• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

こーきのブログ一覧

2008年10月31日 イイね!

ブラックリスト

暗い重たい話題ばかり続いていてこんな事書きたくないのだけど、ちょっと気になったのと体外に吐き出さないとダメな性分なので申し訳ありません。。。

今日なのですが、「お」の付くジムニーに乗っているある方のブログに行った時に、私がブラックリストに登録されていました。
いつブラックリストに登録されたか不明ですが、おそらく私が夏頃から、みんカラを再開した時点でお友達を確認したら何名か減っていましたし、その方の名前も無かったので私がみんカラ更新を長期間休んでいる間にブラックリスト登録されたのだと思います。
本格的に再開してからは、お友達の名前や人数は常に確認してきたので最近の事では無いと思います。

で、なんでブラックリスト登録されたのかが分かりません。
みんカラ更新や巡回でその方に対して傷つけるような失礼で無礼なコメントや返信もした覚えも無いし迷惑行為も一切していません。故意や悪意でやったという覚えも無いし。。。

それにみんカラを休んでいた時は、更新もおろか巡回もろくに出来ない精神状態でPCもろくに起動してなかったのにいつその方に迷惑行為や非礼なコメントをしたのかというか全く活動出来ない状況だったのいつ迷惑をかけたのだろうかと疑問だらけで理解に苦しみます。

私でしたら、ブラックリスト登録は、迷惑行為を何の躊躇も無く行う非常識で人の痛みを知らない輩に対してだったら使います。
でも今まで、みんカラでそんな人は一人もいませんでした。
私が非常識な人間なのかなあ?だからブラックリスト登録されたのかなあ?悪意や悪気で人に迷惑かけた事は無いのに相手にそう思われてしまったのが、分かりません。。。

このブラックリスト登録した方は、私を自分からお友達に誘っていつの間にか知らないけど、削除された上にブラックリスト登録されていました。

その方に対して思った事は、「随分てめえの都合で簡単に人を切り捨てられるなあ~」って呆れました。

本当に迷惑をかけたなら謝りますけど。
もしかしたら自分の分からないところで迷惑をかけたか傷つけたかそのような事かもしれませんし。
理由があって私に否があるなら謝りますけど。

何か俺が気に入らない事しましたか?
文句や不満があるならコメントやメッセージを送ればいいのでは?

って思ったけど言いたく無いならもういいですけどね。。。

人を簡単にブラックリスト登録する位の人の痛みを知らない人と復縁する気は、
俺の心の中では完全に失せましたけどね。


これ見て何か言い分とかあればブラックリスト登録を一旦解除してコメントでもメッセージでも送れば?

つーか、
「好きにすれば?」

この件に関しては今後二度と取り上げません。
いい事ばかりじゃないのも人生。こういう事も受け止めるのも人生。この方のような小者を相手していて歩みを止める気はさらさら無いし時間の無駄なのでこの位にしておきます。
争う気も全然無いし。。。
つーか、
本当にもういいや。
って感じ。

自分がブラックリストを使うのは上記の通りです。
人と人との相性とかありますが、ブラックリスト登録は、迷惑行為や嫌がらせをする人に対しての機能なのではないでしょうか?
じゃないとその人に対してすごく失礼な行為だと思います。
なので軽々しく使う気はございません。

※自分の負の感情を丸々書いただけの内容です。
ある方とガチで話があるのでそれの挑発でもあります。
コメントはお任せしますが出来ればある方のガチのコメントを希望しています。残念ながら私の足あとはある方のところへ行ってもブラックリスト登録されているので足あとが残らない仕様のようです。なので、最初の文章でピンと来た方は、私が言っているある方に密告してもいいですよ。
どうしても何かありましたらメッセージでお願い致します。
批判とかあっても、ある方のブラックリスト登録を平気でする考えは軽率で間違っているし人の痛みを分からない輩なので私はその軽率な行為に対しての批判を書いています。こういう事実を知ってもらえればいいです。何が正しくて何が間違っているか私にも分かりません。

