• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

くづのブログ一覧

2014年08月31日 イイね!

[見るあほう] JRC '14 #5 群馬

JRC (全日本ラリー選手権) 2014 第5戦 モントレー2014 in 群馬 (7月25日~27日 群馬県嬬恋村)

映像で見られる範囲はターマック(舗装路)で広めの1車線から2車線と、楽しそうな道でした。

DAY1はそんなのんきな事が言えましたが、DAY2では、急に激しい雨が降りだして、トップの勝田はアンダーを出しながらも耐えていましたが、2番手の奴田原がコースアウトして崖に接触したかでコース上でストップ。3番手の新井が、コーナー出口で止まっている奴田原を避けようとブレーキでアンダーを出してしまい壁に激突。両者リタイアとなってしまいました。また、炭山もガードレールに正面から突き刺さり(不運 (^_^;))リタイア。トップの勝田以降総崩れとなってしまいました。
しかも、雨は30分で止み、すぐに路面が乾いてきたとの事。ま、そんな日もあるさ (^◇^;

結果は、
総合1位:勝田範彦 / 足立さやか(ラック名古屋スバル DL STI インプレッサ)
総合2位:高山仁 / 河野洋志(NENC IMMENES DLインプレッサ)
総合3位:吉澤哲也 / 井出上達也(加勢eレーシング ADVAN EvoX)
JN5クラス1位:鎌田卓麻 / 市野諮(TEIN ADVAN スバル BRZ)
JN4クラス1位:平塚忠博 / 鈴木裕(高崎くす子・DUNLOP・BRZ)
JN3クラス1位:天野智之 / 井上裕紀子(豊田自動織機・ラック・DLヴィッツG’s)
JN2クラス1位:田中伸幸 / 藤田めぐみ(加勢eレーシングYHクスコWMスイフト)
JN1クラス1位:中村晃規 / 古川智崇(DL・KYB・NETracingRX-8)

主催者のホームページを見てみると、夜中に試走したヤツがいて、地元ともめてるみたいですね。
そういえば、みんカラで、「絶対やめてください!」と書いた子が、理不尽な叩かれ方してた事があったなぁ (^_^;) これの事だったのかな。
こんな事書くと叩かれそうですが…まあ、しょうがないですね。昔から大なり小なりある事だし。ラリーだけの問題では無く、サーキットだって行き帰りの道沿いの住民から「マフラーがうるさい」「スピード出し過ぎ」とか苦情があるというし、周辺の道路に「サーキット族は出て行け!」なんて横断幕貼られているトコもありましたしね。
立場が上の方の人や競技歴、スポーツ走行歴(ついでに“珍走”も含めますけど・笑)の長い人なら「走らせてもらっている」という気持ちを持っていると思うので、その辺は考えて行動していると思いますが、駆け出しの人は、とにかく走る事が楽しくてしょうがないですからね。そこまで考えが及ばないのは無理も無いですし、クルマを取り巻く華やかな一面しか知らない(見ようとしない)人なら尚更でしょう。
私は、今回の件は、競技参加者では無いような気がします。(し、そう思いたいです。)

これは持論なのですが、何事も、『量の増加は質の低下を招く』と思っています。

量を増加させつつ質も上げる。これは絶対にムリです。対象が「物」じゃないですからね。だから“しょうがない”と思います。
あ、もちろん、「公道なんだから、自由に走ってもイイじゃん」って言っているワケではないですよ。止めてください。「“珍走団”のお前が言うか」と言われそうですが、頑張っている人がいるのだから、そこで走るのはやめてください。心からそう思います。
関連情報URL : http://www.jrca.gr.jp/3449
Posted at 2014/10/24 00:38:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | モータースポーツ観戦 | クルマ
2014年08月31日 イイね!

