• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しろ。のブログ一覧

2014年01月21日 イイね!

Zと1年3ヶ月ぶりのMTを楽しむ。

Zと1年3ヶ月ぶりのMTを楽しむ。休日だった昨日、特に予定が無かったので義弟に連絡してZを借りてドライブすることにしました。

確認したところ、仕事で車は使わないから好きに使って構わないとのことだったので、義弟の家にFを置いてZを動かそうとしましたが、セルが回らず…バッテリーが上がっていました(汗)

イエローハットに行ってブースターケーブルを購入し、救援しようとするもセルは回らず。
どうやらバッテリーご臨終のようです…(-人-)チーン

このまま乗らずに帰る選択肢もありましたが、どうせ今日の予定は特になかったし、何よりしばらく動かしていないZには砂埃もたくさんついていて可哀想でした。義弟に譲ったとはいえ、元は自分が7年近く乗り続けた愛車だけに、未だに愛着がたくさん残っているんです。

今日自分がやらなければいずれ義弟が誰かを呼んで車を動かせる状態にしなければいけないし、であれば自分が動かせる状態にしてあげたほうがいいだろう。何より洗車してあげたい。そう思い、日産ディーラーの担当の方にヘルプを頼み、義弟の家まで来てもらってエンジンをかけてもらい、バッテリー交換のために自分でディーラーまで運転していくことになりました。

自分は駐車場で車を入れ替えてから出発になるので先にディーラーに戻ってもらったのですが、
「エンジンがかかる程度しか充電していないので、くれぐれもエンストしないで下さいね」
の一言が、1年3ヶ月ぶりのMT操作となる自分にはどれだけプレッシャーだったことか(笑)

ですが、Zに乗っていた時の感覚は未だに体が覚えているようで、すぐにMTの感覚を取り戻すことができ、エンストすることなくディーラーに無事到着しました。
バッテリーを交換してもらい、厚かましいことは承知でしたが、もし時間があれば…とお願いしていた洗車もしてもらえました。急なお願いだったにもかかわらず、丁寧に対応して頂いてありがたかったです。

それからドライブと写真を兼ねて、いつもの海へZを走らせます。

久々に運転するZは、自分が乗っていた仕様から若干仕様変更されています。
●アミューズ ハイテックダンパー ⇒ 純正後期サスペンション(新車外しをオークションで)
●RECARO SPORT-JC ⇒ 純正カベルネ色本革シート(実家に保管していたもの)
●佐藤精機製ワイドトレッドスペーサー外し



現在のZの内装。
内装ではシートだけ純正に戻しましたが、このTypeG専用「カベルネ色」のシートカラーは色気があって良いですね。
(同じ特別仕様車であるTypeFのシートカラーはレッドなので別なのです)

純正後期サスペンションのZを運転するのは初めてで、見た目はともかく乗り心地は街乗りには丁度いい感じでした。自分が乗っていた純正中期サスペンションとの違いは分かりませんが、もしかしたら2011年モデルのFより柔らかいかもしれません。

感動したのは、クルマがドライバーに色んな情報をダイレクトに伝えてくれる感覚です。
着座位置の低さ、MTによる感覚、クイックなステアリング、路面のいなし方、(エキマニ-フロントパイプ-リアマフラー交換済み、かつ遮音材が少ないことも影響しての)排気音…
走りに特化したクーペのいい部分を、とにかくたくさん感じることの出来るドライブでした。
ちなみに写真は、トップ写真をご覧頂ければお分かりの通り暗くてまともなものが撮れていません(´Д⊂ヽ

FとZ、「どっちが速い」「どっちが上」、そんな無粋な話をするつもりはありませんが、Fには無いものをZは持っていますし、もちろんその逆もあるんです。
そういう意味では、自分の欲望を一台ですべてを満足させるのは相当難しそうです。
MTの感覚を忘れないように、また借りて運転することは間違い無さそうです♪

国産で、MTで、FRで、それでいて見た目もカッコいいセダン、出ないかな…
Posted at 2014/01/21 17:47:13 | コメント(6) | トラックバック(0) | フェアレディZ | 日記
2012年11月03日 イイね!

