• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

quadrifogliospaのブログ一覧

2015年03月29日 イイね!

東京モーターサイクルショー2015

東京モーターサイクルショー2015東京モーターサイクルショー2015の一般公開初日に行ってきました。

翌日は降雨の予報だったためか、例年より人出が多い印象でした。





一番のお目当ては久々にカワサキが放つ本気マシン、H2R&H2でしょう。


KAWASAKI H2Rはスーパーチャージャー搭載で300馬力を発揮するモンスターマシンでもちろん公道走行は不可の限定生産スペシャルモデル。

SUZUKIの隼にターボを後付けしたブサターボも250~500馬力発揮すると言われておりましたが、H2Rは紛うことなきメーカーコンプリートマシン。

川崎重工はジェットスキーでもスーパーチャージャーを搭載している実績がありますので、ライバル他社に対する強みを生かした形。

実物はこれまで発表されている写真の印象よりふんだんに使われているカーボン製のカウルが目立っていたのと羽根(笑)がデかい。まさに戦闘機といった感じでコレがないと吹っ飛んでしまうという事でしょうか。


このスペックで価格5万ドル(約600万円)はお値打ちか。

H2はそれをデチューンして保安部品を付けた公道走行可能なモデルで価格は半額バーゲン価格の2万5,000ドル(300万円)。

スタッフの人がずっと張り付いてステージに手を伸ばす不心得者を睨みつけておりました(笑

ホンダはこちらも本当に出しやがった!というMotoGPマシンレプリカ、RC213V-Sがありました。

レプリカというとガワだけ似せた中身は全然別物、というものが多いのですが、こちらはほぼほぼレースマシンRC213Vに保安部品をつけただけ、というモデル。

実は行きつけのショップでホンダ二輪R&D部でコレの開発をしてたお客さんが居るのですが、いろいろゴニョゴニョここではちょっと書けません!

世界限定60台で価格も2000万円という、もう安いんだか高いんだかすら分からない世界です。

いろいろ聞いていたものが実物として目の前にあるのは不思議な感じです。

メディアには今回の展示車の日の丸カラーばかり取り上げられていますが、他にもレプソルホンダのワークスカラーリングと白だったかの単色モデルがあるらしいです。

まぁワークスカラーだと見分けがつかないんですけども(笑

後は、屋外展示で五月公開予定の『機動警察パトレイバー』実写版プロジェクト『THE NEXT GENERATION -パトレイバー-』のプロモーションで実物大イングラムのデッキアップイベントをやっとりました。



なんだ?高須クリニックって(笑

あとは会場を回ると、ステージ以外でもそこここに普通に有名人がいるのが面白い所。

WITH MEの丸山さんは毎回見てる気がする。

今年はSHORAIバッテリーブースにHRCのワークスライダーとして活躍した宮城光さんが居り、いかに軽いバッテリーが良いかを切々と語っておりました。

メディアなんかで見るとおりの人でホンマによく喋る(笑

さすがに白髪が目立って年取ったなぁ、という感じですがそれはお互い様。体は絞ってまだまだぜんぜん現役な感じなのはさすがでした。

すんません、ウチのバッテリーはALIANTなのです。

M●アグスタF4限定車セリエ・オロが一ヶ月でバッテリーが上がってしまい、安物のバッテリー入れてたら中身が漏れてダメになったというお話、参考になりました。ま、自分にはF4どころかF3すら縁がないと思いますが、肝に銘じておきます。

BMWモトラッドブースで先日シェイクダウンされたばかりのチームTras135HPのBMW S1000RRと寺本幸司選手、児玉勇太選手。


寺本選手も良く喋る(笑

昔はピットに戻ってくるとメカニックが自分の周りに集まってメモを取ってくれたのに、今はまずデータロガーのダウンロード。それからそれを見ながらの「答え合わせ」で、「はい、1コーナーは?」「こうだったかなぁ?」「へぇ、そう感じたのぉ」「いや違ったかもしれないなぁ」みたいなやり取りになってるとおっしゃっておりました。

しかし昔は勘に頼っていたセッティングや開発が客観的なデータによってレベルの高いものになってきているという部分、たいへん納得ですわ。

昔は最新モデルとか追っかけてましたが、最近はこういうイベントに出かけないと体験できない部分が面白いと感じるようになりました。

ま、非日常って事で。
Posted at 2015/03/29 12:03:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2015年03月28日 イイね!

