• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年04月01日

コンコルソ・デレガンツァ京都

こりゃ、ダメダメアプリだな、アプデしてくれよ。せっかくの名車の写真が何故か貼れない。ま、貼れるやつだけでも遅ればせながら。


まず二条城に入らないと行けないので、奥さん先に降ろしてチケット確保してもらう。娘と2人でイズミヤの駐車場に停めて(当然買い物しますよ)二条城に向かう。途中からして名車の見放題。内外装ともビカモンのビートル。小学生の頃、隣家のお父さんがこれの緑の持ってて、2家族2台で旅行すると乗れるのが楽しみだった。外国車原体験。


入場するなりこれ。お魚もクルマも大好きなムスメは大興奮。





イタリア人すげえ。


男の仕事場


タイプ57





戦前のスポーツクーペの優雅さは異常








この辺は今でも普通に使えそう。これもあのリンゴットで生産されたのかな?年式的にはそうかも。
今でも使える、と思えるのは、外装もさることながら、新車みたいな内装。昨日リンゴット工場からロールアウトしてきたみたい。


どうやらあちらにオーナー様降臨のご様子。


このスパイダーのデザイン!


内装のセンス!


当然ながら、絶対に手を触れないで下さい、とバイトの監視員がむちゃくちゃ監視してる中で、オーナー様が着物の女性見学者に乗ってみる?と誘う。和服着てくりゃ良かった。持ってないけど。





この辺からは戦後のクルマ


まさにヴィラデステ。こういうクルマのない普段の時にw偉い人連れて行ったことはある。コモ湖のほとり。ミラノからクルマなら割と至近。





声も出まへん


2歳半のムスメでさえ、凝視するカッコよさ


フィアットも負けていない。


リンゴット製だよね。それともこの手のやつは別の専用工場カロッツェリアかな?


クラシック・ランボ三連星









目玉のパナールとアルファのディスコヴォランテ、ミレミリア車は、そりゃすごいオーラでした。しかしなぜか貼れないのでほかのサイトで見て下さい。出口に最新のレクサスのクーペとセダンがあり、マーケティングしていましたが、目にも止まらず。

結論。イタリア人はヤバイ。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2018/04/12 19:41:37

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

感謝!よりよい記事と写真とを心掛け ...
ALROSP939さん

チケットケースって事かな?
FUKUMARUさん

アルファ純正フレグランスシートはど ...
ホワイトコウキさん

新旧軽自動車の後ろ姿
nobutaCGさん

641/2
フィガ子さん

Vespaステッカー イタリア土産
Toshi@G12(=alfisti)さん

この記事へのコメント

2018/04/12 23:21:52
ガスパールさん昔の車はどれも個性的ですね!(゚o゚;最初の車なんて今見たらコントの世界のようですが昔、街中でたくさん走ってる姿を想像すると今の車の世界より和やか感じがします(^-^)今の車は無機質な感じですからσ(^_^;
コメントへの返答
2018/04/14 07:05:59
クルマだけでなく、モノの価値が高かった頃のモノは、作る方も買う方も気合いが違いますからね。クルマに興味ない若い人にとっては、iPhoneみたいに全部同じデザイン、性能でカーシェアで十分なのかもしれませんね。
2018/04/13 09:33:52
おはようございます♪

希少なクルマの数々、見惚れてしまいますね!!

和な風景にも見事にマッチしています

最近ではイベントにて土俵上のフェラーリに物議されていますが(汗

しかしながら

桜を見つめる母娘さまの姿が一番♪
コメントへの返答
2018/04/14 07:07:50
二条城でのイベントは2年ぶりですが、来年もやるそうです。リアル世界遺産と世界遺産級のクルマのツープラトン攻撃は、かなり魅せられます。家内もムスメもクルマ、バイク趣味に理解があり感謝ですね

2018/04/13 10:13:10
S187 !!!
シビレルカッコよさですね。
コメントへの返答
2018/04/14 07:09:52
これが一番ヤバかった。
伸びやかでいて、凝縮感もある、
凄いデザインです。
紙と鉛筆と神の手で書いたやつですね。
2018/04/13 13:03:12
今のクルマのデザインは年ごとに衰退している気がします。
イタリア人凄い。
コメントへの返答
2018/04/14 07:13:53
コモディティ化により、売れ線の大衆車がミニバンみたいにみんな同じ型になっていくのは仕方ないのだと思いますが、スーパースポーツカー方面もこれはどうなん?という感じですね。

