• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

S4s (AL-5ホワイト)のブログ一覧

2015年01月12日 イイね!

レオーネのSP交換

今年も、宜しくお願いします。

カーオーデオの改良と言うほど大げさな事では有りませんが、レオーネのドアマウントスピーカーを交換しました。

コキシャル型の3ウェイ16㎝タイプのを、ドア4枚分です。
流石に20年も使用すると、コーンエッジが劣化してボロボロ!
運転席側のドアマウントスピーカーからビビリ音が出ていまして、聴くに耐えない状況でした。
年末に帰省する時、CDも聞きたいとの理由から、フロントのみ試験的にクラリオン製のコキシャル型3ウェイを購入して交換し、エージングをして見ますと中高域のメリハリが全く違うのです。
メーカーは違えども、やはりスピーカーの性能は時間と共に劣化する事を知りました。

昔の音に戻った様です♪
気を良くして、リヤドアのスピーカーも昨日同じ物に交換しました。
〔現在エージング中〕

それと、今回のクラリオン製のコキシャル3ウェイスピーカーは、エージングすると音が全く違ってきます。
特に低音は、この傾向が顕著に現れて、だんだん良くなる何とか見たいに・・・・・・・・・・・

今回、デジカメの電池切れで、画像無し

近じか、職場が変わります。
Posted at 2015/01/12 05:54:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | カーオーデオの改良 | 日記
2012年08月01日 イイね!

LOTUS ESPRIT S4s  オーデオ改善シリーズ Ⅳ

LOTUS ESPRIT S4s  オーデオ改善シリーズ Ⅳ今回は、電源と配線ケーブル



この電源ポストが、フロント周りのメイン電源の元となります。
バッテリー直結の端子と言う事で、ここからオーデオ電源・デジタル電圧計等の取り出し端子です。



しっかりした接続を得るためと、既存の配線方法に従い、同じ形状の端子を製作しました。
まず、プロが見ても増設配線に、一見気付かないと思います。



端子からのケーブルをフューズに接続してから、各部に給電します。
何故この位置にフューズを設けるかと言えば、メンテナンス性を考慮したからです。
幸いにも、ボデーがFRPと言う事で、金属部分が少なく、短絡事故の恐れが少なくなります。
その意味で、電源ポストからフューズを離して、機器の過電流のみに対処します。



接続は、ギボシ端子の根元部分でカシメてから半田上げしました。
絶縁処理は、厚手の収縮チューブを被せて処理してあります。



AMP(ウーハー用パワーアンプ)や、マスターユニット、ナビ電源だけでも配線の数は、写真の通りです。

しっかりした電源の配線で、仮配線とは全く違うクリアーでダンピングの効いた音に成る事を、初めて明確に体験しました。
これまで数多くカーオーデオの取り付けをしてきましたが、これほど激変したのは初めての体験です。

配線色も英国流に拘り、ブラウン色錫鍍金銅線の線材を捜し、万全を期しました。

たかが配線!されど電源!手を掛けただけの効果は絶大!を思い知らされた作業でした。

これでオーデオシリーズは、終りです。
如何でしたか?

真面目にやると、これまで紹介した作業に似た作業に成ります。
貴方なら、Ⅰ~Ⅳまでの作業に、幾らお支払い出来ますか?!
Posted at 2012/08/01 08:47:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | カーオーデオの改良 | クルマ
2012年07月28日 イイね!

LOTUS ESPRIT S4s  オーデオ改善シリーズ Ⅱ

LOTUS ESPRIT S4s  オーデオ改善シリーズ Ⅱ


オーデオ改善シリーズ Ⅱ と言う事で・・・・・・・・・

今回は、ドアマウントです。
一般的な方法ですが、其れなりの経験と、知恵を使いました。
可能な限り、ドアを重くしない。
切り取り穴あけも、強度を落とさない為に可能な限り行わない。
V8用のSPグリルパネルを利用して、大幅な改造をしない。
中古スピーカーを利用して、コストダウン

上記の条件を守り、スピーカーを選択して、バッフル板を製作しました。
ドアマウントのスピーカに付いては、私なりの考え方が有ります。
パイオニアのカーオーデオ開発担当の方も、私の考えと同じ意見でした。
車のドアと言うのは、薄い鉄板をプレスして、それを結合させたボックス構造です。
外板を指で押すと、凹むほど強度が有りません。
そこに大きなスピーカーを付けても、内板、外板の鉄板を震動させてしまうだけで、序にスピーカーまでも震動させてしまいます。
要は、強度の足りないBOXと同じ事なのです。
はっきり申しますと、13センチ位のスピーカーが、ドアマウントの限界かと思います。
鉄板の震動をある程度押さえ込んで、バッフル版で震動を押さえ込める限界かと思います。
(音圧パワーにも拠りますが)

最近の傾向として、大パワー入力のスピーカーに大出力アンプの組み合わせがもてはやされる傾向が有ります。(個人的な趣向なので、文句はありません)
しかしその反対もある訳で、入力が小さなスピーカーを、其れなりのアンプで軽くドライブする方法もある訳で、その方が共振対策や、コストが低く、重量も下げられるのです。
特に!、アンプは、最大50%以下の出力で使うべきです。
(ひずみ率が、低く抑えられます!)

