• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

こるまろのブログ一覧

2016年01月31日 イイね!

昼間からの飲酒がたたり善意の献血を断られる

昼間からの飲酒がたたり善意の献血を断られる最近すっかり、みんカラ的には自堕落な生活を過ごしていたため、久しくブログ更新するやる気を無くしていました。

こんな生活をしていては良くないと思い、みんカラ社会復帰を果たすべく奮起しまして、昼間からお酒を飲みにお出掛けしてきました。

毎年恒例の冬の食フェスタ「暖談ごちそう市場」です。


昼前、会場となった駅前通りに着くと、数十もの様々なグルメ屋台が並び連ね、本当に多くの人出で大変な賑わいを見せておりましたが、ここでは屋台や人出の風景写真は大幅割愛いたします。



まずは、食フェスタ名物の巨大鍋で作る限定800人分の「縁結び七福神鍋」の行列に並びました。

味噌だし汁に、松葉ガニ、ぶり、すずき、いわし団子、赤貝、国産豚ばら肉、大根、人参、こんにゃく、ごぼう、ネギ、白菜、刻み揚げ。 寒空の下、実に具だくさんの鍋を頂き体を温める。


続いては、ボイルされたこちらの地方で松葉ガニと呼ぶズワイガニ。 冬の味覚の代表格。
この状態だと野外の食イベントで食べ歩きし難い食材だなと思いはしたんですが、

ついつい松葉ガニまるまる一杯を買ってしまいました。

流石に食べ歩けないから、そのまま駅前通りにあるスタンディング・バーに持ち込み入店する荒業。

バーではお酒をグラスで一杯お願いしました。 

この季節お勧めの石見銀山しぼりたて生原酒。

白昼から乾杯! 
松葉ガニにグラスを持たせてみる。

ここから小一時間、松葉ガニとの格闘が始まります。

格闘中・・。 カニの身を取るのに一生懸命で集中しているからお酒はなかなか進まない。

なんとか松葉ガニを完食しまして、再び野外のグルメ屋台を巡ってみました。

行列の出来てた世羅牛の丸焼きが美味しそうだったので、これを一人前(少々)買ってみる。

お酒は、他の銘柄が売られてなかったという理由でまたも石見銀山です。 
今度は改良八反流れをコップ一杯だけ。

世羅牛の丸焼き一人前(少々)と石見銀山改良八反流れをコップに少々。

最後は量的にちょっと寂しいですが、食フェスタはこれで退却することにしました。


直後、ここで突然にも友人と出会いまして、車に乗せてもらいカフェに連れて行ってもらうことに。

久しぶりに会う友人の車はアウディA3 1.4T。 これがアウディ人生初乗車となりました。

お得なケーキセットのドリンクはお酒は選べられなかったのでコーヒーにしました。

ケーキはミルクレープ。 

連れて行ってもらったカフェですが、どういうわけかタイミング良く本日は献血車がやって来るコラボイベント日ということで・・?  カフェで献血?! ここは社会貢献に積極的なカフェなのであった。

カフェ建物の裏にスタンバイする献血車。

献血は車の中で行われますが、献血前の受付や問診はカフェの中で始まりました。

これまでの人生では恐怖心から献血を避けてましたが、献血車を目の当たりにしてせっかくなので人生初献血に挑戦する覚悟を決めた。 受付と問診を受けることに!

ところが、問診が始まるなり、飲酒したばかりということで善意の献血はやんわり断られてしまう。

残念・・? 内心ややホッとしたりもした?

毎年、献血車とコラボする立派なこのカフェは、献血した人は勿論のこと、献血できなかった人にも献血ヘ協力的な姿勢を見せたということで、なんとコーヒーとデザートの無料振る舞いがありました。

しかも、後日使えるお食事券¥1,000付きでした。 一滴の血も失うことなく、これは申し訳ない。

でも・・ラッキーでしたね♪
Posted at 2016/01/31 22:06:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日本酒 | 日記
2016年01月17日 イイね!

住んでない町の新年の宴に参加してきました

住んでない町の新年の宴に参加してきました年末に李白酒造を訪ねた際にお誘いを受けて、私自身が住んでいない町ではあるけど、その町の公民館で催された新年の宴に参加させてもらうことが出来ました。

宴には町内の50名の皆さんが参加。 

もちろん、李白の蔵元さんも参加されお酒を振る舞われた。

それに町内のお店コラボレーション持ち寄り料理もいっぱい出されて大満足の宴となりました。


まずは宴の開始とともに蔵元さんより、料理とお酒の合わせ方について提案された。

決して高級な料理に高級なお酒を合わせた飲み方が良いというわけではない。
料理とお酒、それぞれの持ち味を相殺させない飲み方を。

あっさりした料理にはあっさりとしたお酒、こってりした料理にはこってりしたお酒を合わせる。

酒粕が入ったお豆腐には特別純米超辛おろち、合鴨のローストには純米吟醸生酛こだわり、烏賊の塩辛には純米吟醸雄町生原酒、といったように料理に合ったお酒の飲み方をしてみて、最初のまだ酔っ払わないうちにそれを確かめることが出来ました。

