が決まっている。また、GAZOO Racingの48号車LFAは大嶋がアタックし、8分29秒988という納得のタイムをマークし27番手となった。24号車GT-Rは、アタック途中にストップし、30番グリッドとなっている。

SP3Tクラスに参戦する吉田寿博/佐々木孝太/マルセル・ラッセー/カルロ・バンダム組118号車スバルWRX STIは、惜しくもライバルのレーダー・モータースポーツの111号車アウディTT RSにコンマ1秒及ばなかったが、クラス2番手、総合51番手に。195号車マツダMX-5は総合136番手からスタートする。
----------------------------------------------------------------------------------
Posted at 2014/06/21 14:08:42 | その他・AKBグループ&乃木坂・欅坂46関係 | スポーツ

プロフィール

「昨年同時期の無資格者検査問題発覚に続き、ブランドイメージがた落ちの引き金を作ってしまいましたね…どうなることやら。 https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20181119-10361413-carview/?sid=cv
何シテル?   11/19 23:45
ドイツ車ファン、48・46グループファンの私が書く全力応援ブログです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/6 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

偉大なるミニマム 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/17 21:27:46
ゴルフトゥーランTDI試乗記 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/17 21:06:22
新型G20 3シリーズの感想。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/04 10:55:30

ファン

96 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ スポーツ スバル インプレッサ スポーツ
親が現在所有している車です。
BMW 3シリーズ セダン サンマルチャン~UZA Version~ (BMW 3シリーズ セダン)
BMW 328i(F30)です。 ただ、価格が570万円からと高すぎですが・・・(汗) ...
ミニ MINI とっとこミニ太郎 (ミニ MINI)
小さき相棒、MINIクーパーS JCWキット装着仕様です。
アウディ A1 スポーツバック スーパー・ダイナマイト号 (アウディ A1 スポーツバック)
スーパー・ダイナマイト号です。(笑)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.