うおー、やってもうた。審査通らず万事休す

次期主力戦闘機購入計画し、試乗したり近所中の駐車場を計りまくって賃料問い合わせたり、充実した日々を送っておりました。

今回、購入資金は銀行のマイカーローンで賄おうと考え、何行かに仮申請していました。

今はネットだけのやり取りで出来たり返済シミュレーションができたりでいろいろ便利なんですけども、可能な最大限の申請をしていたら、審査が通らない。

ま、そうかもね、と思って借入額を下げて再申請したりしたのですが、速攻で断られました。

返済が滞るような返済事故はありませんし、銀行によっては過去にキャッシング履歴があるだけではねたり、クレジットカードの使用状況なども調査するところもあるようですが審査基準は非公開。

業種、職場の問題ならウチの職場の人は誰もローン組めないですから、やはり自分の与信情報の問題でしょう。

やけに返事早くね?と思って調べてみると、この申し込んで事前審査で断られたという情報も与信情報として残るらしく、どうもそれで全部撥ねられているような雰囲気。

しかも短期間で三行以上に断られると「申込ブラック」として登録されるらしいです。

従ってこれ以降、銀行のマイカーローンで申請額や返済期間を遣り繰りしても銀行系での借り入れは通らない事になります。

まぁメガバンク系より地銀、信販系は審査基準が甘いらしいですけど、金利とか条件はどんどん悪くなりますからね。

HPで受け付けるにしても、リスク取る気がないなら「長期返済でワンランク上のクルマ」、みたいに煽るんじゃく「一部上場企業勤続10年以上、年収1000万円以上の持ち家の方に限らせていただきます」とか明記しておいてほしいですわ。

親が年取るのは止められませんのでクルマ選びは振り出しに戻ってしまい、用意できる現金の範囲で探す事になります。

とはいえ駐車場を確保するのが先決ですかね。
Posted at 2015/03/28 12:48:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2015年03月26日 イイね!

英BBC人気自動車番組トップギアの名物司会者降板に

英BBC人気自動車番組トップギアの名物司会者降板に英BBCの人気自動車番組「TOP GEAR」の名物司会者であるジェレミー・クラークソン氏が番組プロデューサーに暴力を振るって放送がキャンセルされたというのはご存知の方も多いと思います。

その去就が取りざたされていたジェレミー・クラークソン氏の番組降板が正式に決まったようです。


■トップギア ジェレミー氏降板 惜しむ声広がる
http://carview.yahoo.co.jp/news/market/20150326-10220911-carview/

元々普通のクルマ紹介番組だった「TOP GEAR」のテコ入れに起用されたジェレミー・クラークソン氏は歯に衣着せぬ物言いでクルマや出演者をボロクソに貶すスタイルで人気を博し、同番組をBBCに年間80億円をもたらす看板番組に仕立て上げました。

共同司会者のジェームス・メイとリチャード・ハモンドと世界中で繰り広げるクルマvs飛行機のような異種バトルや謎の凄腕覆面レーサー「ザ・スティグ」、そして歌手や俳優、トップアスリートに映画監督、文化人などを招いて同じクルマでタイムを競わせる「有名人レース」など名物コーナーが目白押しです。

アメリカ版や韓国版など世界各国でもこの番組のローカライズ版が制作されるほどで日本で言えばNHKが国内外のクルマを集めて様々なレースで優劣を決めたり、出演者がクルマを潰してしまうとか我が国では考えられない番組が人気でした。

ニュルブルクリンクの女王、サビーネ・シュミッツを招いての英独対決では「決して歴史的な刺激をしないように」と釘を刺されていたのに英国の救世主と言われた戦闘機スピット・ファイアやドイツを爆撃したアブロ・ランカスター爆撃機を飛ばして「お出迎え」するという非常識ぶり。

サビーネに遣り込められて「ドイツ人めっ!」と毒つくのを見ると思わずニヤリとしてしまいます。

しかし、その過激な内容と差別発言で何度も訴訟沙汰を繰り返しており、その中心人物がジェレミー・クラークソンでした。

マツダから借りたコンセプトカー風籟(ふうらい)をスピンオフ雑誌が全焼させたという事もありました。
http://jp.autoblog.com/2013/09/17/top-gear-cops-to-being-on-hand-for-mazda-furai-concept-car-b-que/