[見るあほう] WRC '14 #9 ドイツ

WRC(世界ラリー選手権) 2014 第9戦 ラリー・ドイツ (8月21日-24日)
3日間で18ステージ合計326kmを走ります。
今回のラリーは、全戦フルターマック(舗装路)のラリーです。
ドイツでのラリーは、歴年、シトロエンが強いそうです。フォルクスワーゲンの地元なのに。今年はフォルクスワーゲンがぶっちぎりで速いので、シトロエンも危ないかな。

シェイクダウンで、ティエリー・ヌービル(#7 ヒュンダイ モータースポーツ / i20 WRC)がブドウ畑を転がり落ちてました。横転でコロコロ転がり、ガラスは割れドアは取れていましたが、ロールケージとフルバケットシート・フルハーネスで無傷でした。オレもロールケージ入れよっと (^_^;) クルマは、そのロールケージに歪みが無く全損扱い(違)にならなかったので、19時間かけて修復し、スタートに間に合いました(@_@)凄い

DAY1。セコ道、セコ道楽しそう♪
SS3は、ブドウ畑を走るコース。つづら折りのゴー&ストップ。サイドターンが見事です。
そんな中、ロバート・クビサ(#10 RK M-スポーツ ワールド ラリー チーム / フォード フィエスタRS WRC)がブドウ畑に突っ込んでいきました。
SS5ではセバスチャン・オジェ(#1 フォルクスワーゲン・モータースポーツ / ポロR WRC)もブドウ畑に落ちてを突っ切り、まるで“ルパン”のように畑の下に道を何事も無かったかのように走っていきましたが、コースに戻る事ができずリタイアとなってしまいました。映像で見たかった (^_^;

DAY2。夜中に雨が降ってウェット路面になっています。
SS8でオジェが、超高速ストレートからジャンプでコントロールを失い、ガードレールにハードヒットしてコースオフ。オジェは、今回付いていないです。解説の方によると、チームメイトのヤリ-マティ・ラトバラ(#2 フォルクスワーゲン・モータースポーツ / ポロR WRC)がタイム的にもポイント的にも迫って来ているので、焦りが出ているのではないかとの事。

DAY3。
オジェのリタイアによりトップとなったラトバラが、SS15でブドウ畑を盛大になぎ倒してまさかのリタイア。またしても、フォルクスワーゲンのラリー・ドイツの歴史は繰り返されてしまいました。
ラトバラのリタイアによりトップとなったのがクリス・ミーク(#3 シトロエン・トタル・アブダビ・ワールドラリーチーム / DS3 WRC)。しかし、SS16でコーナーを曲がりきれず石壁にリアをヒットさせてタイヤが脱落。リタイアとなってしまいました。
ミークのリタイアによりトップとなったヌービルが、波乱のラリー・ドイツで、シェイクダウンでのほぼ全損状態から復活というドラマを引っ提げて優勝しました。ヌービルはWRCで初優勝との事。
更に、波乱があったとはいえ、ヒュンダイがWRC参戦1年目にして1・2位の快挙を成し遂げました。

結果は、DAY1終了時の1位はラトバラで2位に37.0秒差。
DAY2終了時の1位もラトバラで2位に56.6秒差。余裕だったのになぁ…
DAY3終了して総合1位はヌービルで3時間7分20秒2。2位はダニエル・ソルド(#8 ヒュンダイ モータースポーツ / i20 WRC)で40.7秒差。3位はアンドレアス・ミケルセン(#9 フォルクスワーゲン・モータースポーツ2 / ポロR WRC)で58.0秒差でした。
Posted at 2014/10/23 00:12:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | モータースポーツ観戦 | クルマ
2014年08月31日 イイね!

