• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kaz@ymskのブログ一覧

2014年09月30日 イイね!

レヴォーグがディーラーに到着!納車までカウントダウン

レヴォーグがディーラーに到着!納車までカウントダウン今日ディーラーからMYレヴォーグが納整センターからお店に届いたと連絡がありました。
予定通り10/4納車になるとのこと。


あと4日、ついにカウントダウンです。
この1ヶ月半。待ち遠しくて異常に長く感じられましたが、ようやく終わります。

初ドライブどこに行こ。
まだ決めていない^^;
とりあえず西に向かおうと思います。
Posted at 2014/09/30 22:06:24 | コメント(5) | トラックバック(0) | レヴォーグ | 日記
2014年09月23日 イイね!

2014 TJマイカージムカーナ 第3戦

2014 TJマイカージムカーナ 第3戦今日9/23はTJマイカージムカーナ第3戦に出場してきました。
このジムカーナは舞洲で行われているジムカーナの中で、唯一JAF公認になっている競技会です。


といっても格式では最も低い”E”になります。(表の一番下です。)
ちなみにSUPER GTは”A”、全日本ジムカーナは”C”です。

クラスが5つに分かれていまして、
・エキスパートクラス:全日本/地方選手権に参加経験あり 5台参加
・86/BRZクラス:86/BRZのみ 3台参加
・C1:排気量2001cc以上 11台参加
・C2:排気量2000cc以下 11台参加
・クローズド:ライセンスなし 無差別級 4台参加
 ※過給機付きは1.7倍扱い

合計34台参加

私のロードスターはC2クラスになります。


車種を見る限り格上の車はインテグラとRX-8
ということで、今回は最低でも3位以上にはなろうと思いました。


午前中の練習が終わり、競技会の前に休憩


競技会はA/Bの2コースあり、それぞれ2本ずつ走って、ベストタイムの合計で順位が決まります。


ミスコースしないために、コース図をセット。


さらに、先日試したスマホホルダーをセット

ところがここで問題が、
「ホルダーがガタガタして安定しない状態になっている。」
「ヤバい競技会が始まる」
ってな感じであたふたしたあげく、撮影を断念。

それが尾を引いたのか、Aコース1本目はミスコースしかけて、パイロンに接触して停止
また、いつもの悪いクセがと思ったのですが・・・


結果は金メダルGET ヽ(^◇^*)/ ワーイ


C2クラス優勝、C1だったとしても4位に相当
C1はほぼインプ、エボなことを考えると、ロードスターの戦闘力はあなどれないです。
格式の低い競技会とはいえ、入賞してメダルがもらえるのは、素直に嬉しいです。

この競技会、毎回入賞するとポイントがついて、全5戦が終わるとシリーズチャンピオンが決まります。
その時はメダルではなく、JAFのトロフィーがもらえます。
トロフィーなんて人生で一度も貰ったことがないので是非欲しいです。

あと2戦頑張ります。

【戦績】
第1戦:C2クラス3位
第2戦:欠場(家族旅行優先・・・)
第3戦:C2クラス1位
Posted at 2014/09/23 18:13:12 | コメント(7) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2014年09月21日 イイね!

レヴォーグ 納車日決定

レヴォーグ 納車日決定ようやくレヴォーグの納車日が決まりました。
10/4(土)です。



【8/18契約時点】
9/末ディーラー着⇒10/初納車(予定)

【9/13納整センター到着時点】
9/23ディーラー着⇒9/27納車(予定)

【9/21納期確定】
9/30ディーラー着⇒10/4納車(確定)

納期が早まりそうになったりしましたが、結局は契約時の納期になりました。
9/27(土)に早まった時は、嬉しい反面、年2回しかない土曜出勤日に見事にバッティング、翌日は子供の運動会があり、ドタバタやなと思っていました。

定時でそそくさと退社し、納車されてもディーラーでの説明をまともに聞ける時間もなく、じっくり乗る時間もないだろうし。
レヴォーグが気になり過ぎて、運動会に集中できなかったら、親として・・・ですし。

そんなところに、10/4に決定の連絡があり、正直残念だったのですが、どこかホッとした気持ちになりました。
来週は運動会の撮影を頑張ります。
(3人出るので大変なのです。来年はさらに4人に・・・)
Posted at 2014/09/21 18:34:36 | コメント(9) | トラックバック(0) | レヴォーグ | クルマ
2014年09月20日 イイね!

レヴォーグ 内装

レヴォーグ 内装今度は内装を見てみます。
これで頭でっかちになるのも最後になりそうです。

というか、もう最後にしたい。
早く車来てくれ〜。


まずはハンドルです。
レヴォーグはDシェイプステアリングを採用しています。
スバル車では初採用だそうです。

見た目がレーシーで格好いいのと、乗降性が良くなるという機能面の良さがあります。
ただ、ノーマルのシートではその良さはわかりにくいです。


このようにフルバケのシートを入れると、ハンドル(下端)とシート(サイドサポート部分)のクリアランスが小さくなり、足がハンドルにひっかかるため乗降性はかなり悪くなります。

こんな時に有効なのがDシェイプです。
同じハンドル径でもクリアランスを大きく取ることができます。

ノーマルシートからサポートが大きく張り出したフルバケやセミバケのシートに換える場合は、その良さが生きてくると思います。


次にシートです。
1.6GT-S/2.0GT-Sにはスポーツタイプのシートが採用されています。
フルバケのようにはいかないですが、サポート性がある程度期待できそうです。


