• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

利根川の天然水のブログ一覧

2017年09月14日 イイね!

日本製品の不買は効果がないのに、韓国製品の不買はなぜ効果が出たのか=中国

日本製品の不買は効果がないのに、韓国製品の不買はなぜ効果が出たのか=中国 中国では特定の国との関係が悪くなると、相手国の製品を買わないよう呼びかける「不買運動」がしばしば起きる。2012年には中国で日本製品の不買運動が起きたことは記憶に新しい。この運動が起きた背景には尖閣諸島(中国名:釣魚島)問題に対する中国人の不満だ。加えて、過去の歴史的背景ゆえに、中国では日本や日本製品に対して不買運動が起きやすいイメージがある。

 しかし、現在の中国で不買の対象となっているのは韓国製品だ。韓国が高高度ミサイル防衛システム(THHAD)の配備を決めたことにより、韓国製品の不買運動が起きており、韓国メーカーは苦境に直面しているのだ。

 中国メディアの今日頭条は6日、中国人消費者の不買によって一部の韓国企業が生産停止に追い込まれたと伝える一方、「なぜ日本製品のボイコットは効果がないのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、自動車市場を例としたうえで、その違いがどこにあるのかを考察している。

 記事はまず、韓国のTHHAD問題によって韓国車の販売台数が激減していることを指摘し、その背後には中国人消費者の買い控えがあると伝えた。一方、日本製品は「抗日戦争に始まり、日本製品の不買運動は過去に何度も行われてきたが、中国での日系車の販売台数は減るどころか、むしろ増えていっていると紹介し、韓国車の販売不振は「本当に国家間の問題や不買運動の影響が原因なのか」と疑問を投げかけた。

 この疑問に対して記事は、韓国車の「商品力」に原因があると主張し、「韓国メーカーは中国人消費者のニーズに応えるという点で失敗した」とし、中国の消費者は現在、SUVを好む傾向が強いが、韓国メーカーはこの分野の商品展開が弱いと主張した。また、韓国車は日系車のような信頼性はなく、欧米車のような底力もなく、中国車のように安くもないと主張した。

 最後に記事は、自動車を購入しようとする消費者が考えるのは、過去の出来事から来るわだかまりではないと指摘。汗水を流して働いて稼いだ大切なお金で、多くの消費者は燃費が良く、信頼でき、価値が下がりにくい車を選ぼうとするのは当然のことだと主張している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)thaifairs/123RF) サーチナ 2017-09-13 16:12
Posted at 2017/09/14 15:14:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 趣味
2017年09月14日 イイね!

日本のアニメを見て育った中国人たち、「これもそれも全部見た!」=中国

日本のアニメを見て育った中国人たち、「これもそれも全部見た!」=中国 日本が世界に誇る文化の1つとして、漫画とアニメを挙げることができるだろう。中国でも日本の漫画やアニメ作品は広く知られていて、特に若い世代においては、「日本のアニメを見て育った」という人も少なくない。
 
 中国メディアの今日条頭はこのほど、中国人の間で特に認知度の高い日本のアニメ作品を紹介したところ、中国人ネットユーザーたちから「紹介されているアニメはほとんど見たことがある」といったコメントが寄せられた。
 
 記事が紹介したアニメは「スラムダンク」、「ドラえもん」、「北斗の拳」、「セーラームーン」、「ちびまる子ちゃん」、「聖闘士星矢」、「幽遊白書」、「ポケットモンスター」などであり、日本人ならば見たことがなくとも、一度は耳にしたことがあるであろう有名な作品ばかりだ。
 
 中国人にとっても、これらの作品は非常に馴染み深いものであり、特に若い世代にとってはこうした日本のアニメを見て育ったと言えるほど身近な存在のようだ。記事には、多くの中国人ネットユーザーからたくさんのコメントが寄せられていて、「自分は1984年生まれだが、挙げられているアニメはすべて見たことがある」、「自分も1980年代生まれで、今もスラムダンクと聖闘士星矢は大好きだ」といった意見があった。
 
 また、さらに若い世代で「90後」と呼ばれる1990年代生まれの中国人からも「自分は1993年生まれだが、北斗の拳以外は全部見た」という声があったほか、「一休さんやキャプテン翼、鉄腕アトムだって、中国人なら見たことがあるはず」という意見も見られた。
 
 中国の若い世代のなかには反日感情ではなく、むしろ日本に親近感を持っている人も少なくないと言われるが、アニメや漫画が日本への親近感を醸成するうえで一役買っているのは間違いないだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)aduldej/123RF) サーチナ 2017-07-25 09:12
Posted at 2017/09/14 15:01:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 趣味
2017年09月14日 イイね!

