• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しろ。のブログ一覧

2016年01月08日 イイね!

スカイライン・ハイブリッド試乗

スカイライン・ハイブリッド試乗IS Fはまだまだ乗るつもりでも、新しい車に興味が湧くのは仕方のないもの。
というわけで今回は、義弟のZを売却する手続きで訪れた日産のディーラーで、担当のTさん(妻のジュークを購入した際の担当の方)にお願いしてスカイライン・ハイブリッドを試乗することができましたので、今更感満載かもしれませんがそのインプレッションをお届けします。
Tさん、お忙しい中ありがとうございました。

今回試乗したのは「350GT HYBRID」という標準グレード。
正式な試乗車がターボしか無く、普段役員の方が乗られている車を試乗させていただいたようで、なんだか申し訳ない気持ちに…(汗)


【エクステリア】



賛否両論だったV35~V36のデザインと比べると、セダン好きな方には「おっ、カッコいいんじゃない?」と思えるようなフロントマスクではないでしょうか。
今回試乗したのは「350GT HYBRID」という標準グレードでしたが、


350GT HYBRID TypeSP
こちらはエアロバンパー装着により精悍さが増しています。個人的にもこちらが好みです。

フロントのランプ類は全グレード、ウインカーも含めフルLED化されています。




リアウインカーは電球です。たぶんバックランプも。
フロントに比べるとリア、特にテールランプのデザインが個人的に好きになれません。
MCで格好良くなったフーガのようにイメチェンしてくれると良いのですが。


【インテリア】



インテリア全体の雰囲気は結構いい感じです。外見よりも随分タイトで、スポーティな印象を十分受けました。革っぽい素材もふんだんに使われていて高級感があります。
噂に聞いている通りで、後部座席の足元スペースは「狭い、狭い」と評判の20系ISといい勝負かもしれません。全長はISよりだいぶ長いはずなのですが(汗) ちなみに頭上スペースは20系ISよりはありました。

シートは標準グレードのファブリックで、座り心地はまずまず。着座位置が結構低めに設定されているのが好印象でした。ただし形状がスポーツシートではないので、急激なGに対してのホールド感はそれほど無さそうです。

メーターのデザインについては苦言を呈させてください。



V36のメーターリングを踏襲しているのでしょう、メーターリング内側で青のような紫のようなイルミネーションが発光しますが、立体感が無くのっぺりとした印象を受けてしまいました。

走行中の静粛性はとても高く、走りのセダンなイメージがあるスカイラインではあるものの、室内の快適性も十分でした。

ナビ画面下のタッチパネル部分はだいぶ酷評されているようで、「起動時間がとても遅い」という面に関しては試乗時に既にエンジンがかかっていたので確認することはできませんでした。
もう一点酷評されている「タッチ操作への反応が遅い」という点に関しては、メーカー曰く「走行中の操作時に画面に集中し過ぎないよう、あえてタイムラグを設けている」と説明しているようで、こちらに関しては納得できるものでした。確かに操作にすぐ反応してしまえば今度は次の操作をすぐにすることになり、それはつまり画面へ集中し続けることに繋がってしまうでしょうから。
もしかしたら単純にスペックの問題なのに、それを隠す言い訳として使っているのかもしれませんが…(汗)

最近のレクサス車のように、オートライトの感度調整のような細かい設定を自分で行えるのは良かったです。


【動力性能】



エンジン、トランスミッション、燃費。もっとスカイラインが評価されても良いのではないかと思うポイントです。
同じような仕組みのBMW Activehybrid3に試乗したことがないので比較しようがありませんが、単純にV6 3.5リッター+ハイブリッド車両として12~13km/lの燃費を維持しつつ、ほとんどの用途において不満のない加速性能。

ATの制御はそれほどギクシャクすることなくEV走行とエンジン走行を切り替えてくれますし、バッテリーの容量があればアクセルをうまく調節することで100km/hでもEV走行が可能らしいです。
動力性能だけで上を見ればキリがないかもしれませんが、動力性能と燃費のバランスにおいては上の車たちを凌駕するものを持っています。

