• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ジョーヌのブログ一覧

2017年07月30日 イイね!

リハビリドライブ

リハビリドライブ先々週の八ヶ岳登山から帰ってきて登山靴の手入れをしていました。

ベランダで靴に付いた泥を落としていると、

← 腰がこうなりました(号泣)

前傾姿勢で作業していたせいでしょうか・・・

お盆には前穂高岳&奥穂高岳に登りたいのにorz

10日ほど経ち、痛みも和らいできました。

穂高に行くには、上高地へのロングドライブの後で険しい道を登らないといけません。

腰に一撃を喰らってから、運転は通勤の片道20 km程度だけだったので、まずは運転のリハビリを。

ビーナスラインドライブに行こうかと思いましたが、天気がイマイチだったので早朝首都高プチルーレット族。



辰Pにピットインしていたらエスプリ来ました(^^)



都心環状線をグルグル、200 kmほど走行して帰りました。

翌日ももう少しリハビリしておきたくて、朝からリハビリドライブ。

高速代を使いたくなかったので、下道でそこそこの距離を走れるところへ。

行き先は・・・銚子。





海鮮丼@浜めし、食べて、



即帰宅。午後は休養。

あと2週間で治るだろうか!?
Posted at 2017/07/30 20:23:14 | コメント(2) | トラックバック(0) | メガーヌRS | クルマ
2017年07月16日 イイね!

2017夏山エンジン始動@八ヶ岳キレット縦走

2017夏山エンジン始動@八ヶ岳キレット縦走2017年に入ってからは軟弱ハイキングが中心の週末アウトドアライフ。

今年狙っているアルプス山行はいずれも2泊3日の予定。

軟弱からいきなり2泊は倒れてしまいそう・・・

少しウォーミングアップしておく必要があります。

ということで、1泊で行ける難易度そこそこの八ヶ岳キレット縦走に行ってきました。

キレットとはV字形に深く切れ込んだ地形のことで、急激に下って急激に登らないといけないので大変です。

地図下の天女山から時計回りに
天女山 → 権現岳 → キレット → 赤岳 → 美し森 → 天女山というルートです。
2ヶ所ほどヤバいゾーンがあります(^^;)



計画ではキレット最低部にあるキレット小屋で1泊、翌日に八ヶ岳最高峰・赤岳に登頂、下山の予定です。

金曜日に休暇を取り、朝4時半前に天女山に到着したけど弱い雨が降っている(>_<)
車中で1時間弱待機していたら雨もほぼあがったようなのでスタート。

5:20 天女山
5:30 天の河原

樹林帯の長い斜面を登っていると気休め看板。



もう少し登ったけど見えない・・・



7:40 前三ツ頭
7:55 前三ツ頭出発
8:25 前三ツ頭分岐
8:30 三ツ頭
8:35 三ツ頭出発

1つ目のピーク、権現岳はガスの中。



山頂直下に到着。展望は全然ダメ(>_<)



9:30 権現岳山頂 (標高:2715 m)



時間と体力に余裕があればキレット小屋に泊まらずに赤岳山頂を目指そうと思っていました。
(赤岳山頂にも山小屋があります)
時間は余裕ありそうですけど、この天気ではどうしたものか!?

10:00 権現岳山頂出発

権現岳の先が八ヶ岳キレット。1つ目のヤバいゾーンに突入です(^^;)
キレットに入ってすぐに現れるのが名物・源治梯子



61段あります。

下から見上げてみました。好き嫌いは分かれるかもしれませんが、安全に疲れずに一気に上り下りできるので私は梯子好きです。



梯子の先は特に厄介な所もなく、アップダウンを繰り返しながら進みます。

ここでパラパラと小雨が降ってきたので、1日目はキレット小屋で終了決定です。

11:05 キレット小屋



1泊2食で¥7800、プラス¥500で個室に泊まれるということなので個室にしました。



でも、この日の予約客は2名だけだったので相部屋でも快適だったでしょう(^^;)

平日の昼前に行動終了で午後はグータラ。ゼータクです。
小屋の周辺にはコマクサ畑。白いコマクサも咲いていました。





2日目は天候も回復。いい景色が期待できそうです。

5:00 キレット小屋出発

少し登ると富士山が見えました。富士山山頂からはご来光と雲海が満喫できたでしょうね。



さらに進むとルンゼ状のヤバいゾーンに突入しました。



ルンゼとは水や氷で浸食された岩溝のことで、落石の巣であることから要注意です(>_<)

