• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

JOUSUIのブログ一覧

2019年02月04日 イイね!

カートプチオフに参加しました!


この記事は、今年初めのカート・プチオフ開催しますた😁について書いています



ブログアップが遅くなりましたが、大井松田カートランドのカートプチオフに参加してきました!

i-DMsメンバーの☆Pixcy☆さん、鉄風鈴さん、Pataさん、くりんきーさんとご一緒致しました。
皆様有り難うございました!
☆Pixcy☆さん、企画していただき有り難うございました!
残念ながらカート後のワインディングには行けませんでしたが、またよろしくお願いします(kyoro555さん、次回お会いしましょう!)。

集合写真です。


私は今日はエスロクで参加しました!
たまたま大きい順で並んだので、こちら側から撮影しました。遠近的にちょうどいいですね!

逆に、反対方向だと遠近感がすごく出ます(^_^;)。特に特殊なレンズは使っていませんw




それにしても、関東勢は地味な色が多い気が(^_^;)
エスロクは白なので発散系の色ですが、吸収色の黒のデミオで参加していたら、さらに地味でしたね。

やっぱり魂赤は存在感のある色なんだと言うことを再確認しました。


去年の12月に、自家用車でのサーキット走行は約4年ぶりだとブログでご報告しましたが、カートのサーキット走行は、上の子供が産まれてから行った記憶がないので、多分10年ぶりでした!

12月のS660でのサーキット走行は、久々すぎてGが怖かったほどのブランクでしたが、これが良い予行練習になったのか、Gの恐怖心はそんなになかったですが、、、

一周目からいきなりスピンしました(゚Д゚;)


最初のブレーキングポイントで、カートはブレーキで乱暴に操作すると挙動が暴れるというのを完全に忘れていたのと、タイヤが全く暖まっていないことも頭から完全にすっ飛んでしまい、いきなりブレーキをがつんと踏みつけてクルクル回ってしまいました。
皆様すみませんでしたm(_ _)m

その後は、昔多いときは2週間に一度のペースで南千葉サーキットや新東京サーキットに通っていたおかげなのか、意外とすぐに感覚を思い出してきて、調子が上がって来ました。


大井松田カートランドのレンタルにはステップアップシステムがあり、基準タイムによってライセンスが変わってきます。
なかなか面白いシステムですね!ライセンスによって乗れるカートの性能が違ってきますので、とても安全だと思います。



かつてカートでそれなりに走り込んだ?経験を活かし、Cライセンスはクリア、Bライセンスも、基準の39秒未満は途中から体が完全に思い出したのもあり、ベストタイムが35.2秒だったので(確か。リザルトの紙がどこかに行ってしまった(^_^;))、ここも確実にクリアできました(^O^)v


次はAライセンスを目指します!

こうしてカートで走ると、レスポンスやクルマとの一体感は、いくらチューニングしても箱車は及ばないなと思ってしまいました。

とはいえ、カートを持つのは金銭や場所的に厳しいので(カートを持っていた知り合いも結婚して子供が産まれて手放しました)、また時間がとれるときにこうしてレンタルで皆様と集まって楽しみたいと思います!

ありがとうございました!
Posted at 2019/02/04 08:49:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2019年01月08日 イイね!

超遅いですが、あけましておめでとうございます!

皆様、遅い年始のご挨拶となり恐縮ですが、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、2018年の大きなイベントは、デミオの13Sでマツダ車に戻り、i-DMsに復活したことです。

13Sデミオはパワーはありませんし、ワインディングも決して速く走れるクルマではありません。しかし、どう言うわけか運転がとても楽しいクルマです。
フロントリップスポイラーやサイドスポイラー、アイラインをつけている関係で本来のかわいらしさはあまりなくなってはいますが、精悍になっていて個人的にはとても気に入っています。
内装のクオリティは素晴らしいですね。
このクラスでは国内外のクルマ含めて群を抜いていると思います。


2018年8月にi-DMsに復帰して中禅寺湖のプチオフに参加、


9月にはオフミに参加し、自分の予想を大幅に上回る3位が取れました!
そして、11月にはファンミーティングに参加させていただきました。

2017年の3月以降、時間がとれなかったりマツダ車をしばらく離れていたこともあり、i-DMsとしては一年半、全く何も活動していなかったにも関わらずファンミーティングに参加させていただき、なんだかおいしいところだけ持って行ってしまったような形になってしまって申し訳なかったです。

