• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

こるまろのブログ一覧

2018年11月25日 イイね!

500円で呑み放題の酒祭りは実在します

500円で呑み放題の酒祭りは実在しますでっちあげのやらせ祭りではありません。

500円で呑み放題の酒祭りは実在します。







今年で第7回を迎える酒祭り。 500円で地酒4蔵の日本酒が呑み放題です。
alt
自身は過去、2012年2015年2016年に参加し、今回で4回目。
昨年2017年は悪天候で寒かったので行くのを止めました。 2年ぶりに行きます。

JRで向かう。
alt
ホームに入ってくる電車を撮り鉄してみました。

神社のようなデザインをした駅舎に到着。
alt
天候は曇り空ですが、風も無く寒くなかったです。 むしろ、ちょうど過ごし易いくらい。

酒祭り会場は駅前の広場にあります。 屋外です。
alt
ちょうど暗くなってきた17時から始まる。

地酒4蔵、ご自慢のお酒が全30種類ずらりと揃います。 

じゅうじ旭日
alt

天穏
alt

ヤマサン正宗
alt

出雲富士
alt


酒祭り開始の17時と同時に、一番客として500円を支払い酒祭り公式お猪口を受け取りました。

呑みたいお酒をリクエストし、お猪口を差し出すと、杜氏さんら蔵人の方が注いでくれます。


① まずは、一番手前に陳列してあったじゅうじ旭日の純米ひやおろしから乾杯してみました。
alt
秋の味覚ひやおろしらしい銀杏のラベルが素敵です。

② 500円ですが、なんと高価な大吟醸も呑み放題にラインナップ。 天穏の大吟醸。
alt
透明感のある味わいとフルーティな香り。

③ ヤマサン正宗の純米生原酒。 
alt
精米歩合90%、食べるお米と同じくらいしか磨いてません。 原酒なので少しアルコール度数高い。

④ 出雲富士の天の叢雲も大吟醸。
alt
人気があってすぐ無くなるかもしれない。 滅多に呑めない大吟醸、ここぞとばかりに頂きました。

⑤ 八千矛(やちほこ) も大吟醸。 
alt
出雲大社の御神酒、八千矛は元の蔵が廃業し、現在はじゅうじ旭日が受け継ぎOEM生産。

数少ないおつまみは別売りです。 温かいモツ煮を買って頂きました。(300円)
alt
この他、テーブルを囲んで皆が持ち寄ったおつまみも頂きました。 自身もカルパスなどを持参。

⑥ ヤマサンのにごり酒をいきます。
alt

⑦ 天穏の秋ひやおろしです。
alt

並ぶ全30種類は無理にしても、出来るだけ多くの酒類のお酒を呑みたいと思いました。

持ち寄りのおつまみを頂いてます。 小さく可愛い鯛焼き。
alt
中味は、餡、カスタードクリーム、チョコだったりいろいろ入ってる。

⑧ 出雲富士 純米吟醸 赤ラベル (山田錦)
alt
山田錦のふくよかな味わいと吟醸の芳醇な香りがする。

➈ 出雲富士 特別純米 黒ラベル
alt

➉ ヤマサンの純米原酒ひやおろし
alt

⑪ じゅうじ旭日で熱燗を頂きました。 どのお酒だったか?
alt

ちょっと高いところに上がって、酒祭り賑わいの様子をパチリ。
alt
仕事帰りの人、観光客、それに外国人の方の姿もありました。

⑫ 最初に並んでなかったお酒です。 じゅうじ旭日がとっておきのお酒を出してきました。
alt
御幡の元気米と名付けられた生酛純米原酒。 改良雄町。

⑬ 出雲富士 純米吟醸 青ラベル 超辛口
alt

⑭ じゅうじ旭日 純米吟醸 改良雄町60 にごり酒火入れ
alt
辛めですっきりクリーミー。

⑮ ヤマサンの純米原酒ひやおろし
alt

⑯ 出雲富士 手づくり純米 佐香錦
alt

⑰ 天穏の無窮天穏 生もと純米吟醸 齋香。 見るからに高価なお酒だったりします。
alt
これで最後です。 

全種類はとても無理だけど、かなり呑みました。 もともと500円しか払ってないので大満足です♪

20時まで目いっぱい呑みました。 それでは、帰りの電車がちょうど良いのでこの辺で。
alt
天候にも恵まれ、寒くもなく、外での呑みもちょうど過ごし易かったです。 とても楽しめました♪





後日談!!