一番驚いたのは世界初の装備・「DAS」(ダイレクト・アダプティブ・ステアリング)。
一般的な車両はステアリング→ステアリングシャフトと操作を伝えて車両の方向を決めるところ、ステアリング操作を電気信号に置き換えて車両を操作するこの機能、ドライブモードセレクター「ノーマル」で走ると「本当にそんな機能付いているの?」と思うくらいに違和感がありません。それが一転、「スポーツ」にするとステアリングが一気に重くなり(IS Fのスポーツモードよりも)、しかもステアリング操作に対する車両の反応が「超」が付くほどクイックになります。自分のイメージよりも先に車が鼻先の向きを変えてしまうようなイメージです。
状況に応じて使い分けられますし、IS Fのステアリング操作への反応が自分の感覚よりワンテンポ遅れて感じてしまう自分には、とてもうらやましい装備でした。


【足回り】

足回りはカタログを見る限り全車同一(ダブルピストンショックアブソーバー)に見えますが、標準グレードのホイールは17インチ、TypeSPのホイールは19インチなので、タイヤサイズに合わせた仕様変更はありそうです。
それよりも今回の試乗でネックだったのは、試乗車がスタッドレスタイヤを履いていたこと。これにより、本来の足回りの評価は難しくなってしまいました。ただ、ジュークでも感じましたが個人的に日産車のスポーティカーやスポーティグレードの足回りの味付けは好みなので、今回の試乗でもなかなかの好印象でした。ワインディングくらいまでなら純正でも十分楽しめそうでした。


【総評】

「とても勿体無い」という印象です。
試乗してより実感しましたが、車の出来はとても素晴らしいです。
もし自分にIS Fオーナーとしてのお友達との繋がりが無く、リアデザインがもう少し洗練されていれば、十分乗り替えの対象になる車です。コンセプトモデルで終わってしまいそうですが、R35のエンジンを積んだエボリューションモデル「オールージュ」がもし発売されたなら買い替え貯金開始でしたよ。その場合今回のインプレは全く関係ないものになってしまいますが(笑)

自分が「勿体無い」と思うのは、きっと日産がこの車に対して「どっちつかず」な姿勢でいることが原因です。
この車は日本において「スカイライン」なのか「INFINITI Q50」なのか。日産はその結論を濁すようにINFINITIバッジもスカイラインバッジも付けるという暴挙(と個人的には思っています)に出たわけで、しかもその迷いが価格設定にも出てしまったのではないかと思うのです。INFINITIとしては安いのかもしれない、でもスカイラインとしては高いのかもしれない、そんな感じです。
何かと白黒付けたがるこの時代に発表当初からケチがついてしまったことで、車好きから見放されてしまったという印象が拭えません。

INFINITIとして販売するならレクサスのように専用のディーラーを日本でも展開すべきですし、それが出来ないから現在のスカイラインのようなバッジ事情になっているわけで、ならばINFINITIエンブレムを付けずに潔く「日産スカイライン」として販売すべきでしょう。何十年にわたって築き上げてきた「スカイライン」の名前を、INFINITIバッジを付けないと高級感が訴求できないとかそんな卑屈に思わなくても良いのでは無いでしょうか。

車のインプレが最後にはメーカー批判になってしまいましたが(汗)、車としては本当に素晴らしかったです。
自分は特に嫌いなメーカーというものは無いので、散々書いていますが日産が嫌いというわけではなく、どのメーカーにもユーザーが楽しめる車を作ってもらいたいという考えです。
というわけで、日産にはもっとがんばって欲しいなぁというまとめでした。
Posted at 2016/01/08 19:44:40 | コメント(7) | トラックバック(0) | 試乗 | 日記
2013年06月28日 イイね!

