• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

インプとエボのFCの愛車 [スバル インプレッサ WRX STI]

純正シートの座椅子化計画!

カテゴリ : 内装 > シート・シートカバー > 取付・交換
作業日 : 2008年04月05日
1
まず用意したのが、角材(40×60×900mm)×2本、ボルト(M10×20mm)2本入り2パック、L型金具(厚さ3mm)3個、木ネジ少々
木ネジはストックがあったので買いませんでしたが、コメリホームセンターにて角材は2本で598円、金具3個1,095円、ボルト2本入り2セット290円にて揃いました。

長さ600mmがあれば切る必要は無かったのですが、900mmしかなかったので、まずは600mmに切断です。

2
写真は省略してますが、シートレールの前側の金具の角度に合わせて曲げて、木ネジにて角材に固定します。
3
手順が更に手抜き状態ですが、左後ろはL型金具止め、右後ろは変則的ですが、板で高さを稼いで固定する予定です。
4
フロント部分を10mmボルトで固定したところです。
5
左後ろの固定部分です。
ボルトまでの高さは50mmです。
ここは純正のシート固定用のボルト穴は使用しないで、シートレールから下に伸びている金具の穴を利用しています。
6
一番問題なのが右後ろの部分です。
最初手前部分の板を使用すれば固定できると算段したのですが、結局高さが足りずに、前方へ同じように板を置いて固定しました。
手前部分の板を2枚重ねる形の方がスマートに行けたと思います。
7
うちはこのまま畳の上に起きっぱなしにして使用するので、これで一応完成です。

左右の土台の角材を、さらに角材などで連結して固定すれば、シートのスライドを使用しても、左右の角材がズレてしまうことは無いと思います。

なお、フローリングなど用にキャスターを付ける場合も、土台の角材部分は箱形状などにして、強度を持たせた方がいいでしょう。
8
後ろ方向がちょっと短い気がしますが、リクライニングはしないので、OKでしょう。
心配なら900mmの角材を切らずに使用しましょう。

イイね!0件




関連整備ピックアップ

ボルトカバー

難易度:

GRBドンガラ化①

難易度:

運転席をフルバケにしました。

難易度:

レカロクッション交換

難易度:

レカロシートのメンテナンス

難易度: ★★

シート取り付け

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

三菱自動車の店舗でスバルやトヨタの新車を発注してしまうほどの無謀なオヤヂです。 「インプレッサとランエボのふぁんくらぶ」は長いので、「FC(エフシー)」とでも...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

三条三菱自動車販売株式会社 
カテゴリ:その他
2018/10/08 22:39:57
 
中村サイクル 
カテゴリ:その他
2010/03/30 12:22:32
 
まこという名の不思議顔の猫 
カテゴリ:その他
2009/01/24 21:35:23
 

愛車一覧

スズキ ワゴンRハイブリッド スズキ ワゴンRハイブリッド
待ちに待ったワゴンR HYBRID FXリミテッド 25周年記念車です。 今年の春に ...
ヤマハ シグナスX FI ヤマハ シグナスX FI
通勤快速仕様車です。
スバル ステラ スバル ステラ
相方ステラ姫♪の嫁入り道具です。 ノーマル状態ですが、とりあえず旧FC号の楽ナビを移設 ...
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
前車インプレッサに引き続き、またもや三菱自動車販売株式会社に対して、トヨタヴィッツを新車 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.