• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

くづのブログ一覧

2014年07月28日 イイね!

(JZX90) 100019km超えたので

(JZX90) 100019km超えたのでタイミングベルトを交換しました。

ディーラーさんが「そろそろ10万キロになるので、タイミングベルトとウォーターポンプも交換しますね~ お客様のお車のウォーターポンプは特殊なので、10万円上乗せになりま~す」と言われたので、「余計な事すんな!」と恫喝したのが、今年1月の車検の時。

…まあ、「余計な事すんな!」とは言っていませんけれどね。
…まあ、タイミングベルトを、社外の強化品にしたかったので、断っただけなんですけれどね。
…まあ、べつに、“持ち込み”しても良かったんですけれどね。

JZX81・JZX90の1JZ-GTEツインターボ車は、ラジエータのファンが一般的な「カップリング・ファン」では無くて「油圧ファン」なんですよね。で、その油圧を送るポンプがウォーターポンプと一体になっているので、一般的なウォーターポンプは3万円くらいだと思いますが、それが7万円くらいします。(今はもう少し値上がりしているかな。工賃を入れて10万円てコトです。)
クルマ好きの一人モンですから、必要な部品・作業であれば10万円くらい出費する事に躊躇は無いのですが((@_@)ぉぉ)、ブログで度々書いているのでアレですが、去年ヤリ過ぎて、さすがの“クルマ好きの一人モン”も厳しいフトコロ事情になっているので、一般的にタイミングベルトの交換時期と言われる10万キロに到達しないように極力クルマの使用を控えていました(笑)
その努力もむなしく(?)10万キロに到達したので、今回タイミングベルト他一式を交換しました。

交換したのは、タイミングベルト関係、クランクプーリー、ウォーターポンプ関係、油圧ポンプ関係、ラジエータホース、サーモスタットかな。
ウォーターポンプを交換するのには冷却水(LLC)を抜かないといけないので、ついでにラジエータホースとサーモスタットを交換すると、工賃とLLC代が節約できます(笑) 私は社外品の強化品ホースとローテンプサーモスタットに交換しました。
#JZ系エンジン(ターボ車だけかな?)のクランクプーリーには、振動を吸収する為か“ゴム”が使われていて、このゴムが劣化してクランクプーリーが脱落するトラブルがあります。(経験者談・苦笑) その為、タイミングベルトを交換する時は、一緒にクランクプーリーも交換しておいた方が良いです。
ウォーターポンプ&油圧ポンプ関係は、結局「オイルが漏れているワケではないから」との事で、オーバーホールで済ませていただきました。(工賃別で約3万円くらい。) ただ、Oリングやシール等で欠品が出ているようでばらしていない所もあるとのことでした。
費用の詳細は整備手帳の方に記載しますが、合計で約15万円でした。

さ~て、これで…クルマの使用を控える期間が延びました (^_^;
Posted at 2014/08/02 13:00:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | トヨタ チェイサー (JZX90) | クルマ
2014年07月28日 イイね!

[見るあほう] J-MX '14 #5 東北大会

全日本モトクロス選手権 2014 第5戦 東北大会 (7月20日 藤沢スポーツランド / 岩手県)

雨です。
第4戦に引き続き、雨です。
今回も第4戦と同様に田植え前の田んぼ状態 (^_^;) わだちも深く掘られていて、わだちを「オン・ザ・レール」で走る戦いになっていました。でも、そのわだちを走る前のバイクが転倒やスタックをしたら、わだちが深いだけに出られません。待つしかなさそうです… (^_^;

ダイジェスト映像なので、結果のみです。

レディース
1位、邵洋子(#1 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 / RM85)
2位、萩原真理子(#5 KTM レーシング / 85SX)
3位、安原さや(#3 名阪レーシング / YZ85)
2位荻原の「KTM レーシング」って、ワークスチームなのかな。KTMが表彰台に上がるのは今期全クラスで初ですね。他のクラスに出場しているのかは知りませんけれど。

IA-2(国際A級、4スト250cc。)
ヒート1:
1位、富田俊樹(#1 チーム HRC / CRF250RW)
2位、竹中純也(#32 チーム スズキ / RM-Z250WS)
3位、井上眞一(#39 K.R.T. / KX250F)

