• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

quadrifogliospaのブログ一覧

2018年10月30日 イイね!

韓国の異次元判決 元徴用工に対する賠償命令

クルマ以外の話が連続で恐縮です。

今日、韓国最高裁で日本企業に太平洋戦争中の元朝鮮人徴用工に対する賠償を命令する判決が出ました。

これは韓国と結んだいかなる条約も後から一方的に変更したり不履行にできる事を意味します。

日本政府はこれまでも戦時賠償の個人請求権は日韓請求権協定で解決済みとの姿勢を貫いてきました。
というのも日韓基本条約締結前、日本側は戦時補償と戦後賠償として個別補償するので徴用工の名簿を提出して欲しいと提案しました。

これに対し韓国は個人への保証は韓国政府が行うので韓国政府へ一括支払いして欲しいとしたため日本は交渉の後、有償無償併せて当時の韓国の国家予算の数倍の額を韓国政府に支払いました。

これが全てです。

その後、韓国政府が公共事業に注ぎ込んで個人補償しなかった事は日本は関係ありません。

これがのちに慰安婦問題でも繰り返される訳ですから、もし今回日本側が韓国の判決に従い賠償金を支払ったとしても、後になって「あれは賠償金では無かった」と永遠に請求し続けることも今回の判決で可能という事です。

まぁ韓国は国民情緒法という法律があって立法府が機能していない国なのでそういう事もある国だとして付き合うべきかもしれませんが、日本も韓国や中国に対しては物事をあいまいにして、或いは事を荒立てないようにしてきた過去があります。

それが今回のような韓国の国際的に非常識な増長を招いた一因となった事は否めません。

やや手遅れな感はありますが、今からでも日本は韓国に対して毅然とした対応をし、韓国側から「調子に乗っていました。申し訳ありませんでした」と言って来るまでありとあらゆる分野での制裁を科すべきです。

今回の韓国の仕打ちはそれくらい大それた事なのですから。
Posted at 2018/10/30 20:01:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月28日 イイね!

自称フリージャーナリスト 安田純平氏への自己責任論に対する海外評

自称フリージャーナリスト 安田純平氏への自己責任論に対する海外評先ごろ、内戦下のシリアでアル=ヌスラ戦線に拘束され3年4カ月ぶりに解放された自称フリージャーナリストの安田純平氏が帰国しました。
過去に何度も拘束された経験があり今回は日本政府の渡航自粛勧告を無視し「自己責任だから口や手を出すな」と言っていた氏の謝罪もない帰国に、余りに軽率な行動と批判が集まっています。

これに対しマスコミは「安田さんは英雄」、「自己責任論が出る日本は異常」とさっそく日本政府を攻撃しています。

政府による海外邦人保護と言うのは当然の事であり、今回も水面下で日本政府が働きかけ続けた事でカタールが身代金を支払い解放に繋がったものだと思いますが、そういった事は一切報じられません。

また日本政府からパスポートを取り上げられたため、今回彼は二重国籍のもう一方の韓国パスポートで入国したのではないかと見られています(本当であれば彼は日本国籍を喪失)

こういった日本の情勢が海外でも報じられ、自己責任論が出るなんて日本人は冷たいといったように報じられています。
また海外で活躍するアスリートらも擁護を表明しています。

しかし彼らは過去に何度も拘束され今回は日本政府が止めたのに自ら「自己責任」と言い放ち入国し、身柄を拘束されてからは虐待されたといいつつ心身共に健康で、長期暗所に拘束されていたというのが信じられない程歩行にも視力にも問題なく自作自演や身代金詐欺が疑われていますが、こういった事を知らないのでしょう。

タレントのフィフィさんは安田氏がかつてアラブ人へヘイト発言をしていた事を理由に「アラブの紛争地帯に使命感や敬意を持って取材してると思えないツイートを過去にされていたので、私だけを蔑むならいいですよ、でもアラブ人を一括りに蔑むような方にジャーナリズムを感じない」と言います。

また「学生の頃からマグナムや日本の戦場カメラマンの知人がいて度々交流をしていましたね」とし、「海外のジャーナリストはそれこそ自国から守られない状況を覚悟で取材に行くか、もしくは身代金保険に加入してから渡航しますね。今後日本でもいろんな議論がなされても良いと思います。人質ビジネスがありますから」と問題を提起しました。


彼が使命感溢れる正義のジャーナリストか、希代の身代金詐欺師なのかいずれ分かる日が来るかもしれません。
Posted at 2018/10/28 13:05:42 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月20日 イイね!