NEW IS300h試乗

NEW IS300h試乗エンジンオイル交換をディーラーにお願いしている間に、
NEW IS300h F SPORTに試乗させて頂きました。今IS Fに乗っていることもあり、本気で購入検討するならなるべくFに近い性能を持つIS350 F SPORTなのですが、あいにくこちらのディーラーには試乗車の用意が無いようでした。

担当SCの方が研修で不在のようで、この流れは対応して頂いた女性スタッフが同乗かな?ちょっと緊張するな~と思っていたところ「3~40分でお戻り頂けますか?」とのこと。

というわけで一人で試乗させて頂きました。信用して頂いているようで何だか嬉しいですね。

車に積んでいるLUMIX GF1を降ろし忘れてしまったので手持ちのスマホで写真を撮ったのですが、日差しが強いことと、車を止めた向きが悪かったことで白く飛んだ写真ばかりorz
まともに撮れたのはエクステリアだけでした…。


ざっと、自分が乗っての感想をまとめてみます。


【エクステリア】

「いいね!」
写真より実物のほうがよく見えます。スピンドルグリルも見慣れてきた…というよりこの個性、結構好きです。運転席から見るとフロント・リアともにフェンダーが旧型より盛り上がっていてとてもスポーティ。
セルフリストアリングコートがうらやましいです…(2011年モデルFには設定なし)

「あと少し…」
気になる点はほとんどありませんでした。旧型からのMCとは思われないイメチェンが上手くできていると思います。強いて言えばリアバンパー下部が端まで真っ黒で腰高に見えるので、もう少し何とか工夫して欲しかったところ。


【インテリア】

「いいね!」
旧型からするとかなりゆったりした印象。特に左右。
内装のデザインや革(合皮?)の使い方はとても高級感があって良いと思います。
ドリンクホルダーむき出しは個人的には全く気にならず。
後部座席は確実に開放感が広がっています。
FスポメーターはIS Fにも搭載して欲しいくらい。設定画面のようなものを開くと、メーターリングがメカニカルに動くギミックはたまりません。
エアコンの温度調節がし辛いと聞いていましたが、強く押さなくてもタッチするだけで良いので自分にはむしろ便利でした。スライドすれば一気に温度が上下し、タッチすれば0.5度ずつ上下するので、使い分けられそう。

「あと少し…」
ナビ両脇のスペースが気になります。リモートタッチ採用で運転席から遠くなったのに、旧型と同じくらいの画面サイズなので若干見づらいです。MCで横幅一杯画面を採用して貰いたいところ。
また、リモートタッチの反応及び画面遷移時の処理速度に不満が残ります。ワンテンポ遅れて画面が反応するような印象を受けました。


【走行性能】

「いいね!」
動力性能は必要十分。それでいて燃費も良いので、日常の用途で困ることはないと思います。
ハイブリッドシステムとCVTを意識させるような違和感もほとんど無し。
ドライブモードセレクトは確実に違いがわかる仕組みで、エコモードを使うことは殆ど無いかと(笑)
一番感動したのはボディの剛性感。凄くボディ全体がガッチリした印象を受けました。

「あと少し…」
回転数を上げた時の4気筒サウンドが残念。(300h)
言い方を変えれば、気になる点はそのくらいしかありませんでした。


【まとめ】

個人的には昨年末、新型ISを待たずIS Fを選んで間違っていなかったな、という結論です。
これは、自分の用途にはIS Fのほうがより合っているということです。
新型IS自体は素晴らしい車に仕上がっていて、IS300hはハイブリッド車の中で一番乗りたい車です。
IS350 F SPORTにもいつか乗ってみたいですね。


ちなみにこのあと、ガレージハウスさんと待ち合わせて水戸オフの打ち合わせを兼ねて
お寿司屋さんでランチしてきました♪(*´∀`*)
Posted at 2013/06/28 19:32:09 | コメント(4) | トラックバック(0) | 試乗 | 日記
2011年10月25日 イイね!

