• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ジョーヌのブログ一覧

2017年09月25日 イイね!

頼むぞ井口!!

頼むぞ井口!!我らが千葉ロッテ、
2017シーズンは悲しい低迷っぷり。

そのせいで海(ZOZOマリン)ではなく山に足が向かっていました・・・

でも、井口の引退試合とあればマリンに駆けつけないと!!

6番DHで先発出場。スタンドはイグチだらけ(^^)





第1打席はレフト前ヒット!!





まだまだイケるんじゃないの!!って打球です。

第2打席は残念ながらセカンドゴロ。



第3打席はフルスイングむなしく三振・・・





9回裏の第4打席、これが最後の打席か~。





ちょっと引いて撮ってから、



ズームしてピントを合わせている間に・・・

同点2ランホームラン!! 役者が違う!!千両役者だ(^^)!!



5打席まで見られるとは思わなかった!!最後の打席はライトフライ。



延長12回、負けはなくなったけどやっぱり勝って送り出したい!!
大地のサヨナラライト前ヒット!!







最高の引退試合になりました(^^)



ロッテ 4x-3 日本ハム

今シーズンの観戦成績は、4勝2敗

この日で現役生活に終わりを告げる井口ですが、来期のロッテ監督就任が濃厚との噂があります。

試合後は監督就任引退セレモニー













井口資仁 背番号6
日米通算成績(21年間) 2408試合 打率:.270 2254安打 295本塁打 1222打点


今までに撮った井口のベストショットは2013年に撮ったコレ↓でしょうか。
井口がボールを捉えた瞬間です。打球はレフトスタンドに飛び込みました(^^)



ユニフォームを脱ぐと言いながら半年後にはユニフォーム着てここにいるのかと思うと感傷に浸りにくいセレモニーだったのは置いておいて・・・
この日の試合のようにここぞというところでのバッティングに助けられてきました(^^)
ロッテに来てくれてありがとう!!

ロッテに戻ってきてくれるのなら、ロッテ暗黒時代への突入を阻止してほしい!!
Posted at 2017/09/25 22:55:20 | コメント(4) | トラックバック(0) | 千葉ロッテ | スポーツ
2017年09月17日 イイね!

帰れるのにあえての小屋泊@八ヶ岳・しらびそ小屋

帰れるのにあえての小屋泊@八ヶ岳・しらびそ小屋この3連休は金曜に休暇を取って南アの白峰三山縦走を狙っていました。未踏の標高第3位・間ノ岳(標高:3190 m)の登頂が目的でした。
1泊2日で行けるもんなら行きたいけど、きっと力尽きて2泊3日になるであろうルートです。

しかし、台風が接近しているとのことで、2~3日目は天候が悪化することは濃厚です・・・

でも、金曜日の天候は悪くなさそうなので行き先変更を検討しました。

代替ルートの条件は、以下のとおり。
・1泊2日で行ける
・2日目の行動時間が短い


これから登ってみたいルート計画をいくつかネット上に保存しています。
計画したルートを検討すると、八ヶ岳のがぴったりのルートでした!!

6月に登ろうとして撤退した天狗岳です。
10~11月に行こうと考えていたルートですけど前倒しで行っちゃいます。

6:00 みどり池入口

1日目のコースタイムは8時間30分。けっこう時間がかかるので6時スタートを計画。

6:40 こまどり沢 北八ヶ岳っぽいユルい雰囲気の看板あり。



7:00 みどり池 500 mほど登ってきました。



天狗岳が見えました。
ここまでのコースタイムは2時間だけどかかった時間は1時間
タイム設定が甘すぎやしませんかね!?
そんなに急いで歩いていないんだけど。。。

7:10 みどり池出発

次のチェックポイント本沢温泉まで、苔生した緩やかな傾斜の道です。



8:05 本沢温泉
8:20 本沢温泉出発

ちょっと寄り道します。



硫黄岳の爆裂火口を見上げる、日本一高い場所にある野天湯(標高:2150 m)。
周囲からまる見えの豪快なお風呂です。
(なぜ湯船も写るように撮らなかったんだ!?)



