• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

bai◆lan018のブログ一覧

2015年07月11日 イイね!

Porsche Summer Summit 2015 その②

Porsche Summer Summit 2015 その②前回、GT3RSで終ってしまったのでその2です。

アイスコーヒーやら、ウーロン茶やらを飲みながらマッタリしていると、会場もあっという間に人が増えてきて、スーツの方が多かった中、私服の方の割合が多くなって来ました。

関係者が全員スーツだったせいもあると思います。

ボクスターGTSは、ケイマンGTSを試乗しているので今回は、黄色いのがあるのでスルーで・・・



興味のあったボクスタースパイダーが無かったのが非常に残念でしたが、またの機会に。

919ハイブリッド、ル・マン優勝車両の外側。中身は入っていませんでした。

1位、2位独占は流石ポルシェですね。



ポルシェ女子も増えてきているようです。

マカンの大成功もあって、ポルシェのブランド力はどんどん上がっているように見えます。



会場内で、お客さんから電話が掛かって来ましたが、もう雑音で通話できないレベル。

「後で掛け直します♪」と早々に電話を切り、続きを楽しみました。笑



スクリーンで何か映像を流していましたが、あまり見ていませんでした。

実物が目の前にあるのに、このスクリーンにGT3RSやGT4を流しても、ちょっと注目する人はいないと思いましたが・・・ 完全に雰囲気作りの装飾品同等の扱いです。



そして注目の2品目、ケイマンGT4。

正直、これでホントに1,000万円なのかと疑うほどで、出来の良さに驚きました。



ちょっと大げさかもしれませんが、最初からこれを装着するのを前提でデザインされていたのではないかと思うほど、違和感の無い固定リアウイング。

下品さは殆ど無く、綺麗にまとまっていると思います。



本来はエンブレムを付ける位置ではないのですが、これもリアウイングのお蔭で、デザイン的に違和感はありませんでした。

大したものだなと感心。



リアフェンダーモールは、ケイマンGT4にも付いていました。

この辺りはもうお約束って感じです。

ディーラーが正規に売るには、これを付けるしか無いです。

最近では見てもあまり気にならなくなってきました・・・



タイヤサイズは、フロント245/35R20、リア295/30R20。

ボディ同色のセラミックコンポジット。

黄色のボディと黄色のキャリパーがここまで似合う車は初めて見たかもしれません。



ケイマンGT4には、クラブスポーツを装着しないことができますね。

パッケージングという意味では非常に有利だと思います。

ゴルフバックや買い物の荷物なども、ハッチバックから収める事ができて、実用性も何気に高い車です。



比較の対象としては厳しいですが、昔乗っていたRX-7 FD3Sを思い出します。

スポーツカーのハッチバック、結構驚かれます。笑



いよいよ車内へ~ イイ感じです。

カレラSの3.8L、MA103のデチューンが搭載されていますので、最大回転は7,800rpm。

マニュアル車では十分なはずです。



シフトノブ、カレラSと比べて、少しだけショートストローク、ギアを入れた瞬間に直ぐに解るレベルです。

その分重みはありますが、間違いなくゲトラグ製のフィール。

多少感じる重さがちょっとスポーツ走行以外の常用には厳しいかもしれませんが、こちらも乗っているうちに少しずつなじんで来るはずです。

クラッチの重さは丁度良いですね、カレラSと同等ぐらいかなといった具合でした。

運転は面白いに違いありません! 試乗してみたいです^^



内装は高級感を全面にアピールする車では無いので、やはりアルカンターラが最良だと思います。

仕様はGT3と同じで。

ガッツリ年を取っても高級サルーンの相棒に、これが1台あると人生が変わりそうです・・・



ケイマンは、この位置、シート真後ろにエンジンがあるので、エンジン音はここから聞こえて来るはずです。

好みの問題がとても強いのですが、個人的にはエンジンルームは汚れないで欲しい、汚れたところを見たくない派なので、991型やMRポルシェのコンセプトはとても好感が持てます。

例えば、ロータリー、空冷エンジンだったら、汚れたところも見たいです。



こちらもストラップ式ドアノブ。

似合っていると思います。

特にドアを開けにくいとかは全くありませんでした。

ちょっと普通の女の子を横に乗せて、これを見ると「?!」と驚くかもしれませんね・・・^^;

うまく説明して、会話を弾ませるのも、ある意味ドライビングテクニックのうちですか・・・ね?