TEST DRIVE

昨日の休日、群馬県まで行ってきました。

この車を見るために。


MAZDA RX-8 TypeRS

・FRでMTはなるべく捨てたくない。それに加え4座が確保されている車がよかった。

・ロータリーエンジンの生産が一旦終了するということで、一度は所有してみたい。

・特別仕様車「SPIRIT R」のホイールが、TypeRSのガンメタからブロンズに変わってしまう。

・現行「TypeRS」が生産終了という話を聞き、今買えるTypeRSは中古しか無かったということ。

(本日マツダのサイトに「限定車両以外は完売」と正式に掲載されましたね)

そんな理由から、現物を見に出かけてきました。他にやる事も無かったので…(笑)


北関東自動車道が繋がって本当に便利になりました。地元から2時間弱で到着しました。

話を聞いて、現物を確認して、下取り価格を出し見積りをもらったら

すぐに帰ってこようと思っていましたが、

店員さんの粋な計らいで、自分が欲しい個体は車検が切れていて試乗出来ないものの、

同じTypeRSのナンバー付き車両に試乗させてくれる事になりました。

新車のTypeRSを試乗した事がなかったので、はじめての試乗でした。


・RX-8後期の見た目はとても好み

・外観にMINIのフェンダーのような樹脂パーツが結構多く、経年劣化で白っちゃけそう

・シートがとてもよく出来ている。唯一の欠点はシフト時に背もたれのサイドが肘に当たる

・足下スペースがけっこう狭くクラッチがだいぶ右にある。が、慣れてしまえば全然平気。

・クラッチは適度な重さ(Zは軽くて深い…これに慣れてる自分はエンストしそうになりましたが)

・後部座席は頭上のスペースが気になるものの、大人2人がきちんと座れる

・ロータリーエンジンが自分好み。スムーズに回るし高回転でも振動が増えない。

・トルクは気にするレベルでは無かった。高回転まで回す事で補えそう

・トランクはこの手の車にしては十分だけど、セダンと比べるとやはり劣る

・乗り心地がうちのZに似ていて驚いた。ビルシュタインとエナペタルだから似て当然?

・見に来た方で購入直前まで行っても、たいていの方が家族に反対されるらしい(笑)



独身のうちに乗っておけば良かった車の一台…でしたね。

とてもいい車でした。NCロードスターに乗ったときにも思いましたが、

マツダ車って、車好きの人がスポーティカーを真面目に作ってる感がひしひしと伝わってきますね。


試乗と同じ道を使って帰りましたが、実はこの帰り道でZの良さも再認識することになりました。

Zに乗り続ければ費用はかからず、8に乗り換えるには多額の費用がかかる。

Zには無い8の良さも味わったけれど、その逆も同じくらいあった。

そう考えると、今後はともかく現状Zで何とかなってる以上、

ここで買い換えなくても…という現実的な感情が出てきました。

周りからは確実に反対される乗り換えですし。特に妻^^;

購入するつもりで行ったわけでは無かったので、現状はこれ以上の進行は無いと思います。

やっぱり次の車検まで乗って、そこで考える事になりそうです。


でもほんとにいい車だったな…
Posted at 2011/10/25 21:38:38 | コメント(4) | トラックバック(0) | 試乗 | 日記
2009年04月10日 イイね!

GT-R

GT-Rいつものショップに
ミッションオイル&デフオイルの交換を
お願いしている最中、
自分とショップの社長との共通の知人が
ふと思い立って購入したという
R35 GT-R
少しだけ試乗させてもらいました。
もちろん初めてです。

写真はシルバーですが現車はブラックで、とても威圧感がありました^^;


散々既出の発進時のギクシャク感も、
実際運転させてもらってなるほどと納得。
まさにMTの半クラみたいな発進なんですね。
ATのクリープ現象も当然ありません。

肝心の動力性能は…


な、なんじゃぁこりゃぁぁぁぁぁぁ!!