しかし、いろんな工作活動までしてwww、日帰りの出張のような感じで広島と東京を往復して相当にきつい行程ではありましたが、参加して心から良かったと思いました。
やはり価値観が合うというのは素晴らしい!
人によっては、他人の価値観を頭ごなしに否定する輩もいますが、そういう御仁を否定すると同じレベルになりますので、生暖かく苦笑しときましょう(苦笑)



さて、今年は全てのオフミに参加したいです!しかし、やはりというか、案の定練習する時間はあまり取れていないため、運転技術的には今年も停滞しそうですw
しかし、参加して色々な方々と交流するだけでも楽しいですので、順位にこだわらず肩肘はらずに楽しむことを優先して参加していきたいと思います!

今年もクルマライフを楽しみます!
Posted at 2019/01/08 08:41:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2018年12月24日 イイね!

ロードスターRFをドノ~マルでサーキット全開レビューされてもね

ドリキンこと土屋圭一氏によるマイナーチェンジでパワーアップしたロードスターRFのレビューがYoutubeの動画一覧に載っていたので見てみました。



なかなか厳しい評価です(^_^;)
ロールオーバーが出ると言っているので、明らかに限界領域ではストロークが足りなくなるくらい脚が柔らかいのでしょう(つまり、サーキット走るには脚を換えないとだめ)。

ドリキンはサーキットを走らせてみてどうなのか?という観点で評価しているので、当たり前と言えば当たり前。


動画の最後に、以下のテロップが・・・

今回のロードスターは一般道重視のクルマかも知れない







知れないじゃなくてそうでしょ(・д・)。だって、RFですよ。




今のマツダ車のクルマづくりの方針自体が速さではなくて普段のクルマとの一体感を感じられるようにしているので、ロール量が少なくないわけはありません。
というか、意図的に出させていると思います。

サーキットではかなりきびしめの評価になったRFですが、ソフトトップのロードスターならばまだしも、ハードトップで重心高と重量がだいぶ上がり、どちらかと言えばゆったり楽しむキャラのRFでサーキットを攻めまくる人は、相当な少数派ではないでしょうか


こんな基本的な情報を与えられずにレビューを依頼されるプロドライバーも大変だなと思いますし、そもそも理解した上で企画側は動画を作れよとも思います。
最後のテロップを見たときは心から、「え、いまさら??」と思いましたよ。


アクセラでは、AutoExeの脚に交換して、サーキットは走っていませんが結構なGでも全然不安感はなかったので、要するにそういう走りをする場合は脚やタイヤを変えろと言うことなんだと思います。

サーキット走行会で、脚やブレーキをドノーマルで来る人をほとんど見たことがありません。先日の走行会ではタービン以外ノーマルでしたが、脚ノーマルはやっぱり少数派でした。タイプRなどのサーキットを前提としたハイパフォーマンスモデルはまだしも、そうでない車をメーカーつるしの状態で持ち込んでサーキット全開レビューするのって、今の時代何か意味があるんだろうか?と思わざるを得ません。



Posted at 2018/12/24 08:17:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2018年12月22日 イイね!

車に対する価値観の違い

このブログは先にお断りしますが、読む方にとっては不快な気分になる可能性があります。輸入車や高級車等をディスってはいませんが、そうしたクルマにお乗りの方は特にご注意ください。
この点ご留意いただき、もし興味が有ればお読みくださればと思います。かなりグチが入ってます。m(_ _)m



私はプロフィールにあるとおり、S660とデミオに乗っています。両方とも小さい車です。


どちらも運転がとても楽しく、心底気に入っています。
エスロクは先日に日光サーキットというミニサーキットを走りましたが、ミニサーキットとの相性は超抜群!!!
カートと同じような感覚で走れます。
ワインディングとの相性ももちろん超抜群!!!

