• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しろ。のブログ一覧

2015年10月23日 イイね!

レンタルバイクで筑波山、からの

レンタルバイクで筑波山、からの転倒(汗)


先日は「何シテル?」でたくさんの方からコメントをいただき、ご心配をおかけしましたm(__)m
この日はお昼ごろから、県南のレンタルバイクショップでこの車両をお借りしていました。


Kawasaki Ninja250 ABS Special Edition(2015)

CB400SF、R25に続き、3台目のレンタルバイクです。ライバルであろうR25と比べると姿勢がだいぶアップライトで、見た目のスポーティなイメージからするとだいぶおっとりした乗り味に感じました。





デザインはR25よりNinja250のほうが好みです。
Kawasakiといえばのライムグリーンカラーですが、白と黒とうまくカラーリングされているおかげで、写真で見ているより派手には思えませんでした。むしろ、Ninja250を買うならこのカラーリングがいいんじゃないか?と思いました。バイクは道路上で自動車に視認されづらいので、ある程度目立ったほうが安全面にもプラスに作用すると思うんです。

ところで、今回はじめてギアポジションが表示されない車両だったのですが、もし所有するのであれば「いま何速だっけ?」と何度も忘れてしまう自分には、後付のギアポジションインジケーターが必要です…(汗)
教習所では「音と回転数でギアポジションは分かるから」と教わりましたが、所有して愛車の音に慣れないとそれも難しいのです。


茨城の県南といえば、行くところはあそこしかない! というか最初から目的地は決めていたので、こちらへNinja250を走らせます。


奥に見える筑波山。

バイク関連の話題に関して知らないことが多く、今回走り始めて知ったのですが、「表筑波スカイライン」は二輪走行禁止なんですね…(汗)仕方ないので二輪で走れる道路を探し、つつじヶ丘駐車場にたどり着きました。


つつじヶ丘駐車場

ここでお昼を摂ることに。


つくば地鶏の親子丼。空腹を満たすには十分でした。

一旦筑波山を降り、朝日トンネルを抜けて適当に走らせていると、「小町の館」という看板が見えてきたので立ち寄ってみました。


この大きな風車がとても目立ちます。ちゃんと動いていました。


カッコイイ!


敷地側から撮ってみました。

この「小町の館」は、
-----
平安時代の六歌仙の一人であり、美女の代名詞として知られる小野小町。小野地区には、小野小町が越えたとされる峠道や墓と伝えられる五輪塔など、数々の小町伝説が残っています。
「小町の館」は、小町伝説の魅力を語り伝えるとともに、市民と小町の里を訪れた人々との交流の場所として利用されています。
-----
だそうです。(土浦市ホームページより転載


外からぐるっと回ってみましたが、お蕎麦屋さんとちょっとした展示品があるくらいでしたので早々に出発し、筑波山経由でショップへ戻る最中…


こうなりました(汗)


下から眺めた写真。

場所はこのあたりでした。

県道42号線と書かれていますが、ハッキリ言って「険道」です。
傾斜とカーブがきつく、地面はアスファルトではなく降雪地帯の路面のようで、滑らないように溝が掘られていて、しかも長い間整備されていないせいかだいぶ傷んでいます。
ゆっくりとバイクを走らせていましたが、切り返し地点で傾斜角が変わり、そこで挙動を乱して左側に転倒してしまいました。

幸いだったのは、転倒した先が土だったためクッションとなり自身に怪我がなかったことと、バイクの損傷がそれほどひどくなかったこと。速度がそれほど出ていなかったこともありますが、フル装備していたおかげで無事でした。バッグの中のカメラも無事のようで一安心。
不幸だったのは、土と道路は20cmくらいの段差になっており、一人でバイクを起こして道路に戻すことができなかったこと。さすがに平坦な地面であれば自分で起こすことはできるのですが、とても運が悪い場所で転倒してしまいました…。

通りがかった方に助けを求めて持ち上げようとしましたがうまくいかず、レンタルショップに電話するよう勧められたので電話したところ、「では引き取りに伺います。17時くらいになりそうですが、待てそうですか?」と言われ、自分のせいなので待ちます、と告げてポツンと一人で待つことに。周りには明かりも無く、たまに獣の鳴き声と遠くで「ゴワァッ」「キュキュキュキュ…」と頭文字D的な音が聞こえてくるくらいで(笑)、とっても寂しかったです…。

転倒が15時30分くらいの出来事で、電波が届く場所だったのでスマホを見ながら時間を潰していると、通りがかった方が車を停めて「どうしたの~?大丈夫??」と声をかけてくれました。連絡して引き取り待ちなので大丈夫です~、と返しましたが、声をかけてくれたことがとても心強かったです。

