• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

jtのブログ一覧

2012年07月29日 イイね!

O・K・I・N・A・W・A♪

こんにちは jt です。
※写真のクリックで新しいウインドウに拡大表示(Max横2048縦1367)されます。

7/26(木)~7/29(日)まで *仕事* で沖縄に脚を伸ばしていましたw

出張期間が流動的だったけど、順調に仕事が片付き土日が空いた。その時間にじもっちーの教え子が沖縄を案内してくれるというので、チョックラ名所巡り♪

撮影は全てK-5

(1) 豊崎海浜公園。沖縄といえば、やっぱり海!!
豊崎美らSUNビーチ

(2) 豊崎美らSUNビーチ。美らは"ちゅら"と読みます。豊崎海浜公園にあるピーチで、県内最大級(全長700m)のビーチだそうです。
豊崎美らSUNビーチ
※"最大級"ということは、"最大(1番)"ではないのね、、、、w

(3) 沖縄の空はホントに蒼い♪ 抜けが抜群です♪
豊崎美らSUNビーチ

(4) エメラルドグリーン♪♪♪ 豊見城ハーリー大会(ドラゴンボートによるスピード競争)が開催されてました♪
豊崎美らSUNビーチ

(5) 中央をよく見ると旅客機がw
豊崎美らSUNビーチ

(6) 喜屋武岬。沖縄本島最南端にある岬で喜屋武岬(きゃんみさき)といいます。向こうに見えるのは荒崎。
喜屋武岬

(7) 第二次大戦末期の沖縄戦で米軍に追いつめられた島民が逃げ場を失いここから身を投げたという悲しい歴史の残る場所。海面からは30メートルもの断崖絶壁です、、、、。
喜屋武岬

(8) 喜屋武岬。自然の美しさが際立つ沖縄においても、有数の美しさだとか。
喜屋武岬

(9) どこまでも続く青い海、蒼い空。そして…地球はまる…くなかったww
喜屋武岬

短い時間だったけど沖縄満喫♪

え?他にも?いえいえ仕事ですから、首里城とかひめゆりの塔とかアメリカンビレッジとか行っていませんよww え~え~w
関連情報URL : http://celsiorup.com/
Posted at 2012/08/01 00:54:25 | コメント(8) | トラックバック(0) | 風景写真 | 旅行/地域
2011年06月19日 イイね!

初ホタル狩り

こんにちは jt です。
※写真のクリックで新しいウインドウに拡大表示(Max横1200縦800)されます。

近所でホタルイベントが開催されていたので行ってみた。
昨年も似たようなホタル祭りに出向いてみたが、あまりの人の多さにすぐに撤収…。(写真撮影どころではなかった)
今回も凄い人出かなぁ…と恐る恐るだったが意外に人出はまばらだった♪

とはいえ初ホタル狩り、本当にホタルが出るのか半信半疑でした…。
ほぼJPG撮って出しです。

(1) デタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


(2) 天平ホタル…いや源氏ボタル!!


(3) 乱舞!? とまでは行かなかった…(; ̄ー ̄A


(4) 一匹のゲンジボタル


(5) 暗闇に光り輝くホタルたちの求愛ダンス


(6) 手持ちw


(7) ホタルの光がせせらぎに。


正直、どれも失敗しました。ホタル撮影は予想以上に難しいです。

それはそうと見物客のマナーが悪かったです。
ホタルが出る頃になると、
・ホタルは持ち帰らないでください。
・懐中電灯等で照らさないで下さい。
上記の注意事項が放送されました。

が、やはりマナーの悪い人が居るものです。
1)電灯でホタル照らす
 →電灯で照らしたら見つけにくいばかりか、ホタルが発光しなくなるでしょう?
2)フラッシュを焚く
 →フラッシュ焚いて写るわけがないでしょうに…。
3)ホタルを捕まえる
 →論外。

小さな子供連れ/ファミリーが多かったのもありますが、
1)2)で撮影はかなり難航しました、、、。(; ̄ー ̄A

ま…それ以上にテクニック不足ですが…( ̄▽ ̄;)
関連情報URL : http://celsiorup.com/
Posted at 2011/06/20 00:36:29 | コメント(8) | トラックバック(0) | 風景写真 | 趣味
2010年06月25日 イイね!

