• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

S4s (AL-5ホワイト)のブログ一覧

2013年04月29日 イイね!

レオーネ用プッシュバーの修理 (パテ研ぎ&錆取&錆取)

今日は朝から天気も良く、塗装するには最高の天気でした。(少し風は有りましたが)

日本国は、全国的にゴールデン何とかと言うお休みらしいが、略30年位連休中である私には拘りのない事で事で、ござんす。
金は無いけれど、休みだけは圧倒的に長いので、大きな不満は仕事をしたいと言うだけ。

でっ!本日は仕上げの研ぎ出しの予定が、又錆を見つけてしまいました。
でッ!又錆取を始めてしまいました。

365歩のマーチ見たいに、3歩進んで2歩戻っている感じで、進むには何とか進んでいる様な?
それで又パテ充てと、0,5mm厚の塗料を削ります。
何度も書くけれど、この塗装厚みは閉口するほどの物で、とっても削り害(被害)の有るペンキの舗装の様に感じる。
削っても削っても、サフェサーすら出てこないくせに、硬い所にこつんと当たれば、ポッコリ欠けて剥がれる。











つまらん錆を見て頂いたので、次はパテを充てた様子



パテを充てると何も出来ないので、次!
予備のプッシュバーを改造(改良?)軽量化工事です。
昨日は、手持ちの鉄鋼用ホールソウ36ハイで穴を空けて、ジグソーでほぼ円に加工した穴の仕上げです。



削る工具は、高速エアリューターでシャーッと削る予定が、超低速の100RPM位の回転でビィー程度の回転で、休み休み削る事に成ってしまいました。
以前修理した、HITACHIパッケージべビコンを使うほどでもないので、その時緊急に買った中華製の手持ち出きる超小型コンプレッサーを使用したため、エアーの供給と圧力が足りんのです。
それでも、チタンコーテングのロータリーやスリの切れ味は鋭く、ちゃんと削れています。
既存の穴の径と同じにした心算が、少し大きく見えます。(多少は修正したからか?)
大きく見えるのは、面取りをしたのでリング状に光る輪が大きく見える原因の様です。
手動で、円形に削るのは手間がかかりますね。
ヤスリだと、目的の罫書き線まで削るのが辛いのですが、エアリューターだと直ぐに削れてしまうで、多少大きくなってしまった。
0.5mm位大きく成ってしまったが、見た目には問題無しです。

それで、又錆取!



広い面は、写真のオービタルサンダーで一気に錆取をします。
此方は塗料が薄いので、比較的に気分良く作業が出来ました。

上記の訳で、サフ塗りに入れないのです。(明日は出来るか?!)



Posted at 2013/04/29 20:55:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | レオーネのメンテナンス | 日記
2013年04月29日 イイね!

レオーネ用プッシュバーの修理 (パテ研ぎ編)

先実の続きで、本日もプッシュバーを弄ってます。

パテも硬化していましたので、パテ研ぎは中研ぎ+厚~ぃ厚~ぃ塗りのペイントをペパーで落しました。
明日は、塗装前の仕上げのパテ研ぎをして、プラサフが吹ければ良いなーと!







予備の物を、軽量化の穴あけ中です。
この後ジグソーでほぼ計画の大きさまで広大しましたが、これからの仕上げがたいへんです。
何時もの加工はアルミなので、鉄は手強い。
ヤスリも丁度良い形状の、切れるのが無いし・・・・・・・・・・・
一応、エアリューター+ロータリーやスリの新品で試してみる予定です。
ダメなら、ドリルに研磨ホィールの砥石で試して見ます。

連休中で工具やは休みだし、ホームセンターの安物のヤスリは、買う心算無しです。
(良い工具は、費用対効果が大で、長持ちしますから)
20年位、新品のヤスリの購入をしていませんので、ぼちぼち新しいヤスリをとは思っているのですが、動力工具が仕事を進めてしまい、何とか使えるヤスリで誤魔化しています。




Posted at 2013/04/29 02:00:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | レオーネのメンテナンス | 日記
2013年04月27日 イイね!