実は酒祭りの最中に地元紙、それもかなりローカルな新聞社の取材を受けていました。

ページ数が少なく薄いローカル紙なので・・

この酒祭りの記事が、第1面を捲った2面目トップに大きく掲載されているという・・。

この記事の一画に自身のインタビューが掲載されました。 (住所・氏名は隠してます)

年齢は自己申告。 永遠の・・。

先の朝日新聞(こるまろさん新聞紙面に躍る)に続き、またも紙面を飾ってしまいましたね♪

記事のインターネットとは、もちろんみんカラのこのブログのことです。
Posted at 2018/11/25 20:47:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日本酒 | 日記
2018年10月23日 イイね!

日本酒イベントWヘッダー 夜の部

日本酒イベントWヘッダー 夜の部さて、ばたでん(一畑電車)で移動して来てハシゴする日本酒イベントWヘッダー夜の部です。

当初はWメイン扱いのつもりでしたが、蓋を開けてみれば実質こちらがメインイベントとなりました。






旧・日本銀行支店だった建物のガーデンテラスと地下金庫で催される毎年恒例イベント。
alt
秋の夜長に、ジャズの生演奏を聴きながら、地酒3蔵の日本酒を楽しむイベントです。

何故ジャズかというと、市がジャズ発祥の地ニューオリンズと友好都市を結んでいるというのもある。

毎年来ています。 2017年2016年 , 2015年 2014年 2013年 2012年


イベント開始前に少し時間があったので、最寄りのお城を散策してから会場入りしました。

まだ明るい16時開始と同時に呑み始める。 夜21時終了までたっぷりいきます。

少しだけお得な前売り券を買ってました。 これでお酒や料理と交換する。

お酒は90ml(半合)のお猪口で頂きます。 地酒3蔵、一杯200~300円の価格帯が中心。

國暉(こっき)


國暉の一杯目は出雲杜氏入魂の無濾過特別純米。

16時、今晩の呑み始めです♪

豊の秋


杜氏自らにお勧めされた純米つや姫を頂きました。


李白


超辛・特別純米やまたのおろちです。


まずは3蔵一通り。 どのお酒も熱燗出来ますが、最後まで全て常温or冷酒で頂きました。

ステージではジャズ演奏も軽めなのから始まってます。 


料理はおでんを頂きました。

まだ開始時間から間も無く、おでんもまだ出汁が浸み込んでませんね。 玉子が白い。
ロールキャベツが欲しかったんですが、まだ出来上がっておらず却下されました。

お酒を呑んでる間、あまり食べ物は食べなかったです。 自分で買ったのはおでんだけという。

あとは同じテーブル席にいた人から何か少し頂いたり。 お酒と会話を楽しむ展開。


2巡目?から秋の味覚ひやおろしをいきます。

李白の特別純米ひやおろし生詰め。


夕暮れ時には会場内も人でいっぱいになり盛り上がってきました。 ジャズ演奏も続きます。 

國暉の秋の季節酒、特別純米つゆもみち。

これで5杯目。

地下金庫にも降りてみました。 分厚い耐火扉を入ったところが第2会場。

多くの人とジャズ演奏で盛り上がるガーデンテラスとは対照的に、こちらはテーブル席に座り静かに落ち着いて呑める雰囲気。

地下金庫で頂いたお酒は李白特別純米酒。


ここでは何故か日野自動車の非売品チェルシー(キャンディー)を頂きました。

パッケージには日野自動車のバスが並んでいる。 実は日中、市内でバス祭りが開催されてた。
バス祭りは特注トミカの先行販売もあり気になるイベントだったんですが、昼酒飲んでた都合で行けませんでしたね。