[蔵出]白糸の滝と富士山コラボ

[蔵出]白糸の滝と富士山コラボ

こんにちは jt です。

[蔵出]白糸の滝と富士山コラボ((2010/3/20撮影)です。

両腕伸ばしのノールック手持ち撮影ですw。

白糸の滝には、ここ数ヶ月で2度ほど足を運んだけど供に富士山は見えませんでした。↓
~富士山麓の名瀑「白糸の滝」「音止めの滝」~
2009年撮り納め(その1) 紅富士(朝焼け)、白糸の滝

白糸の滝と富士山コラボは、それ以来ずっと狙っていたんですが、なかなかチャンスがなくやっと撮れました。

結局滝つぼまでは降りず、この1ショットのためだけに有料駐車場に入れました。
(; ̄ー ̄A
関連情報URL : http://celsiorup.com/
Posted at 2010/06/25 00:32:51 | コメント(4) | トラックバック(0) | 風景写真 | 趣味
2010年02月28日 イイね!

坂の上の雲

坂の上の雲

こんにちは jt です。
※写真をドラッグして他のブラウザにドロップすれば拡大参照(Max横1600縦1200)できます。

この土日(2/27,28)の天気予報は良くなかった。日曜日(2/28)こそ午前は曇りで午後から晴れマーク(降水確率10~20%)だったが、富士山の天候はそんなにあまくは無い。雨は降らずとも空が晴れ渡らなければ駄目なのだ。特に最近は霧が発生しやすく降水確率10%でも富士山が見えない日が多い。

そのため、この日(2/28)も期待はしていなかった…。(奥底ではいつも期待はしてるけどw)

朝方から時折ライブカメラをチェックしていたが案の定富士山は見えない。11:00頃も同様だった。→タイトル写真の左上
このような状態では雲が晴れるとは到底考えられない。やっぱり駄目だったかと落胆する自分がいた。

12:00頃何気なくライブカメラを見ると…щ(゚Д゚щ)オオオォォ!!!富士山が見え始めているではないかっ!→タイトル写真の左下
まだ、雲はまとわりついているものの、遠方の空の具合からクリアになる可能性は十分!

心が躍りだした!大急ぎで機材を車に積み込み、スクランブル! Go━━o(・∀・)○━━━!
# この時時間は14:10頃だった

この土日は天候不順で諦めていたため特に計画を立てていなかったが、なんとなく南麓方面に車を走らせた。
# この判断がいばらの道を辿ることになろうとは、この時は知る由もなかった…。(; ̄ー ̄A

東京から富士山南麓方面といえば、ターンパイクから大観山が王道パターンだ。
まず小田厚からターンパイクに入ると、そこには10m先が見えないほどの濃霧が待ち受けていた。

(1) 40km走行も危険なほどの濃霧を抜け、坂を上りきるとそこには幻想的な天空界が広がっていた!

※まともな雲海を見るのは初めてだった。
(2)

(3)


(4) (1)~(3)の普段はこんな感じ。眼下に相模湾の眺望が楽しめる場所だ。(2010/1/9撮影)


(5) スタッドレスに換装したjt車と雲海のツーショット。車で雲海の上を走れてしまいそうな錯覚を受けたw

※このころから、不気味なうす雲がまた立ち込めてきた…

(6) 大観山ビューラウンジでは、この有様…

※富士山どころか、真下にある芦ノ湖すら見えーん。(つД`)

ここまで来ると富士山を諦めざるを得ない…ライブカメラをチェックしてみると山中湖では富士山が綺麗で見えているではないか。→タイトル写真の右上、右下

この時、既に16:30を回っていた。判断を誤ったか…しかし、ここで帰るわけには行かない…北麓へ回るかそれとも…ここでNRさんのブログを思い出した。そうだ あそこ、行こう。

(7) 大観山を南下し伊豆スカイラインに入ると、ここでも伊豆半島の周囲を取り囲むように、雲海が埋めいていた。




【2010初桜】河津桜ライトアップ~河津七滝ループ橋の夜桜~
へつづく。
関連情報URL : http://celsiorup.com/
Posted at 2010/03/07 18:06:42 | コメント(4) | トラックバック(0) | 風景写真 | 趣味
2009年12月05日 イイね!

