• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

GQDTのブログ一覧

2018年10月13日 イイね!

新土瓶


いきなりの新土瓶です。
純正6巻、新土瓶8.5巻で線径は純正とほぼ同じ。
国産には2インチクラスでこう言うのが無いんだよねぇ。
自由長、巻き数、端末処理含め結構好みかもしれない。
旧土瓶は7.5巻ほどで純正とほぼ同じ自由長でした。
これで尻上りはすいぶんと是正できると思います。


alt
Posted at 2018/10/13 09:35:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | GQという名の漁船 | 日記
2018年10月06日 イイね!

土瓶その後


すっかりご無沙汰しております。土瓶ライフを満喫しておりますが、前下がりの姿勢がどうしても気に入らず噛まし物で微調整するか、コイルを変えるか悩んでおりました。そこで行きついたのがフロントのみ土瓶の他のコイルに交換する方向です。 今度は少し趣を変えメーカーの車種別リストにはないのですが、ショップの独自の流用経験からの選別品で50mm行こうと思います。

これまでのは基本が純正に順ずる寸法でしたが、今度は満艦号に入れたのと同じような感じの自由長が長めで線径が17㎜と純正程の太さでハチマルのコイルふうにサファリに巻き押しつぶすと言う作戦です。ハチマルの場合は線径と巻の直径が小さくこれがリンクの自由度が高いサファリには腰砕けとなるのです。

中期の純正コイルの線径は15㎜程と非常に細いコイルでした。今回のは17㎜とサファリらしい太さで自由長はほぼ同じです。さてどうなるか楽しみです。写真左が中期のコイルで右がY60用です。自由長が中期で巻と線径がY60と言う感じになります。もちろん怪しげな緑色ですけど。alt
Posted at 2018/10/06 08:11:17 | コメント(2) | トラックバック(0) | GQという名の漁船 | 日記
2018年08月31日 イイね!

汁でなく土瓶だよ


土瓶の息子達がやってきました。



北の大将が土瓶の息子達の切り込み隊長として絶賛奥様通勤車として大変気に入っていらっしゃいますが、この度ぐらい堂もそれに倣い土瓶の息子達(以下土瓶)をお招きする事にしました。 今回は取り敢えずリアからですが、というのも先日の遠征で沢庵の具合は誠に良いのですが、ただリアのドタバタ感はハードパンチャーのジャブの如く長時間浴びていると流石に疲れます。

そkどえこのリアが何とかなればと思い土瓶を招く事にしました。例如く先日の発条と同じくぶっとい線径で約20mm程ありそうです。自由長は先日のより少し短くほぼ純正と同じで左右別設定で右が長く470mmでした。巻き数は純正と同じく7巻。左が若干細くと言っても分厚い塗膜のムラの違いではないかと思うぐらい。

という訳で取り付けなんら問題なくさくっと終了します。ただ沢庵が長いのでスタビを切っていると伸び切でコイルが外れそうになるのが微妙な点ですが、この辺りはスピリアーがストロークは確保しております。

という感じで装着や身体検査に関しては特に書くことは無く、強いて言えばこの何とも言えない緑色。日本人の感覚ではない不思議ちゃん(爆

alt


ウマから下すと何とも右後ろが強烈に持ち上がり、左前にかけてつんのめると言う何とも言えない簿妙な姿勢になり、トルク反動を受け止めるべく、巨漢の大爺が載っても下がらない様にとの気合の入った対策であると思います。

何時もは取り出しやすくと、重量のバランスの関係で左に置いている結構重い工具袋と牽引用のワイアー類を右に積んでも屁の河童で変わらず。フロントのバネの反力で戦わせないとダメだこりゃ。

早速走るといやはやいい仕事をするではないですか。外観からすると固そうと思いますが、Y61の純正コイルを入れた時は明らかに固く感じ、ヒョコヒョコとした動作や突き上げ感が増えましたが、土瓶は全くそのような雰囲気は無いです。

寧ろ細かい振動を良く吸収ししなやかに感じるぐらいです。大きなが凸凹でも良く吸収し以前のような強烈な突き上げ感やジャブはすっかり鳴りを潜めかなりお合議がよろしい。時々僕リジットだよと言う表情を出しますがそれもかわいらしく自己主張する程度。以前のように文句あっか屈強なホーシングだぜ!と言う強引さは無いです。

至って普通の乗り心地で、強いて言えば面白身が無いぐらい。スピリーアの時は自由長が長いのでその分のホンワカ感が心地よかったのですが、それが無いだけで余分な揺れがなく、淡々といい仕事をしてくれます。17吋にしてから感じていたバネシタの重さも感じなくなったと言えば良いのか。