これ読んで不愉快だとか間違っていると思うなら友達解除してもいいけどブラックリスト登録だけはやめてください。
私は友達解除されてもその報復で迷惑行為で嫌がらせのコメントやメッセージは一切しません。そんな小者でも無いし社会人としての常識はあります。まして気に入らないとか嫌いだとかそんな理由だけでブラックリストに登録する人の方がよっぽど非常識で小者だと思います。

今週は不幸があって情緒不安定なので、こんなくだらない事書きたくないけど書いてしまって他の皆様には本当に申し訳ございません。
自分は本当に負の感情ばかりばら撒いている愚か者です。。。

※この記事は一定期間後に削除します。
Posted at 2008/10/31 18:23:46 | コメント(13) | トラックバック(0) | 戯言 | 日記
2008年10月30日 イイね!

アナタノオト

昨晩、お通夜に参列して参りました。
故人は前の会社の友人を通して知り合った女性の娘さんでした。
死因は自殺。17歳の短い生涯でした。

私がこの訃報の知らせを受けたのは月曜日の夜でした。
突然の訃報と携帯メールからの短い内容でしたので混乱して
しまい電話にて改めて詳細を知りました。

その訃報を聞いた後、あまりにもショッキングな事実で、私はショックや戸惑いや「何故?」という疑問等、自分の中で様々な思いが交錯してしまい、
気持ちの整理がつかなくなってしまいました。

まだ当日まではより詳しい情報は無かったのですが、

自殺を選んでしまった事、

何が彼女を追い詰めて自殺を選択したのか、

命の重さを知らずに自殺行為に走ってしまった事、

なにより母親が辛くて痛い思いをして、
それでも彼女が生まれた時に
どれだけ新たな命の誕生を心から嬉しく思ったか、

まだまだ自分が思った事、書く事はいっぱいありますが、そんな思いで、
胸が一杯になってしまい、無念さ悔しさ悲しさ怒り、
言葉では言い表せないあらゆる感情が入り乱れ、
涙が溢れてしまい止まりませんでした。
お通夜の当日までは泣いてばかりいました。


お通夜の当日、現地駅前で待ち合わせで私と前の会社の友人含めて4人で参列しました。
その時に友人から自殺のより詳しい情報を聞きました。

ここではあまりにも悲しすぎる事実なので深い詳細については書きません。というよりかは書けません。
それと質問されてもお答えする気は一切ございませんのであしからず。
ここから先は悲しい現実と私の思いについて書きます。
この悲しく不幸な事実を少しでも知ってもらいたい、
受け止めてもらえればいい、命の重さを見直して頂ければいい、
そんな思いを込めて書き記しておきます。
あと私のかなり直球な思いも書きますので故人に対して言ってはいけない事や非礼や乱暴な発言もあります。でも自分の本音なので訂正はしません。


本題に戻りますが。。。

死因は首吊りによる自殺で首吊りに使用した道具が丈夫なロープではなくマフラーであった事や遺書や身辺整理が無かった事から、自身の自殺願望があっての自殺行為では無く、
恐らく軽い気持ちで自殺行為の真似事をした結果の事故であったという憶測があります。
この憶測が浮上した理由は彼女の性格が明るくポジティブで、
健常者であった事と親子でお互い仲が良くて家庭内の問題が
あったわけでもなかったからです。
真似事か本気か分かりませんが自殺行為をした動機については不明です。

しかし彼女が自ら命を絶ってしまったというのは紛れも無い事実です。

私も30年以上生きていますので葬式に参列した事は何回もあります。葬式は悲しい事です。残された人たちが故人との別れをする儀式です。人が避けて通れない事です。
こんな事を書いてしまって不謹慎かと思われますが、
今まで私が参列した葬儀は私より年上で年配の方々で寿命や病による不幸で亡くなられましたが自害された方は誰もいませんでした。

