• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
Facebookではカービュー最新情報や注目ニュースなどもご紹介しています。
是非チェックしてみてください!
https://www.facebook.com/carviewcojp

カービューのブログ一覧

2013年03月29日 イイね!

【100万人のクルマ選び】オン&オフどっちも楽しめそう アンダー300万円の国産四駆SUV

パワー、走破性、燃費、取回し性など3車それぞれ個性的。話題性にも事欠かないSUV四駆モデル選び。
スバル インプレッサ XV
2.0i-L アイサイト(AWD_CVT_2.0)
6点

スバル フォレスター
2.0i-S アイサイト_AWD(AT_2.0)
6点

マツダ CX-5
XD_4WD(AT_2.2)
7点

このクラスだと4WDシステムはFWD車ベースが基本だが、4モデル中、最も動力性能が優れているのはCX-5。トルキーなディーゼルターボエンジンのおかげで、トルクも燃費もダントツ。XVはインプレッサベースのオフローダールック。車高が上がってカッコいい。フォレスターはこのなかでは悪路での走破性能が一番高い。もう少し出せばCX-5に迫る動力性能のターボ版が買えるので余裕のある人はそっちもアリだ。

この文章は100万人のクルマ選びについて書かれています
Posted at 2013/03/29 17:26:00 | トラックバック(0) | 日記
2013年03月26日 イイね!

【100万人のクルマ選び】どちらもスゴイがあえて採点 ラ フェラーリ vs マクラーレン P1

2013年ジュネーブ・ショーで発表されたフェラーリのスペシャルモデル、ラ フェラーリとマクラーレンP1。
どちらもF1のチャンピオンを何度も獲得してきた名門中の名門。
ロードゴーイングカーにもレースで培った技術が惜しみなく投入されている。
打ち合わせしたかのようにハイブリッド方式を採用したのは面白い。
今ある情報だけで比べてみた。
フェラーリ ラ フェラーリ
ラ フェラーリ_LHD(DCT_6.3)
10点

マクラーレン P1
P1_LHD(SSG_3.8)
10点

ラ フェラーリは、6.2L V12エンジンから9250rpmで最高出力800psを絞り出し、さらにモーターが最高163psをアシストするため、システム出力963psという途方もないパワーを得ている。はっきりと、美しさよりもエアロダイナミクスを重視したデザインで、0-100km/h加速3秒未満、最高速350km/h以上で走行可能。499台限定生産。対するP1はV8ツインターボ+モーター。エンジンの最高出力は737ps/7500rpm、モーターが同179psを発揮し、システム出力916psとこちらも900ps超え。375台限定生産。P1はEV走行も可能ということなので、燃費はP1に分がありそうだが、それがどうしたということだろう。

この文章は100万人のクルマ選びについて書かれています
Posted at 2013/03/26 13:00:22 | トラックバック(0) | 日記
2013年03月22日 イイね!

【100万人のクルマ選び】帰ってきたフォーカス。激戦区のアンダー300万円のCセグハッチのなかで存在感を示すことができるか?

今年6月の新型ゴルフの日本発売を前に、アンダー300万円の輸入ハッチバックがにわかに盛り上がりを見せている。
話題のフォーカスを中心に近い価格のハッチバックを集めた。
フォード フォーカス
スポーツ_RHD(AT_2.0)
8点

ボルボ V40
T4_RHD(AT_1.6)
9点

メルセデス・ベンツ Aクラス
A180 ブルーエフィシェンシー_RHD(DCT_1.6)
7点

シトロエン C4
エクスクルーシブ_RHD(AT_1.6)
6点

このクラスは1.6L直4ターボエンジンを採用するのが主流だが、フォーカスは日本仕様に2L直4自然吸気エンジンを搭載したモデルを採用した。自然吸気エンジンはトルク面でターボ車よりも不利なため、絶対的な力強さでは不利だが、その代わりに気持ちよく吹け上がるフィーリングがある。また、上まで回すことによって、4モデル中V40に次ぐ最高出力170psを得ている。スポーティなハンドリングやしっかりしたボディ剛性といった昔ながらのヨーロッパ車の美点が色濃く残っており、輸入車を買ったという実感を最も味わえるクルマだ。ただし、燃費は一番悪い。ゴルフイーターの最右翼とされているV40は装備、パフォーマンス、それに価格面で優れている。Aクラスはスマートを除けば最も安いメルセデス。しかし、まごうかたなきメルセデスライドを味わうことができる。C4はロボタイズドMTのくせさえ気にならなければ、室内も広いし、ハンドリングもスポーティなので、大穴的存在だ。

この文章は100万人のクルマ選びについて書かれています
Posted at 2013/03/22 10:51:49 | トラックバック(0) | 日記
2013年03月15日 イイね!