入浴は有料なので、手だけ入れてみました。適温です(^^)



本沢温泉から夏沢峠までは標高を上げていきますけど、傾斜はきつくない登り坂をジグザグに登って行くのでそんなに疲れません。

9:15 夏沢峠 南北八ヶ岳の主稜線に出ました。
9:45 蓑冠山

樹林帯を抜けると見晴らしがよくなります。正面の根石岳の向こうが天狗岳です。



9:50 根石岳山荘
10:00 根石岳山荘出発
10:05 根石岳山頂 (標高:2603 m)
10:10 根石岳山頂出発

天狗岳は双耳峰で左が最高峰の西天狗岳で右が東天狗岳です。



10:35 東天狗岳山頂

ちょっと下って登り返します。



10:55 西天狗岳山頂 (標高:2646 m)

お腹が空いたので山頂ランチにします。
コムタンラーメンにソウルで買ってきた韓国海苔をトッピングするセヨ。



南八ヶ岳方面もよく見えました。いつかはあの南端から八ヶ岳南北縦断してみたいですね~。



11:40 西天狗岳山頂出発
11:55 東天狗岳山頂

この先は中山峠に向けて急降下。これを登るのはキツそうだな~(^^;)



12:45 中山峠
12:50 黒百合ヒュッテ



ここで糖分補給にカップケーキ(^^)



13:10 黒百合ヒュッテ出発
13:15 中山峠

この先は急な下りです。地図を見ても等高線が詰まってたし、確かにね(^^;)という地形です。



20分くらい下れば傾斜は緩くなって楽チンです。

14:10 みどり池



ここから車を停めた場所までは往路にかかった時間を考えると1時間かかりません。

みどり池の畔にはという山小屋があります。
余裕で日帰りできますけど、今回はしらびそ小屋宿泊。



なぜ?あえての宿泊?

目的は翌朝の朝食(^^)



このが有名なんです。
(要予約で7時半から。早朝の提供は不可です。)



もつとずっしりと重さを感じます。これなら山を歩くエネルギーになりますね。

山小屋の朝食はご飯、味噌汁、おかずが多いですけど、洋食をいただけるのは珍しい。
美味しくいただきました(^^)

緩やかな地形や苔の森、かわいい雰囲気の山小屋でに人の北なんて言われておりますが、今回のしらびそ小屋は男100(^^;)

8:00 しらびそ小屋出発

朝食を食べているとき雨が降ってきてしまいましたが、小屋を出るときには止んでくれました。

8:15 こまどり沢
8:50 みどり池入口



2日目は50分で終了。 作戦どおり天気が崩れる前に下山完了(^^)

今回、根石岳→天狗岳を周回しましたが、疲れもほとんど感じませんでした。でも、天狗岳→根石岳の順だと登りがきつそうです。



近くの稲子湯で温泉に入って、
(AM9時から入浴可)



麦草峠を越えて蓼科へ。ジェラテリアピッコで糖分補給(^^)





デザートが先になってしまいましたが、諏訪でうな重(^^)@うなぎ小林
(美味しそうに撮れなかった・・・(>_<))



八ヶ岳はルートのバリエーションが豊富だし、グルメ目当てで来てもいいし、これからも八ヶ岳通いが続きそうです。
Posted at 2017/09/17 18:38:13 | コメント(6) | トラックバック(0) | 旅行/地域
2017年09月12日 イイね!

軟弱2座登頂@美ヶ原&車山

軟弱2座登頂@美ヶ原&車山先週は険しい剱岳に登って大変でした。
次はでいきたいな~。

同行メンバーも日曜日だし、次の日休みじゃないから軟弱路線がいいとのリクエスト。

そんなときは・・・


そんなときもあろうかと、残しておいた未踏の百名山、美ヶ原です!!

9:30 山本小屋

爪先だけで立つ、こんな道ではなく、



足の裏全体で地面に立てる喜び!! 滑落の恐れなし!!