センターマフラーです。

ディフェーザーがカッコイイです。

エキゾースト音も相当な味付けがされていると思います。

が、車検には通るという素晴らしさ。



こんな感じで、ケイマンGT4を後にして、仕事に向かいました。

途中、カイエンターボSを見たり・・・



おねーさんににっこりポーズ取ってもらったり・・・



GT3Cupのケツを見たりして、会場を後にしました。



貰ったサマートートは、オレンジを選択。

妻にプレゼントすることにします。



これは何だったけ・・・な??笑



今回のウェスティン、楽しめました。

駐車場を1週したかったですが、次の仕事の時間が迫っていたのでまた次回ですね。
Posted at 2015/07/11 08:22:19 | コメント(3) | トラックバック(0) | ポルシェ正規イベント | 日記
2015年07月10日 イイね!

Porsche Summer Summit 2015

Porsche Summer Summit 2015先日、Porsche Summer Summit 2015へ行って来ました。

午後は、お客さんとの打合せがびっちりだったので、午前中の早い時間に済ませようと、JRで久しぶりの恵比寿へ。

ガーデンプレイスは駅からのアクセスが良くて助かります。

しかし、構内は雨で滑りやすいのが難点かな。



ブラピやアンジーもちょこちょこ来ているガーデンプレイス。

いつ見ても安定の景観の良さ。

この時間は店もほとんど開いていないので、どんどん会場のウエスティンへ向かう。



開場15分前に到着してしまい、受付けを済ませて担当の営業さんとしばし雑談。

いつもありがとうございます!



いきなりのGT3Cup。

カッコイイ、そして地元のスポンサー・・・



注目の関心事といえば、やっぱりGT3RSですよね。

あまり人がいないうちに、パパっと撮影を・・・



いいですね~^^

フロントのワイドトレット化により、フェンダーも拡大されていますが、大型開口バンパーがとても似合っていると思います。



注目のフロントのスリット。

PC担当さんの話によると、技術的な正確な情報はまだ下りて来ていないということでした。



レーシングカーのセオリー通り、「タイヤハウスの空気貯まりを逃がす役割なのでは」という事でした。

海外文献では、フロントのダウンフォースを稼ぐ役割があるという記事もありましたが・・・

よく見ると一部穴が塞がれているので、その役割が全く無いとも言い難いところはあります。

今は正確な情報を待つとします。



直下はタイヤで、特殊な仕組みやブレーキ冷却用のホースなどは特に見当たりませんでした。

ブレーキ冷却については、GT3同様の空気流れを利用している可能性が高そうです。



NAなので、リアのスクープはラム圧確保用ですね。

エンジンフードには、吸気口が装着されていません。

この点は従来のGT3と大きく違うところだと思いますが・・・ どうなんでしょう。



ボクスター、ケイマン同様、入り口は大きいですが、実際の吸気部分はラムエアインテークのサイズでした。

ただし、GT3RSでは、当然ながら左右とも機能しているとのことです。



最近のボクスターやケイマンでも左右機能しているという話しをPC営業から聞いた事があります。



リアモールは日本仕様の残念なところではありますが・・・

21インチは凄い迫力。

ワイド化したフロントとのトレット幅のバランスがより安定性を向上させ、RRとして理想的になっているのだと思います。



GT3らしい、フロントバンバー。

カッコイイです!