ヒート2:
1位、竹中
2位、勝谷武史(#888 グリーンクラブ ジュニアライダース / KX250F)
3位、安原志(#34 名阪レーシング / YZ250F)

IA-1(国際A級、4スト450cc。)
ヒート1:
1位、成田亮(#1 チーム HRC / CRF450RW)
2位、平田優(#3 ヤマハ YSP レーシング チーム / YZ450FM)
3位、熱田孝高(#5 チーム スズキ / RM-Z450WS)

ヒート2:
1位、小方誠(#2 チーム HRC / CRF450RW)
2位、成田
3位、平田
Posted at 2014/07/30 22:56:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | モータースポーツ観戦 | クルマ
2014年07月27日 イイね!

[見るあほう] 鈴鹿8耐 '14

宣篤…やっちまったなぁ (^◇^;

2014 FIM世界耐久選手権シリーズ第2戦 "コカ・コーラ ゼロ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 第37回大会 (7月27日 鈴鹿サーキット / 三重県)

ポールポジションはヨシムラ スズキ シェル アドバンス(#34 津田拓也 / ジョシュ・ウォータース / ランディ・ドゥ。プニエ / GSX-R1000L4)、2番手はモンスター エナジー ヤマハ with YSP(#07 中須賀克行 / ブロック・パークス / ジョシュ・ブルックス / YZF-R1)、3番手はF.C.C. TSR ホンダ(#11 秋吉耕佑 / ジョナサン・レイ / ロレンツォ・ザネッティ / CBR1000RR)の全70台です。

今回の8耐は、いろんな意味で大変でしたね。
バイクをグリッドに並べたスタート直前に滝のようなスコールが降りだして、結局1時間スタートが遅れ、7時間(正確には6時間55分かな)となりました。
で、雨の中で始まった8耐の5周目。今回の8耐の目玉であった、ヨシムラ創業60周年記念チームのレジェンド of ヨシムラ スズキ シェル アドバンス(#12 ケビン・シュワンツ / 辻本聡 / 青木宣篤 / GSX-R1000L4)の青木宣篤が、130Rで#34 ヨシムラを抜こうとしてオーバーランし転倒。映像を見た感じでは、体の方は大丈夫そうでしたが、バイクはリアホイールからタイヤが外れてしまっていて、押してもピットに戻るのはさすがに不可能。それを確認した青木の崩れ落ちる様が「やっちまった…」感がハンパありませんでした (^_^;

また、トップを走っていたF.C.C. TSR ホンダが、5時間107周目の130Rでスリップダウン。ライダーは激しく投げ出されてしまい担架で運ばれてしまいました。

オープニングのスコールから、一転して晴れ間が覗き路面が完全に乾いたのですが、再び雨が降りだし、そして止みと、天候が目まぐるしく変わり、また、転倒によるその処理でセーフティーカーが4度も入っていました。特に4度目のセーフティカーは残り30分での導入で、まあ、2番手はセーフティーカーランの最後の方にいたから良かったものの、同一周回で近い位置にいたら、激しいラストランになっていたかもしれませんね。

結果は、1位ムサシ RTハルク・プロ(#634 高橋巧 / レオン・ハスラム / マイケル・ファン・デル・マーク / CBR1000RR)、2位は#34ヨシムラ、3位はチーム カガヤマ with ベリティ(#12 芳賀紀行 / ドミニク・エガータ / 加賀山就臣 / GSX-R1000)でした。
我らが地元出身の“玉やん”こと玉田誠さんが監督を務めるホンダ チーム アジア(#22 ジョシュ・ホック / ザムリ・ババ / ディマス・エッキー・プラタマ / CBR1000RR)は7位でした。
Posted at 2014/07/29 00:29:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | モータースポーツ観戦 | クルマ
2014年07月26日 イイね!

{GT6} エリーゼトロフィー {真っ最中}

{GT6} エリーゼトロフィー {真っ最中}グランツーリスモ6 国際Bクラス ワンメイクレース エリーゼトロフィー。
コースは、ブランズハッチ GPサーキットを3周。
出場ルールは、ロータス エリーゼ系のみ、PP550以下、タイヤはスポーツ・ハード以下。
車両は、ロータス エリーゼ レースカー '96 (国際Bクラス ミッションレース オールゴールドクリアのプレゼントカー) (PP497)。
ドライビングオプションは、トランスミッション:AT、ブラインドサイドインジケーター:ON、ABS:1、以外全OFFで挑戦。

ライバル車は、ロータス エリーゼ 111R '04のワンメイクです。PP440ですから、申し訳ないです (^_^;) ラインはフラフラしていましたが、一度も接触する事無く3周目の中盤くらいでトップに出られました。

ま、こちらはPP497のレースカーですからね…
2014年07月26日 イイね!