日本で知名度が一気に高まったのはアジアンカー(日本車以外の蔑称)をボロクソにけなした回でしょう。

特に韓国車は「なんで3気筒なんだよ」とかいって上り坂を上りきれずに止まってしまったり「洗濯機の方がマシ」と言い放って番組の終わりに本当に洗濯機で走ってしまうというハチャメチャな内容は抱腹絶倒でした。
(以前はYOU TUBEに動画があったのですが現在は謎の力で削除されてます)

もちろん日本車にも容赦ないのですが、それは出来過ぎで「退屈」という事につきます。
ジェレミーにかかればあの35GT-Rですら冷めてしまうようです。
(彼にとってはポルシェもマーケティングの階層分けで詰まらないクルマだそうです)

もっとも、最近のシリーズはヤラセが露骨で見るに耐えない感じになっていたと思います。

そういうのを感じていたのか、ジェレミーもどんどん問題児というキャラで悪乗りしていたのではないでしょうか。

同じパッケージで各国で制作されている姉妹番組は、同じように司会者三人組が中古車で無茶なレースをしたり大陸を横断したり、有名人を招いたりしていますが、内輪のケンカをクルマでやって最後は潰してしまうだけ、のようにみえて面白くありません。

もし日本版で日本人ホストが韓国車や中国車の安全性や燃費性能などを悪し様に言って最後は廃車にしてしまってもウィットは感じられません。

やはり、ジョンブルがポーランド人やアジア人を貶すから毒があって面白いんだな、と思います。

しかしプリウスの実燃費を計測して「大切なのはエコカーではなくエコ運転だ」と持論を展開したりするあたり、単なる口の悪いジョンブルではないクルマ好きなんだなと思わせます。

ジェレミーは最近姿を見せたチャリティーオークション会場で「アホどもにクビにされる前に最後の一走りをするよ」と言っていたそうです。

実現するかは分かりませんが、車から降りてきたスティグがヘルメットを取るとジェレミーだった、とか何かやってくれたら、と思いますが難しいでしょうね。
Posted at 2015/03/26 23:13:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2015年03月24日 イイね!

中国企業 伊タイヤ大手「ピレリ」買収

■中国企業 伊タイヤ大手「ピレリ」買収
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150324/k10010025861000.html
>中国国有の化学メーカー、「中国化工集団」が、イタリアの大手タイヤメーカーの「ピレリ」を日本円にしておよそ9200億円で買収することになり、ヨーロッパで中国企業の影響力が拡大していることが改めて浮き彫りとなりました。

うーん、これは残念、か?

今のアプリリアRS250にはPIRELLI DIABLO ROSSO CORSAを入れています。

これはBS→ミシュランと試してきて辿りついた自分の感覚に合うタイヤです。

バイクの場合、配合成分と剛性、プロファイル(断面形状)によって車以上に好みがはっきり分かれるため、ロッドが変わるだけもイマイチに感じたりします。

四輪で言えば、こちらもトレンドがあってスポーツ志向のハイグリップラジアルタイヤといえば、BS、YOKOHAMAの二強でしたが、今はGOODYEARとDUNLOPも肩を並べてきています。

乗り味で言えば、やはりMICHELINEが定評があります。

しかしクムホやハンコックといったアジアンタイヤ勢には日本の技術が流出していると言われており一般向けタイヤで普通の使い方をする分には遜色なく、新車装着タイヤにも採用されています。

特に一本数千円という価格でブランドにこだわりが無ければ積極的に選ばれています。

しかし、歴史あるブランドがコストカットだけで安売り競争に興じていてはブランドイメージが損なわれてしまい、安かろう悪かろうというイメージがついたら払拭するのは難しいでしょう。

買収主がコストコストで目先の短期利益のみを追求するなら、遠からず経営状況は悪化します。

今回の買収はどうなるでしょうか。
日本もかつて景気が良かった時はアメリカを買いつくす勢いでしたが、当事は投機的な側面が強かったように思いますので日本資本を前面には押し出さず、ブランドイメージを大切にせざるを得ませんでした。

中国資本となった場合、はたして金の卵を産むガチョウを捌いてでも金を取り出そうとするでしょうか。
Posted at 2015/03/24 09:04:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2015年03月22日 イイね!