まさに期待通りの楽しさです。本当に好みの車!ビートを長い間大事にして乗る方のお気持ちが最近良く理解できてきています。
自分もそうなるかもですね(^_^)


デミオも車の動きをとても感じやすく、運転が楽しい車です!なによりもサイズ感の小ささによる一体感はエスロクに引けを取りません。これは良い意味で期待を大きく裏切られました(*^_^*)
嫁さんも運転のしやすさには大満足のようです。


ある意味、自分のカーライフはいろんな紆余曲折を経て、エスロクとコンパクトカーの組み合わせで、ほぼ落ち着いたと思っています。


しかし、世間はというか、私の周りだけの話なのかも知れませんが、軽自動車に対して、小さい車に対して、下に見るというか、見下しているのではないかという人が、少数だと思いますが残念ながら確実にいるようです(否、もしかして結構いたりして?)。



車の話にて、「エスロク超楽しいよ~。デミオも意外と運転が楽しくて嫁さんも大満足。俺にとって理想的な組み合わせだよ!最高!」というようなことを言ったとき、以下のリアクションをもらったりするときが、稀にあったりします。



◆エスロクなんて所詮軽でしょ。それで満足なの?(所詮の意味が分かりません。日本の車の販売の軽比率知ってます?それだけ消費者に支持されているということなんですけど)
◆デミオなんて所詮買い物車でしょ?嫁さんがかわいそう(いやいや、嫁さんは運転しやすいって満足してますが、ていうかかわいそうってどういう意味やねん)
◆なんでBMからわざわざ日本車にしたの?なんかあったの?(なんかあったのは間違いないw、イメージしてるようななんかではないですが(苦笑))






申し訳ないけど、、、













よけいなお世話だ!(゚Д゚)








考え方は人それぞれ、まぁいろんな人はいるわなぁ、なのですが、この手のことを面と向かって言われれば、そりゃ超不愉快にはなります(怒)だって、、、


にんげんだもの








まぁ腹は立ちますが、許せん!というほどでもないです。
おそらく、こういうことを言う人たちは


車はブランド


という意識がとても強いのでしょう。バッグや財布と同列のものかな。


全く否定しません。
というか、それはそれで、大いにアリだと思います。それで車に興味を持ってくれるなんて、車好きの私からすればとてもうれしいことですよ。




しかし、純粋に走ることが好きな私からすると、ブラントは正直どうでも良いことで、「興味」がありません。服やバッグ、財布などはじめ、ブランドものをほとんど持っていなかったりします。



要するに価値観の違いだね。



もし、仮に万が一

「えー、お前外車なんか乗ってんの?やっぱそれを乗ってドヤ顔したり、お金持ちだと思われたい感じ? ないわー(苦笑)」


と相手から言われたら、なんと思うんでしょうか。


さすがにそれは私は言いませんが、いっぺん言ってみたかった!という感じで、どんなリアクションするのか怖いもの見たさでやってみたい感じもします。でも、後が面倒になりそうだからしないな。
でも、私が上に書いたようなことを言う人がいると言うことは、私を、というか小さい車を、おそらく下に見ているということの裏返しなのかな、とも思います。


土俵が違いすぎて、張り合おうとすら思いません。


エスロクとフィットの組み合わせにしてからこのケースがあったりするので、最近、車の話は価値観が近いことを確認できた相手以外とは話すのをやめようかとも思っています。
メンドクセエー

価値観が近い相手を見つけやすいみんカラというサイト、とても良いですね!人生豊かになります。
Posted at 2018/12/22 09:47:58 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2018年12月15日 イイね!

約四年半ぶりのサーキット走行(日光サーキット)に行ってきたよ!

タイトルの通り、約四年半ぶりにサーキット走行会に参加しました!
四年半ぶりに、タイヤを鳴らしました!
正確に言うと、二年前のBe a Driverなオフミのフルブレーキで鳴らしてますが、タイムを競う形で鳴らすのは実に四年半ぶりです!




まずは一周目!

タイヤが鳴くのが超怖い(゚Д゚;)

カートで一時期は月2でサーキットに行っていたのに、なんてこったい(泣)


1ヒート目は、5週目までは50秒台しかでません。タイヤ鳴くのが怖いんだから当たり前です。

タイヤを鳴かすのはなかなかできませんが、最後の15週目に46.803がでて、少し慣れることができました。

2ヒート目
ちょっと慣れてきたのか、初っ端から46秒台がでて、周回を重ねるごとにちょっとずつタイムが上がってきて、10週過ぎてから45秒台に入り、最終ラップで45.805秒台が出ました。大分慣れてきました。


3ヒート目
かなり慣れてきました。4週目で45.139でベスト更新!さらに行くぞと思った直後、

(゚Д゚;)