お馬さん、お食事中。



牛さんは食後のまったりタイムか!?



いつも緩やかな稜線を歩いていると、「このまま山頂に着けばいいのに!!」って思います。

そんな希望はいつも打ち砕かれますが、ここでは現実のものとなりそうです(^^)





しかし、最後に急登が!!



這うようにして登ります(^^;)



10:30 王ヶ頭登頂 (標高:2034 m)



山頂ランチにします(^^) 絶妙のアクセルワークで開店直後に横川SAに到着して釜めし購入。



ここまで釜めしをかついできました。ウマい!!



11:30 王ヶ頭出発
12:10 山本小屋

軟弱路線とはいえ、もう1つ頂上を目指します!!

リフトで・・・



3分で車山登頂!!



軟弱ピクニックも楽しいです(^^)

次はもうちょっとだけがんばります。


これで、今までに登った百名山は38座

第1座  44 筑波山 (877 m)     2012年5月
第2座  24 那須岳 (1917 m)    2012年6月
第3座  72 富士山 (3776 m)    2012年7月
第4座  30 谷川岳 (1977 m)     2012年8月
第5座  41 草津白根山 (2171 m) 2012年9月
第6座  70 大菩薩嶺 (2057 m)   2012年10月

第7座  65 両神山 (1723 m)    2013年5月
第8座  73 天城山 (1405 m)    2013年6月
第9座  40 赤城山 (1828 m)    2013年7月
第10座 36 男体山 (2486 m)    2013年8月 
第11座 58 焼岳  (2455 m)    2013年10月
第12座 69 瑞牆山 (2230 m)    2013年11月

第13座 71 丹沢山 (1567 m)    2014年5月
第14座 89 伊吹山 (1377 m)    2014年6月
第15座 37 日光白根山 (2578 m) 2014年7月
第16座 78 仙丈ヶ岳 (3033 m)   2014年8月
第17座 54 槍ヶ岳 (3180 m)    2014年9月
第18座 90 大台ケ原山 (1695 m) 2014年9月
第19座 29 至仏山 (2228 m)       2014年10月

第20座 66 雲取山 (2017 m)       2015年5月
第21座 64 八ヶ岳 (2899 m)       2015年7月
第22座
 80 北岳  (3193 m)    2015年7月
第23座 22 磐梯山 (1819 m)       2015年8月
第24座 45 白馬岳 (2932 m)       2015年8月
第25座 74 木曽駒ヶ岳 (2956 m) 2015年9月
第26座 55 穂高岳 (3190 m)       2015年9月
第27座 56 常念岳 (2857 m)       2015年10月
第28座 62 霧ヶ峰 (1925 m)       2015年10月
第29座 23 会津駒ヶ岳 (2133 m) 2015年10月

第30座 76 恵那山 (2191 m)
       2016年6月
第31座 49 立山 (3015 m)         2016年7月
第32座 63 蓼科山 (2531 m)       2016年8月
第33座 42 四阿山 (2354 m)       2016年9月
第34座 59 乗鞍岳 (3026 m)       2016年9月
第35座 21 
安達太良山 (1700 m) 2016年10月

第36座 92 大山  (1709 m)    2017年6月
第37座 48 剱岳  (2999 m)    2017年9月
第38座 62 美ヶ原 (2034 m)       2017年9月
Posted at 2017/09/12 01:36:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | 登山 | 旅行/地域
2017年09月05日 イイね!

弱小登山部 剱岳に登る 下山・奥大日岳編

弱小登山部 剱岳に登る 下山・奥大日岳編ついに剱岳に登頂しました!!