メガーヌ3RS(2014)試乗

メガーヌ3RS(2014)試乗次期主力戦闘機の最右翼であるルノー・メガーヌRSを試乗しにルノー世田谷にお邪魔してきました。

今のアルファロメオGT1300Juniorには走りに関しては大きな不満はない、というか大満足なのですが、エアコンが無いのが現代の環境では致命的で、同乗者のネコには過酷なので、これにより移動が涼しい日の夜間とかに制限されてしまいます。

また帰省先の親もうるさい、疲れる、椅子が低い、と文句言いまくりですのでここは親孝行、これなら文句無いでしょ?2時間スペシャルと題して新しい車を新調しようかと考えております。

帰省する時だけならレンタカーやカーシェアリングでいいじゃないかという気もしますが、自分が使いたい時期というのは世間でも需要が高い時期ですので一ヶ月も前から予約が埋まっているような状況です。職場が、来週から休んでいいですよ、と金曜の晩に言われたりする職種なのでレンタカーはおろか、新幹線のチケットすら抑えるのが難しく、同郷の友人に便乗させてもらうにしてもやはり事前にすり合わせが出来ないので殆ど実現した事がありません。

この前、親に電話したら思いの他声が弱々しく、単に花粉症なのか、それとも定年退職して体力と気力が衰えたのか、まぁとにかく月一、とまでは言いませんが、これまでより頻繁に顔だしてやらにゃならんような気がします。

従って贅沢ではありますが、自前の足を早急に用意する必要を感じています。

新しい足車の条件としては、

・エアコン装備
・高速道路で快適である
・積載能力がある

という事が最有力です。

エアコンは逆に装備していない車を探すほうが大変なくらいですのが、高速道路の快適性というのは少々拘りたい部分です。

ポイントとなるのはまずシートの快適性。

コンパクトカーはコスト削減のためかどれもゴツゴツした感じだし、スポーツカーはカッチリホールド感はいいのですが、逆に身動きがとれません。

座った感じで一番しっくりきたのがルノー車で、スイッチ類やレバーの配置、見切りも含めて一番印象が良かったです。

そして高速道路でも余裕のあるパワーと安定感のある重量感となるとルノーの中でもメガーヌRSでしょうか。
モーターショーなどのイベントに出展されていても、希少車という事で施錠されて乗れない状態でしか見た事がありませんでしたので、近所の世田谷店に試乗予約を入れました。

試乗車は2014年式のフェイスリフト後の現行車で、ジョン・シリウス(M)の特別色。


モデルチェンジ後の新型を見るのは初めてでしたが印象は、あれ、デカくないぞ?というもの。
3ナンバーで特に車幅が尋常じゃないんですが、室内で見るのとはまた違った印象でした。

早速、乗り込んで軽く説明を受けて発進します。

小回りは意外と効きます、というかパワステ、ブラボーです。

そしてクラッチはちょっと難しいですね。
今時の車みたいにアイドリングでクラッチを繋いでアクセルを踏み込むのではエンストします。
非力な小排気量みたいな感じだといいかもしれません。

車格の大きさは、思いっきりシートを高くしたのもあって、デカいという感じはしませんでしたが、周囲を車に取り囲まれた環八では道が狭く感じられます。

シフトフィールはコクコク入るので面白いですがちょっとストロークが大きいかな?FFだとこんなもんでしょうか?

渋滞の環八から、ドゥカティで事故った千歳台交差点を折れて左折します。
この先に放射性物質が出て潰れたスーパーとかあるんですよね。全く行動半径内で知った道なので緊張はありませんでしたが、それでも初めて乗る人様の車ですから3速3000rpmくらいまでしか回しませんでした。全然ターボとか関係なかったですね。

ぐるっと回って環八に復帰してお店に帰ってきました。

シートはルーテシアよりホールド感がありましたが、特に身動きが取れないという事でもないようで、逆にサーキットならホールド感不足を感じると思われます。

ボディや足回りはスパルタンなシャシーカップと多少マイルドなシャシースポールがありますが日本導入モデルはシャシーカップのみでしたが、路面の粗い所でも不快な突き上げ、というのは感じませんでした。

これは速度に対してまだ車重が勝っているためだと思われますので、高速道路での段差とかの突き上げ感はまた、違うかもしれません。

低速度域はもっとトルクモリモリというのを予想していたので普通の2L、NAみたいな感じでした。
元気に走るなら常にタコメーターのレッドゾーンに突き刺さるくらいブン回してやらないとダメなんでしょうけど、そんなことしてたらすぐ事故りそうです。