ジュリアクーペのSSRホイールとジュリア4ドアクーペ

ホリイトレーディングさんから購入し車屋のツテで修正に出していたSSRのホイールが上がったというので受け出して来ました。

ジュリアクーペはレストア中なのでフィッティングは車両がレストアから上がって来てからになります。

次期主力戦闘機の納車も順調に(?)遅れており、三台体制なのに稼働できるのはFitだけです。

通いなれた道を走っていると見慣れぬケツにアルファロメオのエンブレムが見て取れました。

はは~、さてはあれが新型ジュリアか、と思い信号で並びかけたのでパチリ。


実車に初めてお目にかかった第一印象はフェラーリエンジンを積んだ最強のクアドリフォリオではなかった事もあってか、アルファロメオ159のようでもありながら極めて普通。

しかし追い越してミラー越しに見た顔は「醜い」というと現行のオーナーは激怒するでしょうか。

かつてのジュリア4ドアセダンは人気を博したジュリアクーペに対しオーナー自ら「醜いジュリア」と呼びました。

参考:知人のジュリアスーパー


この日はドライブ日和の秋晴れに誘われてか、帰路にも白い新型ジュリアを見かけました。
こちらはじっくり見ているヒマはありませんでしたが白の方がでっぷりグラマラスに見えました。

さてショップに到着するとここの前オーナーの忘れ形見が熱烈歓迎してくれます。


ホイールは磨き屋さんの判断でリムの部分の腐食をさらってコーティングしたそうです。


いつものように蘊蓄を聞いて世間話をして帰って来ました。

空になっている駐車場でFitの車内清掃をして次回帰省す時に持っていく車やバイクのパーツを梱包してラベリングしたものを積み込んだ所で天気が急変してきたのでオートバックスで車用品を購入していつもの契約駐車場に収めました。

車の外は雷雨だったのと傘がさっき積んだ荷物の下敷きで取れなかったのでそのまま30分くらいカーラジオを聞いて、雨が小降りになったのを見計らい脱出して帰って来ました。

(この後食材を買いに出た時も急に降られて濡れました)
Posted at 2018/10/20 20:28:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月14日 イイね!

韓国 国際観艦式で李舜臣の旗掲揚の意味するところ

韓国 国際観艦式で李舜臣の旗掲揚の意味するところ今回は車の話題では無いので興味のない人はスルーしてください。

韓国で行われた国際観艦式で自衛隊に旭日旗の掲揚を自粛するように要請した韓国ですが文在寅大統領が演説した駆逐艦に秀吉軍と戦った李舜臣将軍を象徴する旗を掲げました。

外務省が「通達に反した行為をみずから行ったもので残念だ」と抗議、これに対し韓国海軍は参加国と韓国の国旗だけを掲げるよう求めたのは外国艦船に限られるため問題はないとの見解を示し、韓国と全世界海軍の英雄である李舜臣将軍を称えて帥旗を掲げたとの声明を発表しました。

李舜臣は豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、日本軍と対峙した将軍で韓国では伊藤博文を暗殺したとされる安重根と並び、抗日の象徴として称えられている人物でサッカー東アジア杯で「歴史を忘れた民族に未来はない」という大型垂れ幕と李舜臣、安重根の肖像画が掲げられた事もあります。

しかし実際は秀吉が病死したため朝鮮から撤兵する事が決まり、明との休戦協定を結び撤退中であった小西行長軍を追撃したものの救援に駆けつけた島津によって討ち取られた将軍で再三にわたる命令不服従と部下に対する苛烈な扱いで評価は低かった様です。

今回、韓国がこの将軍の旗印を掲げた狙いは、もちろん日本へのあてつけであり、韓国国民に対して「日本にガツンとかましてやった」アピールが最大の目的と思われます。

全く国際協調を謳いながらこのような反日政策を国際的に曝け出してしまう幼稚さはいかんともしがたいですが、文政権の想像以上に日本側の反発は強く、特に軍事面において日本自衛隊側との協調というのはいっそう難しくなったと言えます。