既に飲み始めてましたけど、乾杯酒は冬の味覚、しぼりたて生でした。 お酒は生酒が好き♡
ここから宴の本格的な始まり。 蔵元さん振る舞いのお酒が3種類登場します。

お刺身は鰤(ぶり)と鮒(ふな)。 鮒の刺身はちょっと珍しく普段あまり食べる機会が無い。

ここでも、あっさりした刺身にはあっさりとした醤油、こってりした刺身にはこってりした醤油というように、鮒には薄口醤油、鰤には濃口醤油で美味しく頂きました。

純米吟醸「Wandering Poet(放浪詩人)」の名は李白を連想させる。 爽やかなキレのある味。

冬の新酒、しぼりたて生のにごり酒はフレッシュな味わい。 小鉢料理は煮なます。

そして、温かいおでん。

手前の黒いのはゴマの入った練り物です。

おでんには熱燗を。


実はこのおでんには驚きのトリックがありまして、煮玉子を割ってみると・・・あら不思議?

なんと半熟! おでんなのに玉子が半熟って?! いったい何故? (答えはブログの最後で)

赤貝の煮付け、焼き公魚(わかさぎ)。


町内のお蕎麦屋さんが宴の終盤に合わせて出雲蕎麦を作ってきてくれました。

美味しくお蕎麦を頂きながらも、お酒はラストスパートで飲み続けてます。

最後は町内のお菓子屋さんコラボレーションのデザートで〆。 

苺のショートケーキ、山田錦の米粉マフィン、桜餅。

町内の温かく手作り感ある美味しく楽しい新年の宴。 参加出来て本当に良かったです(^^)♪




おでんの煮玉子トリックの答え : 実は煮玉子だけおでんではなくてラーメン屋さんの。
Posted at 2016/01/17 20:53:12 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日本酒 | 日記
2016年01月14日 イイね!

正直にただ真っ直ぐに走りたい

正直にただ真っ直ぐに走りたい年始の カマロ&カマロ 新春ぷちオフ で、同車種オーナーのみん友さんとお会いしたことが、今後カマロを維持していくうえでとても励みになりました。

大事に長く乗っていきたいという気持ちが一層強くなった。

これまでも、壊れた箇所の修理を重ねてきましたが、ここで以前よりずっと気になっていたあの問題を正すべく、ついに一歩踏み込む決意をしました。

それは、走行中に少しずつ左に流れていく問題。 要するに真っ直ぐ走らない。
ステアリングをちょっと右に傾けてないと真っ直ぐ走らない状態でした。

当カマロは新車初年度登録1996年3月。(もうすぐ車齢ハタチ)
13年くらい女性ワン・オーナーの後、数年売り出してたものを引っ張ってきて私が購入したのが2013年9月でした。 納車前にタイヤ4輪を新品に交換。 
実は納車時から、少し左に流れていく傾向はあったが、「まぁアメ車なので」と北米大陸の大らかな心で最初はあまり気にしないことにしていました。

真っ直ぐ走りたいときはコルベットやボクスターに乗ればいい。 でもコルベットも同じアメ車なのに真っ直ぐ走るな。 いつか何処かの専門店で四輪トータルアライメントの相談をしてみよう。

そうこうしてるうちに、ついに四輪トータルアライメントの決意をしたのが、先の新春ぷちオフを機会に長く乗り続けたい気持ちが一層強まったからというわけでした。

そこで、普段お世話になってるいつものショップではなく、アライメントテスターなどの設備が備わっているタイヤ専門店を訪ねてみた。(初)

まずは相談するだけのつもりで恐る恐る訪問しました。

担当の方から丁寧な対応を受ける。 

気になる費用は、測定が¥12,960、調整が1箇所¥2,160。

ところが、アライメント測定は可能だけど、過去に入庫実績の無い車種(カマロ)なので、アライメント調整が出来るものなのか?・・といった不安要素を語りその表情を曇らせた。

とりあえず、車体を持ち上げてアライメント調整が可能かどうか確認してもらうことに。


担当者さんに呼ばれて一緒に車体の下に入り、足回りを見上げて説明を受ける。

調整箇所は前輪左右が各3箇所、後輪には調整箇所が存在しない。 

サスペンション形式 :(前)ダブルウイッシュボーン、(後)トルクアーム

調整ボルトの位置とボルトが動かせる遊び穴を確認。 目視では左右の差は分からなかった。

調整箇所は最大6箇所で済む。 
こっそり頭の中で、測定¥12,960+調整¥2,160x6箇所で合計は・・と計算した。

測定しますか? しませんか? と聞かれて・・ もちろん、してみたいです!

