• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2021年10月17日

木目調の検討

木目調の検討 インパネの塗装と同時に、明るいインテリアのワンポイントとして、ウッド調を入れたいと考えてます。

見本帳を見ながら、ニヤニヤ… ウーン… いろいろ考えてます。

いわゆる艶々コッテリの伝統的なウッド!ではなくて、もっとライトな方向で。
より乾いた感じというか、砂浜に流れ着いた流木のような、質量の軽い感じを踏まえて、黒内装に浮かないようバランスをとりたいと思ってます。




今時の市販車でいえば、マツダMX-30のコルクインテリアも、雰囲気いいですよね。




私のc3は「セダクション・レザー」という、ブラックレザーシートを主役とした車種なので、
インテリアが黒やグレーっぽいのは順当なのでしょう。
しかし、『ブルー・バイア』という甘くてやさしいボディー色をまとったことが、運命のいたずらが始まるきっかけとなりました。

明るい外装色とゼニスウィンドウのイメージに引っ張られ
「フランス車だし、もっと軽やかな雰囲気の内装だったらよかったのに」
と、購入時からずっと思ってました。
2代目c3がデビューした頃は、メーカー(PSA)もインポーター(PCJ)も、少しドイツ車っぽいプレミアム感を意識したのか、内装色はコンパクトカーとしては面白みが少ないと感じる時代でしたね。(個人の見解です)




今回のモディファイで、純正の「ピアノブラック調」はほぼ撲滅されることになります。『明るいインテリア計画』進行中です。
ブログ一覧 | シトロエンC3
Posted at 2021/10/17 19:12:06

イイね!0件



タグ

関連記事

インテリアのメンテナンス。
Tetsu DXさん

HARRIER(その1)
t.yoshiさん

3代目インプレッサの時にタンレザー ...
ウッkeyさん

次期愛車はこれだ!(その11)
NumaTaさん

992GT3コンフィグ中
sato-shiさん

この記事へのコメント

コメントはありません。

おすすめアイテム

プロフィール

「蔦屋書店モーニングクルーズ、行ってきました。」
何シテル?   01/09 13:20
私にとって、クルマは、自分の内面の現れ。   クルマ選びの基準は、見た目を重視。   しかし、わかりやすい派手さではなく、地味でもその中にキラリと光るものがある...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/1 >>

      1
23 45678
9 1011121314 15
1617181920 2122
23242526272829
3031     

愛車一覧

シトロエン C3 シトロエン C3
冷却期間を経て、再始動します。 このクルマがないと、ブルーバ・イーアになりませんからね ...

過去のブログ

2022年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.