再びガーデンテラスに戻って、ステージのジャズ演奏です。


夜になってジャズ演奏はメイングループが登場し、会場はかなり盛り上がっていました。



お酒は豊の秋の純米ひやおろし。


同じ大型クルーズ客船おもてなしサポーターの知ってる人に出雲そばをご馳走になりました。

思わぬところで顔が効く。 ありがとうございました♪


豊の秋ひやおろし神の舞純米原酒。

これで8杯目。

最初に呑んだ國暉の無濾過特別純米を再びです。 

無濾過に惹かれる。

21時イベントも終了。 撤収作業始まる中、最後は豊の秋純米吟醸花かんざしで〆ました。

これで10杯目でした。


16時のイベント開始から21時のイベント終了まで、結局5時間フルに過ごしてしまいました。

夜だけで90ml(半合)のお猪口で10杯呑んだので、たっぷり5合も呑んでしまいましたね・・。

この日は昼と夜の2つの日本酒イベントWヘッダーでハシゴ酒しましたが、前後や途中で散策もしており、歩数計は25,770歩と健康的に歩き倒しました。

なお、翌日は大山でオープンカーのミーティング参加という展開。 果たして行けるのか?!
Posted at 2018/10/23 03:04:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日本酒 | 日記
2018年10月22日 イイね!

日本酒イベントWヘッダー 昼の部

日本酒イベントWヘッダー 昼の部せっかくの舞鶴遠征をキャンセルしてまで行った地元の日本酒イベントです。

実は同日昼と夜に2つの日本酒イベントがあり、Wヘッダーとしてハシゴしています。 元気です。

夜のは毎年行ってるものですが、昼のは今回初めて行くものでした。




まずは昼の部。 旧・大社駅で催される地酒祭りは今年で第4回目となります。

旧・大社駅というロケーションが素敵。 出店酒蔵の数が多い。 それに他にも催し物あり。

3年前からずっと気になってたのですが、今回ついに初参戦することにしました。


JRと路線バスを乗り継ぎ向かいました。


まだ午前中の10時25分に現地到着です。


大正建築の純和風駅舎で国の重要文化財、旧・大社駅です。

駅舎は明治45年に国鉄大社駅として開業、大正13年に改築された純日本風の平屋建て。
平成2年にJR大社線は廃止となり、駅舎は平成16年に国の重要文化財となりました。

イベントは日本酒だけではなく、JR西日本もPRブースを設置。

缶バッジ作成コーナーがあったので早速やってみる。

たくさんの選べる絵柄から特急やくもの缶バッジを作ってみました。

接写ピンボケ。

日本酒コーナーへ。


出店酒蔵の数が多くお酒も種類豊富でした。


ただ、勝手にイメージしてた内容とは異なり、一杯いくらで飲むのではなく、全て無料試飲でした。

3年前の第1回開催からずっと気になってた地酒祭りに来てみたらその正体は試飲販売だった。

まずは、天穏の秋ひやおろし純米生詰原酒からいってみました。

朝の10時台。 今日の呑み始めです♪

続いて、じゅうじ旭日の純米ひやおろし。

全て無料試飲なので小さなプラカップに注がれる少量を頂きます。

月山の純米吟醸。

飲むのは少量ずつなので座って落ち着いて飲むのではなく、そのままその場で立ち飲みします。

出雲誉の純米吟醸。

販売されてる四合瓶を買ってあげたいが荷物になるので買いません。 

ヤマサン政宗の山廃仕込純米酒。

何故ならこの日はこのままもう1つの日本酒イベントをハシゴするから。

金鳳の純米酒ひやおろし。

四合瓶を1本買って昼間のうちに飲み干し、そのまま夜の日本酒イベントに行くのは無理。

蒼斗七星の木槽搾り純米吟醸。

なので、ひたすら小さなプラカップで無料試飲を繰り返す展開となってしまいました。


旧・大社駅での地酒祭り。 賑わいの様子。

昼酒を飲むのに素敵なロケーションです。

高い天井の駅舎内では、神話の読み聞かせ、ミニコンサート、ゆるキャラショーなどステージイベントを開催。 駅舎裏に残る線路上では、子供向けに軌道自動自転車の試乗体験がありました。


