• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

quadrifogliospaのブログ一覧

2016年12月28日 イイね!

2016年仕事納め

本日が2016年の仕事納めでした。

皆様から押した以上にイイね!を頂戴し、ありがとうございました。
引き続きイイね!を押していただけるようなネタを提供できたら何よりです。

本年の更新は本日までとさせていただきます。

来年が皆様にとって善いカーライフの一年になりますようお祈りしております。
Posted at 2016/12/28 18:03:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月23日 イイね!

トライアンフ横浜北、夜逃げ問題

今日のヤフートピックスにも掲載されたので多くの方が目にされたかと思いますが今月中頃、店舗改装中だったトライアンフ横浜北が客のバイクや部品代を預かったまま閉店して代表者と連絡が取れなくなっている問題がここ数日、名義変更され持ち逃げされたバイクオーナー氏のツイッター発言から拡散してネット上で問題になっています。

【夜逃げ?】混乱呼ぶ「トライアンフ横浜北」突然の閉店 日本本社も連絡とれず困惑
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161222-00010003-bfj-soci

トライアンフといえばハーレーダビッドソン以上に嗜好性が高い、主に愛好家しか乗らない特殊なバイクという感じでお客を大切にしているイメージだったのですが、外車転がしははどこか胡散臭い信用ならないといったイメージの昔ならともかく、現代にこんな事が起こるなんてちょっとショッキングだったので注目していました。

そもそもこのトライアンフ横浜北はトライアンフモーターサイクルズジャパン直営ではなくフランチャイズだったようです。
今でも日本ではドゥカティとか有名何処であっても外車の販売代理店のかなりの数はそんな感じかと思います。

ですので当初トライアンフモーターサイクルズジャパンはHPから横浜北の名前を削除して顧客には対応は弁護士を通すようにと連絡する程度だったのですが、話が大きくなるにつれ調査、顧客対応を始めるようです。

デイトナ675を名変されて持ち逃げされたというオーナー氏のツイッターもよく読んでみると、転倒して全損に近い状態のものを引き上げてもらっていたところだったようです。

名義変更された経緯は分かりませんが、新車そのまま盗られた訳ではなかったようです。

ただ当初から所轄の神奈川県警も事件化していないので対応しないといった対応だったようですのでまんまと「改装中」を装って表面化するまで時間稼ぎした店舗代表の思いどおりに事が運んだようです。

トライアンフ横浜北の従業員は自宅待機になっていて、今後は近隣の正規代理店が協力して顧客対応されるそうです。

今後どういう経緯を辿るか要注目ですが、バイクオーナー氏が損して泣き寝入りするような事が無いように、そしてトライアンフが嫌いにならないように対応して欲しいもんだと思います。
Posted at 2016/12/23 11:21:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月20日 イイね!

アルピーヌ復活の新型スポーツカー取扱いについてルノージャポンに聞いてみた

アルピーヌ復活の新型スポーツカー取扱いについてルノージャポンに聞いてみたルノー傘下のアルピーヌが2017年ブランド復活に向けて販売を計画しているミド4気筒ターボ新型スポーツカーの1955台限定の「Premiere Edition」の受注を開始したと各所で報じられております。

既にルノー・スポールと共同開発した「アルピーヌ ヴィジョン」というコンセプトカーやA120と言われている新型車のテスト車両のスパイショットなどで概要は伝わっていますが、いよいよかという感じです。


このA120(仮称)の市販モデルは日本導入も予定されておりますが、今回の「Premiere Edition」はルノー本社の専用サイトで予約を受け付けており、保証金として約20万円が必要になります。

そこで気になったのが通常バージョンは恐らく日本に入ってくるかと思いますが、この限定車のルノー日本法人であるルノー・ジャポンでの処遇です。

現状、特にアナウンスも無いので期待薄ですが、ルノー・ジャポン世田谷に日本導入について問い合わせてみました。

するとやはり「現時点ではその予定はございません」との事。

やはり並行輸入のような形で入れるしかなさそうです。

まぁこうやって問い合わせがあるとルノージャポンも勘違いして入れてくれたりしないかな?という目論みも少しはあります。

「プレミア」の内容も分かりませんし、どうしても欲しいという訳でもないんですけど、この限定版が700万円前後、恐らく通常版なら600万円前後と思われますので、アルファ4Cに比べたら手が届かない額でもないだけに気になります。