では、改めて日時の予約をして・・・と思ってたら、この場ですぐに測定してくださるとのこと。

手際よく四輪にアライメントテスターを装着される。 テスターはJOHN BEAN社製。

測定した状態をすぐさまモニターで確認。  グラフィカルにタイヤの状況が見て分かる画面や測定数値で表す画面など見せてもらい診断状況の説明を受ける。

同時に同車種本来のスペック・データも表示されますが、このカマロの場合、新車時から左右異なるやや左に向けた傾向で設定されているスペックを持つ車種である驚愕の事実も分かってしまった。
担当の方も、国産車ならまず左右全く同じ設定のところを、この車種(カマロ)は左右異なる珍しいスペックだと首を傾げる。

左に向けて寄る設定なのは、本国米国が右側通行だから??

元々が左右異なる設定だからちょっと比較が難しい。 暫くモニターとにらめっこ。

それでも、ある傾向が見えてきた。 「右側前輪のキャンバーが内側に傾き過ぎている。」
前輪の右タイヤが左に押すので、車体が左に流れているらしい。

なので、基本的には右側前輪のキャンバーを少し起こせば良いとのこと。 
しかし、その場合でも左右ともスペックに合わせていく兼ね合いがあるので1箇所だけでなく6箇所全部調整することになるそうです。

ただ、アライメントテスターの画面にはアライメント調整の手順もグラフィカルに説明してくれる画面が出るんですが、そこには必要な工具としてGM社の専用工具も表示されてしまった。
「ここにはこの工具はありませんので・・」と眉間に皺を寄せ険しい表情の担当者さん。 
えっ、ここまできてこれで終了?!(゜゜;)

まぁ、それでも調整出来るかやってみますと、GM社専用工具無しでチャレンジしてもらうことに。

アライメント調整作業の間は店内で待ちます。

テーブル席に座って店内からガラス越しに作業を見守る。

ちょっとウトウトと眠くなってきたところで、作業終了のお知らせがありました。

※受け取ったレポートから肝心なところだけを抜粋

心配していたGM社専用工具は無くともさほど問題無かったようで? 
右キャンバーを中心に前輪左右のアライメント調整が施されている。
一部新車時のスペックから外れているところもあるが、そこはあくまで参考スペックなので・・?
あと、右前輪のみタイヤが内減りしてたことも判明。(爆)

次に試乗。 まずは担当者さんが試乗に出掛ける。 少ししてから戻って来て「大丈夫と思います」とドヤ顔で自信を窺わせた。 続いて自分自身で試乗してみました。

一般道に飛び出した瞬間、その明らかな違いが分かった。 おぉっ、真っ直ぐ走ってる!
これには驚いて感動しました。 四輪トータルアライメント恐るべし。 
ハンドルにただ手を添えるだけ。 真っ直ぐ走るのが気持ち良くてそのままドライブしてしまった。

素直に真っ直ぐ走る。 当たり前と思えることでこんなにも感動してしまうとは。

試乗を終えてタイヤ専門店に戻る。 

四輪トータルアライメント、気になる最終的な費用は・・

測定¥12,960 + 調整¥2,160 × 6箇所 = 合計¥25,960 でした。

が、

費用のほうもトータルアライメントしてもらい、合計¥21,600 の支払いとなりました。

いやぁ、お世話になりました。 ありがとうございました。 

これで、また大事に長く乗れることが出来そうです。(^^)♪

四輪トータルアライメントしてみて本当に良かったよ。



整備手帳 : 四輪トータルアライメント測定&調整



Posted at 2016/01/14 23:10:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | カマロ | 日記
2016年01月13日 イイね!

あの不審なおじさんから写真が届いた

あの不審なおじさんから写真が届いたいったんブログをお休みさせて頂いたことで、自身に勝手に課してた毎日更新の呪縛から解き放たれ、ようやく心の安息を得ることが出来ました。

それまでが、毎日忙しく取材と編集を繰り返すジャーナリスト生活を送ってましたから、それがブログ更新しない読み手の立場に回ると本当に楽だ♪



このまま他の方のブログを拝見して楽しむ日々を続けようかなと思いもしましたが、いったんゆっくり過ごしてみると、体が鈍ってくるというか、社会に取り残されている気分になるというか・・。

せめてネタとやる気がある日くらいはブログ更新していこうと自身に強く言い聞かせたところです。


さて、最近ついに冬らしい寒さとなり、まだ雪までは降らないものの、冷たい雨と風でドライブに行く気にはなりませんでした。

そんな中、一通の封筒が届きました。 送り主の肩書きは「フォトグラファー」。 
はて? 最初はすぐに分かりませんでしたが、次第に記憶が蘇ってきた。 もしかして・・?