また、前置きが長くなってしまった!、 読者様、ご苦労さんでした。

ESPRITS4sの場合、ドアがV8と同じです。
構造も、SEと違い開口部が殆ど無く、サービスホールはABS樹脂パネルで塞がれています。
しかもビビリ止めのウレタンテープを介してパネルが付いていました。
S4sのドアパネルには、スピーカーのグリルパネルが無く、アッシュトレーが付いています。
V8用のスピーカーパネルを使用して、同じ位置にスピーカーを収めます。
以下は、写真に説明を付けますので、参照してください。



取り付け前の、全パーツです。
手の入らない箇所は、ナットを付けたプレートを用意してクリアー



赤黒の配線が、設けてありました。
(ドアマウントSP用の配線です)



開口部の蓋板をアルミで製作、バッフル板取り付けナットも加工済みで塞ぎました。




制振材を、最小限に貼り付けました。



スピーカーの、取り付け位置にあわせて内張りの穴あけ
既存のサービスホールを無加工で利用するとして、形状的、サイズ的にもベストな物を選択すれば、100×150の楕円形状が最適だと思います。



スピーカーグリルの位置合わせ
コノリーレザーの内張りは、マグノリアです。



アッシュトレーの穴は、梨地アルマイト加工したアルミプレートで塞ぎました。

この改造と取り付けは、LOTUS ESPRIT S4s ドアマウントSP取り付けと改造を記した物です。
ドアの強度は、FRPのインジェクション成形でありますので、鉄板プレス成形のドアより強度とダンピング特性が良いと思います。(カーオーデオ向き材質)






Posted at 2012/07/28 11:57:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | カーオーデオの改良 | クルマ
2012年07月27日 イイね!

LOTUS ESPRIT S4s  オーデオ改善シリーズ Ⅰ

LOTUS ESPRIT S4s  オーデオ改善シリーズ Ⅰ過去の作業ですが、紹介します。

走行しながら、良い音を聞こうという訳では有りません。
ワインデングロードを責めた後に、一息入れながら聞きたい。
ただ其れだけの、こと

エスプリのオーデオで、第一の問題点!
フロントスピーカーの取り付け方です。
ダッシュボードは、大まかに言うと一枚の板です。
シート後方に有るリヤースピーカーは、一応ボックス構造ですね。

後ろは何とか成るので後回しにして、フロントはウインドウガラスに反射して到達する音と、ダッシュボード下からの音が、時間的位相差を持って同時に耳に到達する訳です。
と言う事は、打ち消されてしまう音もある訳です。

そこで、フロントのスピーカーにBOXを設けて改善する事にしました。
左右同じ容量を確保する事ですが、ドライバーシートの反対側は写真の大きさが限界の寸法です。

この構造を採用したのは、スピーカーに対してBOXの容量が取れない場合の苦肉のマル秘構造ですが、
再生可能大域幅が取りにくいピーキーな再生域を改善する方法なのです。
(仮のパイプを付けた様子、実際には曲がりくねったパイプが付きます)



この様に取り付けます。
水道管用のパーツを利用しましたが、塩ビ管は結構な質量と剛性が有ります。
しかも加工し易いので、この様な場合はベストな物だと思います。
サイズも揃っていて、ホームセンターで購入も出来ますので、調達も簡単!



仮組の状態で、横のパイプは仮の物です。
このパイプが味噌で、ダクト的な効果や、BOX容量の調整、スピーカーの背圧を抜く為の役目を持たせたアイデアで、実験で長さ取り回し穴の大きさ、穴の数を調整してあります。



デスカバリーのバンパー上で仮に鳴らしているところ。
横から入れたパイプは、ダッシュボード裏で実験で得た長さに延長して有ります。
かなり凝った、特殊な方法を採用しました。
このパイプの構造と画像は、公表出来ません。(マル秘)
BOXの大きさに対し、スピーカーの大きさから見ても、可也ダイナミックな音が出せました。
ドアマウントを凌ぐ程です。

私は、カーオーデオのデバイスを選択する場合に、高級品を使いません。
すべて中級品で、中古等も利用します。
その代わりに、設置方法や最適な調整で、癖の無い音に成るように努力しています。
Posted at 2012/07/27 21:17:07 | コメント(2) | トラックバック(0) | カーオーデオの改良 | クルマ

プロフィール

「寒かった! http://cvw.jp/b/1493884/41849468/
何シテル?   08/18 21:59
AL-5ホワイトです。よろしくお願いします。 S4sのハンドルに変えました。 (LOTUS・ESPRITの車種グレードが、オーダーモデルS4sです)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

嘘つき? 知ったかぶり? 自慢?。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/06/16 13:42:48

お友達

お友達のお誘いに、応じられない場合も有ります。
6 人のお友達がいます
五条銀吾五条銀吾 hirodenthirodent
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認 garcia-78garcia-78
シェットランドシェットランド BetaBeta

ファン

49 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レオーネツーリングワゴン スバル レオーネツーリングワゴン
スバル レオーネツーリングワゴンに乗っています。
スバル フォレスター エアブレーク (スバル フォレスター)
普通に気に入り買いました。
ダイハツ ハイゼットトラック ダメハツ・ハイジェット(ハイゼット) (ダイハツ ハイゼットトラック)
ツーシーター 縦置きエンジンセンターフロントミッドシップ フロント→マックファーソン・ス ...
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
ジョルジットジュージアロー(イタルデザイン)のアルシオーネSVXの最高級グレード 最も ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.