最後の試乗

最後の試乗今までほとんど運転する機会が無かったから、最後の機会に運転させろや(゚Д゚)ゴルァ!!
という話になり(若干脚色アリ)、うちのZを黄ドラさんに運転してもらいました。

某高速出口近くの山岡家から筑波山までの往復ルート。

運転しやすいと評価してもらえたようで、そう言ってもらえると嬉しくなりますね。

うちのZは「チューニングカー」と堂々というには少し物足りないレベルのチューニングかもしれません。
実際、わかりやすいパーツはエアロ・排気系・足回り・ECMくらいです。
でも、だからこそ長く乗り続けることができたと思っています。

6年8ヶ月という「期間」でいえば、自分よりもっと長くZと過ごされた方も多いと思いますが(特に初期型オーナーの皆さんの愛情には感服します)、共に走った「距離」に関して言えば、毎日の通勤・ツーリング・サーキットetc…期間の割に他の方たちと比べても濃密な時間を過ごすことができたなと思っています。

Zは妹の夫が乗りたいと手を上げたので譲ることになり、これから限定解除するそうです。
距離の割にはまだまだしっかりしていると思うので、乗れる限り大事に乗ってもらえるといいなぁ。

レクサスのHさんに振込先の件で連絡した際、来週中には納車できそうとのことでしたので…
自分がZと過ごす時間はあと1週間くらいになりました。
最後の最後で悲しい結末にならないように、安全運転で行こうと思います。
Posted at 2012/11/03 16:31:12 | コメント(3) | トラックバック(0) | フェアレディZ | 日記
2012年10月19日 イイね!

乗り換え

乗り換えこのタイトルの場合、最近はどちらかというと
「携帯電話を。」「彼女を。」
などの場合が多い気もしますが…
いや、2番めは多くないだろうw



今回はそういうジョークではなく本気で
6年8ヶ月連れ添ってきた
Z33からの車両乗り換えが決定しました。

GT-Rの時のように2週間でまたZオーナーに戻ってくることは…きっと無いでしょう。

Z33購入当初はまだ独身だったので2シーターでも何とかなりましたが、所有中に結婚し、今後家族が増える可能性があり、さらに仕事でも立場的に人を乗せる機会が増えてきたので、どうしてもZ33では不便に感じることが増えてきていました。せめて2by2的な2座でもあれば…と思うこともしばしば。

そして昨年3月11日の東日本大震災後、地元の道路がかなり凸凹になってしまい、Z33の乗り心地に対して「硬い」と思う頻度が増えてきました。これまではサーキットも走っていたので諦めていた部分もありましたが、サーキットを走る機会も減り、現状の仕様が震災後の路面条件に対しては仇となってしまいました。

足回りを純正に戻したり、補強パーツを外したりすればある程度は緩和されると思いますが、この6年8ヶ月の間に距離もだいぶ重ねて12万キロオーバー。来年2月の車検までにタイヤも交換しなくてはいけませんし、その他諸々のメンテナンス費用がかかることを考えると、このタイミングで乗り換えるしか無い!と思い次期車両候補を模索していました。このへんは以前のブログにも書いた内容ですね。

そして今日、色んなしがらみをすべてクリアして、車両を購入すると先方にお伝えしてこれから契約をすることになりました。

乗り換えるまでは次の車のことで頭がいっぱいでしたが、乗り換えが決定したらしたで、今度はZ33に対してのいろんな思い出が蘇ってきます。山岡家での深夜プチオフ、浜松まで行ったこと、シオサイトで明け方まで写真を撮ったこと、サーキットを走ったこと、etc…
間違いなく自分のカーライフの中で一番知り合いを増やしてくれた車ですし、将来子供に「お父さんはこんなカッコイイ車に乗ってたんだよ」と伝えてあげたいくらい、自慢のクルマです。
今週末、新潟でのいきものがかりのコンサートが最後のロングドライブになるかもしれません。片道300km近いドライブになるので、じっくりZ33を楽しんでこようと思います。

次期車両は、見た目や足回りなど社外品を入れる予定はありません。いや、本当に^^;
その代わり、メーカーチューンド的な車両を選んで「スーパーノーマル」を長く楽しむつもりです。

ちなみに…また初めて乗るメーカーになりました。6メーカー目(汗)
そして初めて乗るボディタイプ・セダンになりました。
Posted at 2012/10/19 21:51:23 | コメント(16) | トラックバック(0) | フェアレディZ | クルマ
2012年06月08日 イイね!

