• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

元峠師のブログ一覧

2016年06月26日 イイね!

ミニカーコレクション

ミニカーコレクションえー。やっと今日で消防団の訓練も終わりましたが、仕事の方が巻き返し生産で、平日は殆どブログを上げれないかも知れません。(書く努力はしますが)

遊びたひ⚫⚫⚫
( ノω-、)クスン


ショーケースも掃除と整理しなければ⚫⚫⚫
ミニカーもコレクションしてはいるのですが、頭数ばかりでそれほど珍しい物は無いのですが、たまには紹介しよかと⚫⚫⚫

先ずは、ダイヤペットアンチモニー。

初代日産シーマです♪
中古で箱の傷みがあるので若干安かったです。
(それでも中々プレミア価格)


当時、シーマ現象と呼ばれた名車で、裕福な友人のお父さんが良く乗ってました。
今なら、レクサス乗る感じでしょうか?


しかし、当時の私は高級車に全く興味が無かったのですが⚫⚫⚫
(゚ω゚;A)


マイスト1/18ハマーH1。

多分、1/18ミニカーに嵌まったきっかけはこれで、一番最初に買ったミニカーだと思います♪


元のモデルがでかいので、ミニカーとしてもデカイです(笑)

ENTER BAY フェラーリフィオラノ。

半組み立てキットミニカーです。



高そうな専用ケース付き(笑)


箱を開けると、専用ベースになります。

所ジョージさんが、これの黒に乗ってたと思うのですが⚫⚫⚫

京商。トヨダAA型ゴールドエディション

あまり記憶に無いのですが、トヨタ博物館限定モデルだったよーな気がします(笑)


買った時、結構なお値段だった記憶の方が覚えているという⚫⚫⚫
(o゚ω゚)チーン

スカイネット(アオシマ)バックトゥザフューチャーⅡデロリアン。

Kさんのお土産として頂いたミニカー。



めっさ嬉しいお土産です♪


ディテールも悪くは無いです♪

そういえば、デロリアンのプラモ。
ディテールアップしようと、ボディ脇のコードの別体化、ガルウイングの開閉加工も考えたのですが、工数も増えて暇もないので、ほぼキットのままでサフ吹きしました。


ミニカーあるので、ま、いっかと⚫⚫⚫
(´・ω・`;)



Posted at 2016/06/26 22:41:23 | コメント(3) | トラックバック(0) | ミニカー | 趣味
2016年06月25日 イイね!

祝・みんカラ歴4年!

祝・みんカラ歴4年!運営さんから、何か来た♪


7月1日でみんカラを始めて4年が経ちます!
<この一年のみんカラでの思い出を振り返ろう>


これからも、よろしくお願いします!

だ、そうだ⚫⚫⚫
(A;´・ω・)フキフキ

一回再登録しているので、みんカラ歴は7年になるのだが⚫⚫⚫

そもそも、みんカラの存在を知ったのが、前職の先輩社員からのお薦めがあったからで、修理や、共用部品がないか?とかで見てた程度でした。

その時は、別にブログ等を書く気もなく、自慢とか何か知識や技術とかで人様に認めて貰おうと云うのが嫌いな性格ですので(口や文章で語るより、黙って自分のやりたい事をするタイプ)

そんな私が、ブログを書くきっかけになったのが、旧車の師でもあり、兄貴的存在でもあるKさんや、車好きの仲間達。

地元で旧車イベントを立ち上げた際、Kさんから『イベントの楽しさを発信したい』の一言から、ならばみんカラやってるから、何か書こうか?というのがきっかけです(笑)

初めは、リアルに仲間や友達、イベントに興味をもってくれる方に読んでくれれば良いという程度でした。それが、仲間達から『楽しみにしてるぞ!!』とか『面白い事をしてるな?』とか、励ましを頂き、気がついたらみん友さん、ファン登録して戴いた皆様に支えられて、実際に会いに来て下さった、亀岩人さん、hikomaeさん、イズミールさんとの出会い。親友でみんカラもしている清四郎くんや、BARNさん。

