• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年10月02日

KATANAがキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!

KATANAがキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!  けど微妙ぉ━━━(;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)━━━!!

10月2日にドイツ・ケルンで開催されているモーターサイクルショー「インターモト」に新型KATANAが発表されるというので、スズキのホームページを見てみました。
「新型KATANAは、GSX-S1000がベースになる」という話だったので、現行(ではないですけれど)GSX1100S、ハンス・ムートの“刀”みたいな細身ではなく、マッチョなデザインになるだろうなと予想していましたが、予想通りマッチョなデザインでした(爆)
フロントカウルは、正面から見たらCB1300SBですし、横から見たら…GAGATANAかと思いました(爆)


寸法がおかしい。ハンス・ムートの“刀”は、元々欧米人の体格に合わせて作られたGSX1100Eがベースで、それに巨大なタンクとセパレートハンドルを取り付けたので、「丸太を抱えているような」乗車姿勢でしたが、新型KATANAのベースのGSX-S1000は、そのベースがGSX-R1000でスーパースポーツです。その為、シャシーはコンパクトにできているし、おそらく車格に対してフロントカウルがさらに小さいのか、人間が大きく見えます。この写真だけ見ると、「グロムか」って思いました (^_^;)



最近のネオ・レトロというのでしょうか、最新のシャシーに昔風の外装を付ける手法として、先陣を切ったカワサキのZ900RSと、ホンダのCB1000Rがあります。Z900RSのデザインは元となった1970年代のZ900RSそっくりで、私がカワサキのバイクに詳しくないからでしょうけど、リアサスが1本か2本かでしか見分けがつきません。CB1000Rは元にしたバイクがあるのかはわかりませんが、レトロっぽいデザインを取り入れつつも全体を見ると十分現代風なデザインとなっています。
新型KATANAは、後者を採用したようです。
個人的には、ハンス・ムートの“刀”が好きなので、Z900RSのように、もっとハンス・ムートの“刀”らしさを取り入れてほしかったですし、その方が評価は高くなると思います。しかし、スズキは現代風のアレンジをした。もしかしたらスズキは、ハンス・ムートの“刀”のイメージを壊したかったのかもしれません。何せ、事ある毎に、「(ハンス・ムートの)刀、刀、刀」と言われ続けてきましたからねー (^_^;)
結局、ハンス・ムートの“刀”以上のデザインはできないって事ですね。なにせあの“刀”は、『神がデザインしたバイク』ですから。(@ばくおん)

たぶん…たぶんですが、これから「こんなのは“刀”じゃねぇ」とか「“刀”を名乗るな」とか、さんざん言われると思います。言いたい気持ちもわかります。でも、スズキが「これが新型KATANAです」と言うんですから、“KATANA”なんだと思います。そう思うようにします。

後は、「ユニコーン」がどう出てくるかですねー (^_^;)





しかし、“アップハン”だけは、どうにかならんかったのかなぁ。“セパハン”だったら、またイメージも違ってたと思うんですけれどね (-_-;)

関連情報URL : グローバルスズキ|インターモト2018国際モーターサイクルショー

YouTube - SUZUKI Way of Life! (公式) - プロモーションビデオ : FEEL THE EDGE


※10月3日追記
YouTube - SUZUKI Way of Life! (公式) - 記者会見 : プロモーションビデオ放映からの除幕以降(時間指定ができなかったので、スライダーで15分に調整してください。)

プロモーションビデオの印象とは少し違って、少しそれらしく見えるような気がします。これは、「写真写りが悪い」パターンなのか…見慣れただけなのか (^_^;)
やはり人が入るとフロントカウルの小ささが気になります。人込みでフロント斜め前から見ると、GSX250Sくらいの大きさに感じます。“軽量コンパクト”が身の上のスーパースポーツ系がベースなので、それはそれで正解なのでしょうけれど。

けど、“アップハン”は… (^_^;)