ボンネットのラインも、スペシャルモデルを意識させる感じでグッドでした^^



フロントのスリット周りを下から撮影。

まぁ暗くてよく見えませんが・・・^^;



リアはとにかく迫力があってカッコイイ。

固定型リアウイングも、RSらしくて似合っています。

この型のエンジンフードは、リアフェンダーから吸気している為、新設計ですね。



リア、325/30R21。

凄いです。まだこの先大きくなるんでしょうか??



担当さんに解錠してもらい、いよいよドライビングシートへ。



専用カーボンバケットシート良いですね!

ドライビングポジションが流石に低いです。



相当やる気にさせる感じで~テンション上がります♪



ニュートラルマーカーとメーター針の色は写真と違い、しっかり黄色でした。

新型のステアリングに、パドルシフト。

これからどんどんこの形のステアリングを採用して行きそうです。



フルクロス7速PDKですね。

これも相当な技術力だと思います。

マニュアル好きではありますが、PDKの技術力は本当に凄いと思います。

GT3にPDKかと驚かれた時期もありましたが、今ではサーキットを早く走る為には、PDKが一番効率が良いのは誰もが納得するところなのではないでしょうか。



ボルト固定式のリアロールケージ。

ただでさえも剛性の高い911を更にロールゲージで剛性アップ。

やりすぎじゃないかという気もしますが、これがRS、サーキット仕様。

装着されていて当たり前ってな感じです。 ボディ同色のオレンジ。

そういえばパープルはパープルになるんでしょう・・・か??

GT3RSにクラブスポーツパッケージは標準装備ですね。



カーボンシートの座り心地は良かったです。

フルバケットですし、しっかりと強烈な横Gにも対応してホールドしてくれそうです。



PIT SPEEDは、速度制限、TC OFFは、トラクションコントロールを解除して、車のコントロールを完全にドライバーの手に委ねる事ができる機能ですね。

アナログっぽく見える991型、実は電子制御が優秀で、それを感じさせない車ですよね。

トラクションコントロールを解除してどのような挙動になるのか気になりますが、サーキット以外での使用は危険かもしれませんね。



これまでの991型同様、TFTのマルチファンクディスプレイ。

991型の5連メーターは特に気に入っています。

タコメーターはSモデル同様、グレー(シルバー)。

この辺りは同じですね。



やっぱり違うのはここ。

ストラップ式ドアノブ。

空冷時代から、レーシングモデルは、ストラップを採用していたものがありましたね。



そんな感じで、アイスコーヒーを頂きながら、ゆっくりのんびりと過ごさせてもらいました。



他にもいろんなモデルが展示されていましたので、写真もありますし・・・ つづく。 笑

Posted at 2015/07/10 11:25:50 | コメント(4) | トラックバック(0) | ポルシェ正規イベント | 日記

プロフィール

「@kanibokuさん PCによっても整備入庫のポリシー違いますし難しい問題ですよね。今のところ自分の車はPCで問題無く通せています。サービスさんに工面してもらって有り難い限りです。」
何シテル?   11/29 12:33
湘南とカレラ好きです。 991.1型NA、7MTの911と、ガレージネタ中心にアップしていきます。 911マニュアル派です。 ※意味の良く解ら...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

718 ケイマンGT4 Clubsport 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/05 23:58:06
991.2型 GT3ツーリングパッケージ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/13 12:16:19
991後部座席にチャイルドシート 
カテゴリ:991カレラ
2016/10/11 10:18:45
 

愛車一覧

ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
991.1型 Porsche 911 Carrera S / LHD / 7MT / 3 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
バイク代わり。 ダイハツコペンのKUMOI MOTORSカスタム。 納車待ち扱いとし ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
2.0水平対向4気筒4駆ツインターボ車。 の5MTです。ATばかりでMTは非常に希少で ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
5型のFD3S イノセントブルーマイカ。5MTです。 サラリーマン3年目に購入。燃費リ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.