Kさん曰く、『イベントの影の隠密仕事人(笑)』無銭家さん。
思えば、色んな人に教わる事もあり、色んな見方や、考え方、刺激をうけた事も多くありました。

正直、ブログを書く際に悩んだ事もありました。
実際に過去に旧車に乗っていた(とはいっても、S38ハイゼットやマツダL2400、初代タイタン位ですが )とはいえ、今は乗ってないわけで、また、二十代でインプレッサで、サーキットや、小規模な草レース、ジムカーナ、峠を趣味でやってた程度で書く資格があるのか?と思う事もありました。

でも、Kさんから『いいんじゃないか?車好きであればそんなこと気にする必要もないよ。』と言われた事が吹っ切れて、今に至ってます。(笑)

あまり、人様の価値観や考えに立ち入りしない(その方の価値観を尊重したい)性格で、あまり絡みも多くないですが、これからも宜しくお願いします♪
(´・ω・)ノ★*゚*ヨロシクデス*゚*☆


Posted at 2016/06/25 15:34:36 | コメント(6) | トラックバック(0)
2016年06月23日 イイね!

だ~れもしらない、知られちゃいけない~♪(何で?)

だ~れもしらない、知られちゃいけない~♪(何で?)さて、いつぞやのイベントで買った本。何故買ったかというと⚫⚫⚫

デロリアンが載ってたから❤
O(≧▽≦)O ワーイ♪


ただ、そんだけ⚫⚫⚫


デロリアンでなく⚫⚫⚫
デローリアンですが。
(´・ω・`;)

日本の車検証には、デローリアンと記載されているらしいです。

この写真、量産前の試作車のようで、色々細かい所が違います。
解った貴方は、立派なデロリストです!!(笑)

ビミョーに⚫⚫⚫
コレジャナイ⚫⚫⚫
(ー''`ー;)


色々と他にも知らなかった車や、実物を見たことない車も載ってて楽しいです♪
1981年といえば、ドイツは二つに分断されてました♪
で、これ⚫⚫⚫

シュビムワーゲンらしいです。昔の丸いナチスのシュビムワーゲンは知ってますが、これは知らなかったです。



ちゃんと、泳ぐの⚫⚫⚫
(´・ω・`;)


東ドイツといえば、これだけは知ってました♪


トラバント♪

なんと、紙でボディが出来ているんです♪
外からライトベゼル回してライトが点くのです(笑)
⚫⚫⚫何故知ってるかって?
21世紀少年や、YAWARA でお馴染みの浦沢直樹さんの漫画⚫⚫⚫
MASTER キートンで知りますた(笑)

他にも変わった名前の車があったりして、

ポーランドの車。
マヨネーズ!!

⚫⚫⚫もとい
(゚ω゚;A)


ポロネーズ。
マヨラーなら迷わず買ってしまいそうな車ですな⚫⚫⚫

同じくポーランドの



シレナ

⚫⚫⚫知らない。
(´・ω・`;)


イスラエルの車


ロム

中途半端に⚫⚫⚫
コンピュータ用語ですか???
(-ω- ?)


因みに、FRPボディにフォード1.3リッターエンジンだそうな⚫⚫⚫
どうせなら、メルカバの方がかっこいい名前なのに⚫⚫⚫
(* _ω_)...


トルコの車。その名も⚫⚫⚫

オトサン!!(笑)

これ、誰のクルマ?
オトサンのクルマだよ♪と言いたい(笑)

もし、これで事故でもしたら⚫⚫⚫
私も一緒に謝ってあげるから⚫⚫⚫

オトサンに謝りなさい!!
と言われるんだろか?
(^・ω・^).....ンニュニュ?

まだ、世界には、オカサンとか、シャチョサンとかいるかも知れない⚫⚫⚫

あ、ジョナサンはあったな?
(A;´・ω・)フキフキ


Posted at 2016/06/23 11:44:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記
2016年06月19日 イイね!