従北親中の文政権にしてみればこれは願っても無いめざましい成果であり、北朝鮮や中国に対して猛烈に尻尾を振るアピールになった事でしょう。

もっとも、当の北朝鮮や中国は文政権を評価しているとは思えず、せいぜい都合よく利用してやろうくらいのものだと思います。

文政権のこの攻撃的なメッセージに岩屋防衛相は「非常に残念」と言いましたが、全く鈍いとしか言いようがありません。

文政権下では北朝鮮との国境付近の地雷撤去を進めていますが対して北朝鮮はソウル攻略部隊を撤退させたでしょうか?全く一方的なラブコールといえます。

北朝鮮の人権問題も制裁では解決しないと難色を示し、制裁解除を次々実施しています。


そういえば韓国では「自分がやればロマンス。他人がやったら不貞」というそうです。

先ごろ韓国では金寛鎮国防部長官が逮捕されましたが、これにより文政権に対して軍が全く発言権を持たなくなったといいます。

北朝鮮の指示によるのか文在寅の独走なのかは分かりませんが穏便に済まそうとする日本に対して益々日韓離間を目論むでしょう。
最終的には米韓の離間、そして北朝鮮の受け入れが目的かもしれません。

それが日本の国益になるのかどうか。日本国民は少し真面目に考える時だと思います。
Posted at 2018/10/14 11:51:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月09日 イイね!

気仙沼行 三連休

三連休は気仙沼に行っていました。

今回は相続関係で最後まで残っていた東日本大震災で被災した土地の登記のうち、近所と共有になっていた通路部分の買い取り、登記完了の支払いです。

支払いだけなら司法書士の口座に振り込みでいいのですが予想より面倒な依頼になってしまったので挨拶に出向きます。


まぁこういう用事でもないと気仙沼に買い求めた家の方に足が向かなくなります。
家は人がいないとすぐに傷んでしまいますのでなるべく足を運びたいところ。

例によって金曜の仕事上がり、歯医者で治療してから出発します。



高速燃費は前回の帰省で給油した時からなので参考ですが22.2km/L(タイヤ補正23.3km/L)で、その間にO2センサーを交換した事と、タンク残量がギリギリで80~85km/hの燃費走行でしたので、前回の復路と同じくらいになっています。



土曜日。

給油したら司法書士の事務所に出向きます。
登記書類自体は郵送されてきていたのですが、料金は振り込んでも週明けになってしまうタイミングだったので菓子折りと併せて持参しました。

依頼した司法書士は外出していたので事務所の人に代金を払って重要事項説明を受けて帰って来ました。

その足で母の墓前に報告に出向きます。

寺に着くと杉の木を伐採しているところでした。
まさか?と思って登っていくと、丁度ウチの墓がある所の杉の木を伐採していました。


先般の台風24号で折れたというよりは、前々から杉の木を伐採していたので丁度順番だったのだと思いますが、接近する台風25号の影響があると月曜の祝日までかかる、という話だったのでそのまま家の補強部材などを買い物して回ります。

気仙沼湾の防潮堤工事。
たぶんここが手違いで堤防が22センチだか高くなる事が判明し、住民が工事に反対している現場。


ニュースだけ聞くと被災者様がわがまま言ってるように聞こえますが、役所から説明が無かったりいろいろ拗れた結果、住民が態度を硬化させたのだろうと思います。

ウチも社会福祉や住宅関係でずいぶん役所と交渉しましたが、担当者が他県から応援に来ている人で事情が分からず原理原則ばかり、何度か足を運んで「では例外的に」と認めさせたら年度が代わって担当者が居なくなり、特例の話も無かった事になっていて自分には連絡も来なかったということで何事も思い通りに運びませんでした。

防潮堤は作り直す事はしないが、地盤をその分高くするか別の方法があるか住民と対話するという前提でとにかく工事を進めるという決定がなされ、工事が再開していました。

夕方くらいから台風の影響で風が強くなってきました。

先週の台風24号は各地に被害をもたらした風台風で、近所のカーポートの屋根が飛ばされたそうです。
ウチも毎回留守の間にそうなのるでは、とカーポートの支柱は立てたままにしてあります。

