• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

くづのブログ一覧

2018年10月29日 イイね!

{GTS} ルノー スポール メガーヌ R.S. Trophy '11 {カーリバリー}

グランツーリスモSPORT / GT リーグ / ビギナーリーグ - サンデーカップで使用する為に、オリジナルのカーリバリーを作ってみました。
クルマは、380馬力以下の未使用車の中で獲得順の古い順から、ルノー スポール メガーヌ R.S. Trophy '11です。
特に思い入れの無い車なので、同車種のGr.4のリバリーをレプリカする事にしました。

てことで、メガーヌ Gr.4を見てみると…しょぼ (^_^;) 単色のボディーカラーに「ルノースポール」と入っているだけでした。ヒュンダイ ジェネシスアストンマーティン ヴァンテージのように、「レーシングカー」チックなリバリーを想像していたのですが。う~ん。

仕方がないので、方向転換。
R.S. Trophyのノーマルのリバリーに、Gr.4のリバリーを組み合わせてみました。

イメージは、「小僧っ気が抜けきっていないフランスのサーキット好きのおやじ」です(笑)
本当はステッカーをペタペタ貼りたいんだけれど、いい歳なので、我慢して1枚だけ。それも地味にボディカラーと同系統色にして、目立ちたくないんだけれど、目立つようにしました (^_^)
ノーマルのTrophyのマークは、リバリーエディターで加工した時に消えてしまうので、デカール職人さんからお借りしました。ついでに言うと、RENAULT SPORTのロゴも、リバリーエディターに予め入っているデカールとは字体が違うので、これもデカール職人さんからお借りしました。
ちなみに、ナンバープレートは、「ニュルブルクリンク 8分7秒9 ノルトシュライフェ」の意味で、この車が記録した当時のFF車最速タイムを表しています。

いかがでしょうか (^_^)b

この車で、ノーザンアイル・スピードウェイ、鈴鹿サーキット東コース、ドラゴントレイル・シーサイド、アルザス・ビレッジ 2、ニュルブルクリンク GPの5戦をクリアしました。
2018年10月28日 イイね!

『バンディット』 軽トラ険道

命名。(挨拶)

今日は、午前中に、最近お湯がぬるくなった電気温水器の様子を見て(ブレーカーが落ちてた)、午後から『バンさん』で散歩に行ってきました。
この時期、寒くなる前にと集中的に石鎚山麓を回っていましたが、昨日『相棒』と走った事もあって少し飽きてきた(苦笑)ので、今日は久しぶりに海岸線を走ってみる事にしました。
ただ、ダラダラと海岸線を流すのも“アレ”なので、少しセコ道を走ってからと思い、南下して県道219号の大谷池横を通って、おそごえ峠を経由して県道53号 -> 国道56号 -> 県道221号 -> 国道378号夕やけこやけラインを走る事にしました。

数年ぶりに通った「おそごえ峠」は、5ナンバー車がギリギリ通れるくらいの道でしたが、う回路が整備されていて3ナンバー車も余裕で通れる道になっていました。走りやすかったのですが、少し残念な気持ちもありました(笑) そして、砥部町から伊予市へ向かう山越えの県道53号は…

ええ、確認しましたから間違いないです(ぇ) 今年度一杯は通れないようです(悲)
さて、困った。この道が通れないとなると、国道378号に行くのには、来た道を市内にまで戻らないといけません。う~ん。と、悩む前に、この画像の先にある、以前から気になっていた「砥石山公園」という所に行ってみる事にしました。途中、荒れて先に進むのを躊躇するくらいの道を通り抜けると、

一応、「運動公園」だそうです。整備はされていますが、使われた形跡は無さそうです。
そして正面には、

「砥部焼」で有名な砥部町ですが、そのルーツが、この砥石山なんだそうです。

てことで、セコ道ついでに、これからはセコ道を走る事にしました。
集落の中を走る県道53号を砥部町まで戻り、国道379号を南下。県道223号に入ります。この県道223号は一車線の峠道なのですが、途中にゴルフ場がある事から比較的道幅が広く整備もされていて走りやすいです。対向車も飛ばしてきますけれどね (^_^;)
そのゴルフ場を過ぎたところで、いつもは南下するところを、西進、県道221号に入ります。ここから、県道221号 -> 県道222号と走るのですが…これが大変。林の中を走るのですが、落ち葉は落ちているわ、路面が苔てる所はあるわ、路肩は崩落してるわ。そのうえ、「これ、軽トラじゃないと通れないよなぁ」っていうくらい狭くてくねくねした道で、走りながら頭に浮かんだのが、「軽トラ険道」という言葉。どうでしょう、我ながらいい出来だと思うのですが(笑)
途中で右折して県道225号へ曲がり、暫く「軽トラ険道」を走った先にやっと見えたのが、