封筒を開けると3枚の写真と手紙が入っていました。 やはり。

以前に道の駅で、不審なおじさんに声を掛けられて 愛車の撮影に応じたことがありました。

そういえば、撮った写真を後日送ってくださるというお話でした。

いったい、いつのことだったかな? 自身のブログを遡って確認してみる。
こういうときに日記代わりにブログを書いていると便利です。 

なんと、撮影したのは一昨年2014年9月27日の出来事でした。

すっかり忘れていましたが、あれから1年4ヶ月も経って、律儀にも写真を送ってくださったのです。

これは驚いた。 そして嬉しい。


サービスサイズ(L判)の写真3枚 :

写真①


写真②


写真③



同封の手紙には、冒頭に写真の送付が遅れたお詫びに続き、びっしりとした長文が書かれていた。

その中の一文 :

『 透明な大気の中、澄み渡る日本海を背景にパワフルでスピード感あふれる造形美に熱き鼓動が脈打つように、とてもダイナミックに、そして一際スタイリッシュに撮影できました。 』 (原文のまま)

と、表現力豊かな素晴らしい文章が書かれていました。


そして、手紙の最後にはお好みの写真を大きく引き伸ばすことも可能(有料)との宣伝も忘れない。

2L   ラミネート写真         価格1,500円  送料300円
W4切 ラミネート写真         価格6,000円  送料1,000円
A3   ラミネート写真         価格12,000円 送料1,500円
W4切 アルミ額入りラミネート写真 価格9,500円  送料1,500円
A3   アルミ額入りラミネート写真 価格15,000円 送料1,500円


いや、私は今回送って頂いたサービスサイズ(L判)の写真3枚で十分です。

ありがとうございました♪

突然に声を掛けられ撮影してもらったあの日以来、再び遭遇することは一度もありませんでしたが、またあのおじさんに出会ってみたいものだ。
Posted at 2016/01/13 20:50:36 | コメント(2) | トラックバック(0) | コルベット | 日記
2016年01月10日 イイね!

明日のブログお休みします <(_ _)>

明日のブログお休みします &lt;(_ _)&gt;一昨年の12月から毎日ブログ更新を続けておりましたが、とうとう昨日のブログで己の限界を感じてしまいました。

体力の限界! by 千代の富士。 (>_<")

昨年末に弱音を吐いていた通り、今年は毎日更新を止め、休み休みのブログ更新とさせて頂きます。

(毎日更新の連続記録はこのブログを含め393日で終了)


来週は、いよいよ雪が降る天気予報となっており、行動範囲も限られてくることから、お休みの日は買い溜めていた『燃えよドラゴン』 『キングコング』 『アイアン・マン』 『進撃の巨人』・・といった好きな映画のDVDをお家でのんびり鑑賞して過ごそうと思います。

とりあえず、明日1日?~数日?お休みさせて頂きますので、何卒よろしくお願い致します。 <(_ _)>

※みんカラの徘徊は通常営業日通り行います。
Posted at 2016/01/10 19:45:00 | コメント(5) | トラックバック(0) | その他 | 日記

プロフィール

「[ハイタッチ!drive] ハイタッチ!drive
2018年09月22日 10:13 - 17:11、
101.68 Km 6 時間 58 分、
3ハイタッチ、コレクション1個を獲得、バッジ25個を獲得、テリトリーポイント200pt.を獲得」
何シテル?   09/22 17:12
はじめまして! みんカラはじめました。 どうぞ、よろしくお願いいたします。<(_ _)>

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/1 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

美保基地航空祭2018① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/30 21:10:29
美保基地航空祭前日編w 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/28 22:02:24
平成30年5月6日今年初の遠征。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/17 22:16:49

ファン

154 人のファンがいます

愛車一覧

シボレー コルベット クーペ シボレー コルベット クーペ
⑦’99シボレー・コルベット 憧れのコルベット、購入してから今年で19年になりました。 ...
シボレー カマロ クーペ シボレー カマロ クーペ
⑫’96シボレー・カマロZ28 そもそもカマロってまともな人なら買わない車だと思ってま ...
ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
⑬’98ポルシェ・ボクスター  初代ボクスターはデビュー当時からずっと気になってました。 ...
メルセデス・ベンツ SLK メルセデス・ベンツ SLK
⑩’99メルセデス・ベンツSLK230コンプレッサー オープンカーが欲しくなって10年3 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.