次のタイヤ選び

前回のタイヤ交換から2年3ヶ月、走行距離にして31,000km。
一般的なタイヤでも交換時期だと思いますが、今履いているのは摩耗が早めのハイグリップラジアル「PONTENZA RE-11」。ハイグリップラジアルの中ではライフが長い方、と評価されるRE-11ですが、さすがに30,000kmも走ると摩耗が進んでおり、この前のツーリングでもsaburokuさんに「リア、ツルツル…」と指摘されてしまいました。実際、道路のつなぎ目の鉄の部分で「キュキュッ」とリアが滑ることが多くなって来ました。
そこで、次のタイヤをどうしようかということで悩んでいる最中です。
主に、ハイグリップラジアルかプレミアムスポーツを考えています。

前に熱く?書きましたが、個人的見解として、こういう車に乗るからには激安タイヤではなくある程度の性能を有したタイヤを選ぶことにしています。タイヤは車が地面と接する唯一の部分ですし、自分にとって車は見せてナンボではなく走らせてナンボ。何より安心して飛ばすために、タイヤにはこだわりたいんです。
タイヤ以外に下回りも地面と接してるだろ?っていうツッコミはナシでw


(1)フロントはもう少し残っているので、リアだけRE-11を履き直す



性能的には満足しています。というか使いこなせてはいないと思う。
最近は距離のせいなのかロードノイズが結構ひどく、サーキットを走る機会がだいぶ少ないので
プレミアムスポーツへ目移りしていたりして(;´∀`)
でも、RE050からRE-11に交換した時、交差点でのコーナリングでも違いを実感したんだよなぁ…。



最近RE-11の進化系「RE-11A」が登場し、RE-11は在庫で終わりそうな感じなので、リアだけこちらを履いたほうがいいのかな?ベースは変わらないだろうから、前後のバランスもそこまで悪くならない気がします。


(2)DUNLOP DIREZZA ZII



最近登場したばかりのハイグリップラジアル。Z1☆が結構いい評価だったので楽しみ?
価格も他と比べると意外と安いみたいですね。
問題は摩耗性かな。あと、このパターンでウェットはどうなんだろう…Z1☆より滑りそうにも見えます。


(3)DUNLOP SP SPORT MAXX TT



ダンロップのプレミアムスポーツタイヤ。
他メーカーのプレミアムスポーツと比べるとコストパフォーマンスが高そう。
ちなみにダンロップタイヤを主に扱うショップの社長は、「価格の割には…うーん、って感じ」だそうで^^;


(4)Advan Sport



意外と価格がこなれてきたプレミアムスポーツ。
ただ、もうすぐ現行のV103から進化したV105が市販されるらしい?
現在V105は一部輸入車への新車装着のみのようです。
このタイヤを買うならもう少し待ったほうがいいはず?


(5)PONTENZA S001



比較的新しめのプレミアムスポーツ。
RE050の後継だから総合的にいいタイヤなんでしょうけれど、
ただ、今回挙げたタイヤの中で最も高いのが悩みの種…


皆さんのオススメのタイヤがあったら教えて下さい^^
Posted at 2012/06/08 14:54:07 | コメント(13) | トラックバック(0) | フェアレディZ | 日記
2012年04月05日 イイね!

ハイテックダンパーO/Hと異音原因判明。

最近代車生活ばかりでしたが、やっと落ち着きそうです。
事の発端はクラッチ交換。

クラッチを交換してもらい、ディーラーを出てETCを通過して高速に合流するところで
突如「ゴガァァァ」という異音が発生。その後自分なりに検証し、2000~3000回転時に
異音が発生することまでは判明。

翌日ディーラーで見てもらうと、リアの太鼓とテールパイプを繋ぐ部分の排気漏れを指摘される。
チタンの溶接がディーラーではできないので…と紹介された店が、
いつもお世話になっているショップでした(笑)

ショップに連絡し、チタン溶接を依頼。
ついでにハイテックダンパーのO/Hもお願いすることに。

Zを預け、代車生活1台目はエルグランド。
借りた翌日にエンジンがかからなくなり、ショップの社長の車を借りることに。(2台目)

高速走行中、代車のフロントガラスに飛び石(;´Д`)