~富士山麓の名瀑「白糸の滝」「音止めの滝」~

今日(12/5)は雨で、どこにも出ることが出来ませんでした。
ということで11/23の話です。
# 脈絡一切無し…(; ̄ー ̄A

~富士山麓の名瀑「白糸の滝」「音止めの滝」~

「白糸の滝」は「国の名勝」「天然記念物」に指定されている滝で、「日本の滝百選」は勿論のこと、「観光百選滝の部」の1位に輝いたこともあるほど超人気スポットです!
# 残念ながら、日本三名瀑ではありません。
# ちなみに、同名(白糸の滝)は山形県/長野県/静岡県(コレ)にあります。

、、、、がっ!! jtは知りませんでした。(; ̄ー ̄A お恥ずかしい、、、。

実はいつものように富士山へ出かけたんですが、生憎の空模様(雲模様)で富士山は見えず、近くの観光地に立ち寄っただけです。

大して期待もせず立ち寄ったら、とんでもない!実に見事な滝でした。


○白糸の滝1 (1600x1200 クリックで拡大)

いかがですか? 実はこれでも滝は全部入りきっていないんです。
幅約200メートルにも渡り、絹糸を垂らしたように大小数百の滝となって流れ落ちる様は、見る者の言葉を失わせさせます。


○白糸の滝2 大滝アップ (1600x1200 クリックで拡大)

「白糸の滝」でも左端がメインの大滝です。

このあたりは滝の水しぶきが周囲一帯を覆っており、数十秒でズブ濡れになってしまいます。当然、カメラやレンズも直ぐに濡れてしまいますのでレンズを"拭き拭き"しながらの撮影になりました。
Myカメラは防塵・防滴・防寒対応ですが、滝撮影で初めてその有り難味を感じることが出来ました。
ただこのとき、レンズは防滴対応じゃなかったので、帰ったら速攻でシリカゲル(乾燥剤)のお世話に、、、。

足場も悪いので注意しましょう。


○白糸の滝3 紅葉 (1600x1200 クリックで拡大)

白糸の滝の年間を当して一番良いシーズンは、やっぱり紅葉シーズンだと思います。
このときは、狙って行ったわけではないけど、紅葉が残っていました。

惜しむらくは、既に夕方に差し掛かっていたので日差しが弱かったです。
写真(撮影)って、ちゃんとプランニングして来ないと駄目ですね。(シミジミ)


○白糸の滝4 流れ強調 (1600x1200 クリックで拡大)

滝や川の撮影方法っていくつかあると思いますが、スローシャッターで流れを強調してみました。いかがでしょう? 結構気に入っていたりします。( ̄ー ̄;


○音止めの滝 豪快 (1600x1200 クリックで拡大)

「白糸の滝」の直ぐそば(徒歩5分)に、今度は「音止めの滝」があります。
小さな滝の集合体である「白糸の滝」とは対照的に、「音止めの滝」は25mの落差を轟音と共に流れ落ちる豪快な名瀑です。

しかし、近くの「白糸の滝」が人気があるので注目度は低く、不幸な生い立ちの滝です。

写真撮影の注意点(共通)
・白糸の滝は水しぶきが凄いので、メインの大滝から離れても濡れてしまいます。レンズを抜きながらの撮影になるのでその準備をしておきましょう。(ティッシュでも可)
・超人気スポットなのでワンサカ人が居ます。人の切れ目がありません。妥協するか奇跡の瞬間を待ちましょう。(A^^;
・足場が悪く、濡れているので滑りやすいです。滑って機材を落としたり、コケないように注意しましょう。

山の中を長々と歩く必要ありません。駐車場(一日200円~300円)も沢山あるし、徒歩3分だし、行ったことが無い方は、ぜひオススメします。v( ̄ー ̄)

ちなみに、My車とのコラボ写真は残念ながら不可能です。(; ̄ー ̄A
関連情報URL : http://celsiorup.com/
Posted at 2009/12/06 00:27:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | 風景写真 | 趣味

プロフィール

「ちょっと違うと思うと思うんだが…(^^;)

上抜き? 下抜き? オイル交換の方法はどちらがいいのか https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180816-00010004-wcartop-ind @YahooNewsTopics」
何シテル?   08/16 20:12
セルシオ/レクサスLSのカスタム&コミュニティサイト http://celsiorup.com/ の管理人です。カスタムレポート、掲示板、動画、オーナー紹介がメ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

今週末の富士山 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/04 21:18:29
富士山生産工場 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/11 05:50:18
西宮を散策 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/02/10 22:17:45

お友達

お友達は、富士山写真orデシタル一眼好き、または車種限定(セルシオ/レクサスLS)で募集しています。(^0^)/
93 人のお友達がいます
hirohitohirohito * なおなぉなおなぉ *
コマちゃんコマちゃん * おいおい、やまちゃんおいおい、やまちゃん
KEIJIKEIJI アロワナ魂アロワナ魂

ファン

93 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ セルシオ トヨタ セルシオ
20後期セルシオです。 UCF20 B仕様eRバージョン(寒冷地仕様)
トヨタ セルシオ トヨタ セルシオ
セルシオ(Celsior/レクサス/Lexus)カスタム&コミュニティ。編集済動画(ビデ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.