その後あたりから一気に暗くなり始め、さらに寒さも感じるようになり不安が増した頃、ハイエースでショップの方が到着しました。「これは難しいなぁ~」と言いながらも経験と知識、さらに力も使ってなんとか持ち上げることに成功し、Ninja250と自分をハイエースに載せてショップまで送ってもらいました。

ショップに到着後、返却の手続きを済ませて後日修理費用の件は連絡しますと伝えられたそのあと、引き取りに来てくれた方の「これでバイクを諦めないでくださいね。」という言葉に救われました。
お店の大切なレンタル車両を転倒させ、わざわざ引き取りに来ていただいた直後にもかかわらず、このような声をかけることができるショップの方の対応に、涙が出そうでした。
修理費はレンタル費用の何倍もかかってしまうと思いますが、趣味としてバイクに乗ることは止めません。ホンダのCBR250RR(という名称になるかは不明のようですが)が出るみたいなので、そちらも一度乗ってみたいですしね。


帰りは友部SA下りの名物「とん丼」を食べて帰宅。
いやはや、疲れました…(汗)
Posted at 2015/10/23 15:48:43 | コメント(14) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2015年09月11日 イイね!

バイク試乗[YZF-R25編]

バイク試乗[YZF-R25編]昨日は台風の影響で鬼怒川堤防が決壊し、県内の一部地域に甚大な被害を及ぼしました。被害に遭われてしまった方にはお悔やみ申し上げます。

「茨城県で被害」とニュースを見た方から自分へ直接連絡をくださる方もいらっしゃり、ご心配いただいてありがとうございました。
幸い、自分が住んでいる地域では、電車のダイヤに乱れはあったようですが、それ以外はほとんど被害がありませんでした。



そんな昨日ですが、以前からレンタルバイクの予約をしていました。
こちらの地域に被害こそありませんでしたが、それでも悪天候だったのでどうしようかな…と。

自分が借りる店舗には、同じチェーン店間であれば他店舗から車両を借りて用意してもらえるシステムがあるのですが、搬送費用は先払いなので既にかかってしまっています。そのまま予約をキャンセルすればレンタル費用は払わずに済むのですが、本気で買うならこれ!と思っていた車種なので、「Yahoo!天気」の雨雲レーダーをチェックして、雨が降らなさそうな3時間くらいを狙って乗ってきました。

このブログのトップ画像にあるYZF-R25
IS Fのエンジン・2UR-GSEを作った、YAMAHA謹製二輪です。

まず見た目がカッコイイこと、そして同クラスの中で軽量&ハイパワー。
R25なら車検が不要で、モアパワーを求めるなら、エンジンが250cc→320ccになる「YZF-R3」も選べること。
これらを踏まえて試乗してきました。比較対象は以前レンタルしたCB400SFです。というよりこれしか乗ったことがないので他車種と比較しようが無いんですよね(笑)


パワーに関してはCB400SFのほうが確かに加速性能などは良いのでしょうけれど、ワインディングを流すくらいの走りではそれほど気にならないレベルでした。レブが14,000回転なので、出力が足りなければ回せばいいだけです。しかも高回転域では音が切り替わるようなイメージで、高揚感もアップします。

CB400SFとの比較で一番感じたのが軽量なところ。30kgの違い(CB400SF:197kg、YZF-R25:166kg)が思いの外大きく、すべての挙動で軽さを感じることができました。クルマでもそうですが、軽さは大切だなと改めて感じました。

気になった点は、ウインカーのインジケーターが左右独立ではなく1つしかないこと。「⇔」というランプが点滅するので、実際に点滅しているのが左か右かを確認できません。また、個体差かもしれませんがクラッチの調子があまりよろしくなく、停車時に1速に入らないことが何度かありました。その他気になる点としては樹脂パーツが多く(タンクも樹脂製だとか)、もう少し高級感を演出して欲しかったです。

そこそこの速度でワインディングを走る用途にはピッタリな車種に感じましたが、実際に乗ってみると期待が大きすぎたせいか、少し冷静になってしまった自分がいました。

CB400SF、YZF-R25以外にもう一台、気になる車種があります。
次回レンタルする際は、「漢(おとこ)KAWASAKI」のNinja400 or Ninja250にしようと思っています。
みんカラでバイクネタは少数派だと思いますが、自分の記録も兼ねてということで何卒ご容赦くださいm(__)m


※来週金曜日の「ワンメイクドライビングレッスン LEXUS F」は久々に参加しますので、当日お会いする皆さん、よろしくお願いします!
Posted at 2015/09/11 15:50:11 | コメント(4) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2015年08月07日 イイね!