無料試飲の立ち飲みを続けた後、流石に座って落ち着いて飲みたいと思うようになりました。

地ビールが売ってたので買いました。 すっきり喉越し爽快!ラガービール。

試飲販売の日本酒四合瓶と異なり、地ビール一杯ならこの場で飲み干せます。

テーブル席に座って落ち着きます。

食べ物を売る露店も並んでて、その中からサバ寿司を買ってみました。

酢飯に焼きサバがよく合う。 このサバ寿司がとても美味しかったです。

どうも、ご馳走さまでした(^^♪


3年前の第1回開催からずっと気になってた地酒祭りに、JRと路線バスを乗り継ぎ初めて訪れてみたら、その正体は試飲販売会だった。

勝手にイメージしてた内容と異なりましたが、これでこの3年間のモヤモヤは解けました。

昼と夜、2つの日本酒イベントは個人的に当初Wメインの位置付けにしてましたが、昼はサブのセミファイナル、夜がメインイベントといった感じになりました。

日本酒イベントWヘッダー昼の部はこれで終了とします。




せっかくここまで来たので神門通りを歩いて出雲大社に。

前回訪れた7月、ここに鳥居はありませんでした。(ブログ: 出雲大社 大しめ縄架け替え
建て替え工事が終わって新しくなった鳥居裏側の刻印は平成30年10月吉日となっていた。

ほろ酔い加減で出雲大社を参拝。(*-人-*)

こちらは今年大しめ縄が架け替えられた神楽殿。


出雲大社境内に小さなお社を発見。

野見宿禰神社(のみのすくねじんじゃ)

野見宿禰は相撲の始祖とされており、全国でも珍しい相撲の神様が祀られてるそうです。


まわし姿のウサギがいました。



さて、日本酒イベントWヘッダーは夜の部へと。 今度は一畑電車(ばたでん)に乗る。


乗車序盤で気持ち良くなり酔い落ちしたものの、目覚めると宍道湖を眺めながら走ってる。

ばたでんは自転車も乗ります。


「日本酒イベントWヘッダー」のブログは夜の部へと続きます・・。<(_ _)>
Posted at 2018/10/22 10:56:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日本酒 | 日記
2018年10月18日 イイね!

街バル 呑み歩き

街バル 呑み歩き1冊4枚綴りのチケットで参加飲食店の中から気になるお店を選び、飲んで食べてハシゴする街バル呑み歩きイベントに行ってきました。









今年で5回目の開催となり、日程も参加飲食店数も増えパワーアップされました。
alt
過去は1回目(2014年)2回目(2015年)に行ってて、今回3年ぶりに行く街バルです。


前夜コンビニで発券した引換券(前売り)を、街バル本部テントで1冊4枚綴りのチケットと交換。
alt

広げると表と裏に参加飲食店のガイドと呑み歩き地図。 そして、4枚綴りのチケット。
alt
1枚のチケットで気になる参加飲食店のドリンク+一品料理が楽しめる。



1軒目。 18時から呑み始めます。 
alt
街バルは新規開拓が魅力の一つですが、馴染みの居酒屋さんはスルー出来ませんでした。 

まだ客が居らず一番客。 一人カウンター席で寂しく呑み始めました。
alt
料理は自家製厚切ベーコンとサバの燻製セット。 日本酒は扶桑鶴の純米酒「秋あがり」。
燻製には濃い目の酒が合います。


1軒目呑み終わったところでいったん本部テントに戻ってみた。

まだ1軒しか行ってないけどアンケートに答えたら缶チューハイを貰ったのでその場で呑み干す。
この日は風も無く気温もちょうど良く、飲み歩きにはぴったりの心地良い夜でした。




2軒目。 お洒落なダイニングバーを訪れる。

バブル期から知ってる女将さんが営まれてます。

2階に上がりカウンター席に座る。 目の前に立つのはお店の若い女子です。

お酒は気取ってブランデーをロックで。

料理は和牛炙り寿司でこれがめちゃ旨でした!





3軒目。 この街バルに出掛けたのもここの女将に誘われたから。

本当は最後の4軒目に行きたかったけど、閉店時間が21時で早いので20時過ぎに訪れてみた。

カウンター席がいっぱいだったのでテーブル席に座ります。

日本酒は米田酒造の純米吟醸原酒ひやおろし瓶囲い「美保」!

