• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年04月15日

デミオ君 ファーストインプレッション

ファーストインプレッション と カタカナで書くと 何のことだか分かり難くて良いですよね (笑

試乗車には何回か乗ってきたけれど、自分用に自分で買った個体は また違った印象で面白い。
何故に試乗車では細かいことが気にならないんでしょうね (^_^?


さて、私が私用に買った DJ5AS デミオ、XD Touring 4WD。
ようやく まとめて150kmほど走らせることができました。
1000kmまでは慣らしをするので、あまり回転を上げはしませんが、高速を使っていっきに距離を稼ぐなんてことはせずに あちらこちらに少しずつ負荷をかけるために下道を カラカラカリカリと (^_^
500kmまでは慎重に耳を澄ませながら そーっとそ~っと。


特に何もせずに ただ 50km ほど走った印象は、
なんかタイヤに癖がある (-_-
だった。
タイヤは、185/60/16 という、少々妙なサイズ。
185/60/14 なら馴染深いんだけど。。。。 ( これ言うと歳がばれる )
それにしても、185mm で16インチって なんだかなぁ。。。
基本、それは癖に繋がらないと思うけど、ホイールのリム幅が 5.5インチしかない。
メーカー純正ホイールに 6.5インチを求めるのは酷でも 6インチは求めたい。
5.5インチではタイヤの たわみが わなわなと伝わってきて嫌 (-_-;
それはさておき 「 癖の原因は何かいな? 」 と思って、路肩に停めて下りてみた。
TOYO PROXES R39 なるほど ・ ・ ・ ・ ・ 。
R39 は知らないけど、TOYO PROXESシリーズは履いていたことがある。
BS・ヨコハマ・ダンロップ・トーヨー・ミシュラン・ピレリ などを履いた結果として、基本はBS派な私。
TOYOだと知れば 「 癖がある 」 と感じた自分に納得。
どこも悪くは無い。 悪くはないけど、メーカーの個性を私は癖と感じてしまう。
けっして悪くは無い。 3シーズンは履くって決めたんだから ・ ・ ・ ・。
ちなみに、トーヨー の方が ヨコハマ よりは好き。

音は、しっかりヂーゼルの音がする (笑
発進から 40km/h くらいまでは、しっかり カラカラカリカリ♪
40km/hを超えると、タイヤから伝わるノイズでガソリン車との差は無くなる。
わりと静かな部類の車であろうと思う。

信号待ちからの発進。 軽自動車の燃費をかせぐ加速に慣れてしまっているもので、キャロルでの発進加速ほどではないにしてもゆっくりと加速させる。
特に 低回転大トルク という印象は無く、キャロルからの重量増分+α 程度のトルク感。
踏めば別世界なのかもしれないけれど、それは慣らしが終わった後にお試し予定。 ただ、慣らし中とは言っても 1500rpmは超えて使っている。1500~2500rpmで25kgのトルクを発生することになっているエンジンなのだから、それがキャロルに対して重量増分+αなトルク感というのは妙。
同じ回転数に対してもアクセルペダルの踏み方を感知して押し付け感の無いトルク感をというのも上品ではあるが、そこまで繊細な制御をしているのかな???
発進時に、特にボデーの何処かに無理がかかった印象は ( 当然だけど ) 無い。
ただ、ダンパーが少し落ち着きが無いか? もう少し距離を走らないと落ち着かないのかな。
後脚のダンパーとバネのレバー比は、それぞれどのくらいなんだろう? わりと近い様には感じるんだけど、一度、リフトアップして見ておきたい。
こんな時 私には、北海道では気軽に頼めるお店が無いのが辛い (-_-;