なにより最近はプレミアムSUVばかりが持てはやされますが、自分の感覚では1トンを超えるとどうしても初期応答性など鈍重に感じられます。

最高速は排気量≒パワーによって決まるといっても過言ではありませんが、日本国内の公道で絶対に出せない最高速度よりも実際に体感できる常用域での愉しさとなるとどうしてもライトウェイトスポーツに軍配が上がります。

ここにきてミドシップ4気筒ターボの新型車が相次いで発表されており、来年以降もその流れは続くのではないかと思います。
Posted at 2016/12/20 12:44:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月18日 イイね!

気仙沼行 その⑰ 冬本番

週末は恒例の気仙沼へ。

スタッドレスタイヤにタイヤチェーンと備えはしましたが雪の降る間はなるべく移動したくないのでこれまでは冬は帰省しないようにしてきました。

しかし今年はそういう訳にもゆかず、それならば移動は日中にしようと思っていたのですが、今回は施設の申し込みの予約が土曜日の午前中という事だったのでこれまでどおり金曜の仕事上がりで東京を出発します。

それでもフレックスのコアタイム目いっぱい早く退社して17時過ぎには出発しました。

しかしやはり外環は渋滞が発生しています。交通情報でお馴染みの「美女木JCT渋滞」というやつです。


少し時間をロスしましたので東北道は可能な限り100km/h巡行で急ぎます。
というのもこの日は降雪が予報されていたので30分違うと状況が一変している可能性がありました。

案の定、北関東あたりから雪が降り始めます。そこから降ったり止んだりを繰り返しながら北上するにつれどんどん雪の勢いが強くなります。

道路情報には既に滑り止め規制が出ています。

しまいには車線が見えない位になってしまい5、60km/hに減速です。


やはり横転した車で車線規制が出たリ、高速を降りてからも田んぼに突っ込んでいる車が居たリと、今回の帰省では直接3台のクラッシュに遭遇し、他にもつい最近突っ込んだような痕跡をいくつも見かけることになりました。

北海道、東北装着率No1という触れ込みのブリザックだと雪道ではフロントの接地感こそ頼りなく感じますがラインを膨らんだリ停止距離が伸びたりとう気配はありません。

試しに前後が居なくなった所で少し強めにブレーキを踏むと即「コココココ」とABSが作動していましたのでブラックアイスバーンになっていない降ったばかりの新雪でも相当スリッピーなようです。

アクセルもブレーキもフェザータッチ、ステアリングもとにかく急のつく操作は禁物です。

そんなこんなで気仙沼の仮設住宅には夜中0時30頃到着。

高速燃費は21.6km/L。


翌朝。


うわー積もってる。
しかしこの仮設住宅も来年9月で閉鎖が決まっていますので、この景色も今冬が最後かと思うと名残惜しいものがあります。

陽はあるので朝飯を食べたリ出発準備をしている間に道路の雪は溶けていました。

今回申し込む唐桑半島へ向かいます。
気仙沼からの道は母親を転院させた陸前高田に行く途中になります。


広田湾から太平洋が見えます。

水平線をまじまじと見るのは久しぶりです。
気仙沼も港町ですが、湾口に大島という島がある内湾なので気仙沼湾から直接水平線は見えません。
夏は良い景色ですが、冬は海風に吹き曝されて厳しい土地です。

施設の申し込みはやはり待機状態で待ちとうのはどこも同じです。

その後は隣の陸前高田に母を見舞いに転院させた病院に行きます。

岩手県は道路と病院は立派、というか気仙沼に金がないんですが陸前高田も小沢一郎のおかげかそういうものは気仙沼に比べたら充実していて規模が大きいです。

ただ、気仙沼の前の病院の方がリハビリもあったし、なにかにつけ構ってくれたのですが転院させた病院は長期療養というと聞こえはいいですが、そのまま最期を迎える80歳、90歳の入院患者ばかりなのでウチの母親も寝かされているだけで、本人の意識レベルはかなり低下していて話しかけても反応があまりありません。