日本のお盆に「バイクで帰ってきた武将」が目撃されて話題にwww【台湾人の反応】

日本のお盆に「バイクで帰ってきた武将」が目撃されて話題にwww【台湾人の反応】「道路にバイクに跨る武将がいた」まさかこの世に彷徨う戦国の亡霊かwww ☆                                                              普段からこんな光景が見られたら面白いかもしれませんねw 日本の8月中旬は人々が続々と里帰りをする「お盆」の時期で、中華圏の「清明節」にあたる祭日です。もしお盆中にこんな光景を目撃したら、本当に彼の世から亡霊が帰ってきたんじゃないかと自分の目を疑ってしまったことでしょうw 日本ではお盆が始まる前に、キュウリとナスで《精霊馬》というものを作る習慣がありますが、これは亡くなったご先祖様を送り迎えする、いわば彼の世と此の世を繋ぐ乗り物の役割を果たすものです。しかし、《精霊馬》がここまで進化していたなんて、私は全く知りませんでしたwww 先日、ツイッター民が「道路でバイクに跨る武将」を目撃したというのです。戦国時代の亡霊が、精霊馬ではなくバイクに乗って此の世に戻ってきたと言うのでしょうか!? このシュールな光景は、当然ながらツイッターで大きな話題になるのでした。考拉日報   
Posted at 2017/09/14 12:54:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2017年09月14日 イイね!

どうして日本は、自動運転技術で世界の先を行くのか=中国メディア

どうして日本は、自動運転技術で世界の先を行くのか=中国メディア  日本政府は東京五輪が行われる2020年までに、自動運転車の実用化を目指している。また、自動車保険業界では自動運転車に関わる事故を想定した保険特約設定の動きも出ており、ひと昔前には空想の世界にのみ存在していた「自動運転社会」がいよいよ現実のものとなりつつある。

 中国メディア・捜狐は10日、「自動運転車はどうして日本がリードしているのか」とする記事を掲載した。記事は、米国が華々しく自動運転技術の研究開発を進めるなかで、日本が「自動運転社会」の実現に向けて着々を歩みを進め、世界をリードしているとしたうえで、その理由について論じている。

 記事は、自動運転車の日常利用に必要とされる条件は、「安全性の保障」、「認識・判断能力の安定」、そして、「人による道徳的な認可」であると説明。自動運転に関する法律や制度づくりはこの「道徳的な認可」が欠かせないが、各国では依然として市民が自動運転に対して大きな抵抗感を持っていることから、「自動運転社会」に向けた動きが加速しないと論じた。

 そのうえで、米国では今年9月に自動運転車の開発に関する指針を発表するなど、近ごろ続けざまに関連政策を打ち出していると紹介。もし、この流れに乗って米国が世界の自動運転車安全基準の制定において主導的なポジションを取れば、「各国は米国の意図に沿って自動運転車を開発することを余儀なくされる」とし、「それゆえ、日本もリードを奪わざるを得ない」状況であり、2020年までに世界に先駆けてスマート交通システム実用化の構想を立てているのであると解説した。

 記事はさらに、「自動運転社会」の実現に向けて日本が米国をリードする要因の1つとして、米国が技術開発のルールを作る一方で、日本は安全や防犯についてより明確な姿勢を示している点を挙げた。安全性重視の姿勢が自動運転車の大衆化を実現できる確率を大幅に高めているとした。

 日本では自動運転車のレベルを、ドライバーによる運転への関与の度合いで4段階に分けている。現状ではドライバーの運転を基本とし、自動運転はあくまで「アシスト」の域を脱していない「レベル2」の段階が、実用化された自動車のなかで最先端だ。人間が運転に全く関与せずに走行できる「レベル4」への到達には、まだ時間がかかる。自動運転車の開発と実用化、普及には、人びとの「自動車」に対する考え方を大きく変える必要がある。そして、関連する法律やルールの構築も不可欠。求められているのは「スピード」ではなく、一歩一歩の着実な歩みだ。 (編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF) サーチナ 2016-11-13 08:15
Posted at 2017/09/14 12:07:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2017年09月14日 イイね!

「 ブ リ キ 電 車 」 ~

「 ブ リ キ 電 車 」 ~
Posted at 2017/09/14 09:57:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 趣味

プロフィール

「中国人が 「身震いする」と語る 日本人の恐ろしい、国民性とは =中国メディア http://cvw.jp/b/1528111/41839930/
何シテル?   08/16 14:19
「利根川の天然水」です。よろしくお願いします。                                          座右の銘、 『鈍刀を磨く』 ・...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

運転マナーが一番 “良い”のは島根県!  もっとも“悪い”のは… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/15 10:05:46
モーター・スポーツの 祭典で、 トヨタ セリカが 最速タイムを記録! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/14 20:03:55
サザンNewアルバム記念イベント・・結果発表 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/07 06:58:03

お友達

『セリカ』・『ハチロク』・『アクア』・『デリボーイ』の、大好きな車好きの仲間、情報交換しましょう!
1409 人のお友達がいます
Cool-VCool-V * ソニックプラスセンター新潟 たかぷソニックプラスセンター新潟 たかぷ *みんカラ公認
野良猫モッチー野良猫モッチー * セキュリティーのプロテクタセキュリティーのプロテクタ *みんカラ公認
tatuchitatuchi * はちみつPはちみつP *

ファン

193 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ セリカ トヨタ セリカ
3代目、 セリカ 1600  GT - R  クーペAA63 ・4A-GE (ブラック ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
レトロな、テール ! 「鬼目」と、呼ばれていました~♪
トヨタ セリカ ブラックマスク (トヨタ セリカ)
(S59) 4AーG・AA63 「セリカ1600GT-R」ツインカム・16バルブ・EFI ...
トヨタ セリカ 赤ちゃんこ (トヨタ セリカ)
ずっと  ノーマル  ~  セリカ  GT-FOUR (ホモロゲ=WRC)    ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.