今回の25号もまだ随分離れているのにかなり風が強いです。
結局翌日まで家がガタガタというくらいの強風でしたので外出せず家に籠っていました。


翌日曜日。

遺品整理でもしようと思ったのですが遺品整理、つまりゴミとして捨てるという事であまり気乗りしません。

気仙沼のゴミ収集日に滞在していることは無いので毎回施設で使うために買った消耗品などを東京に持ち帰って処分しているのですが、そろそろ衣類とかそういった物、取っておいても仕方ない物を処分する事になります。

とりあえず病院などで出された薬や消耗品を持ち帰るよう分類し、書類を少し整頓しました。

夜になって風が収まって来たので友人の家に遊びに行きます。

ここの猫は以前は噛んだリ逃げたリしたのですが、年を取って性格がすいぶん丸くなりました。



翌月曜日。

東京に帰る前に雨風で汚れた窓ガラスを掃除します。

外側はブラシで水洗いしてゴムのワイパーで水分を落とし、内側はガラスクーナーで拭き上げてから乾拭きします。

二階はまだ風が強いので後日にします。

昼食を食べたらまとめた荷物を車に積み込んで出発します。

途中、仙台近郊の従姉の所に寄ろうかと思ったのですが、どうも術後体調が優れない日が多いようで、体調だけじゃなく気分的にも伯父が亡くなり自分はガンになり、実家は取り壊されという状態で人に会いたくないかもしれないので今回はそのまま東京に帰ります。

台風一過の強い日差しで沿道の草が輝いて見えます。
田んぼは黄金色とは言えませんがあらかた刈入れが終わりつつある感じです。






夕方になると定番の渋滞発生ポイントでは渋滞が発生します。


ただ30~40km/hで流れてはいるのでそれほどの時間ロスにはならず、逆に燃費が伸びていきます。

ここまでは連休という事で予想していましたがやはり北関東に入り、宇都宮から先三車線になって渋滞解消という所で事故渋滞に巻き込まれます。


そしてこんな車も。


ウィリス・ジープ。
アイゼンハワーをしてアメリカを勝利に導いた兵器の一つと言わしめた軍馬。

M38A1でもM151でもなく、ひょっとしたら戦時中の生き残りか、戦後モデルや民生モデルを軍用仕立てにしたものかもしれません。

渋滞の中、いかにも昔の戦前の車のようにブズルブズル言わせて走っておりました。

高速の燃費は、給油地がいつものGSではなく気仙沼市内で用事で40キロほど下道を走ったものですが渋滞で幾分か燃費が伸びて25.1km/L(タイヤ補正26.3km/L)


燃費トライアルみたいになってしまいましたがO2センサを交換して燃費が伸びたように感じます。

効果を実感したのは高速より街乗りの燃費やパワー感ですが。
Posted at 2018/10/10 00:18:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「あ~納車待ちきれない(´Д`)寝て起きたら二週間ぐらい経ってないもんかね?」
何シテル?   12/02 01:05
ネコとキャブを愛でるのが趣味の低年式オッサンです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

TMエキマニに、バンテージを巻いてみた! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/29 00:30:55
日光サーキットに注文あり(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/21 00:11:18
Torque Pro 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/23 22:27:58

お友達

ファン

34 人のファンがいます

愛車一覧

アルファロメオ ジュリア アルファロメオ ジュリア
免許取得後、初めて買ったのが数えで同い年の段付きジュリア。二桁ナンバーを維持しながらサー ...
アプリリア RS250 アプリリア RS250
DUCATI996を事故で失い、以前に乗っていた2stにもう一度という事で柏のバイク屋か ...
ホンダ フィット 二号さん (ホンダ フィット)
助手席が回転するスゴいヤツ。 仙台近辺で走っていたようだけど88,290kmでウチに嫁 ...
ドゥカティ 996 ドゥカティ 996
事故により廃車 親友との排気量競争に突入するように大型免許を取得。 いきなりアガリの ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.