※更に追記
ありえへん (ーー;)
デザインはね、デザインはいいんですよ。過去の30年ではなく、これからの30年を見据えたデザインだと思うので。
でもね、聞くところによると、ガソリンタンクの容量が12Lなんだそうです。12L。ベースのGSX-S1000の実燃費は、「みんカラ」によると18km/Lなので、満タンで200kmしか走れないんです。
200kmなんて、奥さん。すぐですよ。日帰りツーリングでも200~300kmくらい普通に走りますから、旅の後半にガソリンをいちいち気にしながら走るのは、なんか“ヤ”ですね (-_-;) 高速道路には150km以上にガソリンスタンドが無い区間がいくつかあるみたいですし。
今まで乗ってきたバイク(といっても2車種しかありませんが)は一回の満タンで300km強は走れていましたし、勝手に、「バイクのガソリンタンクの容量は、満タンで300km走れるのを基準にしている」と思っていました(笑) ベースのGSX-S1000のガソリンタンク容量は17Lなので、これならギリギリ300km走れます。
実は、7割方「買ってもいいかな」と思っていました(爆) でもツーリング使用がメインなので、200kmしか走れないのは…ちょっとムリだなぁ タンクのエッジを浅くしたり、上面をかさ上げする等して、なんとか17Lの容量を確保してくれないですかねぇ…

もしこのまま12Lの容量で販売するのなら、GSX-S1000にKATANAのフロントカウルを付けたので良いような気がします。GSF1200/750に刀カウルを付けるのが流行っていましたし、ユニコーンもバンディット1250に刀カウルを付けていましたしね 凸(^_^;)
ブログ一覧 | 日記 | クルマ
Posted at 2018/10/02 22:57:02

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

SUZUKI 新型KATANA?
kuwa-manさん

KATANA
まるぱさん

SUZUKI KATANA3.0 ...
morning houseさん

KATANA大型バイクの免許をあき ...
仁政さん

KATANA
東次さん

予想通りのKATANA3.0発表! ...
aone085さん

この記事へのコメント

2018/10/06 00:31:18

元祖「刀」を知ってる世代から見れば
新型「KATANA」の賛否は当然あるだろうと思います。

kawasakiのZ900RSも、発売前は結構賛否が分かれました。
しかし、いざ販売となると、結構な納車待ちが出る程の人気が・・

現在の、、いや、これからの若い世代の方達に支持されて貰えたら良いんです。
往年のモデルも新型のモデルも、そうやって「受け継がれていく」のだろうと思います。

80y当時のNinjaのライバルが「刀」でした。
と言う事は、GPZ900R Ninjaも復刻化??
と一瞬期待はしたが、"Ninja"の名はもう既に現行車に受け継がれてるので
コッチの復刻は幻で終わるかも。。
コメントへの返答
2018/10/06 21:41:35
おっしゃるとおりだと思います。
それに、ハンス・ムートの刀だって、モーターショーで発表された時は評価が真っ二つに分かれたそうですから。
今回のKATANAも、そういう意味では、「刀らしい」と言える…かな(笑)

そういえば、“Ninja”は、黒鷹さんが乗られている型以降、継続して名前が使われていますよね。これは、Kawasakiモーターサイクルのアイデンティティというかポリシー的な事に付けた名前。という事なんでしょうかね。
でも、黒鷹さんの型のNinjaを現代風にアレンジしたデザインも、見てみたいですね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

変化のある生活をしていないので面白いブログは書けません(キッパリ) HP【club81.net】管理人。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

Yahoo!掲示板「GX81について」 
カテゴリ:未設定
2011/08/05 17:11:49
 
club81.net 
カテゴリ:未設定
2011/08/05 17:10:43
 
何かに乗って行ってみた~父ちゃんのイキヌキ 
カテゴリ:未設定
2011/07/23 10:54:37
 

愛車一覧

ホンダ モンキー125 でかモン (ホンダ モンキー125)
Z50系モンキーの可愛さに惚れているのですが、私の生半可な知識と根性では理想の「モンキー ...
スズキ BANDIT1200 (バンディット) バンさん (スズキ BANDIT1200 (バンディット))
幸か不幸かバイクに乗り続けて20年。その20年を同じバイク(GSX400FW)に乗り続け ...
マツダ ロードスター リトラさん (マツダ ロードスター)
50歳を前に真面目にタイムアタックをしたくなり、昔から興味のあったロードスターに乗り換え ...
その他 その他 グランツーリスモ6 (その他 その他)
グランツーリスモ6でキャリアモードの攻略に使用したクルマです。 タイヤは基本的に出場ルー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.