「ウニー!」(広瀬すず@スズキ ワゴンR)
やっと広い道に出て、正直、ホッとしました (^_^;)

この景色を見た時、「さて、(海岸線にある)道の駅 ふたみ」は、すぐそこだ!」と思ったのですが…何か違和感がある。画像左下の集落を通る道が二車線でやけに広い。おかしい。と、よーく見てみたら、海岸線に見える町は、双海町ではなくて、伊予市でした(爆) 少し戻ったみたいです (^_^;) 後で地図で確認したら、最後に右折して県道225号に入ったところを左折していたら、双海町に近付いていたようです。
ここからは、国道56号まで下りて、南下。県道221号のセコ道を通って国道378号に出て、道の駅 ふたみで「ジャコ天」を食べて、帰りました。

今日のルートはこんな感じ。

走行距離は90kmでした。
Posted at 2018/10/31 22:50:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | ツーリング&ドライブ | クルマ
2018年10月27日 イイね!

(NC3R) ナウマン“ゾウ”との出会い

(NC3R) ナウマン“ゾウ”との出会い今日は、土曜日に休みを取った『相棒』とドライブです…ええ、ドライブですとも (^_^;)

ひと月くらい前から『相棒』が、「27日は休みを取ったので、ツーリングに行こう」と誘いを受けて、そのつもりだったのですが、その日だけ降水確率が70%。「誰の日頃の行いなのかなぁ(ニヤニヤ)」と言いながら、「仕方がないから“クルマ”」にするべと前日にメールをして、翌日目が覚めると、見事に快晴(雨は早朝に少しだけ降ったので、天気予報は間違っては無い…です・苦笑)。お互い、「バイクで行くかなぁ…どうしようかなぁ」と思いつつも、お伺いのメールをするのが面倒くさくて(爆)、そのままクルマで集合(お迎え)していました。人生、そんなモンです (^_^;)

と、いつものように前置きが長くなったので、本文は短めで。

国道11号を東進して、西条市から国道194号に入り南進。紅葉が始まった石鎚山系を右手に見ながらワインディングを上り、全長5.5キロの寒風山トンネルを抜けます。いつもなら、その先の道の駅木の香で一息つくところですが、少し足を延ばして、以前から気になっていた吊り橋のある休憩所に止まる事にしました。


吉野川へと続く大橋ダムの湖上に掛かる木の根三里橋。その先には遊歩道が整備されていました。(上画像は吊り橋の上から。タイトル画像は、駐車場から吊り橋を撮影。)
いい天気だなぁ (-。-;) ぼそ

珍しく“先導車”無く、ワインディングを楽しみながら、高知県いの町に到着。国道33号を右折して、今日の目的地の「佐川ナウマンカルスト」に向かいます。
入り口に少し迷いましたが、近くに車を止めて歩いて向かいます。私は『相棒』に「ここに行って」と指示されて向かうだけで事前情報は全く無く、「“ナウマン”と付いているから、ナウマンゾウの化石が出た所なのかなぁ」と思っていました。そこへ行く道は、「これ、一人だったら絶対行かないだろ」という感じの道でしたが、その場所は、それなりに整備されていて、ちょっとびっくりしました。そして、ナウマンゾウの石碑というかモニュメントがあったので、「やっぱり“ナウマンゾウ”が出てきたんだ」と確信…したら、実は、“ナウマン”という人の名前でした(ぇ)

佐川町は地質学的に珍しい場所らしく、それを世界に広めた地質学者「エドモンド・ナウマン博士」の名前にちなんで、ナウマン“像”を建てたそうです。そのセンス、キライじゃ無いです(爆)

『相棒』の今日の予定は終わったという事で、帰路につきます。
国道33号を北進していると『相棒』が、「あ、ちょっと」と言うので、立ち寄ったのが、越知町のコスモスまつり。

よく、こういう催し物が開催されているのを知っているなぁ。

丁度いい感じの時間に帰松して、一緒に風呂に入りました(言い方)

今日のルートはこんな感じ。

走行距離は260kmでした。

次回こそは…バイクで… (^_^;)
Posted at 2018/10/29 22:37:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | ツーリング&ドライブ | クルマ
2018年10月21日 イイね!