登頂編はコチラ

天気は登り始めと同様に快晴のまま(^^)

山頂は360°丸見えの展望。


パノラマ写真をパチリ





 1:五竜岳
 2:八峰キレット
 3:鹿島槍ヶ岳
 4:鳴沢岳
 5:赤沢岳
 6:蓮華岳
 7:針ノ木岳
 8:槍ヶ岳
 9:立山
10:水晶岳
11:笠ヶ岳
12:黒部五郎岳
13:薬師岳
14:室堂
15:弥陀ヶ原
16:奥大日岳


立山方面


立山の奥のトンガリは槍ヶ岳



針ノ木岳方面


後立山連峰方面
左から白馬三山、唐松岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳


稜線を流れる滝雲が印象的(^^)

富山湾も見えています。



これだけ展望がいいとなかなか下りたくなくなりますね~。
山頂にいる人たちも喜んでいてウハウハです(^^)

8:30 剱岳山頂出発 名残惜しいけど出発

どんな山でもそうですけど、登って終わりではないんですね。
剱は特にそう。

ヘリが飛んでいます。富山県警のパトロールでしょうか。
心の中で「乗せてくださ~い!!」と叫びます。



10番鎖、カニばい。来てしまった・・・
下りNo.1のヤバゾーンです。絶壁を横に移動していきます。



上から見てもどこに足を掛ければいいのかよく見えないので赤い矢印が付けられています。
矢印の示すあたりに足を下して足場を探ります。ここでのポイントは右足を下すこと。
左足を下してしまうと、その後左に移動しにくくなってしまいます。



右足を下して、無事に足場を見付けてから左足を下します。

横這い中。写真を撮ったけど、あんまりヤバい感が伝わらない・・・



12番鎖、平蔵の頭。下山なのに思いっきり登ります。



平蔵の頭を越えたらライチョウのつがい登場です(^^)



人間がいても逃げません。
彼らはきっと自分たちは特別天然記念物なんだと自覚しています。

さらに下って、もう1組ライチョウを目撃!!



ラストの13番鎖。また登ります(>_<)



9:50 前剱 前剱まで戻ってきました。



10:00 前剱出発
10:40 一服剱

あぁ、ラ・・・



を飲たい・・・



そして・・・ 倒・(号泣)
赤丸付近の何でもない所で・・・
下りの難所を越えたところで事故が多いそうです。
コーラのことしか考えていませんでした・・・ 反省です・・・

11:05 剣山荘

反省すべき点はおいといて、コーラがウマぁぁぁいぃぃぃ!!!!!



11:50 剣山荘出発

剱御前小舎に向けて少し登って振り返ると、青空と剱岳。



さっきまであの頂にいたんだ(^^)



剱登頂後は剱御前小舎に泊まって、翌日に奥大日岳に登る予定です。
でも、この時点でMAX。これで帰ってもいいかも!?と考え始めています。

13:15 別山乗越 剱御前小舎のある別山乗越に到着

帰ろうかと思っていましたけど、室堂まであと2時間弱歩きたくない(^^;)という軟弱クライマーぶりを発揮して、予定どおり剱御前小舎に宿泊します。
やはり弱小登山部!!

剱と遠くに後立山連峰。



明日登る奥大日岳への稜線。



夕焼けもお見事!!



室堂の灯り。



夜には雲海も消えて富山の夜景が見えました。



5:40 剱御前小舎出発 朝っぱらから激下り(>_<)



6:30 新室堂乗越

ここまで下りてくると緩やかな尾根歩き。山頂までこのままならいいのに・・・



6:50 室堂乗越

剱が見えてきました。昨日登った剱を別アングルで眺めるのもいいですね。



残念ながら急になっていく斜面が見えます。



稜線に出ると、なんだこれは!?



なんも見えないから、花でも見るか。
後で調べると、オレンジはクルマユリ、紫はハクサンフウロっぽい。白いのはよく分からんです。



山頂に近づくと出迎えてくれるようにガスが消えてきました。



8:00 奥大日岳山頂 (標高:2611 m)

奥大日岳山頂からの剱岳。数分だけですけど姿を見せてくれました。



8:40 奥大日岳山頂出発
9:25 室堂乗越
9:40 新室堂乗越
10:00 雷鳥平
10:10 雷鳥平出発
11:30 室堂ターミナル

念願を達成して戻ってきました。今回のルートと標高データ。
登って下りての繰り返し。きつかったです(^^;)



帰り道の黒部ダムで下山ハサイダー。ウマい!!