初のバイクツーリングと、そして…。

初のバイクツーリングと、そして…。先日、会社のスタッフ親睦バーベキューを日立で実施してきました。
このバーベキュー会場を予約する段階で二輪教習が第二段階終盤でしたので、「途中で躓かないで免許取得できれば、このバーベキュー会場への道を取得後初のバイクツーリングにできるんじゃないか?」と悪巧みし、まだ免許を取得していないのにレンタルバイクを先に予約するという暴挙(笑)

このように自らをあえて窮地に追い込んだおかげか、ストレート免許取得に成功し、バーベキューにはバイクで参加することができました。

今回借りたバイクは


CB400SuperFour(NC42)です。


ざっくり説明するならば、
教習車のベース車両(笑)

ただ、教習車のベースになるというのはそれだけ「懐の広いバイク」という意味でもあり、変なクセが無く、とても乗りやすい車両ということでもあります。最新のCB400SFはギアポジションが表示されるのも◎。
ちなみに、教習車との大きな違いの一つである「保護バーの有無」。保護バーが装着されていない今回のCB400SFは思いの外軽く、このくらいの車重だったら自分でも何とかなりそうな気がしてきました。保護バー付きの教習車はだいぶ重いよなぁと思っていたので^^;

前回のブログでやせふくろうさんから、「周囲は敵だと思ってください」とコメントをいただきました。もちろん冗談を含むコメントだったと思うのですが、事実に思えてしまうような出来事に遭遇してしまいました。
片側1車線の国道を、前の車に追従して詰めすぎず開けすぎずの適度な車間を保って走っていたのですが、後ろを走っていた大型トラックが無理やり自分の真横に幅寄せしてきました。こちらが外に逃げなければ「ぶつかる!」と思ってしまうくらいに。
危ないと思ったので減速して後ろに付きましたが、よりによってバイクデビュー当日にあんな運転をされるとは、よくあることなのかそれとも偶然だったのか…。

このまま泣き寝入りしてしまえば、あのドライバーは同じことをこれからも繰り返すと思ったので、リアのナンバープレート逆側に付いている会社名のプレートから連絡先を調べ、電話対応の方に「ドライバーに今後こういう運転をさせないように徹底をお願いします」と伝えました。出来事があった道路と発生時間を伝えたところ、デジタコ等から運行記録を調べて改善していただけるということでしたので、その言葉を信じて電話を切りました。

いきなり暗めの話になりましたが、その後一度休憩を挟み、立ちごけや転倒すること無くバーベキュー会場まで到着することができました。ただ、うまくバンクさせることができず、特に左折時にオーバーラン多発…(汗)

バーベキューが終了し、その後まだ返却まで時間があったので、さらに北上して



竜神大吊橋まで行ってみました。

平日しかも夕方近かったのでお客はまばら。少し休憩したあと、もう少し走りたかったので袋田の滝付近まで走らせることに。このあたりは体感で5度以上は気温が低かったと思います。とても涼しかったですね~。



袋田の滝付近まで来てみました。


ここで休憩していると空で雷が鳴り始め、走行途中にぽつ、ぽつとついに雨が降り出し、しまいには土砂降りに…路上デビュー初日は試練の連続。
雨宿りをすれば返却時間まで間に合わない可能性があったので、土砂降りの中をそのまま走り続けると、いつしか雨雲を追い越したようで雨が止みました。ただ、雨が止むと今度はまた蒸し暑くなり、暑い→寒い→暑いが繰り返す過酷な状況(汗)
最後は渋滞にハマり(すり抜けは怖くてできません…)、バイク乗りの辛い部分フルコース?をひと通り味わって、最後に給油して返却。走行距離は150kmでした。

クルマと比べるとだいぶ疲れましたが、それがバイクの長所でも短所でもあるのでしょうね。
疲れる主な原因は走行風だと思うんです。60km/hでもそれなりに風圧を受けるので、クルマのように楽な姿勢で走り続けることができません。
ですが、自分の体で風、段差のショック、コーナリングでのGを受けるダイレクトさは、疲れはありますがとても気持ちよかったです。運動後の心地良い疲労に似ているような気がします。

今回は走りませんでしたが、個人的にはネイキッドでの高速道路はちょっと厳しいかなと^^; カウルが装着されていないとモロに体で100km/hの走行風を受けるので、かなり辛そうです。やはり、自身で購入するのであればスーパースポーツになりそうです。



