• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

並盛りジョニーのブログ一覧

2018年08月17日 イイね!

群馬サイクルスポーツセンター

群馬サイクルスポーツセンターツイッターで「群馬サイクルスポーツセンターで走行会やります」という通知が回ってきまして、1回走ってみたいと思っていたので、最初は「気軽に」申し込んだのです。
が、このコース、申し込んだ後で「やばいコース」というのに気が付いて、いざ走行まで結構びくびくしていたのが本音だったりします。
織〇学が(マシントラブルが原因で)クラッシュしたとか、そもそもコース幅狭くて逃げ場がないとか、各種動画で事前シミュレートしたら、ますます怖くなったのが本音だったりしますw

そんなわけで当日を迎え、早朝に千葉を出発。
片道200kmあるので、なかなかの距離です。
高谷まで開通した外環→関越ルートで月夜野へ。

途中、ドラ衛門さんをパスしたんですが、気づいていたかしら?



月夜野手前で虹が出てましたが・・・虹が出ているということは、雨が降っていいるということ。
そして、みなかみ町周辺で大雨警報出ていたことで、「こりゃサイスポも降る」という可能性もあること。
事実、このすぐ後で雨が降ってきました。
すぐに止むも、そのあとでまた降りだして・・・の繰り返し。
群サイますますやばそうなことに。
いったんコンビニで物資補給ののち、現地までは雨はやんでいました。


そして、なぜか増えてるテリトリーw

色々あって現着しましたが、結局雨。
ここに来るのは初めてではありませんで、ずいぶん前にスバルのラリーイベントに、当時の友人の付き添いできたのですが、その時は友人の車に同乗だったので「遠いなー」という印象くらいしか残ってなかったのです。

雨が収まったところでタイヤを交換を初めましたが・・・



レンチに力を入れたとたんに「パキッ」という音がしたので、ボルトが折れたか?と焦りましたが、17mmのソケットに亀裂が・・・
下駄の鼻緒が切れるとか、テリーマンの靴紐が切れるとかのアレじゃないのか?と。ここで不安は最高潮(;´・ω・)

タイヤの空気圧も、いつもならリア高めで行きますが、自信がなかったので、前後ともやや低めでセット。
最初に試走の後、アタック開始。
雨は降ったりやんだりの繰り返しで、ある程度乾いても、結局また降り出して、木陰も多いことで、乾ききらないスポットも多く、非常に厄介なコンディション。
車の開発も兼ねていたので、タイヤはディレッツアZⅢ一択でしたが、ウェットグリップまるでダメなナンカンAR-1で挑んでいたら、多分生き残れなかったと思います。


そうして挑んだ群馬サイクルスポーツセンター、とにかくトリッキーで難易度高い。
まず路面bに凹凸が多く、侵入のブレーキングで、硬いだけの足回りだと、凹凸でタイヤがきちんと接地しないことでスピードを落としきれなくなり、まずここでやられることになります。
開始数分で一台散りましたが、事故した車をみると、車高をかなり落としていたので、やられたとしたらまずこのパターンかと。
そして、曲率が途中で変わるトリッキーなコーナーも多く、二段階で曲がり込む罠にかかった車も多数。
そして、登りと下りの坂も連続して、緩やかなコーナーもあるので、速度レンジも結構高く、1300ヴィッツでも3桁速度に達するレベル。
結構パワーを求められるステージです。
某ホッ〇バージョンで、数百馬力にチューンした車を何度も走らせているのを見ますが、あのパワーで踏んでいけるプロレーサーはやっぱりすごいと実感。
路面も路面なので、パワーあげただけの車では撃沈必至でしょう。
「足回りまで含めてトータルで仕上がった車じゃなければここは走れない」と、そのプロレーサーの一人が言ってましたが、まさにその通り。
そういう意味では、ヴィッツに装着したモデリスタ・サスは、こういうステージでも踏んでいけたので、その点悪くはないと思いました。
もちろん最初から全開は無理なので、徐々に慣らしていく形で走っていきました。
その間も、破損や積車出すレベルのクラッシュも続き、その都度中断。
自分も、速度読み違えて、あわやの場面ありましたが、ぶつけずに済みました。
コースの印象は「対向車の心配がない峠」といったところ。
サーキットとは違いますし、無論ジムカーナとも違う。
日頃、峠を走る機会多い人の方が、相性いいのではないか?と思われます。



車載動画はこんな感じ。



そしてこちらは後方視点。
午前は単独のみ、午後からは追走Okでして、来た人の何人かと追走動画を試みましたが、こういう場面でなぜか録画がされていないという。
サーキットでの追走も、あれはあれで迫力あるけど、群サイは追走動画がものすごく映えるので、ホット〇ージョンでよく使われるのは、動画映えもあるんじゃないかと思われます。


※見学の方に撮っていただいた写真です

同乗ももさせてもらったりして、ひとまず走行会は終了。
自分は損傷なしで終わりましたが、終わってみれば大破3台(終了後、路上で立ち往生していたのも含めれば4台)を数えて、楽しめた半面、やはり危ないステージなんだな・・・と思わずにはいられませんでした。
個人的には(怖がりながらも)楽しめましたが、もし走行する機会があれば、車と心の準備を万全に挑んでくださいませ・・・。
Posted at 2018/08/20 11:14:37 | コメント(9) | トラックバック(0) | 走行会など | 日記

プロフィール

「@ゆうき@4stMINI+zc11s さん ラーメンバー…(旧いw)」
何シテル?   11/13 22:08
車・バイク全般、ジャンル問わず楽しんでいます。 スポーツドライブ好きなので、そういう車に拘ってますが下手です。 写真も趣味で、サーキットなどにカメラ抱え...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

軽自動車ごときが! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/11 17:29:30
なんとなくGr.Aで 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/08 22:39:19
バネレートの設定方法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/16 16:28:23

お友達

所有している車種・メーカーに限らず、DIYの情報とか、他車種流用情報、その他技術情報や、写真がらみのスキルを持ってる方と交流希望です。
特定メーカー、車種に縛られたくないので、特定メーカーのごり押し、思想の押し付け等はご勘弁くださいませ。
なお、申請はリアルで会った人優先といたします。
136 人のお友達がいます
けんご(けんご&あやこ)けんご(けんご&あやこ) * P.N.「32乗り」P.N.「32乗り」 *
どどまいやどどまいや * AsahiPalmAsahiPalm *
べじょりーたべじょりーた * 紺ウサギ紺ウサギ *

ファン

53 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ヴィッツ ヴィッツLWC (トヨタ ヴィッツ)
軽さは正義!
輸入車その他 ???? 寝台特急 ふじ・はやぶさ (輸入車その他 ????)
ハイドラ公共交通機関移動用。写真は自前で撮ったものです。2008年根府川駅にて。
輸入車その他 その他 その他 安全うんたん (輸入車その他 その他 その他)
仕事用。 何乗ってるかはその日によりけり
輸入車その他 ???? 自転車2号機 (輸入車その他 ????)
折り畳み式が半年でスポーク折れを起こしたため、より強度を求めたものを新たに増車。 これで ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.