[見るあほう] MotoGP '14 #12 イギリス

MotoGP(ロードレース世界選手権) 2014 第12戦 イギリスGP (8月31日 シルバーストンサーキット)

今日はMoto2、MotoGP、Moto3クラスの順で開催されます。
映像を見ていて物凄い違和感があり、「何かなぁ。何か変だなぁ」と思いながら見ていたのですが、理由がわかりました。スタート地点がGT(グランツーリスモ)と違うんです。GTで使っているスタート地点ではなくて、もう一つスタート地点がスタートとなっているんです。解説の方が「F1で使うピットレーン云々」と言っていたので、F1だけがGTで使うスタート地点を使っているのか、スタート直後に例の左鋭角コーナーだと接触必死なのでMotoGP等二輪のレースだけこちら側を使う…ような気はするのですが、理由はわかりません。GTをやっていて「メインストレートから右コーナーを曲がって高速左を抜けて、右の直角コーナ…じゃなかった」と、いつも騙されているのですが、まさかテレビにまで騙されるとは思いませんでした(笑)

Moto2は18周。
ポールポジションはヨハン・ザルコ(#5 エア アジア ケータハム モト レーシング / ケータハム スッター)、2番手はミカ・カリオ(#36 マルク VDS レーシング / カレックス)、3番手はシモーネ・コルシ(#3 NGM フォワード レーシング / カレックス)。中上貴晶(#30 出光 ホンダ チーム アジア / カレックス)は4列目12番手の全34台。長島哲太(#45 てるる チーム JiR ウェビック / TSR)は前日のFP3で他車の転倒に巻き込まれて転倒、結構な怪我を負ったようです。
4周走って先頭グループは10台。前からザルコ、カリオ、エスタバ・ラバト(#53 マルク VDS レーシング / カレックス)で、縦に長い列になっています。かなりのハイスピード・バトルという感じです。ハイスピード・バトルなので、皆いろいろと頑張っちゃうんで意外とラインがバラバラです(笑)
残り5周。直前のコーナーで抜かれたジョナス・フォルガー(#94 AGR / カレックス)が左タイトコーナーへ無茶突っ込みをして転倒。アウト側にいたシモーネ・コルシ(#3 NGM フォワード レーシング / カレックス)が巻き込まれてしまいました。コルシは手を痛めてしまったようです。この転倒により4番手以降が離れてしまいました。
残り2周。2番手ラバトのペースが上がり、1.2秒差辺りをキープしていたトップのカリオと2番手との差が0.3秒にまで。そして、コースの中盤で追い付いたラバトがカリオのインに入りトップになりました。
最終周。ビニャーレスも追い付き3台でのバトルとなりますが、ラバトがトップを死守し、カリオもビニャーレスを抑えました。ラバトとカリオは、同じチームであり、チャンピオンシップの1番手2番手を僅差で争っている2台だけに、バトルは鬼気迫るものがありました。中上君は15位でポイント獲得です。

MotoGPは20周。
連勝のプレッシャーから解放されたマルケスがどんな走りをするのかな。
ポールポジションはマルク・マルケス(#93 レプソル ホンダ チーム)、2番手はアンドレア・ドビツィオーゾ(#04 ドゥカティ)、3番手はホルヘ・ロレンソ(#99 モビスター ヤマハ MotoGP)。青山博一(#7 ドライブ M7 アスパル / ホンダ)は6列目16番手の全23台。
5周走って、ロレンソ、マルケス、1秒半開いてドビツィオーゾ。但し、3番手はバレンティーノ・ロッシ(#46 モビスター ヤマハ MotoGP)とロッシ、ダニ・ペドロサ(#26 レプソル ホンダ チーム)とでバトル中。
オンボードの映像を見てると、高速S字が(GTで言うと中盤のピット先)そーとー怖いです。こりゃ、走っている方はそーとー痺れるだろうなぁ (^_^;
残り5周目。マルケス、ロレンソ、ロッシの順。この周の中盤くらいでマルケスがラインを外してしまいロレンソが抜き返しました。
残り3周目。中盤(GTで言うとスタート後3コーナかな)の右コーナーでマルケスがロレンソのインをこじ開けようとしますが、ロレンソも譲らず被せます。一旦引いたマルケスは、次の左ヘアピンで、インをキッチリ締めたロレンソのイン側のゼブラゾーンに入りロレンソ(のたぶん身体)と接触。ロレンソは車体を立てて接触を避けましたが、抜かれてしまいました。
1位マルケス、2位ロレンソ、3位ロッシ。青山君は14位でした。

