• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ミハエル・シューマサシのブログ一覧

2013年12月08日 イイね!

上杉謙信公家訓16か条

上杉謙信公家訓16か条が気になったので、メモ代わりにUPしておきます。
すごくイイなと思いました。



心に気にかかる物のない時は、心は広く体も安らかである。
心にわがままのない時は、相手への愛と敬いの心を失わない。
心に欲のない時は、道理ある正しい道を進む。
心に私がない時は、疑うことしない。
心に驕りがない時は、人を尊ぶ。
心に誤りがない時は、人を畏れない。
心に邪見がない時は、人を育てる。
心に貪りがない時は、人に諂うことがない。
心に怒りのない時は、言葉は和やかである。
心に堪忍がある時は、物事を調えられる。
心に曇りがない時は、心は静かである。
心に勇がある時は、悔やむことがない。
心が賤しくない時は、無理な願いをしない。
心に親への孝行心がある時は、主への忠節も厚い。
心に自慢のない時は、人の善を知り。
心に迷いのない時は、人を咎めない。

Posted at 2013/12/08 06:59:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | 健康 | ニュース
2013年03月07日 イイね!

横顔に見える?or 正面の顔に見える?



横顔に見えますか?それとも正面の顔に見えますか?
見え方によって、脳の性別がわかるみたいです。
あなたはどっち??
Posted at 2013/03/07 00:10:37 | コメント(11) | トラックバック(0) | 健康 | 日記
2011年05月17日 イイね!

「天国も死後の世界もない」、英物理学者ホーキング氏が断言

ロイター記事抜粋
>「車椅子の物理学者」として知られる英国の物理学者スティーブン・ホーキング博士(69)は、天国とは闇を恐れる人のおとぎ話にすぎないとし、死後の世界があるとの考えを否定した。16日付の英紙ガーディアンに掲載されたインタビューで述べた。
 ホーキング博士は「(人間の)脳について、部品が壊れた際に機能を止めるコンピューターと見なしている」とし、「壊れたコンピューターにとって天国も死後の世界もない。それらは闇を恐れる人のおとぎ話だ」と述べた。
 博士は21歳の時に筋萎縮性側索硬化症(ALS)という進行性の神経疾患と診断され、余命数年とされた。「自分は過去49年間にわたって若くして死ぬという可能性と共生してきた。死を恐れてはいないが、死に急いでもいない。まだまだやりたいことがある」と語った。
 また、人々はどのように生きるべきかとの問いに対し「自らの行動の価値を最大化するため努力すべき」と答えた。
 1988年の著書「ホーキング、宇宙を語る」で世界中に広く知らるようになった博士は、2010年の著書「The Grand Design(原題)」では宇宙の創造に神の力は必要ないとの主張を展開し、宗教界から批判を浴びている。



キリスト教が根強い欧米社会で、天国の存在を否定するのは勇気がいることではないかと思います。
ですが、49年も死と向き合って生きてきたホーキング博士なら、説得力があるというか、そういう考えを持っていても不思議ではないと思います。
死と生は表裏一体であると思いますし、いかに生きるかは、いかに死ぬかとも言えますし。
テーマが難しい話ですが、自然の摂理に逆らわずに生きることが人間のあるべき姿なのかなと個人的には思ってます。
生きるチャンスが与えられたならば、最大限に生かそうと思う次第です。



Posted at 2011/05/17 19:07:29 | コメント(7) | トラックバック(0) | 健康 | 日記
2011年03月06日 イイね!

個人的に、2011年の花粉症スタート。



昨夜から花粉症の症状が現れました。
全然眠れませんでした。。。。
最悪。
薬を飲むと頭がボ~っとするし、飲まないとまた辛いし。
早く治らないかな。
他にも花粉症に悩んでいる方が多いでしょうね。

WHAT THE HELL
Posted at 2011/03/06 15:15:00 | コメント(11) | トラックバック(0) | 健康 | 日記
2010年12月27日 イイね!