元峠師薄物館 軍盃、軍猪口

まぁ、過去にもご紹介したのですが、ザックリとご紹介しただけなので再度のご紹介です⚫⚫⚫
最近読んで頂いている方には、
元峠師薄物館とはなんぞや?
と思うことでしょう。私の家は江戸時代から続く古民家にすんでおり、先祖が遺した遺物を発掘、調査したものを個人で所蔵、保存をおこなっています。したがって、所蔵品は全て(一部を除く)元峠師家から出てきたもので、オークションや古物商から買い入れたものは一つも御座いません(笑)

で、極めて内容が薄っすい物を所蔵してるのが、元峠師薄物館です(笑)

因みに⚫⚫⚫
蔵、屋根裏部屋、倉庫等の事を、ワンダーランド♪

裏山や、先祖の建てた山小屋の事を、元峠師遺跡と読んでます(笑)


また、私を含めて古い物をこよなく愛する人を、敬意を込めて

お懐古さんと呼んでます(笑)

さらに⚫⚫⚫何も産み出しません⚫⚫⚫
(´・ω・`;)


ま、車好きの趣味の一つなので、大目に見てくだされ⚫⚫⚫

さて、今回は軍盃、軍猪口。
兵役を終えたり、記念品として軍から贈られる盃やお猪口です。


軍盃。木製で朱漆塗り、日章旗と国旗が描かれています。
恐らく我が家で一番古い軍盃と思われます。
(まだ、どっかにありそうな気もするが⚫⚫⚫)



軍猪口。支那事変記念品。



内側には、日の丸と詩が書かれてますね♪




こちらは、戦勝凱旋記念品。
戦勝と言うことは、戦前の物だろうか⚫⚫⚫?



絵入りの軍猪口。



かすれて見にくいが、富士山、松、高射砲が描かれています。
部隊名が記された跡があるが、残念ながら、かすれて解読はできません。

で、こちらはユニークでお気に入りの変わり種猪口。


鉄兜型(ヘルメット)猪口。前面の星印は旧帝国陸軍のマークです。



台座は、歩兵銃をクロスさせたデザインとなっております。
その他にも、飛行機や桜を模した物も有るようです。

価値としては、量産された物ですので、相場は高くありませんが、歴史を語る物ですし、そもそも転売、譲渡を考えた事もないのでお金に換算するのは野暮というものです(笑)

それよりも、当時の歴史や文化に思いを馳せる、物の魅力を楽しむ事はお金に換えがたい価値だと私は思います♪
Posted at 2016/06/19 22:19:58 | コメント(3) | トラックバック(0) | 歴史 | 趣味
2016年06月18日 イイね!

あじさいの里に強制連行!!

まぁ、朝からいきなり幸田のあじさいの里に行くとか言われて、
朝から強制連行されますた。
(´・ω・`;)


あるみん友さん(っていうより、リアルにお会いしてるのだが)のブログにも紹介されていたのですが⚫⚫⚫

そもそも、私の実家は元々鉢花農家。
アジサイ作ってた家なんで、べっつに珍しくとも何とも無いのですが⚫⚫⚫?
(ー''`ー;)ムー


子供達が喜ぶので、ラウムさんでドライブ。
あと、嫁さんのご機嫌とり


まぁ、沢山あって綺麗ですね?
私は、ハウスの中でこんな光景をみて、仕事なのでゲンナリした記憶しか無いが⚫⚫⚫(笑)

ところで、アジサイの事をすべてハイドランジアと呼ぶ方がいますが、
正確にはハイドランジアはセイヨウアジサイの事をさしています。
元々江戸時代に海外に持ち出された日本古来のアジサイであるガクアジサイをヨーロッパで様々な品種改良され、明治時代に逆輸入?されたのがハイドランジアです。