料理は胡麻豆腐・湯葉刺などおつまみセットです。

カウンター席にいる女一人旅のウーマン・フロム・トーキョーが賑やかで盛り上がりました。

また、ここでは妖艶な2人組とも遭遇し乾杯。


この場が楽しかったので街バル4軒目には行かず、ここでチケット4枚目も使い切ります。

日本酒は純米吟醸「誉池月」です。

追加料理はつみれ汁。

閉店時間を過ぎて21時半頃まで盛り上がり楽しみました♪


これで今回の街バル分は終了です。 

1冊4枚綴りの街バルチケット(前売3,000円・当日3,500円)で、いろいろな参加飲食店のお酒と一品料理(価格は200~300円程度お得な設定)が楽しめる街バルは素晴らしい企画でした。





番外4軒目。 その後、何故か4人で街バル参加飲食店ではないマジックバーへと移動。

女どもに連れられて訪れたのは以前から気になってた手品が楽しめるというお店。(初訪問)

4人で生ビールを乾杯。


目の前でコインやトランプを使った驚きの手品が次々と繰り広げられます。

本格的な手品を生で見たのは初めてでビックリの連続でした。

2人組が先に帰ってしまったので、ウーマン・フロム・トーキョー(実は秋田県出身)ともう1杯乾杯。

シンデレラボーイのはずが、0時を越えて夜遅くまで呑んでしまいました。




番外5軒目。 最後は旅の思い出にと郷土料理の出雲そばを食べにここに誘いました。


〆の出雲そばです。 割子3枚と瓶ビール。

深夜1時くらいまで過ごしてこの夜の楽しい呑みは終了です。 どうも、ご馳走さまでした(^^♪
Posted at 2018/10/18 08:53:41 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日本酒 | 日記
2018年09月09日 イイね!

酒タンプラリー

酒タンプラリー6つの飲食店×日本酒を呑み歩く『 酒タンプラリー 』が開催され、土日2daysのうち土曜日のほうに行ってきました。








酒タンプラリー

6つの飲食店と6つの蔵元がタッグを組みます。 各飲食店には各蔵元自慢のお酒が待っている。
スタンプ台紙代わりの手拭いを首に掛け、6つの飲食店を呑み歩き、全制覇すれば商品券げっと。

土曜日の開催時間は15時~20時。 自分は都合により少し出遅れた17時にスタートしました。

まず8枚つづりの飲食チケットを3,000円で購入。 チケット1枚はお酒orおつまみで使えます。 
なのでお酒6枚+おつまみ2枚で使います。 それ以上の注文は手払いで対応することに。

スタンプ台紙代わりの手拭いと90mlプラカップ(0.5合)、あと6つの飲食店の地図などももらう。

プラカップだと味気なくて少し寂しいと思い、別売り200円のお猪口も追加購入。(後ほど画像あり)