私の乗っていたエスティマのように、サイドサポートがほとんどないようなシートの場合、乗降性は最高にいいのですが、コーナーで横Gがかかった時に、体を保持することができなくなります。

そうなると、ハンドルにしがみつくような形になり、思ったようにハンドル操作ができなくなります。
(エスティマに乗って、そんなこと気にしている人は1%もいなさそうですが・・・)


最後はシフトレバーです。
レヴォーグにはマニュアルシフトモードがあるのですが、シフトパターンに+ーの表示がありません。


パドルシフトでのみ、シフトチェンジできるのです。
この点はシフトレバーでチェンジしてきた私にとっては慣れが必要です。

他にも

ブースト圧、油温、アクセル開度などを表示できるマルチインフォメーションディスプレイなどがありますが、
乗りながら覚えていきたいと思います。
Posted at 2014/09/20 18:54:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | レヴォーグ | 日記
2014年09月15日 イイね!

レヴォーグ サスペンション

レヴォーグ サスペンションVDCに引き続いて、今度は足廻りを勉強します。

まずはフロントから


フロントはストラット式です。

ショックアブソーバーをアームの一部として機能させることで、構造をコンパクトにできるのがメリットです。
逆にデメリットは、足が動く際にショックに応力が加わるため、摺動に影響がでることです。

レヴォーグはAWDですので、FF同様にフロントに駆動系のスペースが必要ですし、フロントヘビーを軽減するためにも当然の選択と思えます。

といってもFRでも、


シルビア/86/BRZはストラット



ロードスター/S2000/RX-7(FD3S)はダブルウィッシュボーン


FFでも
シビックのEF/EG/EK型はダブルウィッシュボーン

一概に駆動方式に依存するわけではないのですが、単純に足の動きを考えるとダブルウィッシュボーンなのでしょうね。

ダブルウィッシュボーンの車の方が、より走ることに比重を置いてお金をかけているモデルに思えます。
(その分、居住性とか、装備とかが犠牲になっていますが・・・)

次はリア


リアはダブルウィッシュボーン式です。
フロントに比べてスペースが取れるので、ストラットにする必要はないのでしょうね。
ただ、昔は4輪ストラットの車もあり、インプレッサはGD型まではまさに4輪ストラットでした。
なぜそうしていたのかはわかりません(汗)

逆に最近ではスペースをできるだけ確保するために、ストラットどころか、もっと簡易的なトーションビーム式を採用している車が増えてきています。


トーションビーム式は左右が独立しておらず、アームがなく構造がシンプルなので、ストラットやダブルウィッシュボーンに比べてはるかに小スペース化できるのです。

ただ、アクスルで左右が直結しており、それぞれが独立していないため、片側の足が動くと反対側の足にも反力が加わります。
そのため、片側の足が路面の凹凸を拾ったり、足を固くすると、左右にバタバタする形で不安定になります。


最近では大きい車、特にミニバンで採用されており、私の乗っていたエスティマもトーションビームでした。
また、FFではスポーツ系の車でも採用されています。(フロントだけで走っても速いんでしょうね・・・)

昔はFRでも採用されており、AE86はトーションビームと似たような構造でリジッド式です。
頭文字D 5thステージで、86がNBロードスターとバトルしている際に、足を左右にバタバタさせながらドリフトしていくシーンがあります。




このシーンです。
ちょっと大げさのような気もしますが、特徴がわかりやすいです。
興味がある方は、Yout.....じゃなくて、DVDを借りて見ていただければと思います。

路面追従性の良くないあの車で速い人は、マジでうまいと思いました。
私の場合は峠ではなく、ミニサーキットで86とよく走る機会があり、車で勝って腕で負けてる感が否めなかったです。(10年以上前の話で当時私はS15シルビアターボに乗っていました。)

あと、大概のミニサーキットはお金がかかっておらず、バンピーで路面追従性が結構ききます。

あれ、気付いたら全然レヴォーグと関係ない話に・・・
この辺でやめときます。
Posted at 2014/09/15 18:25:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | レヴォーグ | 日記

プロフィール

「12/23舞ジム(仮)にエントリー http://cvw.jp/b/1530751/42206907/
何シテル?   11/20 23:06
2014年からジムカーナを始めました。 【戦績】 ■WRX STI VAB 2018年JMRC近畿ジムカーナミドルシリーズ GT4WDクラス シ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/9 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

12/23(日)舞ジム参加者募集中 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/21 07:33:31
【参戦記2015〜2018】JMRC近畿ジムカーナミドルシリーズ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/28 11:11:18
2018年JMRC近畿ジムカーナミドルシリーズ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/21 18:59:16

ファン

71 人のファンがいます

愛車一覧

スバル WRX STI スバル WRX STI
ジムカーナ競技用です。 PN車両規定に合わせて車を作っています。 【戦績】 2018年 ...
スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
ドライブ、レジャー用です。 走り重視で2.0GT-Sを選択。 300馬力のFA20型D ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
ジムカーナ競技用です。 非力でしたが低速コーナーでの旋回性能が抜群に良く、ハイパワー後輪 ...
スバル ステラ スバル ステラ
初めての軽自動車です。 静粛性、乗り心地、ハンドリングいずれも良好で、今の軽自動車のレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.