んで、ガクアジサイの特性に近いものが⚫⚫⚫


こういうタイプになるのですね♪

他にも色々な品種があります♪



アジサイの色の変化で一般に言われているのが、土壌の酸性度によって、酸性土壌だと青、アルカリ性に近くなると赤、と言われてますが、あれはアジサイ自体が酸性度で発色している訳ではありません。

実際は土壌のアルミナ(酸化アルミ)の吸収度合いで決まってきます♪
酸性土壌の方がアルミナを吸収しやすいので、アルミナによって色素に化学反応がおこり、青にみえたりするのですな。
因みにアルミナは土壌の何処にあるかというと、土壌中の粘土成分からきており、モンモリロナイト、カオリサイト、ベンナイト等の構成種類からなりたっており⚫⚫⚫
(@ ̄ρ ̄@)zzzz

まぁ、メンドクサイ理論があるわけデスヨ(笑)


しかしながら、品種によって青が得意なもの、赤が得意なものがあり、その特性を知らないで土壌を変えてしまうと⚫⚫⚫
枯れた茶色になったり、きったない濁った紫色になるので注意です(笑)
また白の品種はそもそも色を変移させる色素をもっていないので色を変える事はできません。(中にはうっすらと変わる品種もあります)



基本的に、アジサイの増殖は挿し木によって増やされますが、基本的な作業手順と適正な遮光、温度、水管理さえあれば簡単に増やす事は可能です。しかし、個人で楽しむ分には問題無いのですが、商業目的で増殖する場合に種苗会社が種苗法に基づく特許、種苗登録されているものがあり、無断で増殖、販売すると⚫⚫⚫
莫大な損害賠償を請求されてしまう場合もあります!!

因みにDNA照合によって、立証されてしまいますので、先ずバレない事はないようです(笑)



いや~。ホントに綺麗だー。


あと、デカイ鯉もいますた♪
Posted at 2016/06/18 17:28:31 | コメント(3) | トラックバック(0) | ドライブ | 旅行/地域

プロフィール

「@痛風とうつ さん。本当に実力がある人はそんな事言わないし、自分から偉いというアピールなんてしません♪気にするとそういう奴は余計つけあがります。「あ、そう?」と素っ気なくすればヨロシ
(・∀・)」
何シテル?   10/19 23:46
元峠師です。走り引退後…ヘタレ親父に(*´ω`*)ゞエヘ 最近ブログを始めました。みんなで楽しめる様心掛けてます。一緒に楽しめる方のコメント頂ければ幸いです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/6 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

昭和のクルマの集い岡崎詳細案内です♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/22 12:59:22
苦しい時ほど楽しみを忘れずに!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/19 17:27:41
失礼な業者。(できれば拡散希望) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/28 00:23:36

お友達

私自身お友達のシステムが余り理解してないので、基本的にこちらからお誘いはしておりません。
ご理解頂ける方のお友達申請なら大歓迎です♪
但し、いきなりのお誘いはご遠慮下さいね?m(._.)m
82 人のお友達がいます
龍騎士龍騎士 * どんみみどんみみ *
hajikun2002hajikun2002 * 紅キ翼 with k&#180;紅キ翼 with k´ *
痛風とうつ痛風とうつ * 元祖かれん元祖かれん *

ファン

143 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ ワゴンR ワゴンR2『反逆のルルーシュ』くん。 (スズキ ワゴンR)
とりあえず、急務で繋ぎの超激安のワゴンR。走行15万キロ。でも可能な限り復活させます。 ...
MG MG-B Bさん (MG MG-B)
車仲間のKYさんから譲り受けたBさんです♪ 1980年最終型メッキコンバージョン仕様です ...
その他 その他 その他 その他
所属している消防団の古いポンプ庫を解体された際に廃棄品として引き取ったもの。昭和40年式 ...
スバル サンバートラック スバル サンバートラック
親父殿の特装ダンプラストサンバー。今まで歴代サンバーを乗り継ぐ、スバリスト!スバル内製の ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.