レオーネ用プッシュバーの修理 (錆取編)

本日、中研ぎに入るはずでしたが・・・・・・・・・・・・・

パテの中研ぎをしていて錆を発見してしまい、研ぎを止めて錆取をしてました。

錆、その一



錆、その二



錆、その三



極細のダイヤモンドヤスリを使い錆取をしていましたが、埒が明かず。
高速リューターを使って、極細のダイヤモンド砥石で効率的に錆取をしました。





錆落しは、リューターを使う事でアット言う間に完了しました。
文明の利器は、適材適所に使うべきです。(電動に感謝!♪)
錆取が完了で、パテを充てます。



で!、仕上がりの見かけを繕うパテの練です。



硬化剤を少し倹約したら、硬化が遅い! (気温の影響も有ると思います。)

使うだけの量や、練等、段々解りかけて来たし、パテ付けの要領も良くなったと、自分でも思います。
出来るだけ必要な厚みでパテを伸ばせる様に成って、無駄が少なく成りました。
回数をこなすと、少しは進歩しますねぇ♪
毎日、板金塗装をしている様な気分 ♪

序でに、予備のプッシュバーも、軽く修正して錆止の塗装をしようと思いまして、出して来ました。
パテの乾燥待ちや、塗料の乾燥待ちの合間を利用して、同じ様な錆取と、少しの改造加工を施します。

比べて見ると少し形状が異なり、軽量化の穴が足りません。
現在修理中の物の方が、新しいロット見たいです。
穴を空ける下書きをしました。センターポンチを打ってマスキングテープを丸く切り抜き、デバイダーで直接罫書きをします。
穴あけ用のタレパン等有りませんので、ドリルとジグソー&高速リューターで削ります。
(50ハイ×2個)の穴あけ、仕上げ中の物には穴が初めから開いています。



取り付けベース鉄板の折り曲げも異なります。
予備品は、同じメーカの物でも製作ロットが古い様で、少し荒削りな出来です。



修理中の物



明日も続きをやります。

連休中は、何処にも行かず、アルミでヘッタータンクを試作して過ごそうかと・・・・・・・・・・・・いよいよです。







Posted at 2013/04/27 22:58:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | レオーネのメンテナンス | 日記
2013年04月27日 イイね!

中華製LED使用のテールランプ (ダブル球)

レーオーネに使用中の中華製ダブル電球。

3年目位だが、2個の内一個の点灯状態が変だ!
全くの不良では無いのですが、ちらつく様な感じで幾つかが壊れる直前の感じで、すでに点灯していないLEDも見られる。
長時間の耐久性と、メンテナンスフリーを目指し交換したのだが、この程度の時間であれば普通のタングステン電球でも充分持つのではないか!
 
全く本末転倒の様な事である。
メーター照明等、LEDランプに交換してメンテナンスフリーを目指す場合、信頼性は眉唾物と思わざるを得ない。
違うメーカーの中華製ダブル球に入れ替えておいたが、先が見物で何時まで持つか?

安いのはありがたくても、前のブログと同じで、信頼感と信頼性が無くなればお終いである事が判らないらしい。

全く困った話だが、皆さん如何思われるだろう?

3年と少々で不良化したLEDのダブル球



Posted at 2013/04/27 01:40:49 | コメント(2) | トラックバック(0) | レオーネのメンテナンス | 日記
2013年04月27日 イイね!

フロント・プッシュバーの修理(板金・塗装)

足車のレオーネツーリングワゴンですが、簡易車庫でエンジンスタートする時、何時もはクラッチを踏み込んでスタートさせる事にしていました。

処がこの日は、何故か1速にシフトレバーが入っていて、何故かこの日に限りクラッチを踏まずにスターとさせてしまいました。
車の前方は、私が施工した35センチ厚のコンクリート壁でした。
で、フロントに付けているドライビング&スポットランプを取り付けているベースの、プッシュバーのランプマウント部分を変形させてしまいまして、板金修正と塗装を自力でやってます。
幸いにもプッシーバーの変形のみで、他の部分は損傷が無く助かりました。

壊れる前の画像



プッシュバーを取り外した、レオーネ。 スッキリしたフロントマスク、これも良いなーと思いながら作業をしています。
外しいた状態で普通に乗り回していますが、フロントの動きが明らかに軽い!です。
ススペアタイヤを、アルミホィール替えた時にも同じ様に感じました。
5~6㎏程度の重量変化でも、オーバーハングのウエイトが増えると影響するのですね。