またぐらぐら、ふらふらしていた感じも殆どなくなりバネが常に仕事しているのが伝わります。沢庵の低速域で仕事のしなささに苦笑いしておりましたが、土瓶が後だけですが仕事をし出したのでそのだらしなさをほとんど感じません。今迄はバネが経年劣化でヘタッテこの微妙な帯域での仕事をしていなかっただけの様です。

コーナリング、カーブも踏ん張り、直線で早いペースでの巡航ではしっかりと腰のある乗り味で細かい振動をバネが吸収している間が良く伝わります。地盤が緩いこれまで苦手だった轍の深くうねった工業地帯の道などもいたって普通に走るので快適です。

イラッときていた感じがぐっと減るので血圧の上昇抑制にも効果があります。

重心が上がり偏差値が下がっているにもかかわらず、其のデメリットをほとんど感じず寧ろよく感じるぐらいですが、それでもまだ前だけ(笑 フロントは自由長が長くハチマルのコイルのしっかり版のような雰囲気なので期待できます。このリフト量でこう言った使用な日本には無いのでぐらい堂的には満足しました。

はい実験号と北の大将のオジサンサファリは

緑の汁でなく土瓶だよ♪















Posted at 2018/08/31 09:21:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | GQという名の漁船 | 日記
2018年08月29日 イイね!

土瓶でどぼん


すんごく優れた技術やの発条は実験号には張り切り過ぎて、満艦号の文鎮で漸く良い仕事をする体制になり日々活躍しているとの事ですが、実験号には土瓶の息子達をお招きする事にしました。 ちょっとレートが低いかもしれないので微妙な気分ですがやってみないと判らないのでやってみます。ダメだったらウインチ無用のアウトレットとしてストックします。 土瓶の息子達はパトロールのUTEですがこれもしかするとワゴンをぶった切ってUTEもどきにしているパターンかも。だとするとZDと見せかけてTD42TIの可能性も。

今回のはTB+50kgアクセサリー用の固定レートで、彼の地のTD+無用に不等レートが有ります。これは北の大将の前足に入ってます。ところでTBとTDのさってなんだろう?五月蠅いのは置いといて、彼の地では両者とも12V電装のシングルバッテリー。となるとポンプの重さの差か??

ほぼ互角と見る事は出来ないか??日本の場合は24Vなので彼の地でいうデュアルバッテリーでこの重さの差がまともに出て来る。ウインチ無の状態で彼の地のTB+50kgとほぼ一緒ではないか?これに純正ウインチが着くと+60kg。この分がオーバーと言う気がしてます。

この土瓶の息子達の45㎜タイプはフロントはハチマルのように自由長が長くてしなやかと北の大将が気に入っておりますが、リアは自由長はほぼノーマルと同じでこれが微妙な点ですね。フロントだけでも価値ありと言う気がします。と言ってもノーマルでも充分なストロークが有るのでいいんですけどね。


Posted at 2018/08/29 07:51:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | GQという名の漁船 | 日記
2018年08月10日 イイね!

とつげき


沢庵、微妙な感じはまだ健在ですが、少ししっかり感が出てきたのか、自分が慣れたのか?(笑  あんまりできないけど轍がある道路を直角に横切る際などフロントがドカン!リアがドシャン!!となるあの場所をハイスピードで敢えて突入するとフロントがトン!リアがドン!とほぼ直線的に通過可能。この際に感じるのが特にフロントの挙動で縮が素直でサクッと引っこみ強烈に伸びを引き留めるのでこの感触が何とも言えないです。ビルの場合も同じ様ですがこちらは少し硬質な感じがしてコントロールが効いている雰囲気が有りますけど、沢庵の方が縮が素直な分より水平感が出ます。フロントでやり過ごしリアが蹴り上げられられた後のフロントへのおつりも抑えるので至ってフラットな感じが。わざとギャップへアクセルを踏んで突っ込みたくなる困った沢庵です。
Posted at 2018/08/10 07:52:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | GQという名の漁船 | 日記

プロフィール

「肝試しに外国産のウニを買いました。敢えてGQ様で無く、GU用です。腹を壊すか大当たりかお楽しみに。」
何シテル?   10/10 07:47
“ぐらい堂”でございます。豪州の安心・安全・楽しいターボ屋の頑固親父ジョンとの出逢いから、日々ノーマルのサファリの足の良さと、ターボのトルクを楽しんでおります。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

実験号の研究記録簿 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/18 09:05:21
 
タービン換装 GT2871R → GTX2863R フロントデフオイル交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/11 13:59:28
nissan safari patorol labortory 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/29 09:57:18
 

ファン

49 人のファンがいます

愛車一覧

その他 漁船 その他 漁船
bon bon bon ♪
トヨタ ライトエースバン 実験号支援機 (トヨタ ライトエースバン)
実験号のサポートとしてゴミの買い入れ、廃棄、修理時の休艦対策として第二の余生としてぐら ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.