扇沢に到着。好天の剱、雲海、ライチョウなどなど大満足で帰ります(^^)




これで、今までに登った百名山は37座

第1座  44 筑波山 (877 m)     2012年5月
第2座  24 那須岳 (1917 m)    2012年6月
第3座  72 富士山 (3776 m)    2012年7月
第4座  30 谷川岳 (1977 m)     2012年8月
第5座  41 草津白根山 (2171 m) 2012年9月
第6座  70 大菩薩嶺 (2057 m)   2012年10月

第7座  65 両神山 (1723 m)    2013年5月
第8座  73 天城山 (1405 m)    2013年6月
第9座  40 赤城山 (1828 m)    2013年7月
第10座 36 男体山 (2486 m)    2013年8月 
第11座 58 焼岳  (2455 m)    2013年10月
第12座 69 瑞牆山 (2230 m)    2013年11月

第13座 71 丹沢山 (1567 m)    2014年5月
第14座 89 伊吹山 (1377 m)    2014年6月
第15座 37 日光白根山 (2578 m) 2014年7月
第16座 78 仙丈ヶ岳 (3033 m)   2014年8月
第17座 54 槍ヶ岳 (3180 m)    2014年9月
第18座 90 大台ケ原山 (1695 m) 2014年9月
第19座 29 至仏山 (2228 m)       2014年10月

第20座 66 雲取山 (2017 m)       2015年5月
第21座 64 八ヶ岳 (2899 m)       2015年7月
第22座
 80 北岳  (3193 m)    2015年7月
第23座 22 磐梯山 (1819 m)       2015年8月
第24座 45 白馬岳 (2932 m)       2015年8月
第25座 74 木曽駒ヶ岳 (2956 m) 2015年9月
第26座 55 穂高岳 (3190 m)       2015年9月
第27座 56 常念岳 (2857 m)       2015年10月
第28座 62 霧ヶ峰 (1925 m)       2015年10月
第29座 23 会津駒ヶ岳 (2133 m) 2015年10月

第30座 76 恵那山 (2191 m)
       2016年6月
第31座 49 立山 (3015 m)         2016年7月
第32座 63 蓼科山 (2531 m)       2016年8月
第33座 42 四阿山 (2354 m)       2016年9月
第34座 59 乗鞍岳 (3026 m)       2016年9月
第35座 21 
安達太良山 (1700 m) 2016年10月

第36座 92 大山  (1709 m)    2017年6月
第37座 48 剱岳  (2999 m)    2017年9月
Posted at 2017/09/05 22:20:43 | コメント(5) | トラックバック(0) | 登山 | 旅行/地域
2017年09月03日 イイね!

弱小登山部 剱岳に登る 登頂編

弱小登山部 剱岳に登る 登頂編山で遊び始めて6年目。
少しずつ登る山をレベルアップしてきた結果、弱小登山部の軟弱クライマーでもしてもいいんじゃないか!?と思えるようになりました。

この2年くらいは剱に登ることを念頭に置いて登る山を選んできました。


剱はどのルートから登ってもヤバいゾーんこ盛り(^^;)

古来、立山信仰では剱岳は「登るべからず」とされ、針山(左上)で表現されています・・・
恐ろしや・・・



事前に予習しておくことも、無事に戻ってくるためには重要です。
以前に録画した番組を繰り返し見てヤバいゾーンの様子を頭に叩き込みます。



休日は渋滞することも多いので、木曜と金曜に休みを取り、2泊3日で計画をたてました。

1日目:室堂から剱岳麓の剣山荘に移動・宿泊
2日目:剱岳に登頂、剱御前小舎に宿泊
3日目:奥大日岳に登頂、室堂に戻り下山


剱岳だけなら1泊2日で戻れなくもありませんが、剱岳・立山エリアに行くには交通費が高いのです。
なので、剱岳にもう一山加えてしまおうという作戦です。

長野側からの玄関口、扇沢に到着。平日だったので無料駐車場に車を停められました(^^)
残念ながら、霧雨が降っています・・・ 大丈夫か!?



