• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年10月10日

日本一高い稜線@白峰三山縦走

日本一高い稜線@白峰三山縦走 9月の剱岳以来のハード登山でした。

行き先は南アルプスの白峰三山
北岳、間ノ岳、農鳥岳をまとめて白峰三山と呼びます。

標高2位の北岳(標高:3190 m)、3位タイの間ノ岳(標高:3190 m)を擁する3000 m越えの稜線は日本一高い稜線とも言われています。

ルートは奈良田に車を停め、バスで北岳登山口の広河原に移動、北岳、間ノ岳、農鳥岳を南下して奈良田に下りてきます。
2年前にもトライしたルートですけど、疲労と雨で北岳のみで撤退したルートです。

alt

計画は以下のとおり
1日目:北岳登頂、北岳山荘泊
2日目:間ノ岳、農鳥岳を縦走、奈良田へ下る間の大門沢小屋泊
3日目:奈良田に下山

3連休初日から入山する予定でしたが、雨で1日遅らせました。

広河原行のバスが落石撤去のため1時間半遅れるというトラブルはありましたが、天気は良好(^^)

7:50 広河原インフォメーションセンター

北岳山頂がきれいに見えています。
山頂左側の鞍部から北岳山頂を目指します。

alt

8:10 白根御池分岐
9:40 大樺沢二俣 ここまでは順調

alt

10:00 大樺沢二俣出発

ここから急にペースダウン(>_<) 何度も小休止しないと進めません・・・

12:40 八本歯のコル

下から見た北岳山頂左側の鞍部に着きました。
まだ先は長そうです・・・

alt

12:50 八本歯のコル出発
13:50 吊り尾根分岐

alt

北岳山頂までは20分ですけど、これ以上登りたくない!!
北岳は登頂済みなのをいいことに、北岳山頂スルー決定(^^;)

14:00 吊り尾根分岐出発
14:40 北岳山荘

1日目終了。疲れた・・・ もう歩けません・・・

4:50 北岳山荘出発

2泊の予定だけど、できることなら1泊で下山したい!ってことで早めに出発します。

5:20 中白根山山頂 (標高:3055 m)

alt

富士山の左側からご来光。

alt

陽が出て北岳が紅く染まってきました。

alt

間ノ岳への稜線。天気は快晴、日本一高い稜線の景色は期待できそうです。

alt

6:25 間ノ岳山頂 (標高:3190 m)

alt

標高3位タイの間ノ岳に登頂です。これで5踏破です(^^)

1位:富士山 (標高:3776 m) 2012年登頂
2位:北岳 (標高:3193 m) 2015年登頂
3位:奥穂高岳 (標高:3193 m) 2015年登頂
3位:岳 (標高:3193 m)
5位:槍ヶ岳 (標高:3193 m) 2014年登頂

間ノ岳からのパノラマ写真 (北側)

alt

間ノ岳からのパノラマ写真 (南側)

alt

山頂は広々しています。来年は行ってみたい南アルプス南部の景色。

alt

南アルプスは最高の富士山展望台ですね。

alt

alt

7:00 間ノ岳山頂出発

次は農鳥岳を目指します。稜線上に赤い屋根の農鳥小屋が見えます。
この農鳥小屋の小屋番さんが、なかなかクセがあるらしく有名です。
「農鳥小屋 オヤジ」で検索するといろいろ出てきます。

alt

下ってくる登山者の様子を双眼鏡で監視見守り
足取りが怪しい登山者には説教アドバイスをいただけるそうで(^^;)

ありがたいアドバイスをいただかないようにシャキッと歩かないといけません。

7:50 農鳥小屋

alt

このドラム缶がオヤジさんの監視見守り場所です。いらっしゃらないと思ったら・・・

alt

赤い帽子のオヤジさん、双眼鏡をお持ちです!!
説教アドバイスする必要はないと判断されたということにしましょう(^^;)

に見えると噂のウケツケ表示。

alt

8:10 農鳥小屋出発 結構急な農鳥岳への登り

alt

9:00 西農鳥岳山頂 (標高:3051 m)

alt

200に登頂です。主峰の農鳥岳(標高:3026 m)より高いです。

農鳥岳山頂越しの富士山。やはり富士山は高いですね~。

alt

ちょうどこの頃、富士山の向こう側の箱根で愛車メガーヌの集いが行われていたようで。。。
間に合いませんでした(>_<)