という感想ですよ、今更ながら。

この状態でサーキットを走らせてもらったら、
無条件でうちのZ33より2~3秒はタイムを縮められます。
同じ「車」というジャンルでくくってはいけないのでは?
そのくらい衝撃的な加速でした。

それでいて全く恐怖感を感じさせない安定感!
ブレーキの効きも抜群!
今更ですが、日産はあの価格で凄い車を作ったものです。
それでも自分には高根の花ですが…^^;


速さは別として、MT仕様があったらもっと楽しめるのでは。
そんな感想も抱きました。
あの加速を自分でシフトして楽しんでみたいです!
Posted at 2009/04/10 22:24:35 | コメント(6) | トラックバック(0) | 試乗 | 日記
2009年02月04日 イイね!

やっとZ34試乗

やっとZ34試乗そろそろ車検が近いので、ディーラーに行って交換する部品を伝えるついでにZ34に試乗してきました。

新しく担当になったカーライフアドバイザーの方とは以前から電話では何度か連絡していましたが面識が無かったので、今回は顔合わせも兼ねての訪問です。



試乗車は
プレミアムアルティメイトイエローのVer.ST、6MTでした。

【エクステリア】
やっぱり実際の見た目は悪くない。
全幅はうちのTypeGと5mm差ですが、最初からデザインされてるものと
後付けフェンダーモールとでは、やはり前者のほうが圧倒的に
カッコよくなりますなぁ。
【インテリア】
ところどころステッチが入ってたり高級感UP。
最もうらやましい点かも。
ただ、3連メーターにデジタル時計を入れるくらいなら
油圧or水温にしてくれればよかったのに。
【シフト】
まだ新車だからか、スコスコ入って気持ちいい。
シンクロレブは凄く楽。シフトがめんどくさくなる時にいいかも。
【クラッチ】
Z33より重い。踏みはじめの遊びが無くなってた。
慣れれば問題ないレベル。
【ブレーキ】
Z33の要領で踏むと超カックンブレーキになる。効く。
微妙な踏力調整が難しそう。
【アクセル】
オルガン式に変更されてるせいか短距離試乗では慣れず…
ハイテックROMのレスポンスに慣れているせいか、
もっさりに感じる事も。逆に街乗りはうちのZより乗りやすいかも。
【エンジン・排気音】
さすがに純正は静かにせざるを得ないのでしょう、
社外マフラーサウンドに慣れた自分の耳には物足りず。
買ったら真っ先に弄るポイント?^^;
【足回り】
硬すぎず柔らかすぎず、しなやかでいい感じ。
といっても試乗レベルの走行ではコーナリング時のロール感などは
しっかり確認できず。
【不満点】
相変わらずステアリングがチルトのみとはこれ如何に。
世界で売る車なんだから、テレスコピックも付けるべきでしょう。

【総評】
いい意味でZ33のビッグマイナーと言われても違和感のない正常進化。
このご時世にもMTをきちんと用意してくれているし、いい車です。


もう少し乗ってみたいから…

車検の時に、
代車としてZ34貸してくれないかなぁ?(´∀`*)ポッ
Posted at 2009/02/04 17:27:38 | コメント(3) | トラックバック(0) | 試乗 | 日記

プロフィール

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00000003-tncv-l40
スイフトスポーツで踏み間違い事故が起きるとは。しかも運転者は36歳。踏み間違いはどちらかというと非スポーティカーで起きるイメージでしたが…。」
何シテル?   10/14 20:23
様々なボディタイプの車を乗り継ぎ、 2012年11月、メインカーであるIS F納車。 2015年9月、主に妻が乗るジューク 16GT FOUR納車。 20...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

車の写真を撮るときに気をつけていること。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/31 13:41:26
FSW攻略 コカ・コーラコーナー&100R 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/12 15:58:11

ファン

53 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス IS-F レクサス IS-F
2010年9月登録の2011年モデルをCPOで購入しました。 納車時走行距離:18,44 ...
スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
2017年7月15日納車。 納車時走行距離:29,598km Z33を降りて5年、やは ...
日産 ジューク 日産 ジューク
妻の愛車・16GT FOURです。 コペンがエンジンブローしてしまい、修理費がかさみそう ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
・FRのMTに乗りたい ・一度はクーペに乗っておきたい ・初のMT車なので、NAの自然な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.