立山黒部アルペンルートで室堂に到着直後は立山が見えていましたが、すぐにガスに覆われてしまいました・・・



9:00 室堂ターミナル出発

室堂からテント場のある雷鳥平に下りてから雷鳥坂を登り、雲の中の別山乗越を越えて行かないといけません。



9:40 雷鳥平

雷鳥平から約500 mの登り。最初の試練です。



11:20 別山乗越
約1時間40分で雷鳥坂を登り切りました。天気がよければここで剱岳が見えるのですが真っ白です。



ここから剣山荘までは1時間程度なので慌てて進む必要はありません。剱岳が見えるまで待ってみます。

11:50 別山乗越出発
12:00 剱御前 (標高:2792 m)



1時間弱待ったけど、剱は隠れたまま・・・ あきらめて進みます。



12:50 剱御前出発
13:00 別山乗越

剣山荘へ向かうトラバース道を進んでいると、ガスが消えてきました(^^)



剱が姿を見せて出迎えてくれました。



一服剱、前剱を越えてようやく山頂に着きます。



14:05 剣山荘 平日は小屋も空いていて快適(^^)

翌朝、4時ごろ起きて準備が済んだら出発します。

4:50 剣山荘出発

空に雲はなく快晴、眼下には雲海です。剱登頂にはなかなかのコンディションです。



早速、鎖が登場です。鎖場には番号が書かれたプレートがあり、13番まであります。



1番2番あたりは序の口です。

5:10 一服剱



前剱がドドーンっと立ちはだかります。
あれが山頂だと思いたいですけど、山頂は前剱の奥で見えません(>_<)
これを越えられないようなら山頂にはたどり着けません。

前剱への急登に挑んでいる最中、鹿島槍ヶ岳の左からご来光。



頭上のデカい岩が前剱大岩。ひたすら急登が続いています。



前剱大岩の脇に3番鎖があります。大岩を越えて左を見ると、影剱かな!?



6:05 前剱



大変なのはこの先・・・ ヤバいゾーンはまだ出てきていないですから・・・

6:15 前剱出発

出ました(^^;) 最初のヤバいゾーン。。。 5番鎖です。



両サイドが切れ落ちた細い橋を渡り、(無風でよかった・・・)



崖を横切ります。落ちたくない(泣)



手前の岩峰を先行者が進んでいます。7番鎖の平蔵の頭です。



登山者の反対側にかかっている鎖は下山時に通ります。険しくてすれ違い困難なので一方通行のルートが設定されています。

さらに進むと・・・出ました。登りNo.1ヤバいゾーン



です。



カニのたてばいの下に着きました。先行のグループが縦這っています。



休日は渋滞ポイントですけど、平日の今日は待ち時間なし。行ってまいります!!



ほぼ垂直か!?



下を見ると・・・ 見ないほうがいいかもしれません(^^;)



たてばい中に1回だけズルッと足が滑りました。
両手ともう片方の足は安定していたので事無きを得ました。

カニのたてばいを越えたら、山頂目指してガレ場を進むのみ!!



山頂見えた!!



あぁ、ついに来たんだ。



7:40 剱岳 (標高:2999 m)



弱小登山部の軟弱クライマーでも登れましたよ(^^)
なんとかなるもんです。


下山編に続く
Posted at 2017/09/03 19:36:01 | コメント(4) | トラックバック(0) | 登山 | 旅行/地域

プロフィール

「@ひでエリさん 前半はダメだ〜こりゃ〜だったんですけど、やってくれましたよ!」
何シテル?   05/25 00:12
ジョーヌです。よろしくお願いします。 RX-7 → Fiat バルケッタ と乗り継いで、2012年6月メガーヌRSを購入しました。 初のおフランス車...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ファン

37 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー メガーヌ ルノー・スポール ルノー メガーヌ ルノー・スポール
ルノー メガーヌ ルノー・スポールに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.