9:40 農鳥岳山頂 (標高:3026 m)

alt

10:00 農鳥岳山頂出発

山頂直下でライチョウ出現!! 今年3回目の目撃です(^^)

alt

左手には富士山、

alt

右手には荒川三山や塩見岳。いい景色を眺めながらの日本一高い稜線歩きもまもなく終了。

alt

10:30 大門沢下降点

alt

この先、約2000 mの激下り。下りられるんだろうか!?

alt

蓄積した疲労の影響でしょうか。足が痛くなってきました(>_<)
痛くてスピードを上げられません。

壊れかけの橋。おっかないんですけど~(>_<)

alt

このとき頭の中は、vs 歩き

この先の大門沢小屋から奈良田までは3時間半。
がんばれば日没までに奈良田に下りられます。下りれば翌日は家で1日ゆっくり休めます。
その上、宿泊費を1日分節約できます。

しかし、痛みに耐えての3時間は辛い・・・
一晩休めば、翌日はもう少し楽に下りられるかもしれない。

13:05 大門沢小屋

足は痛かったけど標準タイムで下りてこられました。
小屋到着時点では完全に「歩たく

宿泊手続きをする前にコーラ注入

alt

足の豆を手当てして、250 mLじゃ足りずにコーラもう1本。
疲労回復に絶大な効果があるコーラ。も効果があるようです。

もう少しがんばってみようかな。が逆転しました(^^)

13:45 大門沢小屋出発

残り3時間半。標高差約900 mの下りです。
始めの30分くらいはまずまず歩けましたが、その後はペースダウンで牛歩状態。
後から下りてくる人に抜かされ続けます(>_<)

16:00 吊り橋

終わりが見えてきました。小屋で仕入れておいたコーラで闘魂注入。

alt

この先は山道も終わり、舗装された林道歩きです。
舗装されていようが痛いもんは痛い。相変わらずの牛歩です。

17:10 第一発電所バス停

最終バスの出発時刻は17:19!!

alt

文明の利器は積極的に利用する、弱小登山部の方針には従います!!
絶妙のペース配分でバス停到着。抜かされまくっていたのも計算ずく(^^;)
駐車場まではあと2 kmなので、この足取りでは1時間近くかかりそう。

駐車場まで150円。5分足らずで着きました。

フラフラで戻ってきました。
なかなか歩き応えのあるルートを1泊で歩けました。グロッキーでしたけど・・・

alt

今年の冬はサボらずに体力強化に努めないといけませんね(>_<)


これで、今までに登った百名山は40座

第1座  44 筑波山 (877 m)     2012年5月
第2座  24 那須岳 (1917 m)    2012年6月
第3座  72 富士山 (3776 m)    2012年7月
第4座  30 谷川岳 (1977 m)     2012年8月
第5座  41 草津白根山 (2171 m) 2012年9月
第6座  70 大菩薩嶺 (2057 m)   2012年10月

第7座  65 両神山 (1723 m)    2013年5月
第8座  73 天城山 (1405 m)    2013年6月
第9座  40 赤城山 (1828 m)    2013年7月
第10座 36 男体山 (2486 m)    2013年8月 
第11座 58 焼岳  (2455 m)    2013年10月
第12座 69 瑞牆山 (2230 m)    2013年11月

第13座 71 丹沢山 (1567 m)    2014年5月
第14座 89 伊吹山 (1377 m)    2014年6月
第15座 37 日光白根山 (2578 m) 2014年7月
第16座 78 仙丈ヶ岳 (3033 m)   2014年8月
第17座 54 槍ヶ岳 (3180 m)    2014年9月
第18座 90 大台ケ原山 (1695 m) 2014年9月
第19座 29 至仏山 (2228 m)       2014年10月

