• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

こるまろのブログ一覧

2014年06月30日 イイね!

夏純米にこだわってみました

夏純米にこだわってみました今月オープンしたばかりのフレンチ酒場に登場。

美味しいフレンチ料理に合わせビールやフレンチワインも飲んだけど
このブログでは日本酒だけをフィーチャーします。

フレンチ酒場なのにメニュー見ると何故か日本酒も充実。

夏季限定の謳い文句が躍る「夏純米」の日本酒を見つけました。

夏純米という日本酒の正体とはいったい何か? 
普通の純米酒とは何が違うのか? 
毎年、騙されているだけではないのか?
検証してみる。

好きな銘柄、誉池月の「夏純米」があったので迷わず真っ先に一合瓶で飲んでみました。
ラベルの夏純米の文字の下には、生貯蔵とも書いてあるが、火入れとも書いてある。(?)
一口飲むとすっきり爽やか・・・というより、ずっしり深い味に感じた。これは熱燗が合いそうだな。

「夏純米」とはいったい? 
青い瓶に入っただけの夏向けイメージ戦略の商品ではないかとの疑念が過ぎる。
しかし、造り手が夏向けとして売ってる商品だから、飲み手も拡大解釈してやや強引に夏らしいお酒として楽しんで飲まなければならないだろう。

ずっしり系の夏純米は、生ハムやガーリックチキンの濃い洋食とよく合いました。


次に玉櫻の夏純米もあったのでまた一合瓶で注文してみる。

あっ、これはすっきり爽やか軽快な飲み口でした。夏純米、納得。

でもしかし、スパークリングや発泡系でもない日本酒「夏純米」の正体はラベルや瓶の色で
普通の純米酒とは差別化を図った夏向けイメージ戦略商品というのが結論でいいのでしょうか。

隣にいた人が食べてた裏メニューのにんにくチャーハンが美味しそうだったので、

便乗して頼んでみた。食べだしたら美味しくて、さじが止まらず割と一気に頂きました。

続いてお店は変わり、いつもの日本酒バーへ顔を出しに寄ってみた。実は久しぶり。

ここでも月山の夏向け「涼夏 純米吟醸」をやはり一合瓶で。爽やかで優しい旨口。

1軒目からビール、ワインも飲んで、日本酒は2軒目も合わせて計3合。お酒はすっかり満足。

最後の〆はカレーライスです。ちょっとお酒を飲みに来ただけなのにカレーもあるなんて困る。
つい別腹?で食べてしまうから。
Posted at 2014/06/30 22:12:27 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日本酒 | 日記
2014年06月29日 イイね!

初オープンぶらいぶ

初オープンぶらいぶ今日も朝から天気が良くてぶらいぶ。

行く当てはない。







先日も伺った自動車整備のショップに寄ってみる。

日曜日でお休み。空振りに終わる。
フィアット・チンク、ベンツ、アルファロメオ・・・クライスラーPTクルーザー。
欧州車ばかりのこの店でアメ車は初めて見た。

日御碕へ続く海岸沿いのワインディングロードで急に天気は曇り空に。

ここでボクスター、公道では初のオープン走行をしてみます。

風もほどよくあって・・左手に青い海を眺めながらやはりオープンは気持ちいい♪

日御碕の先端、灯台に着いたころは雲は無くなって暑い日差しに戻っていた。

道の駅キララへの海岸道路の途中で、やはり暑さに耐えられず屋根クローズド。

この季節、オープンにするタイミングが限られてて、せっかく来たばかりのボクスターも
活躍どころが少ない。

久しぶりにSLK仲間のマスターが40年以上営む老舗喫茶店へ寄ってみる。
ランチでミートスパゲッティーを頂きました。

私と同じSLK(R170)乗りのマスターに私がSLKを売ったことを報告する。

この喫茶店には私がSLK買う前にコルベットで初めてやってきて、いきなりお店の裏にあるガレージ保管のマスターのSLKとハーレーを拝見させてもらったのが縁でたまに寄らせてもらっています。

その後、私が密かに買ったSLKをマスターに見せてサプライズ報告。
それからMGFやカマロでも乗ってきて見てもらった。今回はボクスター。
忘れたころにたまに訪れては違った車でやってくるからマスターもびっくりだ。
Posted at 2014/06/29 23:43:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | ボクスター | 日記
2014年06月29日 イイね!