ただ1430kg、というか1.4トンの車体を引っ張っているというのに、エアコンオンでも重さというのは感じられませんでした。
ここらへんは1300kg台でもエンジンパワーが無いコンパクトカーとの決定的な違いでしょう。

ステアリングフィールはちょっと軽いかな、という気もしました。
まぁ重ステとの対比なので別物なのは当然ですけど。

静寂性は、全く気になりませんでした。普通に会話できるしロードノイズも分かりません。

今回はブン回していないのと、キャブ剥き出しのクルマに比べたらそりゃ静かでしょうけど、これまでのレンタカーで借りて乗ったコンパクトカーなどでは、ちょっとロードノイズが気になったりしたので爆音エンジンで耳がやられたという事ではなさそうです。

エクステリアはモデルチェンジでニュールノーデザインになり、カングーからメガーヌまで同じファミリーフェイスを纏っていますが、個人的には初期モデルが良かったです。
なんだか意地の悪い顔になったな、と思いますが乗ってると見えませんので気になりませんが。

他にはブレーキ周りも改良されているようです。
具体的にはFブレーキローターディスクのスリット廃止です。

若干の出力アップと相まって、このフェーズ1.5(?)の方が走りは良いのでしょう。

基本的には、クラッチが慣れないのと低速トルクが思ったほど無くて大人しい試乗でしたが、まぁまぁ好印象でした。

今のアルファGT1300Juniorは、外見からは意外なほどの積載容量があります。
内装がペラペラだからなのですが、メガーヌRSはハッチバックなので開口部こそ広くありませんが、奥行きがあり、大きなスーツケースでも三つくらいは余裕で入りそうです。

後部座席もそこらの2+2に比べたら全然広いですが、そこはクーペボディなので乗り降りはちょっと大変なのは仕方ありません。

とりあえず見積り書を出してもらって帰ってきました。う~ん、高いのか安いのか判断に迷います。

最大の問題はウチの近所でコレが入る駐車場が見つかるのか、という事です。
新年度に向けた入れ替えなどで駐車場自体に空きは出ているようですが、やはり場所柄、高い。今はオマケみたいな金額で駐車場を借りれているのですが、田舎に行けば家が借りられるくらいの金額の物件か、出し入れが困難なくらいキツキツの物件しか無いようです。

最悪、今の車を預けてココに入れるというのも考えられなくはないのですが、電柱と隣の車のために、何回も切り返しが必要で、それだけで一本6万円のタイヤが磨り減りそうです。

いろいろ問題はありますが、ここのディーラーなら歩いても行ける距離ですし、話が動き始めればとんとん拍子に進みそうな予感を感じながら、帰路につきました。

しかし、帰路では改めて自分の車の良さに気付かされました。

とにかく軽い事は正義。大正義。
100psも出ていない非力なNAで同じ試乗ルートをなぞってみましたが、パワーバンドを外さないようにしてバビューンと吹っ飛んでいく様は、まさに爽快でした。

自分のモディファイの方向性が正しいと再認識した試乗となりました。

あ、RSモード試すの忘れてた!(笑)
Posted at 2015/03/22 19:25:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「車検来週以降だって。
完全に車庫証明切れるから再交付申請したとしてそこから一週間なので最短でも納車二週間後ですな。」
何シテル?   10/30 13:30
ネコとキャブを愛でるのが趣味の低年式オッサンです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/3 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

TMエキマニに、バンテージを巻いてみた! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/29 00:30:55
日光サーキットに注文あり(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/21 00:11:18
Torque Pro 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/23 22:27:58

お友達

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

アルファロメオ ジュリア アルファロメオ ジュリア
免許取得後、初めて買ったのが数えで同い年の段付きジュリア。二桁ナンバーを維持しながらサー ...
アプリリア RS250 アプリリア RS250
DUCATI996を事故で失い、以前に乗っていた2stにもう一度という事で柏のバイク屋か ...
ホンダ フィット 二号さん (ホンダ フィット)
助手席が回転するスゴいヤツ。 仙台近辺で走っていたようだけど88,290kmでウチに嫁 ...
ドゥカティ 996 ドゥカティ 996
事故により廃車 親友との排気量競争に突入するように大型免許を取得。 いきなりアガリの ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.