幹線から1本入った 広くて人も車もめったに通らない いつもの農道へと。
緩やかで綺麗で一定な弧を描いたカーブ。 前脚は予想の通りに動いてる。 後脚は、良く言えばどっしり。 悪く言えばあまり働かない。
1号機 ( CL7 アコ ) よりは、先代2号機 ( HB36S キャロル ) の動きに近い。脚の方式がそうなんだから当然なんだけど、それでも キャロルよりは随分と仕事をしている印象。
このクラスは今、ほぼ全車種がそうなんだからしかたがないけど、1300ccのCIVICが4輪ダブルウィッシュボーンだった時代を経験している身としては正直なところ寂しい。 4輪ストラットでもいいから って願うのは無理なんでしょうね (-_-
もう少しRの小さなカーブに入る。 勿論、破たんの傾向なんて見られないけど、なんとなく後脚に無理がかかっている印象を否めない。 大丈夫かな? ダンパーの突っ張り方向に過負荷がかからなければいいんだけどな。 自由度の少ない方式の脚は、安いパーツでは寿命が短いよ (-_-

そういえば っと思い出し、オートクルーズをON。
何もいない農道を たまたまその時に走らせていた速度の58km/h設定でオートクルーズ。
軽い上り・下りで 意地をはる様に 58km/h を護ろうとするデミオ君 (^_^
±1km/hすら許したくないかの様に頑張る。 もう少し、短い時間なら±2km/h くらいずれてもかまわないからエンジンの負荷を軽くしてあげてほしい(笑
左方の側道に軽トラが見えた。「 左折しろー、左折しろー 」 との祈りが通じて左折してくれた。
レーダーオートクルーズが試せるかと期待したのに、先行する軽トラは 見事なほどに当方と同じ速度らしく、レーダーが捉えていたとしても表示はされていない。
カーブが近づいて ようやく軽トラが減速。 デミオ君が追い付きつつ自動です~っと減速
カーブを抜けて軽トラが加速するのを追って、デミオ君もす~っと加速
軽トラが右ウィンカーを点滅。 減速して側道へ。 デミオ君、ぐぐっと減速
側道に入った軽トラの後方を抜けて デミオ君はぐぐっと加速
お~、すばらしい (笑
取説によれば デミオ君は電動パワステなんだそうだから、車線維持もしてくれればいーのにな。

ホット珈琲が飲みたくてセブンイレブンに寄った。
下りようと 運転席のドアを開け、右足を ・ ・ ・ ・ ・ ドア内貼りに爪先が擦れる
駐車場に下ろした右足に体重をかけ体を車外に ・ ・ ・ ・ ・ 体がBピラーに当たる (-_-メ
納車から何回か乗り降りしたけれど、毎回どーしても体がBピラーに当たってしまって すっと降りられない。
自分が太ってる とかって問題じゃないよね? . . . これって、Bピラーが前過ぎるんだよね?
運転席のドア、小さくない (-_-???
2ドアに乗り慣れていた頃ならさておき、今はすっかり4ドアセダンに乗り慣れた状態。
なのにどーしてそう感じるの???


150kmほど走ったけど、一番の印象は ドア小さくない(-_-?
ブログ一覧 | 悪魔大爆笑 | 日記
Posted at 2018/04/15 04:42:39

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

手元から 離れるキャロル 元気でな ...
みや@大阪さん

デミオの車検 またまた代車生活
Fukuokaさん

冬支度
りっちぃさん

この記事へのコメント

2018/04/15 19:24:14
デミオ君のオートクルーズ
優秀なようですね(^^)
コメントへの返答
2018/04/16 06:55:42
なかなか良いです (^_^
定速巡航中のアクセルワークが、自分のそれと随分と違うところが興味深いです。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「ペチカの有る家 (0_0ぉ~ http://cvw.jp/b/150340/42305808/
何シテル?   12/17 11:14
基本、本田好きですけど、乗らず嫌いしない道楽者です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

キャロルの維持費 
カテゴリ:個人
2017/03/19 15:25:58
 
タイヤBOX (ミスタータイヤマン尾張旭) 
カテゴリ:お店
2011/03/06 08:37:36
 
本田技研 
カテゴリ:メーカー
2005/10/16 07:40:43
 

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ アコード ホンダ アコード
2003.11 ( 0km ) ~ 現1号機です。
マツダ デミオ マツダ デミオ
2018.04 ( 0km ) ~ の2号機です。
ホンダ アコードワゴン ホンダ アコードワゴン
2008.04.12 ( 52,000km ) ~ 2013.05/E の 2号機。
ホンダ アコード ホンダ アコード
2012.02.12 ( 54,800km ) ~ の 3号機。 2013.06から、 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.