マイ・コルベット 15th Anniversary ① 1999-2003

マイ・コルベット 15th Anniversary ① 1999-2003本日6月29日はマイ・コルベット納車15周年記念日という
ことで・・
秘蔵写真でお送りする短期集中連載企画です。

1999年当時「こんな車は今しか乗れない」と思って
購入したんですが、現在7回目の車検中。
正直こんなに長く乗ることになるとは夢にも思わず
本当驚きです。

ヤング・ライオン時代は国産スポーツ車ばかり興味があって購読してた車雑誌はOPTION。
1991年のちょうど今頃、いつものようにOPTIONを買いに本屋に行くと車雑誌コーナーに目を引く黄色い雑誌が・・・Daytona創刊号との出会いでした。
Daytonaを手に取り開くと瞬時にコルベットの魅力に惹かれてしまう。
それからはOPTIONと一緒にDaytonaも購読することに。
Daytonaで見るC3やC4のコルベットに夢中になり憧れて、いつかはコルベット・・・。
しかし現実には国産スポーツのターボ車ばかり乗り継いで、コルベットはC5の時代を迎えたところでようやく「時は来た!」と思い購入に踏み切ったのでした。

1999年6月29日 コルベット納車。ヤ○セの工場で。

建物の影で暗くて写っていない・・・しかも逆光だ・・・。

そして雨模様。(爆)

こちらは当日下取りに出したアンフィニRX-7です。色も同じ黒で見た目もよく似てる。

実はRX-7、この17日前に自動車用品店の駐車場に停めてたら思わぬ出来事にあってしまう。
向かいからボルボがバックしてきたのでクラクション鳴らすも虚しく左前を当てられ凹んでしまった。
ボルボに乗ってた夫婦に猛抗議するも夫婦は不思議な表情を浮かべる。
当てた感触も無いしボルボには傷一つ無い。RX-7が最初から凹んでたのではと疑っている様子。これは困ったな。
そこで既にヤ○セで下取り査定してもらってたので、凹んでなかった証拠に夫婦をヤ○セに
任意同行いただいた。
ヤ○セで営業マンの説明と検証でようやくボルボが当てたと認めてくれた夫婦。
ところがこの夫婦、罪の意識が全く無くて「次はどんなクルマ買うんですか?」って興味津々で
ニヤニヤ。
結局、RX-7の凹みも既に決まってた査定額には響かず。夫婦にも修理代請求無かったと記憶。

で、コルベット興奮の初運転。地の底から吹き上がるような大排気量エンジンはこれまで乗った国産ターボ車には無い感覚。
初めての左ハンドル、左の運転席から見ると幅広いボディが道路の中央線を踏んでるような気がして、きちんと真ん中走れているのか心配になったの覚えています。

1999年7月 早速やらかしてしまう。

なんと早くもバッテリー上がり。原因は足元照らす室内灯が付きっぱなしだったみたい。
当時のもう一台の愛車インプレッサWRXスポーツワゴンで充電レスキュー。
このときのバッテリーは2006年に予防交換してて、その後2個目は現在まで交換していない常に一発始動の異様な長持ちバッテリー。

この頃はまだフィルム写真の時代で、あまり写真が残ってないな~

メンテもヤ○セは高額だから大変。
オイル交換は2万円近くかかるから2回目からはオイル持ち込みして交換してもらってた。

2001年2月 インプレッサを新型丸目WRXセダンに入れ替えました。

実用的でもあるGTカーと趣味のスポーツクーペ。これが理想的な2台体制と思ってました。
インプレッサはいい車で私の車歴で唯一2台乗った車種ですけど、コルベットも次に乗り換えることがあればまたコルベットにしたいですね。

2001年7月 ミゼットⅡも買って3台体制に。

2002年6月 コルベット初めての車検で大事件勃発!
車検が終わり、ヤ○セの整備工場でコルベットを引き取ったその直後のこと・・。
フロントガラスに傷?穴?飛び石の跡?を発見。
すぐさまヤ○セにスピンターン! ヤ○セに猛抗議して揉めに揉めました。
ヤ○セは車検のときはフロントガラスに傷なかった、傷あったら車検通らなかったと言って非を認めてくれないので、怒りの抗議のつもりでコルベットをヤ○セに置いたまま帰った。
それから暫く連絡もせず。クワイエット・ライオット(静かなる暴動)を決め込む。
ようやくヤ○セから「フロントガラス交換は50万円かかるからガラスを削る修理をさせてほしい」と
怒りの燃料補充の電話があってその対応に納得いかず再び保留。
結局、コルベットを一ヶ月半ヤ○セに置いたまま引き取りに行かない抗議の末、フロントガラスを
クレーム無償交換してもらいました。
ヤ○セとの決別を決意した出来事でした。

2003年は平穏に過ぎて2004年に続く・・・
Posted at 2014/06/29 22:21:26 | コメント(4) | トラックバック(0) | コルベット | 日記
2014年06月26日 イイね!