しかし今回の葬式は私より年下で私の人生の半分以下で自らの手で命を絶ってしまったまだ若い娘さんとの別れの儀式となりました。
私に取ってははじめてのケースでいろいろな複雑な思いが交錯したとても辛い葬式でした。

葬儀場に到着する前までは、お通夜では出来るだけ泣かないようにしようと心に決めていました。

しかしお焼香をあげる時に私の右手側に喪主である娘さんのお母さんが座っていらっしゃいました。
その時のお母さんは白いハンカチを片手に泣き崩れていました。
もらい泣きになるかもしれませんが、そのお母さんを見て、私の中で今まで自分の中にあった複雑な思いが一気にこみ上げてきて涙が溢れてしまいました。
その後は涙が止まらず泣いて友人に自分の抱いていた気持ちをぶつけていました。その時の心境は、悔しさと自殺した故人への怒りとお母さんや親交の深かった友人達の思いをどれだけ踏みにじったのかという怒りや無念でいっぱいでした。
言葉にもならなくて泣きながら友人に自分が言いたかった事を言いました。
故人に対して言う言葉ではありませんでしたが、この言葉しか思いつきませんでした。。。


「娘さんをひっぱたきたい。」


本当はこんな事を言った私より娘さんが幼い頃から面倒を見て成長を見てきた付き合いの長い友人と何より親であるお母さんの方が本当に悔しくて悲しくてやるせない気持ちなのに、言ってはいけなかった言葉ですが、今の自分の率直な本音でこの時は止める事は出来ませんでした。
しかし友人は私のこんな一言をしっかり聞いてくれて黙ってうなずいてくれました。

しばらくして涙が止まって落ち着きました。
その後はソファーに腰掛けて少し話をしていました。
前の会社の友人達と久々に会う事が出来て嬉しいという
気持ちがありましたが、こんな形での再会はしたくありませんでした。それと礼服ですがスーツに袖を通したのも久しぶりでした。出来れば礼服も亡くなった娘さんの結婚式に袖を通したかったです。

そろそろ引き上げようと腰を上げた時に、お母さんが参列者の方々に挨拶をしていました。その時のお母さんは泣き止んでいました。
最後にお母さんに挨拶をしました。
お母さんは私達に何度も何度も頭を下げて、
「娘と一緒に遊んでくれてありがとう。ありがとう。」と
何度も言いながら泣き崩れてしまいました。
私もまた涙が溢れてしまい、泣き崩れたお母さんの顔を、
これ以上見るのは耐えられなくなり、私だけ深く会釈した後に
すぐ背を向けて退出しました。

帰り際には、もう娘さんへの怒りしかなくて、


「バカヤロウ。。。」


と一人でつぶやいていました。
歩いている途中にあった立て看板を思いっきり蹴飛ばしたい
位の衝動に駆られましたが、「その行為は二度とするな」と
カウンセリングの先生にきつく注意されていたので、
その衝動はどうにか抑える事が出来ました。

でも涙は駅に向かうまで止まりませんでした。

17歳と言えばまだ複雑な年頃で命の重さについても理解出来ない年頃なのかもしれません。
これから社会人になって命の重さを勉強するかもしれない。
その前に好きな男性と結婚してお母さんになって子供を生んだ時に命の重さについて身を持って知る事になっていたかもしれない。

命の重さについて知っていれば自殺行為や自殺行為の真似事などふざけた行為は取らなかったかもしれません。

命の重さを理解するのは若いうちは難しいかもしれない。
私も17歳の頃は分かっていなかった時期もありました。

せめて命の重さは理解するのに時間はかかるし若いうちは受け入れる余裕も無かったかも知れない。
今の若い子が命をどのように理解しているかどうかも分かりませんが、これだけは理解して欲しかった。。。