汗だくになり、土砂降りでびしょ濡れになり、自宅に帰ってすぐ風呂場に直行(笑)
さっぱりした状態で自宅でゴロゴロし、ウトウトし始めた頃に、東京へ出かけていた妻から電話が。
「コペンの様子がおかしくて、高速の路側帯で停車している」というので詳しく聞いてみると、水温計がHを振り切り、焦げ臭い匂いがするとのことで、冷却系のトラブルのようでした。
JAFを呼ぶよう伝え、積車に積まれる可能性があったので迎えに行くと、案の定コペンは自走不可と判断されて積車へ積まれ、いつもお世話になっているショップへ運んでもらうことにしました。(積車費用28000円かかりました…)
翌日、点検を終えたショップの社長から連絡があり、エンジンブローしているとのこと。

5年ほど前によそ見車両に玉突き追突されたことがあり、フレームが歪むほどの事故でしたが妻が気に入っていたので大修理を施して乗り続けていました。
その後、事故の後遺症のようなものもあったのか、今回のエンジンブローの前にもタービンブローをはじめとするいくつかのトラブルが発生していました。

コペンを購入した時はまだお互い若く独身(交際中)でしたので趣味性の高い車で良かったのですが、結婚し、今後のことを考えると、妻がコペンに乗るというのは不便であり、不安でした。コペンは軽自動車の中でも特にボディサイズ(面積)が小さく低いクルマなので、大きなトラック等に見落とされる可能性があり、もし事故に遭ってしまった時の被害を考えると、白ナンバーのクルマに乗って欲しいという思いをずっと抱いていました。
コペンを気に入り、自分が何度か乗り換えを勧めても首を縦に振らなかった妻も、さすがにこれまでの度重なるトラブルに加えての今回のエンジンブローは堪えたらしく、いよいよ乗り換える決心が付いたようです。
(といっても支払いは自分なのですが…^^;)

この話の続きは、たぶん次のブログの内容になるのではないかと思います。
そんな状況なので、自分のバイクを…という話は、口が裂けても言えなくなってしまいました(汗)
Posted at 2015/08/09 14:44:05 | コメント(13) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2015年08月03日 イイね!

普通二輪免許、取得。

普通二輪免許、取得。前回のブログで普通二輪の教習に通い始めた件に触れましたが、昨日教習所の卒業検定に合格し、本日免許センターにて免許証の書き換えが完了、晴れて二輪免許の取得となりました。
7月8日から通い始めましたが、週に2回2時間教習を受けるペースでストレートに卒業できたので一ヶ月もかかりませんでした。
最初はバランスを保つことすらまともにできず、何度か倒してしまうくらいひどい有様でしたが、教習で何度も乗るうちに挙動に慣れてきて、最終的にはなんとかなっていました。
まだおっかなびっくりな感じではありますが…路上での運転もまだ未経験ですし^^;




そして今回なんと!
普通二輪免許取得に伴う免許証の更新によって、





ゴールド免許
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!






ちなみに前回の交通違反は、今でも忘れられない8年前のこの出来事でした…。
この出来事以降おまわりさんのお世話になることが無かったので、本来であれば次回免許更新の平成31年にゴールド免許となる予定でしたが、今回の二輪免許取得の時点でゴールド免許の要件を満たしていたので、帯の色が変わったというわけですね。
ありがとう!普通二輪免許!!
今度こそ維持します!(ゴールド2回目です)



さて、話を戻しまして。


「バイクは危ないからダメ」


小さい頃から親に言われ続け、
今回の取得に際しては妻からも大反対され(結果強行という形になってしまいました…汗)
さらには周りに「親戚がバイクで事故ってるのでうちは取れないんですよ~」という方が多いにも関わらず、それでも取得に至った理由、それは

・風を受けて走る開放感
・人馬一体感


これらをクルマよりもたくさん感じられそうだったからなのです。

これらの単語から、クルマではロードスターを連想される方が多いと思いますが、バイクはロードスターよりさらに人馬一体感、開放感を感じることができると思います。乗車姿勢が乗馬に近いという意味でも「人馬一体」という言葉がピッタリではないでしょうか。
教習所内は40km/hまでしか出せませんでしたが、40km/hで走らせると、意外と強く風を受けてビックリしました。また、エンジンは体の下にあるし、排気音もヘルメット以外に遮るものなく直接耳に入ってくるので、バイクからの五感への伝わり方がとてもダイレクトです。
その分暑いですし、事故った時の被害はクルマの比ではありませんが…気をつけます(汗)