親戚も母親の友人もその点を心配していました。

自分も何か月も置いておくつもりは無いのですが、わずか10日でこの退行はっちょっと不味いかもしれません。

そんな事を考えながら気仙沼の前の病院の清算に向かいます。


その足で友人宅へ。
夜行くとは言っていたのですが、夕方到着すると部品取り車のエンジンを掛けているところでした。


翌日は東京に戻る前に、もう一度病院に顔を出しておきます。

昨日より反応が悪かったのでリハビリの真似事をして手や腕を動かしてやっていると、少し力が入るようになってきました。

やはりリハビリは毎日やってないとダメですね。この病院に通いでいいからリハビリできないか相談したら最初やらないという話で受け入れたのでやらない、という話です。前の病院より融通が利かないのも不満です。

気仙沼の仮設住宅に戻るのは時間が掛かるのでそのまま東京へ向かいます。

いつもなら気仙沼から折壁、千厩から若柳金成ICで東北道に乗るのですが陸前高田から一関ICに向かいます。

近辺には景勝地のげいび渓や平泉中尊寺などもあるのですが、とにかく18時には東京に到着したいので急ぎます。

しかし山中を抜ける道は昨晩の雪がまだ残っています。
陽が陰ると凍結するのは確実だと思われます。


帰りも100km/h巡行です。

大きなトラブルもなく18時過ぎに到着しました。
高速の平均燃費は21.7km/Lと往きとほぼ同じになりました。


今回も洗車してから出かけましたが雪の被災地を走ると一発で泥だらけです。

普段なら手洗い洗車なのですが、そうしている時間も気力もないのでGSに設置されている自動洗車機というのを初めて使ってみました。洗車ワックス併用コースを奢ります。


普段からワックスがけしているだけにツルピカになりましたが、底面やタイヤハウスは融雪剤が残ってそうなので、次の休みにはコイン洗車場で高圧洗浄機を使わないと長持ちしなさそうな気がします。
Posted at 2016/12/18 23:17:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月13日 イイね!

案内看板は日本語と英語だけでいいのでは?

仏像、地蔵130体以上破壊と言う事件がありました。
とんでもない罰当たりな事するなぁ、と思ったら犯人はやはり外国人だったようです。

悪ふざけで地蔵様を倒すとかはバカな日本人でもやらかすかもしれませんが100体以上を破壊すると言う執念深さには異常性すら感じられます。

動機や犯行方法など気になるところですが、やはり日本各地の案内板に中国語やハングルが併記されており犯行や逃走に悪用された事件はけっこう多いと思います。

こういった案内板は特にアジア圏からの観光客をあてこんで積極的に取り入れられてきた経緯があります。
しかし増え続ける観光客が日本の慣習を無視してトラブルを起こすことも多く報じられています。

よく中国語やハングルを表記しないのは差別だ、と言いますが、それならドイツ語やフランス語、アラビア、インドや北欧の多様な言語を表記しないのは差別なのでしょうか?

日本人が海外旅行に出かけて現地の案内板に日本語が無いぞ、差別に遭った、なんて言いませんよ。

最低限、日本に来るなら日本の「いろは」くらは知っていて欲しいし、英語を解するくらいの知性と教養が無いとトラブルも止む無し、と思えます。

Posted at 2016/12/13 12:42:00 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「今度はホイールの巣穴からエア漏れだって(´・ω・`)
完全に仕上がってから車庫証明出そうかな。保険の更新も間に合わないし年明け一発目の走行会にも間に合うかどうか怪しくなってきた。」
何シテル?   11/15 13:06
ネコとキャブを愛でるのが趣味の低年式オッサンです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/12 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

TMエキマニに、バンテージを巻いてみた! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/29 00:30:55
日光サーキットに注文あり(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/21 00:11:18
Torque Pro 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/23 22:27:58

お友達

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

アルファロメオ ジュリア アルファロメオ ジュリア
免許取得後、初めて買ったのが数えで同い年の段付きジュリア。二桁ナンバーを維持しながらサー ...
アプリリア RS250 アプリリア RS250
DUCATI996を事故で失い、以前に乗っていた2stにもう一度という事で柏のバイク屋か ...
ホンダ フィット 二号さん (ホンダ フィット)
助手席が回転するスゴいヤツ。 仙台近辺で走っていたようだけど88,290kmでウチに嫁 ...
ドゥカティ 996 ドゥカティ 996
事故により廃車 親友との排気量競争に突入するように大型免許を取得。 いきなりアガリの ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.