• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ながいのブログ一覧

2014年11月29日 イイね!

まともな頭ではないよね。

ここまでくると。。。
大半がこんな思考なんでしょね・・・シナ人。

中国の伝統スイーツで日本を侮蔑、中国ネットには批判殺到!「バカなメーカー!」「日本人に見られたら…」

9月8日の中秋節を前に、中国でさまざまな月餅が売られる季節となった。こうした中、同国のあるインターネット・ユーザーが26日、表面に「小日本(日本人に対する蔑称)をかみ殺せ」といった文字が入った月餅の写真を中国版ツイッター「微博」上で紹介し、注目を集めた。

このユーザーは微博に「中国の商売人と日本の商売人の最大の違いはどこにあるのか? 日本人は質のいい自動車や家電を作るが、中国人はこんな驚くべき月餅を作る。日本人はハイテクで中国人から利益を得るが、ある中国人は愛国心を利用して同胞から利益を得ようとする」とつづった。写真に写った1箱4個入りの月餅の表面にはそれぞれ、「小日本をかみ殺せ」「小日本を打倒せよ」「小日本を恨め」「小日本を追い出せ」といった文字が入っていた。

この書き込みを見た中国のユーザーたちから、つぎつぎとコメントが寄せられた。多くはこの製品に対して批判的なものだった。

「日本人全体を罵っているあんたも偏狭だ。それは愛国じゃないし、民度低い。愛国ぶるな」
「キモすぎる」
「こんな月餅みたことない。でも日本人が全員、憎むべき相手ってわけじゃないと思う」

「韓国は日本の4倍ぐらい遅れているという。じゃあ、中国はどれだけ遅れてる?」
「そんなに日本人が憎いって、中国に進出した日本企業を追い出すことができるのか? こんなくだらないことして何になる?」
「こんなもん、食べたくない」

「悲しいね」
「月餅まで日本ネタかよwww」
「アホだな。日本人に見られたら笑い者だ!」

「バカなメーカー!」
「韓国人より妄想強い」

「愛国月餅だ」
「この月餅を日本に売ろう!」

(編集翻訳 恩田有紀)
Posted at 2014/11/29 23:51:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 特定アジア問題 | 日記
2014年11月22日 イイね!

さっそくコピーです。正常運転のシナ国

まぁ~正常な感じですね(笑
こんな国とまともな国交を求める方が間違いなんですが。

日本で開発した「エボラ特効薬」にパクリ疑惑  中国で同成分の薬を製造とWHOが指摘
11月21日(金)19時27分配信

日本で開発した「エボラ特効薬」にパクリ疑惑  中国で同成分の薬を製造とWHOが指摘

中国の「JK‐05」は、「エボラ特効薬」の期待が高い「アビガン錠」と同じ成分だった!

 富士フイルムホールディングス(HD)傘下の富山化学工業が開発し、エボラ出血熱の「特効薬」として期待が高まっている抗インフルエンザ薬「アビガン錠」(一般名、ファビピラビル)と同じ成分のクスリが、中国で製造されていることがわかった。

 アビガン錠は、エボラ出血熱の治療薬としては未承認だが、ウイルスの増殖を防ぐ作用があり、エボラ出血熱にも効果があるとみられている。富山化学は中国でアビガン錠の物質や製造、用途の特許を出願。2006年に特許が成立している。

■富士フイルム「現在、情報収集しているところです」

 富士フイルムによると、中国の「JK‐05」と呼ばれるクスリが、「アビガン錠」と同じ成分であるとの指摘は、2014年9月に開かれた世界保健機構(WHO)の専門家会合でわかった。

 この会合には同社の社員が出席していたほか、「議事録の『JK‐05』の記述の中に『T‐705』(アビガン錠の開発品コード)の記載があったことを確認しています」という。

 「JK‐05」について、富士フイルムは「現在、事実関係を確認中で、情報収集しているところです」と、困惑ぎみだ。

 アビガン錠の物質や製造技術が特許に抵触する可能性は高く、開発情報が中国側に漏れていた疑惑も指摘されている。経済情報誌「FACTA」11月号は「中国に盗まれた『エボラ特効薬』」の見出しで、アビガン錠と同じ成分の「JK‐05」が「特許法違反にあたる」と指摘。「中国の研究機関が富山化学の成果を掠め取り、軍需品として製造を開始していた」とみている。

