• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
Facebookではカービュー最新情報や注目ニュースなどもご紹介しています。
是非チェックしてみてください!
https://www.facebook.com/carviewcojp

カービューのブログ一覧

2012年09月21日 イイね!

【100万人のクルマ選び】ベーシックカーのトップ同士を比べる

Aセグメントのup!とBセグメントの208は本来比較対象同士ではないが、限られた輸入車ラインナップの日本へ持ってくれば似たようなもの。
しかも本来な3ドアの3気筒モデル同士を比べるべきだが、販売上の主力モデルである5ドア同士を俎上に載せてみた。今年後半大注目の2モデルの実力はいかに?
フォルクスワーゲン アップ!
ハイアップ!_RHD(ASG_1.0)
10点

プジョー 208
プレミアム_RHD(AT_1.6)
8点

いきなりだが、パワー・トゥ・ウェイトレシオ。up!が12.17kg/ps、208が9.67kg/psなので、やはり動力性能的には1.6L、4気筒エンジンを積む208のほうが3気筒1Lのup!よりも余裕がある。しかし、今や動力性能と同じくらい大切な要素である燃費を比べてみると、up!の23.1km/hに対して208は13.4km/hと、2倍近い差が付く。品質はほぼ同等だが、質感では208が上。ただし、up!には他のコンパクトカーが考えも及ばなかったシティエマージェンシーブレーキが標準装備される。そして価格差は33万円。208は注目株だが、あとで発売される3気筒モデルを待ちたい。そして欲を言えばその5ドアモデル追加を期待したい。

この文章は100万人のクルマ選びについて書かれています
Posted at 2012/09/21 20:18:03 | トラックバック(0) | 日記
2012年09月18日 イイね!

【100万人のクルマ選び】どっちの1がいい1かBMW1シリーズとX1

セダンのイメージが強いBMWだが、現在ボトムを担うのは1とX1。カタチは違えど価格は近い。保守本流は1シリーズなんだろうけど、X1もこのモデルはFRで乗り味はセダンかハッチバックに近い。よりBMWらしいのはどちら?
BMW 1シリーズ ハッチバック
120i_RHD(AT_1.6)
9点

BMW X1
sドライブ 18i_RHD(AT_2.0)
7点

エンジンがまったく違う。120iが1.6Lターボを積むのに対し、X1は今となっては懐かしささえ感じさせる2LNAエンジンを積む。力強いのはターボの120iだろう。しかし4気筒ながら上までストレスなく回るのはNA。奇しくも燃費はJC08モード16.6km/Lでそろっている。どちらも5ドアハッチバックでユーティリティは高く、街中での取り回しはよく、ロングツーリングも難なくこなす。はっきりいってカタチを気に入ったほうでいいと思うが、120iにのみさまざまな操作を手元のダイヤルで統合的に操作できるiDriveが標準装備されることは大きい。120iの勝ちとしたい。

この文章は100万人のクルマ選びについて書かれています
Posted at 2012/09/18 19:30:54 | トラックバック(0) | 日記
2012年09月14日 イイね!

【100万人のクルマ選び】リッターカーに挑む軽と軽並みに安いリッターカー

ベーシックカーとして真っ当なのはどっち?
スズキ ワゴンR
FX(CVT_0.66)
8点

三菱 新型ミラージュ
M(CVT_1.0)
9点

車両価格の差約8万円。どちらも軽量化と燃費技術を駆使し、JC08モード燃費はワゴンRが28.8km/L、ミラージュが27.2km/Lと、ハイブリッドを除くと最高の部類に入る。つまり維持費は安い。車両重量に大差はないので、排気量に余裕のあるミラージュのほうが多少力強さを感じるかもしれない。いっぽうで室内の絶対的な広さ、後席スペースなどではワゴンRに軍配が上がる。ただ、ミラージュが5万2500円で横滑り防止装置をオプション装着することができるが、ワゴンRには付かない。サイド&カーテンエアバッグはミラージュが約13万円のオプション、ワゴンRにはつかない。したがって、安全性はミラージュのほうが上。

この文章は100万人のクルマ選びについて書かれています
Posted at 2012/09/14 11:33:03 | トラックバック(0) | 日記
2012年09月11日 イイね!

【100万人のクルマ選び】軽自動車のド定番、ワゴンRがフルモデルチェンジホンダの軽として久々にヒットしたN BOXと比べてどう?

軽の定番ハイトワゴンたるワゴンRとホンダのN BOX。
今後販売競争でバチバチと火花を散らすことになる人気軽自動車2モデルを比較した。
スズキ ワゴンR
FXリミテッド(CVT_0.66)
9点

スズキ ワゴンRスティングレー
T(CVT_0.66)
8点

ホンダ Nボックス
G(CVT_0.66)
7点

ホンダ Nボックスカスタム
G・ターボパッケージ(CVT_0.66)
6点

経済性を考えれば、ワゴンRに軍配が上がる。N BOXカスタムははっきり言って高い。NA同士はほぼ同価格ながら、ターボ車では16万円の差が出る。軽自動車を検討する人にとって気になる燃費を比べると、NAはワゴンRが28.8km/L、N BOXカスタムが22.2km/LとワゴンRの圧勝で、ターボもワゴンRが26.8km/L、N BOXカスタムが18.8km/Lと勝負ありの感がある。ワゴンRは、回生エネルギーを貯蔵するリチウムイオン・バッテリーを備えるなど、新たな技術が好燃費に貢献しているのは確かだが、それよりなにより車重がNAで140kg、ターボで160kg軽い。モデルチェンジで軽の定番と呼ばれるにふさわしい改良を施したワゴンRの魅力が際立つ。満点じゃないのはベーシックなリッターカーより高いから。

この文章は100万人のクルマ選びについて書かれています
Posted at 2012/09/11 19:13:15 | トラックバック(0) | 日記
2012年09月07日 イイね!

【100万人のクルマ選び】ちょっと気が早すぎる対決ルノー・ルーテシアとプジョー208

日本仕様の導入時期、仕様の詳細はわからないが、少なくとも姿かたちは明らかになっているフランスの代表的ハッチバック。期待を込めて見比べてみた。
ルノー ルーテシア
10点

プジョー 208
10点

写真を見ればわかるように、両モデルともスタイリングで大きな冒険はせず、正常進化といった感じ。ただし、時代を反映し、このクラスにも3気筒エンジンが搭載されることが決まっている。日本仕様はどちらもまず4気筒エンジンが導入され、続いて3気筒の過給器付きエンジンに切り替わるはず(併売かも)。ルーテシアは900ccの3気筒ターボエンジンの搭載が予定され、208は1Lと1.2Lの3気筒ターボが用意され、どちらかはいずれ日本にも入ってくるだろう。奇しくもルーテシアの0.9Lも208の1Lも、CO2排出量は99g/kmとなる見通し。好燃費が期待できる。現時点では満点でそろえておこう。


この文章は100万人のクルマ選びについて書かれています
Posted at 2012/09/07 16:50:06 | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

はじめまして! こちらは100万人のクルマ選びの記事を中心にご紹介するカービュー編集部アカウントです。 ※スタッフ個人が記載した内容は、株式会社カービュ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/9 >>

      1
2 34 56 78
910 111213 1415
1617 181920 2122
23242526272829
30      

過去のブログ

2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.