18年前にお母さんがどんなに辛くて痛い思いをして生んでくれた事、その時のお母さんが新しい命の誕生をどれだけ嬉しく思った事か、17年間お母さんが毎日お勤めしながら家事や育児をこなし大切に育ててくれた事。
お母さんの愛情と苦労。
それだけでも理解していてほしかった。。。



その後は駅前の居酒屋で遅い食事を取ってからそれぞれ帰りました。

帰りは電車の中でMP3プレーヤーで音楽を聴いていました。
同じ歌を何度も聴いていました。
その曲は今日のブログのタイトルでもつけましたが、

「アナタノオト」

という歌でした。

私はこの訃報を聞いてから今日もですが、ずっとこの歌ばかりを
聴いています。
この歌は「マクロスF」という先月まで放送されていたロボットアニメの歌の一つです。
この歌はアニメの歌ですが、とても素晴らしい歌です。
「マクロスF」を知っている人、知らない人、アニメに興味の無い人にも、一度でもいいので聴いてほしいので、YouTubeにその歌がありましたので、貼り付けておきます。

私が何故この歌ばかり聴いていたのか、
元々大好きな歌なのもありますが、
自然とこの歌を聴いていました。
偶然なのか分かりません。
命の事についての内容の歌でした。
何度も聴いたり自身も歌ったりしていたので、
この歌の歌詞が自分の心に浸透していたのかもしれません。

この歌の歌詞の一部を書いておきます。

アナタノオト ドクン ドクン ドクン
聴こえてくるよ ドクン ドクン ドクン
生きてる音 やさしい音 だから切ない音 聴こえてくるよ

亡くなった娘さんも、この「オト」を分かってほしかった。
生きていれば女の子だからいつかはお母さんになってこの「オト」を聴く事が出来たかもしれない。


(※現時点ではYouTube上に登録されていますが著作権の問題で削除される可能性があります。)
一応、削除された時の事を考えて、この歌が収録されているアルバム名と歌手名を書いておきます。興味があれば購入して聴いてみてください。

アルバム名:マクロスF(フロンティア)O.S.T.2 娘トラ☆(ニャントラ)
歌手:中島 愛(めぐみ)



本当に辛くて悲しくて悔しくてやるせない気持ちでした。
今でもその気持ちが収まらなくて涙が溢れてしまいます。
出来ればもう二度とこんな葬式には参列したくありません。
もう二度と自分より若い人の死は味わいたくありません。
今後の未来を背負う若者達がもっと命の重さ尊さを理解してほしいです。
命を粗末にしないで軽くみないでほしいです。

現実世界の生き物の命は一つだけです。
ゲームの世界のように残機数はありません。
ロードやコンティニュー等のやり直しもありません。
教会に寄付しても生き返りはしません。
1UPキノコや蘇生の呪文ももちろん存在しません。
架空の世界と現実世界を混同しないでほしいです。

ゲームやマンガやアニメばかりでは無く現実を見て命を大事にしてほしい。そう切に願います。
願うだけでは無く私も若者や子供達に命の大事さを教えたいです。

最後にこれを読んで命の事について考えて頂ければ幸いです。

(今は気持ちが不安定ですので来週まで巡回はお休みします。。。すみません。。。)


最後にいろいろと書いてしまいましたが、
彼女のご冥福をお祈り致します。
Posted at 2008/10/30 19:05:25 | コメント(7) | トラックバック(0) | 思った事 | 日記
2008年10月29日 イイね!

ちょっと今日は。。。

月曜日の夜にですが、前の会社の友人から訃報の連絡がありました。
今夜がお通夜ですので参列して参ります。

訃報の件につきましては、突然の事というのもありますが、
かなりショッキングな事でした。
詳細については今夜聞く予定ですが、自分は連絡を受けただけでも
ショックが大きかったです。
それと悲しい現実を思い知らされた訃報でもありました。。。

ここでその心情を書くと長くなりますので、今日は書きませんが、うつ病経験者の自分にはよりショックが大きかった事や怒りや悔しさや無念さ等の感情が入り混じっていて今は複雑な心境で気持ちの整理も出来ていません。