浮石だらけなので石を落とさないよう緊張を強いられます。



うっかり石を落としたら、この斜面なのであっというまに加速してどこまでも落ちていきそうです・・・



登っている最中の印象ですけど、去年登った不帰ノ嶮より技術的には厄介な気がしました。

梯子が出てきたら核心部のルンゼは通過です。



そのうち赤岳山頂も近づいてきて、





6:40 赤岳山頂 (標高:2899 m) 3度目の登頂です(^^)



今回歩いてきたルート。左の稜線を辿って中央付近の権現岳、手前に下って登り返してきました。



阿弥陀岳と北八ヶ岳方面。



権現岳の向こうに南アルプスと富士山。



南八ヶ岳エリアから北八ヶ岳に至る稜線。
いつかは南北八ヶ岳の縦走ルートを踏破してみたいもんです。



下りたくなくなっちゃいますね(^^)



7:30 赤岳山頂出発

下りは真教寺尾根を美し森方面に下ります。まず、急激に標高を下げて下に見える尾根を歩いて行きます。
この真教寺尾根の急激な下りが2つ目のヤバいゾーン



こういう感じで、



こういう所を下りて行きます。



でも、ここはメジャーなルートではないので登ってくる人とのすれ違いもなく気分的には楽に下りられました。

8:50 6合目
9:20 扇山
9:30 牛首山
9:40 牛首山出発
10:20 賽の河原
10:30 リフト山頂駅 (標高:1900 m)

1000 m下りてきました。自販機くらいあったらいいな~と思っていたら、さわやかな観光客だらけでした。汗まみれの暑苦しい登山は1人もいません(^^;)



ここで命の水を注入!!



10:40 リフト山頂駅出発
11:10 羽衣池

羽衣池から、八ヶ岳の裾野を結ぶ八ヶ岳横断歩道を通って天女山まで戻ります。

麓まで下りてきたからもう余裕だと思っていたけど、これが甘かったです・・・
天女山まで遠い遠い・・・

なかなか着かないゴールに心身ともに激しく消耗(>_<)
牧場を通過するころには、もう牛歩状態(泣)



牧場通過時は両サイドが有刺鉄線の細い道。
つまづいて左右にバランスを崩したら血みどろ必至です。



思いがけない3つ目のヤバいゾーンの登場(号泣)

13:10 天女山

キレットや真教寺尾根はよく情報収集していて、技術的に大きな問題なく無事に通過できました。
しかし、最後の八ヶ岳横断歩道にコテンパンにされたように体力面、栄養補給に問題あり(>_<)

とはいえ、まだシーズン序盤。今回の反省点は次回のハード登山に生かすことにします。
でも、とりあえず次回は軟弱ハイキングがいいです(爆)
Posted at 2017/07/16 20:09:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | 登山 | 旅行/地域
2017年07月09日 イイね!

花よりビーフシチュー@入笠山

花よりビーフシチュー@入笠山急な山道を登るのは疲れます・・・

弱小登山部の我々には登頂の喜びだけでは登りの苦労を埋められず、他にもご褒美が必要なんです(^^;)


そんなご褒美がある山に登ってきました。


行き先は南アルプス北端の入笠山(標高:1955 m)。

富士見パノラマリゾートの駐車場に車を停めて、ゴンドラで約700 m上昇(^^;)



文明の利器は積極的に利用する 弱小登山部の方針です。

9:05 ゴンドラ山頂駅

絶滅危惧種という釜無ホテイアツモリソウ。



フェンスで囲まれ厳重に保護されています。

すずらんで有名な入笠山ですけど、すずらんは終わってしまっていました。
でも、アヤメがたくさん咲いていてきれいでした。



その他にはクリンソウや



サワギク。



コケですかね?



10:05 マナスル山荘

入笠山山頂には1時間程度で登頂できますけど、花を見ながら湿原をチンタラ歩いていたら意外と時間が経っていました。

10:25 入笠山山頂



山頂は360°の展望なんですけど、この日は残念ながらよく見えませんでした・・・

10:50 山頂出発
11:25 大阿原湿原



登頂した後は大阿原湿原を周ってから戻ります。

12:25 マナスル山荘

ここにご褒美が待っています。

ビーフシチュー!! 



これで1000円!! 絶品です(^^)

確実にご褒美にありつけるよう、事前に山荘に寄ってビーフシチューを予約しておきました。この日は混んでいなかったので大丈夫だったと思いますが、混雑する時期は予約しておくと安心です。

13:20 マナスル山荘出発
14:05 ゴンドラ山頂駅

弱小登山部らしく軟弱ハイキングでしたが、次あたりから軟弱路線から脱却していこうかと。
Posted at 2017/07/09 22:17:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 登山 | 旅行/地域
2017年07月03日 イイね!