第20座 66 雲取山 (2017 m)       2015年5月
第21座 64 八ヶ岳 (2899 m)       2015年7月
第22座
 80 北岳  (3193 m)    2015年7月
第23座 22 磐梯山 (1819 m)       2015年8月
第24座 45 白馬岳 (2932 m)       2015年8月
第25座 74 木曽駒ヶ岳 (2956 m) 2015年9月
第26座 55 穂高岳 (3190 m)       2015年9月
第27座 56 常念岳 (2857 m)       2015年10月
第28座 62 霧ヶ峰 (1925 m)       2015年10月
第29座 23 会津駒ヶ岳 (2133 m) 2015年10月

第30座 76 恵那山 (2191 m)
       2016年6月
第31座 49 立山 (3015 m)         2016年7月
第32座 63 蓼科山 (2531 m)       2016年8月
第33座 42 四阿山 (2354 m)       2016年9月
第34座 59 乗鞍岳 (3026 m)       2016年9月
第35座 21 
安達太良山 (1700 m) 2016年10月

第36座 92 大山  (1709 m)    2017年6月
第37座 48 剱岳  (2999 m)    2017年9月
第38座 62 美ヶ原 (2034 m)       2017年9月
第39座 18 蔵王山 (1841 m)       2017年9月
第40座 81 間ノ岳 (3190 m)       2017年10月

ブログ一覧 | 登山 | 旅行/地域
Posted at 2017/10/10 21:31:17

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

昔の人の妄想力@安達太良山
ジョーヌさん

フラっと3000m@乗鞍岳
ジョーヌさん

軟弱2座登頂@美ヶ原&車山
ジョーヌさん

ベンツで大山登山
ジョーヌさん

弱小登山部 剱岳に登る 下山・奥大 ...
ジョーヌさん

剱を下見に立山縦走
ジョーヌさん

この記事へのコメント

2017/10/10 22:47:29
帰りはクラッチ踏むのもキツそうですね。

とはいえ3000m overから見る富士山、きれいです。
コメントへの返答
2017/10/10 23:00:11
筋肉痛でバキバキです(>_<)
歩くよりはクラッチのほうがいいです。

富士山、見事でした!
2017/10/10 23:33:58
ダイジェスト版のような内容に見えて濃いツアーでしたね!(^^)v
いつかはお供できるよう精進しますね!
コメントへの返答
2017/10/11 00:25:40
2日目は12時間でしたから長かったです~。

ホントに軟弱なんだ!!と思われないように訓練します!!
2017/10/11 01:01:50
お久しぶりです^^

私も箱根の集会には参加出来ずで連休後半は八ヶ岳でした。
天気良かったですね~
もしかして!と美濃戸の駐車場で黄色のメガーヌ探しました(笑)

私も登山ブログに挑戦してみようかなぁ?
コメントへの返答
2017/10/11 01:14:10
どうもお久しぶりです(^^)

八ヶ岳ですか!いいですね。南アからも見えていました。
八ヶ岳はこれからも通うので出没確率は高いです(^^)

雪山の景色をよろしくお願いします!!
2017/10/11 12:46:58
素晴らしいの一言ですっ!
こんな晴天の下で稜線を歩いてみたいものです♪
しかしこのルートを1泊で踏破ですか?
私なら間違いなく農鳥で泊まってオヤジさんにたっぷりアドバイスをもらっていたと思いますw
ジョーヌさんのブログ、参考にさせて頂きます。
コメントへの返答
2017/10/11 21:11:30
すばらしい天気でした!!

稜線上はいい景色で疲れを忘れさせてくれます(^^)
稜線は天国、でも下りは地獄でした・・・

農鳥小屋はテン泊のほうが快適そうです。
でも、あのルートをテン泊装備は大変そうです。
到着が遅れたらアドバイスの嵐になっちゃいますね。

ぜひ行ってみてください(^^)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@ひでエリさん 前半はダメだ〜こりゃ〜だったんですけど、やってくれましたよ!」
何シテル?   05/25 00:12
ジョーヌです。よろしくお願いします。 RX-7 → Fiat バルケッタ と乗り継いで、2012年6月メガーヌRSを購入しました。 初のおフランス車...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ファン

37 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー メガーヌ ルノー・スポール ルノー メガーヌ ルノー・スポール
ルノー メガーヌ ルノー・スポールに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.