• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

とざっきーのブログ一覧

2022年01月09日 イイね!

試乗:スバルBRZ R 6MT(2021年ニューモデル)

スバルの新春フェアに来てくれと、東京スバルから電話が掛かってきた。
こんなこと初めてだ。忙しいであろう年明けの営業中に、もっと忙しくなるような客引きの電話をしてくるとは。
しかも、No Thank youなSVXなのに。スバル、どうした?血迷ってるのか?

グッズがもらえるそうなので、新年初ドライブを兼ねてディーラーへ。
ついでにBRZの試乗を依頼。

用意されたのはRというグレードの、ブラックメタ、6MTだった。

マニュアルか・・・。まあ、イケるだろう。
6速もあるのは面倒くさいな。4速もあればでいいわw

若干不安はあったものの、エンストもせず試乗開始。

トルクがあって、下からでもアクセルのつきがよく乗りやすい。踏めばドン!と加速する。
ハンドリングもレスポンスがよく、それでいてリアの接地感も高い。FRらしさを感じつつ、4WDのスバルらしいハンドリング。
エンジン音というか、メカノイズが若干聞こえてくるが、まあ許せる範囲。というかこの音、スピーカーから出てきてるんだっけ?

ヒルストッパーがついていて、坂道での発信もラクラク。

試乗車はプリプロダクション品(量産前のパイロット生産品)だそうで、発売前に入ってきたものらしい。そのため内装のキシミ音もしていたが、量産品はそういうことはないらしい。

結局エンストもすることなく、無事に試乗は終了。

2.4リッターになったことは残念だけど、もう普通に買えるスポーツカーとしてはロードスターかBRZ/86ぐらい。いい仕上がりの車だった。

これだけ進化すると、旧型との差が大きいので、旧型が中古で安くなるんじゃないかなw
Posted at 2022/01/09 22:36:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗記 | 日記
2022年01月08日 イイね!

ホンダF1エンジンに見る高効率エンジンのセオリー

…と固そうなことを言ってみる。

内燃機関の基本的なセオリーは、
1:高圧縮、高膨張。わかりやすくいうと高い圧縮比。
2:なるべく短時間に燃焼して、急激に圧力が高まること。
3:燃焼室の表面積を小さくして、熱の逃げ場を減らす。冷却損失の削減。
4:摩擦抵抗(摩擦損失)の削減。
これくらいかな。

3を考えると、バルブの挟み角は狭角になり、なるべく燃焼室はぺったんこにしたくなる。山型のペントルーフ型なんて、まったく理想的じゃない。鋏み角を広げるなんてセオリーから外れてて、私からするとあり得ない。

1はわかりやすいが、実はわかりにくい。
というのも、ボア・ストロークと燃焼室の比率で圧縮比が決まるのは見かけ上だけ。
バルブの開くタイミングで、ちょっとだけ吸って、大きく膨張する遅閉じミラーサイクルとか、吸気慣性過給とか、それこそターボとか、実際の吸気量と圧縮した燃焼室の容量はかなり複雑だ。

2は、PV線図で考えればわかりやすい。
PV線図は物理的な基本なので、学生の頃から何万回も見返しているが、実に想像力を掻き立てられ、これで酒が3杯は飲める。
急激に燃焼させて圧力が急上昇すれば、この図の赤い部分がパワーとして使えることになる。
プレチャンバーで中心から火炎放射器のように燃焼しつつ、ピストン周辺からディーゼルエンジンのように自着火させるなんて、狙いは瞬間燃焼によりPV線図の赤いところを馬力にしたいためだ。

今一度3に戻ると、燃焼室内で爆発したエネルギーをすべてピストンを押し下げる力に変換できればいいのだが、熱を発生させずに圧力だけを上げる燃焼はできないので、どうしても燃焼による熱が発生する。
仕事はすべて最終的に熱になり、地球を温めることになるんだけど、ただの熱になるのはもったいないので、その熱でなんとか仕事をさせようとする。
それがターボだ。
発生した熱を冷やして(放熱して)しまうと、高くなった圧力も下がってしまう。だからなるべく熱を奪わず、タービンまで圧力を高いまま持っていったほうがいい。
だからタービンまでのエグゾーストは、保温性の高い素材でラップされている。

4の摩擦は、摩擦熱となってロスしてしまう。タイヤにパワーが伝わる前に、熱になってしまう。だから熱にならないほうがよく、摩擦抵抗は少ないほうがいい。
いいオイルや、接触するピストンリングの面積を減らしたり、シリンダー内壁にメッキや加工をすることで摩擦抵抗を減らす。
なお、タイヤまで伝わったパワーは、最終的にはタイヤと路面の摩擦熱になり、ブレーキで熱になる。燃焼によって得られたカロリーは、すべて熱になる。


ここまではエンジンの基本中の基本。
PV線図をツマミに酒飲みながら書いているから、だいぶ酔ってきたw

ホンダF1エンジンを解説しているサイトで、バルブ挟み角を狭角にすることが目からウロコ的に書かれているのを見た。
全然画期的なことでもなんでもなく、全部セオリー通り。物理現象なんだから、誰もやってないアプローチ、画期的なアイデアはない。全部、物理に沿っている。

圧縮、燃焼については、かなりアイデアが出尽くしてきているような気がする。
余地があるのはポンピングロスの改善かな・・・



Posted at 2022/01/09 00:15:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | F1 | 日記
2022年01月01日 イイね!