今回取得しようと思うまで、バイクの知識はほぼゼロに等しかった自分。

「『ネイキッド』?ダイハツの軽自動車?」

※ネイキッド:カウル(エアロ的なもの)を装着していないバイク



「『スーパースポーツ』?フェラーリ?ランボルギーニ?」

※スーパースポーツ:フルカウルを装着したバイク





な感じでした(笑)
今回の二輪免許取得はバイク知識を増やすいい機会となり、様々なバイクのデザインや性能を自分なりに吟味した結果、どうやら「スーパースポーツ」と呼ばれるデザインが好みのようです。
以前は「レーサーレプリカ」と呼ばれており、フルカウル付きで空力に優れ高速走行しやすいモデルですね。

特に


YAMAHA YZF-R3




HONDA CBR400R




KAWASAKI Ninja400



このあたりでしょうか。
普通二輪免許なので、400ccまでの車種から選んでみました。
今のところ速さをそこまで求めてはいないので普通二輪免許で十分!と思っているのですが、ほとんどの方は最終的に大型二輪まで取られているので、自分もそうなるのでしょうか?^^;


ちなみに250ccまでのバイクは車検不要なので、経済的ですし所有へのハードルが低いです。
でも「ド」がつく初心者である自分の場合、もし自身のバイクを購入するのであれば、車検というタイミングでメンテナンスをしたほうが良いと思うので、車検の有無は気にしないで選びたいなと思っています。
もしかしたら高速を利用するかもしれないと考えた場合、有り余るほどのパワーはいらないけれど、パワーはそれなりにあったほうが走りやすいだろうということで、400ccのバイクを中心に候補に挙げてみました。

ですが上記車種の中で、1車種だけ400ccではないんですね。
YAMAHAのYZF-R3は320ccなんです。

それでもなぜ候補に入れているかというと、パワーウェイトレシオが他車種より優れている、つまり、パワーに対して車重が軽いんです。
バイク初心者としてはバイクの車重は不安要素の一つでもあります。教習所でCB400SFを何度か倒してしまい、そのたびに起き上がらせました。コツを掴めば起こせないということはありませんでしたが、200kg近くあるので結構大変なんです。YZF-R3は車重が169kgと競合車種よりやや軽めなので、その点でもオーナーに優しそうなんですよね。


といってもバイクを購入できる日はだいぶ先になりそうな気がします…
というか、いつになるのだろう、という感じです(´;ω;`)
しばらくはレンタルバイクで様々なバイクに乗ってみて、本当に気に入った車種を選んでいきたいと思っております。
まずは6日に教習車とほぼ同じCB400SFを一日借りて、路上での運転に慣れることから始めていきます!
Posted at 2015/08/03 18:34:34 | コメント(15) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2015年07月04日 イイね!

再び教習所へ!

再び教習所へ!前から興味はあったものの、家族からの反対が強く諦めていた自動二輪免許。

自動車免許を取得した年から倍の年になる今回、
「もっと自分のやりたいことをやらないと人生楽しくない!」
と思い立ち、再び教習所へ入所しました。

経済的で、速度が乗らなくても楽しめる、そしてマニュアルで乗る。でも自分の本命はあくまでも自動車。というわけで、大型ではない「普通二輪免許」です。(400ccまで)

自動車免許があるので学科免除、実技のみで取れるというのも理由の一つでした。

先ほど入所式に参加してきましたが、二輪免許は自分のみ(汗)
不人気ですね〜。
世間的に不便、危ないというイメージが大きいのでしょうか。

まず免許を取ることに専念し、その間にファーストバイクをどの車種にするか、じっくり選んでいこうと思います。
二輪オーナーの方、おすすめ車種がありましたらぜひアドバイスください♪
Posted at 2015/07/04 16:17:42 | コメント(11) | トラックバック(0) | バイク | 日記

プロフィール

「[パーツ] #IS-F 高輝度 SMD フット&グローブボックスランプ https://minkara.carview.co.jp/userid/14702/car/1236245/9544281/parts.aspx
何シテル?   11/16 22:24
様々なボディタイプの車を乗り継ぎ、 2012年11月、メインカーであるIS F納車。 2015年9月、主に妻が乗るジューク 16GT FOUR納車。 20...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

車の写真を撮るときに気をつけていること。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/31 13:41:26
FSW攻略 コカ・コーラコーナー&100R 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/12 15:58:11

ファン

54 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス IS-F レクサス IS-F
2010年9月登録の2011年モデルをCPOで購入しました。 納車時走行距離:18,44 ...
スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
2017年7月15日納車。 納車時走行距離:29,598km Z33を降りて5年、やは ...
日産 ジューク 日産 ジューク
妻の愛車・16GT FOURです。 コペンがエンジンブローしてしまい、修理費がかさみそう ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
・FRのMTに乗りたい ・一度はクーペに乗っておきたい ・初のMT車なので、NAの自然な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.