メソポタミア時代から、今の若え奴は、と言われていたらしいので、単なるジジイの懐古趣味かもしれませんがw
2018/04/15 06:45:08
凄い車達ばかりですね。会場も素晴らしく、日の光りで撮影出来るイベントは素晴らしいですね。ビスコも来てるとは、アルファも日本マーケット大事に考えてる様ですね。
来年は京都に行ってみたいです。
コメントへの返答
2018/04/15 07:48:04
市場規模からすれば、圧倒的にアメリカや中国やその他アジア諸国なのでしょうが、ブランドイメージの点では日本は外せないのかもしれません。それと、こういうイベントは担当者、責任者の趣味嗜好も多分にw

世界遺産が多いこと、シーフードはじめ食事のクオリティが高いこと、伝統的に手を使う匠の技のレベルが高いこと、メディアのレベルが低く常に政治はスキャンダルでしか語られないこと、イタリアと日本は極めて似てますからねw
2018/04/19 23:02:26
なんでも美術品にしてしまう、イタリア人はヤバイですね。
当時の車は道具より、嗜好品としての存在感を感じます。

フィアットは今でこそ、小さなコンパクトカーのメーカーみたいな感じですが…。
それには長い歴史があってのことで、その歴史を経験してるからこそ小さくて安価でも、胸を張るような車を生み出せるのだと思いました。
コメントへの返答
2018/04/20 09:24:03
先日、娘が児童館で借りてきた、福音館書店の自動車の歴史の絵本では、古代ローマの馬車などが見開き一面目、キュニョーやワットの蒸気自動車が見開き二面目、そして見開き三面目がガソリンエンジン車誕生のページで、ダイムラーベンツとルノーヴォワチュレット・ド・ディオンが掲載されていました。ド・ディオンの説明文とともに。四面目以降にはフィアットやアルファロメオの名車たちが満載でした。メルセデスも、フィアットアルファロメオも、フェラーリも、ルノーも、創業当初からF1はじめモータースポーツに長くしつこくw関わり歴史を築いてきたバックグラウンドが一目瞭然に示されていて、蘊蓄好きなお父さんにはたまらない絵本でした。レクサスクーペを褒められていましたが、トヨタも、クルマと自動車文化を愛するカーガイとされる現社長の地道な取り組みが続けられれば、いつか、身を結ぶのだと思います。

https://gazoo.com/article/car_history/161014_1.html
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@アルジャント 地図はホテルの場所ですが、撮影したのはまさにそんな感じのとこでした。ちょうど30年前くらいの日本と同じ、若干バブってますのでクルマは威張りの効くやつか、スポーツ系が人気です。若い人が多いので活気がありますね」
何シテル?   12/18 22:19
Gaspard0125です。ルノーに乗り始めて18年目、2017年8月末からはトゥインゴに乗っています。「ノクターン」特別仕様です。前のメガーヌRSは2006年...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

TECH PERFORM アイドリングストップ反転キット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/19 15:24:43
ナースウォッチ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/18 20:04:43
COWON JAPAN Auto Capsule AK1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/18 00:24:14

お友達

MT、あるいは左ハンドル、あるいはリア・ミッドシップエンジン、あるいは2スト、あるいはオープン、あるいは外国車、あるいは不人気車等、世の中的にはマイナーなメーカーあるいは車種のクルマ、バイクに、どうしても惹かれてしまう方、是非、相談相手、もとい、お友達になってください。
73 人のお友達がいます
★こうちゃん★★こうちゃん★ * ほげぐまほげぐま *
コンフェイトコンフェイト * 「かい」「かい」
るのるのるのるの zou-16zou-16

ファン

35 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ ウルフ250 WOLF君 (スズキ ウルフ250)
人生6台目のバイク保有です。またまた宗匠が手を入れた黒茶碗、じゃなくてマシンをお譲り頂き ...
ルノー トゥインゴ トゥイン号 (ルノー トゥインゴ)
久しぶりの後輪駆動♪ ルノーの魅力は、とにかく乗れば乗るほど新たな魅力が分かり、飽きない ...
ヤマハ TZR125 TZ君 (ヤマハ TZR125)
人生4台目のバイク。 オートバイの神様、ゴッドハンド宗匠から念願のYAMAHA2ストを ...
ルノー メガーヌ ルノー・スポール メガ子 (ルノー メガーヌ ルノー・スポール)
2006年10月にキットスポールキャンペーンで購入。その前は名車、クリオRS2.0フェイ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.