【1軒目】

まだ明るい17時に一人寂しくスタートしました。 1番近くにあった居酒屋さんへ。


李白のお酒が3種類。

秋の味覚ひやおろしに惹かれましたが、一番右の赤いラベル雄町の純米吟醸を選びました。

李白の蔵人さんがお酒を注いでくれました。

6つの各飲食店に各蔵元の蔵人さんがいます。

チケット1枚使用。 手拭いには李白のスタンプを押してもらった。

おつまみ無しで静かなスタートを切った。


【2軒目】

牛たん料理店。


蔵元は豊の秋です。

やはり秋の味覚ひやおろしに惹かれましたが、普通に純米酒を選んでいます。

プラカップでは味気ないので別売りで買ったお猪口に移しながら美味しく頂きました。

ここでもおつまみ無しでやり過ごす。


【3軒目】

らーめん居酒屋? 聞き慣れないジャンルの居酒屋さんに入ります。

ここでは先行してた知り合いの女子2人組に追い付き合流できました。 
以降は3人で行動を共にします。 この2人のお陰で極めて楽しい呑み歩きとなりました♪

蔵元は誉池月。 お酒は画像に6本ありますが3種類です。


蔵人さんが注いでくれる瞬間をパチリ。


無濾過純米生原酒を頂きました。 無濾過なので少し濁ってます。 お味はフレッシュな超辛口。


このお店ではチケット使わずして嬉しいお通し出ました。

この時点でチケット3枚使用。 残りまだ5枚ある。 


【4軒目】

日が暮れて赤ちょうちんが灯る大衆割烹へ。


蔵元は國暉(こっき)。 蔵人は杜氏さんでした。 スタンプを押してもらう。


そして杜氏さん自らお酒を注いでくれました。


ここで初めて秋の味覚ひやおろしを頂いています。 今シーズン初めて呑むひやおろしでもある。


さらにチケット1枚使用しておつまみ一品を3人でシェアして頂きました。



【5軒目】

完全に陽が落ちて夜になってオープン新しい居酒屋さんに。 

スタンプラリー終了まで残り1時間を切っていたが・・。

蔵元は開春。 ここも杜氏さんがおられて自ら注いでくれました。


生酛木桶仕込みです。 古酒のように色が濃くて甘めです。 みりんに近い。


お酒はひやおろし、発泡、生酛木桶仕込みの全3種類を3人でシェアして頂きました。


ここでは女子2人がそれぞれチケット1枚追加使用。

揚げ物と焼き鳥皮。 焼き鳥皮はお店のサービスで3人分出ました♪

あと苦手なので自分は食べないけどチーズ盛りです。

この5軒目ではゆっくりし過ぎまして、スタンプラリー残り時間20分という展開。


【6軒目】

急いで最後6軒目の居酒屋さんに滑り込む。


蔵元は月山です。 


お酒は3種類。


3人で全3種をシェアして頂きます。

チケットはここで使い切り、おつまみの煮込みを頂きました。

スタンプは無くて女将が筆で書いてくれました。

最後はスタンプじゃなかったけど、これで6つのスタンプ揃ってスタンプラリー達成です。

スタンプラリー制覇の景品は500円の商品券。 

これが3人分あるので1,500円分ある。 

最後のお店で早速商品券を使いました。 おつまみを頼みますが、女将のお任せにしました。

なんと、高級魚ののどぐろが出てしまいました。 凄い!


しかも、それだけでは終わらずご馳走の湯葉豆腐まで。


さらに地鶏の炭火焼まで出た。 商品券1,500円分にしては大サービスぶりです。 凄い!

スタンプラリー終了の20時を過ぎても楽しく飲んで過ごしました♪ どうも、ご馳走様でした。(^^♪

酒タンプラリー最高に楽しい展開でとても良かったです。 ありがとうございました♪



【7軒目】

エクストラの7軒目です。 スタンプラリー終わって最後はお洒落なバーに入ってみる。

ちょうど好みの’60~’80年代洋楽ロックがアナログレコードで流れてて素敵な雰囲気でした。

マンゴーソーダにガトーショコラ、お酒は呑まずまったりと夜カフェを楽しみました♪

ドリンクはお替りもしてシンデレラボーイのはすが、夜遅く0時過ぎまで過ごしてしまいましたね・・。
Posted at 2018/09/09 20:25:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日本酒 | 日記

プロフィール

「夕陽。」
何シテル?   12/15 16:46
はじめまして! みんカラはじめました。 どうぞ、よろしくお願いいたします。<(_ _)>

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

美保基地航空祭2018① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/30 21:10:29
美保基地航空祭前日編w 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/28 22:02:24
平成30年5月6日今年初の遠征。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/17 22:16:49

ファン

156 人のファンがいます

愛車一覧

シボレー コルベット クーペ シボレー コルベット クーペ
⑦’99シボレー・コルベット 憧れのコルベット、購入してから今年で19年になりました。 ...
シボレー カマロ クーペ シボレー カマロ クーペ
⑫’96シボレー・カマロZ28 そもそもカマロってまともな人なら買わない車だと思ってま ...
ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
⑬’98ポルシェ・ボクスター  初代ボクスターはデビュー当時からずっと気になってました。 ...
メルセデス・ベンツ SLK メルセデス・ベンツ SLK
⑩’99メルセデス・ベンツSLK230コンプレッサー オープンカーが欲しくなって10年3 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.