スピンこきましたwwwww


縁石に乗り上げて姿勢が乱れたにも関わらず、アクセルを踏みすぎてリアが流れてスピンですw
ていうか、マジで焦りました。

回っている間は1秒ちょい位しかなかったと思いますが、いろんなことが頭の中を走馬燈のようによぎりました。
◆修理代いくらかかるのかなぁ(ノД`)
◆サーキットだから保険効かないなぁ(ノД`)
◆嫁さんになんて説明すりゃイイんだ(ノД`)
◆そもそも直るんだろうか(ノД`)
◆全損したら、さすがにもう買えないなぁ(ノД`)


なんてことを思いながら、とにかくブレーキを目一杯踏み付けました!
幸い車へのダメージはありませんでしたが、メンタルへのダメージはかなりありました。
ビビリミッターが効いてしまいます。


4ヒート目
タイヤが暖まった5週目に45.083。もう少しで44秒台です。
しかし、そのあとはタイヤがどんどんタレていき、それに近いタイムはなんとか出せましたが、さらなるベスト更新には至りませんでした。

どのシチュエーションかはわかりませんでしたが、どうやらホイルスピンしたときにエラーが出てしまい、エンジンチェックランプとTCSとEPSが同時に点灯してしまい、気持ちが悪いので最終の5ヒートはキャンセルしました。

このように、久々のサーキット走行でしたが、最初はどうなることかと先が思いやられましたが、なんとか最後の方はまともに走ることができました。
44秒台が目標だったのでそういう点ではちょっと残念ですが、道筋は見えているので不満は全然ありません。
タイムを主眼にすると、やれタイヤがなんだとか、パーツがなんだとか、お金が掛かって楽しむためのサーキット走行が苦行になるのでもうそれはしません。
タイムではなく、車の動きと自分の操作技術にこだわりたいです。

しかし、RE-71のあのグリップを目の当たりにすると、次のタイヤはこれにしようかとも思いました。さすがに三年半落ちのネオバでは太刀打ちできません。スポーツタイヤはスポーツ走行しなくても二年過ぎるとグリップはかなり落ちるようです。


それにしても、四年半という時は長い!
日光サーキットの走行会のお弁当はがっつりで量が多いのですが、四年半前も結構量が多いなと思いましたが、今回はさらに多く感じます。加齢です。アラフォーの四年はでかいなぁ(ノД`)

加えて、走行会後の疲れはBe a Driverなオフミと全く同じです。というか、やってることはほとんど同じです。
違うのは、アクセルオフとターンインでリアをスライドさせながらあまりハンドル切らずに曲がるとか(毎回成功するといいんですが(^_^;))、高速コーナーではある程度の、否、私にはかなりの度胸が要求されるとかですが、基本的には同じです。
スピードを殺しすぎるとタイヤグリップは余ります(G不足)し、スピードオーバーでブレーキを突っ込みすぎるとアンダーステアか、気分切り替えて立ち上がり重視で行くしかないです。

今度、サーキット走行会とこのオフミの共通点をブログに書いてみようかな。今更だし、説明されたブログはすでにたくさんありますが。
楽しさは両方とも甲乙つけがたいね!


Posted at 2018/12/15 23:11:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ

プロフィール

「関東オフミは子供の習い事のイベントで行けない。残念(ノД`)」
何シテル?   02/15 08:44
マツダ車搭載の運転技術向上支援システム、i-DMを利用して日々運転練習に励んでいます。i-DMに興味を覚えた方は是非インテリジェント・ドライブ・マイスターズ(i...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

リンク・クリップ

三連休 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/13 07:00:38
カートプチオフに参加しました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/02/04 11:10:17
ウインカーは出すべき、左側から追い抜くべからず 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/26 14:50:13

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
小さいけれど人馬一体! ただのお買い物車ではありません。走って楽しい車です!
ホンダ S660 ホンダ S660
ブレーキ、コーナーリングは絶品です。 しかし、走行性能=加速性能と考えている場合、不満に ...
その他 ハイタッチ! Drive 電車、バス (その他 ハイタッチ! Drive)
ハイドラ用の電車、バス
ホンダ アコード ホンダ アコード
スポーツ性とエコロジーが両立した素晴らしい車です。 ただし、タイプRに対して重量ハンデと ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.