日本人の髪は最も太く、まっすぐだった!



web R25記事抜粋
>日本人といえば黒髪、欧米人といえば金髪、という印象は強いはず(実際は違うけど)。色の違いはもちろんだけど、人種によって髪の形状や質などにも違いはあるのだろうか?
 「世界中には様々な人種がいますが、大きく分けると白色人種、黄色人種、黒色人種の3つに分けられます。毛髪の縮れ具合を表すのに、『毛径指数(トロッター係数)』という数値があり、これは、毛髪の最小直径を最大直径で割り、そこに100をかけて算出するのですが、その数値が100に近いほど直毛ということになります。日本人など黄色人種の場合は約75~85で、白色人種は62~72、黒色人種は50~60となっているんですよ」
 と、教えてくれたのは日本毛髪科学協会の研究室長である熊沢立直さん。
「つまり、黄色人種の毛髪は直毛、白色人種はゆるやかなウェーブ、そして黒色人種は縮れ毛という大まかな特徴が見えてきます。また、毛髪の太さにも違いがあり、黄色人種が一番太く、黒色人種は細く、白色人種はその中間といわれています」
 なるほど。それら人種ごとに毛髪の特徴が異なる原因はどこにあるのですか?
「まず、色の違いは太陽光が関係しているといわれています。毛髪の細胞分裂などをコントロールしている『毛乳頭』の真上には、メラニン色素を作る色素細胞『メラノサイト』があります。太陽の光に当たるほど、メラノサイトの細胞分裂が活発化し、メラニン色素を生成するようになるため、太陽光の強い地域の人種ほど毛髪の色が黒くなり、弱い地域の人種ほど色が薄くなるのです。そのため白色人種の髪の色は茶色や金色で、黄色人種や黒色人種の髪は黒いと考えられているのです」
 ほほう。では、人種ごとの毛髪の形状の違いは何によって生じるのですか?
 「毛髪に関しての研究はここ10年くらいでやっと盛んになってきたばかりなので、未解決な部分が多く、なぜそういう特徴を持つようになったのか、その原因ははっきりとわかっていません。しかし、黒色人種の髪の形状に関してだけは、頭を強い太陽光から守るために光を通しにくい縮れ毛になっているのではないかと言われています」
 太陽光が少ない地域に住む白色人種が、黄色人種よりもウェーブがかった髪質であることはいまだに原因不明なのだそう。熊澤さんいわく、「毛髪や体毛は生命にかかわらない部分ですから、このジャンルの研究は重要視されてこなかったんですよ」とのこと。
 確かにそうかもしれないけれど、毛に関しては多くの人が興味津々ですよ! そのイチ代表として、私も毛の“ケーモウ”活動に勤しんでいこうと思います。って、ダジャレオチで失敬!!



人種による髪質の違いを取り上げた記事がありました。
日本人等の黄色人種は太く直毛が特徴だそうですが、そんな私の髪の毛も太くて直毛で、美容師泣かせです。
日本人の中でも、天然パーマの人がいたり、髪の毛が細い人もいますが、これは遺伝子の違いでそうなるのでしょうか??
Posted at 2010/12/27 17:01:37 | コメント(6) | トラックバック(0) | 健康 | 暮らし/家族

プロフィール

「ホワイトアルバムを聴き比べ。高校の時に買ったステレオ盤、2014年に出たモノラル盤、この間出たリマスター盤。勝者はどれだろ?」
何シテル?   12/11 19:07
差障りのない男です。 中性洗剤のような男です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

日産(純正) キッキングプレート(赤) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/01 11:37:30
全車右ハンドルになるらしいですが・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/01 15:53:25
【怒りは自分の中にある】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/10/17 09:19:12

お友達

一緒に坊主めくりをしませんか?
100 人のお友達がいます
NISMOキッドNISMOキッド * algorithmalgorithm *
ぽーる^^ぽーる^^ * ラッキーウイングラッキーウイング *
いきいきいきいき * T4-BLUET4-BLUE *

ファン

65 人のファンがいます

愛車一覧

日産 NISSAN GT-R 自慰亭有 (日産 NISSAN GT-R)
平成26年2月28日(金)大安、納車されました。 2009年モデル。平成21年2月登録の ...
メルセデス・ベンツ SL メルセデス・ベンツ SL
初めてのメルセデスベンツ。 32歳~ ひょんなことから縁を感じ、ネオクラなSLクラスを所 ...
輸入車その他 自転車 イタ公のイ太郎 (輸入車その他 自転車)
初めてのイタ車。衝動買い。 自分による自分のための誕生日プレゼント。
日産 エルグランド BIG MOBY DICK (日産 エルグランド)
家族のクルマ。 38歳~ 主に嫁さんが使用します。 外見はノーマルですが、ニスモの足回り ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.