それと日曜日にお話した友人の件も心配で現在も連絡を取って
います。この件につきましては友人からの回答では大丈夫で自分を見失っていないそうですが、メールや電話連絡だけですのでどうしても不安ですので一度実際に会って話をしたいと思っています。

今はその2つの事が重なっていますが、まだ気持ちの整理が出来ていないだけで気持ちが落ち込んでいて元気が無い訳ではございません。大丈夫です。

あと日曜日のブログについても落ち込んではいませんし、後悔もしていません。自分の予想以上の方々から貴重なコメントやメッセージを頂きました。人それぞれ様々な意見がございますのでその方々の考えや心情や現実をもう少し整理して自分の心に留めておきます。
それと重たい内容でしたので、コメント返信には一人一人に自分なりの精一杯の思いを込めて考えながら時間をかけて返信した為、時間がかかってしまった事をお詫び申し上げます。

明日のブログに訃報の事について書こうかと思っています。
また暗くて重たい内容になります。
それでもこの悲しい現実があるという事も皆様に知って頂きたいという気持ちがありますので。。。

今週は暗い話は日曜日のだけの予定でしたが結果、重なるような
形になりました。


今週は自分がいつも書いているようなタグだらけなのと語尾の括弧や顔文字を交えた内容のブログは恐らく書けないと思います。
日常の話題を書くとしても自分なりに自粛して書く予定です。
(決して他の方々のブログの内容や書き方への批判ではありませんのでそれだけは誤解しないでください。)

あと今日は無理ですが明日からいつも通り巡回はすると思います。しかし今週一杯はコメントは書き込む事は出来ないかもしれません。足あとだけになりますがご了承ください。

昨日のブログに頂いたコメント返信は今日は無理ですので、
明日返信致します。せっかく書き込み頂いた方々には申し訳ございません。

これを書き終わったら準備してすぐ出かけます。
今日は慌しくて申し訳ございません。
Posted at 2008/10/29 15:34:28 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2008年10月28日 イイね!

無料開放化

無料開放化つい今週の話ですが、うちから歩いてすぐの所にある、うちの地域から隣町に通じている有料道路が10/26日(日)より無料開放化されました。
この有料道路は江戸川を渡る橋のある道路で、確か28年前に作られた有料道路でした。料金は普通乗用車で片道250円でした。
この道路には側道に自転車と歩行者用の歩道があり、当時は自転車や歩行者からも10円の料金を取っていました。
あとワンマンバスのバス道路でもあったのですが、そのバスからも料金(回数券)を取っていました。タクシーも例外では無く、隣町からタクシーでこの有料道路を渡った時は、運賃の他に有料道路の料金(ドライバーに寄って片道か往復の料金)も払っていました。

この有料道路の距離はおよそ1km弱で、この距離で通行料が250円取られるのは高いという悪評が高くて地元の人は遠回りでも迂回して別の橋を渡って行く人も多く、車に乗る事になった私もそれに倣っていました。

名前も「有料道路」や「有料」という名前が定着して、地元でも道案内する時は、「そこの有料道路を右折して」とか「有料をまっすぐ」と言った風な感じでした。

2年前から50円程値下がりしたり、歩行者の料金は無料になった事もありましたが、それでも高くて地元の人達は利用する事が少なかったです。私もそうでした。

私の場合は自分の車でこの有料道路を利用した事は何度もありますが、自分のお金から払って渡った事は少ないです。
バスの出ていない早朝に親を隣町の駅に送迎した時や、親戚や友人を送迎する時に利用しました。それはどれも全て隣町に急いで行く時のみ利用しました。
急いで隣町に行く時には近いルートなので便利ではありました。

あと私はこの道路を利用したのは車では無くて徒歩が最も多かったです。その次が自転車でした。あと通勤でバスに乗る位でした。

地元の人や友人の話題として「日本一高い有料道路」というレッテルや「いつ無料化するのだろう」とか「もう長い事お金を取っているのだから元は取れたのじゃないの?」といろいろ言われていましたが、今年に入ってようやく無料開放化されました。