日帰り海外遠征登山@北漢山 下山後は極度に乾燥(しました)

日帰り海外遠征登山@北漢山 下山後は極度に乾燥(しました)小屋泊で山に行くと、案外お金がかかります。

北アルプスだと1泊2食でほぼ1万円。
これに往復の交通費(高速代・ガソリン代)が加わります。

立山方面の場合は立山黒部アルペンルートの往復チケット1万円くらいがさらに加わります。


LCCで安く航空券を手に入れれば、同じくらいの予算で海外遠征登山も行けるのでは?
泊まるとお金がかかるので、日帰り海外遠征登山を企みました。

行き先はやはり1番近い韓国。なおかつ、朝に着いて夜に帰れるダイヤがあることが条件です。

7/1 1:55 羽田 → 4:20 ソウル peach・MM809便
7/1 22:40 ソウル → 0:55 羽田 peach・MM808便


peachにちょうどいいフライトがあったのでチケット入手。21920円で購入しました。



出発当日、チェックインすると・・・



悪天候のため引き返すことがありますだそうで(^^;)

でも、日帰りだしホテルのキャンセル手続も必要ないし、行けなくても登れないってだけだし。
なんら動じることなく、出発地に引き返したってことは今までないなぁと思いながら搭乗。

ゲートから動き出したところまでは記憶にあるのですが、その後は離陸した記憶もありません。

気が付いたときには誘導路をタキシング中。どうやら寝ている間に無事ソウルに着陸できたようです。悪天候ってことだったけど雨は降っていない模様。よかった(^^)

ターゲットはソウル近郊の北漢山です。
登山口までは地下鉄とバスで行けます。もう少し詳しいアクセス情報はコチラにまとめています。





青丸付近の登山口からスタートして最高峰の白雲台(ベグンデ)に登頂、登山口とは反対側に下りる計画を立てていました。



でも、現地の地図で確認すると下山場所が分かりにくい・・・
ハングルだらけなので・・・ 当然だけど(^^;)

7:30 登山口

目的地ベグンデのハングルだけは覚えておかないと!!



始めは緩やかです。曇っていて日射しはないので気温は高くありません。



ベグンデが見えてきました。遠いな・・・



楽なのは最初だけ。だんだん傾斜がきつくなってきて激登りに(^^;)
気温は高くないけど湿度は高いので、もう汗だくです。暑い・・・



ベグンデまであと少し!?



この先が核心部でした。



しっかり整備されているので問題ありませんが険しいです。





登頂目前!!



9:30 白雲台 (標高:836 m)



景色はよく見えませんが・・・



山頂に眼光鋭いニャンコ先生が!?



10:20 下山開始

さて、登ったら下りないといけません。登山口とは違う場所に下りる計画を立てていましたが、地図で場所を確認しにくく不安を感じていました。
2時間程度で登頂できる山とはいえ、蒸し暑く傾斜が急だったので体力は消耗しています。
道迷いは何としても避けたい!!ってことで、迷ったり道を間違えるリスクを回避するために登ってきた道を引き返すピストンルートに変更しました。

12:20 登山口 計画変更のおかげでトラブルなく無事に下山。



下山したらコレしかない!!



安定の下山コーラは世界共通のウマさ!!

北漢山の他にもう1つ目的地がありました。

Superdry 極度乾燥(しなさい)



汗で服が濡れてしまったので極度に乾かさないといけません!?



イギリスで創業のファッションブランド。日本以外ではキテいるようで、ゴールデンウィークに訪れた北欧でも来ている人を見かけました。

大阪会員証Tシャツとポロシャツを購入。



ポロシャツは謎の日本語表記がないヤツなので安心して!?着られます(^^)

日帰り海外登山、無事に成功(^^)
Posted at 2017/07/03 01:36:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | 登山 | 旅行/地域

プロフィール

「百名山3座遠征@岩手 http://cvw.jp/b/1566418/41969881/
何シテル?   09/21 01:43
ジョーヌです。よろしくお願いします。 RX-7 → Fiat バルケッタ と乗り継いで、2012年6月メガーヌRSを購入しました。 初のおフランス車...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー メガーヌ ルノー・スポール ルノー メガーヌ ルノー・スポール
ルノー メガーヌ ルノー・スポールに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.