明けましておめでとうございます

今年も宜しくお願いいたします。




画像は適当にセレクト。
Posted at 2022/01/01 14:00:51 | コメント(0) | トラックバック(0)
2021年12月31日 イイね!

2022年にやること、なぐり書き

忘れないように書いておこう。

01:バックカメラの取り付け。
02:ナビのアクセサリー電源をリレーで引き直し
03:ナビにHDMI入力の配線設置
04:トランクのアンプの電源配線やりなおし
05:ボディのポリッシャー掛け
06:ルーフライナーに余ってるシンサレートぶち込み
07:アライメント調整
08:オイル交換
09:デフオイル漏れ点検
10:タイヤ・ホイール交換
11:ツインリンクもてぎに行く
12:スズキの博物館に行く
13:なんかもう1つくらい自動車博物館に行く
14:ダッシュボード周りを掃除する
15:窓ガラスの内側を洗う
16:リアサスを組み直して異音対策
17:レカロとマウントのアレをアレするか、またはアレする
18:テールランプAssyをバラしてLED基板をぶっこむ
19:溜め込んでいる部品を放出または廃棄。断捨離する。
20:コンソールボックスを作る
21:パワステポンプのオイルタンクを塗装する
22:マフラーの遮熱板のビビリ対策をする
23:ドア内部の吸音材を剥がして、違うものを貼り直す
24:サイドステップを外してキズ塗装
25:サイドステップを外して、デッドニング
26:リアバンパーを外してドロースティフナー装着
27:燃料ポンプ交換
28:燃料フィルター交換
29:キャニスター交換
30:燃料メーターの誤差が大きいのをどーにかする
31:シートを洗う
32:フロアマットを新調する
33:テールまわりのヴォルテックスジェネレーターを見直す
34:ハイマウントストップランプをLEDで新しい作る
35:ドアのバッフルボードのスピーカー固定ネジを見直す
36:ピラーマウントを予備のピラーで作りなおす
37:ヘッドライトのプロジェクターを分解して掃除してみる
38:・・・・ネタ切れ


頑張っても40個も出てこなかった。


Posted at 2022/01/02 12:11:06 | コメント(2) | トラックバック(0) | SVX | 日記
2021年12月26日 イイね!

試乗:日産AURA e-Power

チャリで通りがかりの日産ディーラーに飛び込みw
AURAの試乗をオーダー。

詳しいことを全く聞かれないまま試乗したw

以下、箇条書き。

NOTEとAURAで顔が違うだけかと思っていたら、リアフェンダーが張り出して3ナンバーになっていた。
斜め後ろから見ると、リアがポルシェのように張り出している。かっこいい。
でもお金掛けすぎじゃない?

乗ってみると静かと言えば静かなんだけど、エンジン音はしっかり聞こえてくるし、
期待に満たなかった。もっと上質感を出して欲しい。

走り、曲がりはまったく問題ない。問題ないけど、今どきだったらもう少しソリッド感が欲しい。

有り体に言えば、普通だった。マツダ3と50歩100歩かな。

Posted at 2022/01/10 14:53:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗記 | 日記

プロフィール

「ハミルトン、マシが解任になって帰ってきたらカッコ悪すぎだし、解任にならなくて今更帰ってきてもカッコ悪いから、もうF1に戻ってこないで欲しい。」
何シテル?   01/14 22:30
ホソクナガクツツマシク生きてます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/1 >>

       1
234567 8
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

レカロ、ダメ、車検!? ⇒令和3年4月に再度ディーラー車検 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/11/23 08:41:22
初代BC5レガシィにGDBオルタネータを流用1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/10/07 09:11:25
修理完了 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/10/05 22:46:50

愛車一覧

スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
3台目のSVXにして、これで最後のSVXの予定。究極の快適GTカーを目指します。 S4 ...
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
SVXとしては2台目。 1台目を事故で廃車にしてしまい、とりあえず買った中古車。 格安 ...
ホンダ プレリュード ホンダ プレリュード
SOHC、キャブレター、3バルブだったと思う。 決してハイスペックじゃなく、安くてカッコ ...
ヤマハ RZ125 ヤマハ RZ125
JOG→RZ125S 16歳でJOGに乗り、通学に使っていたが、1年経ってもっと速いバ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.