(NC3R) Aライ

今日は、徳島県の阿讃サーキットへ、軽四耐久レースを見に行っていました。


違ーう!\(^_^;)/

JAFの「国内競技運転者許可証A」、いわゆる“国内Aライセンス”の講習に行ってました。

まあ、べつに、今日、明日にレースに参加する予定があるワケでは無いのですが、サーキットを走っている時に、スーパーGTやスーパー耐久のチームの監督が私の走りを見て、「ウチのチームで走ってくれないか」と言われた時に、すぐに乗れるようにと思って(バカ) ま、それは半分冗談ですが(半分?)、JAF公認のサーキットトライアルであるMFCT(マツダ・ファン・サーキット・トライアル)に参加する為に国内Bライセンスを取り、MFCTがJAF公認なので、国内Aライセンス講習の受講資格である「公認競技会出場経験」に該当する事から、「資格に該当するのなら、ついでに取っちゃえ」と、思ってました。ま、レースに出る予定は、無いんですけれどね (^_^;)

講習は、座学が2時間と筆記試験。それと実技試験が30分。
まあ、ぶっちゃけ、“落とす”試験ではないので、そんなに身構えなくてもよかったです。筆記試験はテキスト持ち込みですしね。試験に受かる為に3冊7,400円のテキストを買うようなモンです(こら)

実技試験は、あんまり言うといけないのかもしれませんが、レーシング速度でなくてもいいので、周回中に提示される「旗」どおりに行動できるかを見る試験でした。サーキット走行の経験がある方ならば、まあ、大丈夫なんじゃないでしょうか。私は、去年のトラウマがあるので、とにかくゆっくりと4~6速で走っていたのですが、周回を重ねるうちに、久し振りに走る「阿讃」がだんだんと楽しくなってきていて、「試験中や、試験中」と自分に言い聞かせていました(笑)

そんな事もありながら、無事に講習を修了し、試験に合格しました \(^o^)/万歳!これで、いつでも、スーパーGT、スーパー耐久に出られます(って、まだ言うか)

小学生の頃に読んだ「サーキットの狼」。その中で知った“Aライ”という言葉。マンガの中の世界の事と思っていました。まさか、40年後に、自ら手にするとはねぇ... ( -。-)y-゜゜゜感慨
Posted at 2018/10/24 22:59:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット・クルマ | クルマ
2018年10月20日 イイね!

{GTS} サーキット エクスペリエンス オールゴールド達成! {ワクワク}

{GTS} サーキット エクスペリエンス オールゴールド達成! {ワクワク}グランツーリスモSPORT / サーキット エクスペリエンス

7月にミッションチャレンジのオールゴールドを達成してから、まあ、そんなに“詰めて”やっていたワケでは無いのですが(言い訳再び)、やっとオールゴールドを達成しました。
最初の頃は、GT3車の速度になかなか慣れずに苦労したり、GTSで初収録されたコースはなんかは、よくわからないうちに偶然ゴールドタイムが出てたりと、「こんなんでいいのか?」と思う事もありましたが、でも、「クリア」した事には変わりないですからねー (^_^;)

サーキット エクスペリエンスは、これからもコースが追加されると思うので、取り敢えずの「100%達成」にはなりますが、一息つけます。

これで、やっと、「GTリーグ」に進めます (^_^)b

プロフィール

変化のある生活をしていないので面白いブログは書けません(キッパリ) HP【club81.net】管理人。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

Yahoo!掲示板「GX81について」 
カテゴリ:未設定
2011/08/05 17:11:49
 
club81.net 
カテゴリ:未設定
2011/08/05 17:10:43
 
何かに乗って行ってみた~父ちゃんのイキヌキ 
カテゴリ:未設定
2011/07/23 10:54:37
 

お友達

“お友達”になっていただいて、ありがとうございます。
100 人のお友達がいます
らきぱぱらきぱぱ * hiroyukikunhiroyukikun *
旧車好き いっくん旧車好き いっくん f.fieldf.field
l.a35l.a35 黒鷹黒鷹

ファン

30 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ モンキーR モンきちR (ホンダ モンキーR)
通勤用に購入。 ミニサーキットでの“ヒザスリ”兼用にと購入しましたが、あまりにも程度が良 ...
スズキ BANDIT1200 (バンディット) バンさん (スズキ BANDIT1200 (バンディット))
幸か不幸かバイクに乗り続けて20年。その20年を同じバイク(GSX400FW)に乗り続け ...
マツダ ロードスター リトラさん (マツダ ロードスター)
50歳を前に真面目にタイムアタックをしたくなり、昔から興味のあったロードスターに乗り換え ...
その他 その他 グランツーリスモ6 (その他 その他)
グランツーリスモ6でキャリアモードの攻略に使用したクルマです。 タイヤは基本的に出場ルー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.