{GT6} ブリティッシュライトウェイト {真っ最中}

{GT6} ブリティッシュライトウェイト {真っ最中}グランツーリスモ6 国際Bクラス ブリティッシュライトウェイト 全3戦。
出場ルールは、イギリス製で車重が1200kg以下のみ、PP550以下(主なライバル車の平均はPP400)、タイヤはスポーツ・ハード以下です。
車両は、ロータス エリーゼ レースカー '96 (国際Bクラス ミッションレース オールゴールドクリアのプレゼントカー) (PP497)。
ドライビングオプションは、トランスミッション:AT、ブラインドサイドインジケーター:ON、ABS:1、以外全OFFで挑戦。

レース1、マドリード市街地コース 3周、
レース2、ローマ市街地コース 3周、
レース3、マッターホルン ドリスタレン 3周です。

レース1、2、3、いずれのレースもギリギリで勝てました。ライバルカーがノーマルカーの中、一人だけレースカーなんですけれどね (^_^;) レースカーっていっても、このエリーゼ レースカーは、GT5の時のレーシングモディファイなので、ノーマル車と馬力的にはそんなに変わらないのでしょうか。レース2 ローマ市街地コースのストレートで、ノーマルのエリーゼと加速が変わらなかったモノで… じゃあ、こちらもノーマル車で挑戦していたらと思うと… (-_-;

エリーゼ レースカーは、先日挑戦した国際Bクラス ミッションレースをオールゴールドでクリアしたプレゼントカーですが、実は以前にシーズナルイベントで使用する為に購入していた事があり、今回はそちらを使用しました。少しセッティングをしていたようなのでアレなのですが、標準のレーシング・ハードから規定のスポーツ・ハードに落としましたが、それでもノーマル車に比べてコーナーリング時の安定感があったように思います。これ系のクルマ(ライトウェイトMR車。但しMR2、MR-Sを除く・笑)は氷の上を走っているような、まともに走らせられない記憶しか無いもので (^◇^;

レース2 ローマ市街地コースは、トップを走るライトカンパニー ロケット '07が、正しくロケットのように速く、数秒差での2位となってしまいました。何度か(5回くらいかな)挑戦しているうちに勝つ事ができましたが、どうやって勝ったのかは、謎です。ま、こちらは“レースカー”なんですけれどね (^◇^;

プロフィール

変化のある生活をしていないので面白いブログは書けません(キッパリ) HP【club81.net】管理人。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/7 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

Yahoo!掲示板「GX81について」 
カテゴリ:未設定
2011/08/05 17:11:49
 
club81.net 
カテゴリ:未設定
2011/08/05 17:10:43
 
何かに乗って行ってみた~父ちゃんのイキヌキ 
カテゴリ:未設定
2011/07/23 10:54:37
 

お友達

“お友達”になっていただいて、ありがとうございます。
99 人のお友達がいます
和81@二代目銀二郎和81@二代目銀二郎 * hiroyukikunhiroyukikun
l.a35l.a35 おっちょこおっちょこ
紅の流れ星紅の流れ星 ハマタクハマタク

ファン

28 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ モンキーR モンきちR (ホンダ モンキーR)
通勤用に購入。 ミニサーキットでの“ヒザスリ”兼用にと購入しましたが、あまりにも程度が良 ...
スズキ BANDIT1200 (バンディット) バンさん (スズキ BANDIT1200 (バンディット))
幸か不幸かバイクに乗り続けて20年。その20年を同じバイク(GSX400FW)に乗り続け ...
マツダ ロードスター リトラさん (マツダ ロードスター)
50歳を前に真面目にタイムアタックをしたくなり、昔から興味のあったロードスターに乗り換え ...
その他 その他 グランツーリスモ6 (その他 その他)
グランツーリスモ6でキャリアモードの攻略に使用したクルマです。 タイヤは基本的に出場ルー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.