プッシュバーの変形した部分を直していたら、あっちこっちを傷つけたり、錆びた部分の塗料を剥がして見たら、塗装の厚い事!0,5mm位の所も有る。
これは、以前に錆の部分を補修して修理するように依頼したのですが、錆の処理をせずプライマーを厚塗りして、塗装も厚く塗り込んで錆の処理を誤魔化しをしたと考えられる。
240番の乾式ペーパーヤスリで研磨しても、なかなか下地が出て来ない程塗って有る。
松本のある板金塗装を一人でやっていた処の仕事だが、根本的な対策を施さずに手抜き仕事をしたか?、それとも、錆落としの方法を知らないからなのか?、いずれにせよチャンとした仕事では無い事は明らかだ。
これを、文字道理!恥の上塗りと言う! 
仕事の手順や方法、対策を確り考えてやるのがプロと言うものです。
この人のやった仕事は、最近に成って色々と問題が発覚していて、考え方の問題である事が解りかけました。
板金修理は、やはり確りした知識が有って、手を抜かずに仕事をする所を見付ける事が、長く乗るには大事だと思い知らされています。

修理した箇所で無いところの塗膜の厚さを見てください。
傷を入れたので、削ってみました。5回以上の塗り込が見られます。
プライマーが塗装の上に確りと塗られているのが解るだろうか?プライマー・塗装プライマー・塗装・塗装・塗装の順です。
後の塗装の塗料調色がずれています。
始めは、塗装剥離してから塗りましたので、最初の塗装から全部同じ工場の、同じ人の仕事です。



今回は、時間も掛けたくないので、錆びた部分とハンマー跡、キズを入れてしまった分部のみパテを充てて、全体を軽く塗って終わりにします。
本格的にやる場合、同じ物で白い塗装の物が予備として有りますので、其方の錆を処理して使う心算です。
今作業しているプッシュバーは、一度塗料を焼き剥がしてブラスト処理をした後、弱い部分を補強溶接して塗り直す事が一番です。
塗装の厚さに、唖然としました。

近所の板金やから頂いたパテを充て、研ぎ出し中のプッシュバー





荒研ぎが終了



さて近所の板金屋の話だが、修理の為に車を分解して組み立てると、必ずビス等が2~3本余るそうだ。
そう言う話を、客で有る私の前で堂々と笑いながら話してくれた。
例えそれが事実で有っても、客の前でする話では無かろう!
此れも、恥の上塗りだと思うが・・・・・・・・・・・・

自宅の近くの工場で板金修理しても、元通りに組み付けが出来てこない。
ボルトが違うので聴いてみると、長さが足りないので違う物を使ったとの事、組間違いに気が付かないのか?←私に言わせればうましかです。此れが通用するのが、此方の世界!
ばらす時に、元通りに出来ないのなら、写真位は撮って置くように言って有ってもこの体たらく、お話に成りません。←レベルと言うよりラベルが違うような気がするのだが、困った物です。
何でも出来ると言うが、何をやらしても仕上がりが全部今一です。
評価は、自分で決めるものではないはず。←どこか考え方のルーチンが狂っている

そんな訳で、キチンと直す板金作業を依頼する時は、殆ど県外の本当に信頼出来る所に決めています。




Posted at 2013/04/27 01:04:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | レオーネのメンテナンス | 日記

プロフィール

「寒かった! http://cvw.jp/b/1493884/41849468/
何シテル?   08/18 21:59
AL-5ホワイトです。よろしくお願いします。 S4sのハンドルに変えました。 (LOTUS・ESPRITの車種グレードが、オーダーモデルS4sです)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

嘘つき? 知ったかぶり? 自慢?。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/06/16 13:42:48

お友達

お友達のお誘いに、応じられない場合も有ります。
6 人のお友達がいます
五条銀吾五条銀吾 hirodenthirodent
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認 garcia-78garcia-78
シェットランドシェットランド BetaBeta

ファン

49 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レオーネツーリングワゴン スバル レオーネツーリングワゴン
スバル レオーネツーリングワゴンに乗っています。
スバル フォレスター エアブレーク (スバル フォレスター)
普通に気に入り買いました。
ダイハツ ハイゼットトラック ダメハツ・ハイジェット(ハイゼット) (ダイハツ ハイゼットトラック)
ツーシーター 縦置きエンジンセンターフロントミッドシップ フロント→マックファーソン・ス ...
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
ジョルジットジュージアロー(イタルデザイン)のアルシオーネSVXの最高級グレード 最も ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.