あぁ無情 最低地上高確保のために

あぁ無情 最低地上高確保のためにコルベットを車検整備に出したのが
18日のことだったから、もう1週間経ちました。

落としている車高は、車検対策として最低地上高9cmを
確保するためにフロントバンパー下のベロを外してもらって
車検を通す目論見だったのに全く当てが外れてしまった。

昨日ショップから電話あって、マフラーの触媒も最低地上高9cmをクリア出来てないとのこと。

急遽、計画を変更して元のオリジナル車高に戻して車検を通すことになりました。

車高を戻す工賃に加えて、ワイパーやベルト類のゴム製品劣化もあり、
車検費用は当初の計算よりも大分高くなりそうです。(--;

気になって本日、コルベットの様子を見に行ってみる。

珍しい色のZ4の隣に並んでいました。

あぁ、車高は元のオリジナルに戻ってる。車検は無事に通ったのかな?

と思ったら、ベルト類の部品到着がまだで、車検通過にはまだまだかかりそうでした。
Posted at 2014/06/26 22:15:07 | コメント(5) | トラックバック(0) | コルベット | 日記
2014年06月26日 イイね!

鬼そばぶらいぶ

鬼そばぶらいぶ最近は多忙につき心身ともにお疲れ。
みんカラもあまり覗けず一週間ブログも停滞。

気晴らしにぶらいぶ。






さくらおろち湖のダム湖周辺をぶらぶらと。

天気も良くてワインディングロードをくるくる。行ったり来たり。

ダム湖の下流側にも降りてみました。

不用意に増車したボクスターも徐々に運転に慣れてきた。

熱い陽射しでこの日も未だ屋根オープンにはせず。紫外線が気になるオープンカー乗り。

お昼を食べるお店は行き当たりばったりでセレクション。

鬼そばという手打ち十割蕎麦のお店を初訪問しました。

お店の外観は田舎の民家そのものです。
ホワイトボードには店主が一人でもたもた作ってるとの注意書きが。

果たしてどんな鬼が出てくるのかと思いきや、お店の人の感じも良くて丁寧な接客。

さてさて、メニュー見ながら十割蕎麦をざるそばで食べようと思ってたのに、
注文の段になってから一時の気の迷いでぶっかけそばを注文してしまった。

十割蕎麦も新鮮わさびも美味しかったです。食後はそば湯とそば饅頭のおまけ付き。

リピート決定?!
Posted at 2014/06/26 21:38:02 | コメント(5) | トラックバック(0) | ボクスター | 日記

プロフィール

「[整備] #ボクスターオープン 右側パワーウインドウのレギュレーター交換 https://minkara.carview.co.jp/userid/1532104/car/1718576/5083111/note.aspx
何シテル?   12/11 09:06
はじめまして! みんカラはじめました。 どうぞ、よろしくお願いいたします。<(_ _)>

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/6 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

美保基地航空祭2018① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/30 21:10:29
美保基地航空祭前日編w 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/28 22:02:24
平成30年5月6日今年初の遠征。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/17 22:16:49

ファン

155 人のファンがいます

愛車一覧

シボレー コルベット クーペ シボレー コルベット クーペ
⑦’99シボレー・コルベット 憧れのコルベット、購入してから今年で19年になりました。 ...
シボレー カマロ クーペ シボレー カマロ クーペ
⑫’96シボレー・カマロZ28 そもそもカマロってまともな人なら買わない車だと思ってま ...
ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
⑬’98ポルシェ・ボクスター  初代ボクスターはデビュー当時からずっと気になってました。 ...
メルセデス・ベンツ SLK メルセデス・ベンツ SLK
⑩’99メルセデス・ベンツSLK230コンプレッサー オープンカーが欲しくなって10年3 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.