溶接完了、Zは純正サスペンションに戻る。
が、異音が治っていない…。
ダンパーがO/Hから戻ってきて取り付ける際に再度診てもらうことに。

しばらく時間がかかりそうだったので、この間にディーラーで
12か月法定点検とファンベルト・プラグ・オイル交換を依頼。代車は新型マーチ(3台目)

ハイテックダンパーが戻ってきたのでショップへ行き、
社長と同乗して音を聞いてもらい、原因判明。代車ミニカを借りて(4台目)
本日ハイテックダンパー装着完了、光軸調整ロッドも取り付け。←イマココ


とまあ、こんな感じの2ヶ月でした。

排気漏れと思われた異音の原因は、リアのブレースバーとマフラーの干渉でした。
ショップの社長曰く、クラッチ交換でいろんな部品を外して元に戻す際、ディーラーが元の位置で止めてくれれば問題なかったのですが、ややずれた位置で取り付けてしまったそうです。1箇所ずれることで全ての取り付け位置が微妙にずれてしまい、結果的に異音の原因となったようです。
自分でも実走しましたが、異音は確実に消えたので間違いないでしょう。

異音の出る状態で乗っていると、この車を手放したい…という気持ちに駆られることもしばしば。
ですがやっとその原因も解決して、また愛着が湧いてきそうです。過走行のおじいちゃんですが、もう少しお世話になります。

追加でサスペンションのお話を。今回自分は
(1)ダンパーがヘタった状態のハイテックダンパー(フロントスプリングのみ交換)
(2)純正サスペンション(デュアルフローパス)
(3)O/H後のハイテックダンパーKIT(リアスプリングも交換)
と、3パターンの仕様でZを運転したことになります。

まず(1)と(2)の比較では、明らかに衝撃の収束に違いを感じました。「ヘタっている」という意味がよくわかりました。コーナリングでのノーズの入りは(1)のほうが速いのですが、(1)はリアがだいぶ遅れてついてくる印象を受けました。
次に(2)と(3)の比較です。震災後の凸凹した路面を走るには、(2)のほうが明らかに快適です。純正サスペンションの懐の深さを実感しました。段差もコトン、コトンと優しくいなしていく感じ。(3)はゴトン、ゴトンと硬めの衝撃と音を伝えてきます。ただ、(3)と比べると(2)は衝撃の収束に時間がかかり、スラロームやコーナリングでは自分の意思に対してワンテンポ遅れて曲がろうとする感覚があり、少しかったるさを感じます。その点、(3)はステアリングを切り始めたらすぐ反応し、コーナーでもグイグイ曲がっていく感覚があり、これぞスポーツカー!という乗り味。もう少し柔らかくても…と思うこともありますが、その辺はコーナリングの鋭さと相殺される部分だと思うので、どちらもというわけには行かないのでしょう。
ちなみに(1)と(3)は、衝撃の収束・コーナリング、当然ですが全てにおいて(3)が勝ります。
これを実感できただけでも、今回のO/Hはいい機会だったと思います。

ハイテックダンパー、改めていいセッティングだと思いました。
O/Hから戻ってきたらヤフオクに出そうかなとか考えてごめんね…(´Д⊂ヽ
Posted at 2012/04/05 22:44:05 | コメント(5) | トラックバック(0) | フェアレディZ | 日記

プロフィール

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00000003-tncv-l40
スイフトスポーツで踏み間違い事故が起きるとは。しかも運転者は36歳。踏み間違いはどちらかというと非スポーティカーで起きるイメージでしたが…。」
何シテル?   10/14 20:23
様々なボディタイプの車を乗り継ぎ、 2012年11月、メインカーであるIS F納車。 2015年9月、主に妻が乗るジューク 16GT FOUR納車。 20...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

車の写真を撮るときに気をつけていること。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/31 13:41:26
FSW攻略 コカ・コーラコーナー&100R 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/12 15:58:11

ファン

53 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス IS-F レクサス IS-F
2010年9月登録の2011年モデルをCPOで購入しました。 納車時走行距離:18,44 ...
スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
2017年7月15日納車。 納車時走行距離:29,598km Z33を降りて5年、やは ...
日産 ジューク 日産 ジューク
妻の愛車・16GT FOURです。 コペンがエンジンブローしてしまい、修理費がかさみそう ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
・FRのMTに乗りたい ・一度はクーペに乗っておきたい ・初のMT車なので、NAの自然な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.