 当の富士フイルムは、特許侵害についても「事実関係がはっきりしないので、今のところわかりません」との話しにとどめている。

 アビガン錠が厚生労働省の承認を得たのは、2014年3月。富山化学が承認を申請したのは11年3月で、通常は申請したクスリの審査期間は1年ほどだが、アビガン錠は妊婦などに服用できず、用法や用量が確定していないためになかなか承認が得られなかった。承認には、じつに3年を要した。

 そんなアビガン錠と同じ成分のクスリが、中国で開発されていたというのだ。

 中国や欧米の報道を総合すると、中国の「JK‐05」も抗インフルエンザ薬で、中国人民解放軍の軍事医学科学院と四環医薬が共同開発。現在、認められているのは緊急時の軍での使用のみだが、四環医薬は中国での一般利用に向けて当局に申請を行うことで軍事医学科学院と合意しているとされる。

 10月17日付のWant China Timesは、「薬剤は数千人単位の人命を救うだけでなく、世界的に中国の製薬会社に大きな名誉となることは明らか」と書いている。

 また、同日付のロイター通信は、四環医薬がアフリカでエボラ出血熱への対応を支援している中国人向けに「JK‐05」を供給する、と報じていた。


中国の「JK‐05」、「これがアビガン錠のコピー薬だろwwwww」

 こうした事態に、インターネットでは、

  「これがアビガン錠のコピー薬だろwwwww」
  「WHOがこれ使ったら、薬品業界の秩序が崩壊するな」
  「これ失笑をかったパクリ品でしょ」
  「薬って成分わかっただけではコピーできないのか」
  「ウイルスは死滅した しかし患者も死んだ」

といった声が並ぶ。

 WHOによると、エボラウイルスによる患者数は1万5145人、死者も5420人(2014年11月19日付の情報)と、なお納まる気配はなく、ギニアやリベリア、シエラレオネでは「未だに流行が続いています」(厚生労働省検疫所)という。

 アビガン錠はすでにフランスやスペイン、ノルウェー、ドイツの4か国で4人の患者に投与され、全員の回復が報告されている。2014年11月中旬からはフランスとギニア両政府が共同でギニアの患者60人を対象に臨床試験を実施。これには世界保健機構(WHO)も関与しており、国際的に承認される可能性があるとされる。

 一方、富士フイルムもエボラ出血熱の患者への投与拡大に備えて、アビガン錠の海外での使用を目的とした追加生産を決めた。現在の在庫は2万人分。製剤前の原薬は30万人分を保有しており、「感染がさらに拡大しても、十分な量を継続的に供給できます」(富士フイルム)という。

Posted at 2014/11/22 23:19:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「鈴鹿サーキットでゲートで、オープン待ち

何シテル?   08/18 06:12
愛知県豊田在住です。 酒とクルマ好きです♪ クラブ&ディスコ系大好きです。(はーと 気の向くままにブログを書いてます。 コメントを頂いても気の向くま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/11 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

ブックマークだと思って、気軽にポチッと
押して下さいな。♪
95 人のお友達がいます
はちすけはちすけ * silverstonesilverstone *
macモフモフmacモフモフ * プロジェクト34プロジェクト34 *
カーランド バーデンカーランド バーデン *みんカラ公認 ソニー・クロケットソニー・クロケット

ファン

24 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フィット ホンダ フィット
2012年1月21日に納車されました。 クルマ屋さんが福島のオークションで落札して 頂 ...
ホンダ シティ ホンダ シティ
事務課仕様 ロールバー6点 クスコLSD ジムカーナ足周り 13インチホイール&タイヤ( ...
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
GC8インプレッサ→GA2シティ→GC8インプレッサ 現在所有のGC8です。 オークショ ...
ダイハツ ミラ ダイハツ ミラ
友人の整備工場で借りる代車です。 当分は乗らない事を祈ってます(爆
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.