Moto3は17周。
ポールポジションはアレックス・リンス(#42 エストレラ ガリシア 0,0 / ホンダ)、2番手はニッコル・アントネッリ(#23 ジュニア チーム ゴー&ファン モト3 / KTM)、3番手はアレックス・マルケス(#12 エストレラ ガリシア 0,0 / ホンダ)の全33台。
いつも団子で走るMoto3でも、さすがに今回だけは縦長の隊列になっています。
半分の残り8周。リンス、ミゲール・オリベイラ(#44 マヒンドラ レーシング)、エネア・バスティアニーニ(#33 ジュニア チーム ゴー&ファン モト3 / KTM)。ですが、先頭集団は15台で渋滞中(笑)です。上位3台はコーナーごとに順位が入れ替わる激しいバトルを展開していますし、ワンミスで4台5台に抜かれるの状況なので、まだまだ分かりません。
残り4周。バスティアニーニ、マルケス、リンスにオリベイラの4台が抜け出し、5番手を2秒くらいから更に離し始めます。
マルケス、リンスに抜かれたバスティアニーニは、ファイナルラップ果敢に攻めますが及ばずゴール。マヒンドラを使うオリベイラもスリップからブレーキングで頑張っていましたがもう一つ足らずに4位でゴールとなりました。
1位リンス、2位マルケス、3位バスティアニーニ。リンスとマルケスは0.011秒差でした。
3位バスティアニーニは、ウイニングラン中にオカマを掘られて転倒してしまいました (^_^;
Posted at 2014/09/03 23:50:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | モータースポーツ観戦 | クルマ
2014年08月30日 イイね!

{GT6} 15ミニッツレース:レース 2 {真っ最中}

{GT6} 15ミニッツレース:レース 2 {真っ最中}グランツーリスモ6 国際Aクラス 15ミニッツレース 全3戦。
出場ルールは、PP650以下(主なライバル車の平均はPP580)、タイヤはレーシング・ハード以下。
車両は、フォード GT40 Mark 1 15th アニバーサリーエディション '66 (『グランツーリスモ6』初回限定盤にて入手) (エンジンチューン・ステージ3+フルでPP608)
ドライビングオプションは、トランスミッション:AT、ブラインドサイドインジケーター:ON、トラクション・コントロール:5、ABS:1、以外OFFで挑戦。

レース 1の時に出場ルールのPP(パーフォーマンスポイント)上限が650という事に気が付かず、エンジンチューン・ステージ2のPP596でやりましたが、ちょっと欲が出てステージ3まで上げてみました(笑) で、話しは後先になるのですが、GT40のケツの出方が、もちろん、パワーの掛け過ぎでスピンする事もありますが、よく考えてみると、オーバースピードで突っ込み過ぎてフルブレーキからステアリング(アナログコントローラーのキノコ)をクイッと切った時にスパッとケツが出てスピンしているような気がします。って事は、パワーでは無くて“遠心力”でケツが出ているのかなと。そこで、バラスト20kgを鼻先(では無いと思いますけれど)に載せてみました。これで前後重量バランスが40:60から…41:59になりました(爆) バラストを20kg載せたのでPPが2ポイント落ちています。

レース 2、アスカリ フルトラック。
レース 1のアプリコットヒル・レースウェイは道幅が広いので、少々スピンモードに入ってもアウトにはらみながらもなんとかコース内にとどまる事ができましたが、アスカリはコース幅が狭い上にタイトコーナーが連続する場所が何カ所もあり、気が重いです (-。-;
早め早めのブレーキを心掛けて、コーナーによりトラクションを少し掛ける状態をキープしたりと、相変わらず、いつスピンモードに入るかヒヤヒヤしながらですが、少しづつサマになってきたようなので、例によって(笑) マクラーレン F1 GTR '97が出場していない時まで入退室を繰り返し、1位でゴールできました。まあ、画像のようなラインも取りましたけれどね(苦笑) 金曜日と土曜日の夜、延べると4時間くらい掛かったかなぁ。

次は“ニュル”か… GT40で走れる気がしません (^◇^;

ちなみにバラストの効果ですが、ケツの出方がマイルドになったような…気がするだけです(笑)
2014年08月25日 イイね!