地元の人や友人は驚きと歓喜の声で諸手を挙げての大喜びでした。

確かに隣町へのアクセスは早くなって便利にはなります。
しかし、今まで有料道路で働いていた人達の事を考えると、
仕事が無くなってしまったので気の毒ではあります。
なので素直には喜べないというのもあります。


自分が幼い頃に出来た道路で馴染みの深く見慣れた風景でした。
真ん中には「無料開放」の立て看板があります。



少しアップにして撮影しました。
昨日から解体工事が始まっています。
この馴染みの風景も見納めです。
おそらく無料開放されても地元の人達からは
きっと「有料道路」と呼ばれ続けると思います。



<追記>
詳細の記事がこちらにありました。28年だったのでブログの内容も訂正しておきました。

あと建設費の元を取るのに30年有料の予定だったらしく、
2年の前倒しで無料化に踏み切ったとの事ですが、
建設費の元を取るのに28年もかかるものなのでしょうか?
その辺りが個人的にちょっと疑問ですね。
やはり無料化の煽りで渋滞が増加したみたいですね。

三郷から松戸(国道6号線・渋滞)
松戸から三郷(国道298号線・渋滞)

とこんな感じです。

平日にバスを利用している方達にはとても不便ですね。。。
Posted at 2008/10/28 19:01:12 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2008年10月27日 イイね!

今日はいい天気だったので。。。。

今日は6時半に起床しました。
外へ出たら久々の秋晴れ!

なので~、

洗濯しました~。

あと余った時間で隣町まで銀行行ったりコンビニ回ったりして、
昼頃に近くの公園に久々の散歩に出かけようと荷物をまとめて
外へ出たら。。。

曇天~。。。

ビミョー。。。

それでも行って来ました~。

公園入口。

山間部の方は紅葉で秋模様でしたが、公園内はまだ青々としていました。


入口入ってすぐのベンチで一服。
もう腹が減りました。。。


ランチタイム。
おにぎりとからあげクンと梨。
どれも手作り弁当で無いのはご愛嬌。。。
それにしても外で食べる飯は格別ですね。

食べ終わった後、ふと空を見ると。。。

今にも雨が降りそうでした。

これが雨男の宿命なのか?。。。( ̄□ ̄|||)

洗濯物を取り込まないといけないので、今日はやむなく退散しました。。。
明日出直そう。。。

今日こそ秋晴れを期待していたのですが残念でした。
10月の天気は気まぐれなのでしょうか。。。

明日は一日中天気が良ければいいのですが。。。
まだ洗濯物も残っているし公園の散歩もしたいし。。。

今からてるてる坊主でも作ろうかな?
Posted at 2008/10/27 15:23:18 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日常 | 日記

プロフィール

「横浜アリーナ!」
何シテル?   01/28 15:37
緑のジムニーワイドJB33w乗りの、こーきです。 ジムニーと緑色がとにかく好きです。 みんカラを通して全国にお友達が出来れば こんな幸せな事はありません。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2008/10 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

OLYMPUS 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/28 21:56:19
500円 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/18 20:17:10
one month anniversary 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/30 19:23:01

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ ジムニー スズキ ジムニー
稀少車白ナンバーしかも緑。 ごく稀にすれ違うこともあります。
スズキ ジムニーワイド スズキ ジムニーワイド
ジムニーと緑色が大好きで、稀少車であるジムニーワイド(JB33w)緑が見つかった時には嬉 ...
その他 痛チャリ サニーレタス号 (その他 痛チャリ)
2011年4月2日納車。 ギア無し、オートライト無し。 フレームがアルミ製の為、とても ...
その他 その他 その他 その他
最寄り駅までの通勤の足でした。 7800円で購入。 買ってから1年以上経ちますが大活躍し ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2005年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.