【100万人のクルマ選び】話題のV40は安い方で十分か、高い方がお得か!

クルマ選びの際にいつも迷うグレード。注目の高いボルボV40で考えてみた。
ボルボ V40
T4_RHD(AT_1.6)
9点

ボルボ V40
T4 SE_RHD(AT_1.6)
8点

ベースグレードと上級のSEの価格差は40万円。主な違いは、パワーステアリングの重さを変えられる調整機能の有無、パワーシート、シートヒーター、リアアームレストの有無、シート地の違い、ヘッドライトがハロゲンかデュアルキセノンかの違い、タイヤ&ホイールが16インチか17インチかの違いなど。また、サンルーフ、レザーシート、カーナビはSEじゃないとオプション設定がない。これをこの程度の差しかないと感じるか、こんなに違うと感じるかは人それぞれだが、パワートレーンは同一だし、V40を買う大きな理由のひとつであるセーフティ・パッケージ(ヒューマン・セーフティや全車速追従オートクルーズなど)はどちらにもオプションとして設定されるとなると、ベースグレードの40万円安が魅力的に思えてくる。といっても、ライバルに比べると、SEでも十分な価格競争力があると言える。

この文章は100万人のクルマ選びについて書かれています
Posted at 2013/03/15 11:41:30 | トラックバック(0) | 日記
2013年03月15日 イイね!

【100万人のクルマ選び】5008発売記念!プジョー製ミニバンとモンスター7シーター、プリウスαを比べてどう?

燃費はプリウスαの圧勝だ。ディーラーの数や対応など、ソフト面でもプジョーがトヨタに勝てる部分は少ない。
けれど、5008とプリウスαはほぼ同じ価格で売られている。
5008の燃費を超える魅力はいったいどこなのか、考えてみた。
プジョー 5008
シエロ_RHD(AT_1.6)
7点

トヨタ プリウスα
G ツーリングセレクション_7人乗り(CVT_1.8)
8点

5008は同じPSAグループのシトロエンC4ピカソに近い。リアサスがエアではなくコイルだったり、トランスミッションがロボタイズドMTではなくトルコン型ATだったりと、多少の違いはあるが、基本コンポーネンツを共有する7シーターのミニバンだ。評判の高い1.6L直4直噴ターボエンジンから最高出力156ps、最大トルク24.5kgmを得ている。ただしアイドリングストップするわけではなく、燃費は11.7km/Lにとどまる。プリウスαは1.8L直4エンジン(同99ps、同14.5kgm)と自慢のフルハイブリッド・システム(モーターの最高出出力82ps、最大トルク21.1kgm)を組み合わせ、燃費26.2km/Lと、5008のダブルスコア以上の数値を誇る。動力性能もまあ似たようなもの。では同価格帯の説明はつくのか。デザインはそのひとつ。プリウスαに乗っていてオシャレと言われることはまずないだろうが、5008なら可能性はある。高速安定性もそのひとつだろう。100km/h近辺での正確性、快適性は5008の圧勝だ。数値上のスペックで上回る日本車と数値に現れない部分で勝る輸入車が同じような価格というのは昔からよくあることだが、こればっかりは価値観なので、それぞれが高い/安いの判断をするしかない。

この文章は100万人のクルマ選びについて書かれています
Posted at 2013/03/15 11:21:54 | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

はじめまして! こちらは100万人のクルマ選びの記事を中心にご紹介するカービュー編集部アカウントです。 ※スタッフ個人が記載した内容は、株式会社カービュ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/3 >>

      12
34 567 89
1011 121314 1516
1718192021 2223
2425 262728 2930
31      

過去のブログ

2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.