が・画像が~

が・画像が~昨日から投稿した画像(タイトル画像)が勝手に右回転された状態でアップされてしまいます (-。-;

色々な画像で試したり、あらかじめ左回転させた画像(600×800)をアップさせても、必ず縦長の状態になってしまいます。
他の方のブログをちょっと覗いても、そんな状態になっている人はいないようなので、私だけの現象のようです。
なんでだろ~ (^◇^;

----------
サービスに問い合わせたところ、
「お前のパソコンがボロいんじゃ、ボケッ!」(意訳)
と言われてしまいました (´・ω・`)ショボン

----------
なんか、携帯電話で撮影した画像だけ回転するようです。(8月23日のリアホイールはデジカメで撮った物です。)
なんでだろ~ (^◇^;

----------
その後、何度かサービスとやり取りをしたのですが、そもそもこちらの問い合わせの内容を理解していなく、対応マニュアルをコピペしただけの回答を繰り返すだけで、しかもその回答すら的を外しているという、なんともイラつく対応だったので、最後に思いっきりイヤミを書いて送っておきました(苦笑)
今回の事例は私だけが起こっているようですし、そんな特殊事例のトラブルシューティングなんか面倒臭くって付き合ってられるかッ!って事は理解していますが、それにしても、こちらが伏線を張ってあげた“逃げ道”をそのまんま送り返してくるのは、やる気の無さが溢れてますぜ (-。-;

そういう事なので、もし私のブログが見られなくなったら、「そういう事なんだぁな」と思ってください (^◇^;
その時は、「お世話になりました」m(_ _)m

----------
色々と試したところ、ウインドウズ付属の画像編集ソフト「ペイント」で、左に回転させて(左側面が天地)保存したうえで投稿すると、良い感じに右回転されて横長(上面が天地)で掲載されました。
なんじゃい、そりゃ(苦笑)
Posted at 2014/08/25 21:31:40 | コメント(1) | パソコン/インターネット/スマホ | パソコン/インターネット

プロフィール

変化のある生活をしていないので面白いブログは書けません(キッパリ) HP【club81.net】管理人。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/8 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

Yahoo!掲示板「GX81について」 
カテゴリ:未設定
2011/08/05 17:11:49
 
club81.net 
カテゴリ:未設定
2011/08/05 17:10:43
 
何かに乗って行ってみた~父ちゃんのイキヌキ 
カテゴリ:未設定
2011/07/23 10:54:37
 

お友達

“お友達”になっていただいて、ありがとうございます。
99 人のお友達がいます
旧車好き いっくん旧車好き いっくん * 和81@二代目銀二郎和81@二代目銀二郎 *
黒鷹黒鷹 ハマタクハマタク
bouyukibouyuki l.a35l.a35

ファン

28 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ モンキーR モンきちR (ホンダ モンキーR)
通勤用に購入。 ミニサーキットでの“ヒザスリ”兼用にと購入しましたが、あまりにも程度が良 ...
スズキ BANDIT1200 (バンディット) バンさん (スズキ BANDIT1200 (バンディット))
幸か不幸かバイクに乗り続けて20年。その20年を同じバイク(GSX400FW)に乗り続け ...
マツダ ロードスター リトラさん (マツダ ロードスター)
50歳を前に真面目にタイムアタックをしたくなり、昔から興味のあったロードスターに乗り換え ...
その他 その他 グランツーリスモ6 (その他 その他)
グランツーリスモ6でキャリアモードの攻略に使用したクルマです。 タイヤは基本的に出場ルー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.