• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年08月17日

2018.8.17:夏休みの課題 - メガーヌ号のエアコン

2018.8.17:夏休みの課題 - メガーヌ号のエアコン  メガーヌ号、タイヤを新調したものの、実は病が発覚しておりました。エヤコンのコンプレッサのマグネットクラッチがちゃんと動作しません。まだ2万キロあまりの走行です。大分前に認識をしてたのですが最短の解決策として先月コンプレッサのアッシーを新しく購入しました。

 しかし、連日の猛暑で作業する気にはなれません。ようやく夏休みと決めていた今週の13日からボチボチと手を付け始めました。

 まずは付いているコンプレッサの取り外しです。整備マニュアルによるとフロントのライト&バンパーも外さねばならないようです。結構、大げさな作業です。

 実はこの外し方を大分前からシミュレーションしてました。結果的に右フェンダーの中の泥除けを外し、画像のように横からコンプッサを目論見通り抜くことができました。ただ、エアコンの高圧パイプが干渉するのでクランプ類を外し、だましだましとなりました。





 以下が新旧コンプレッサの比較です。左側の外したものには低圧側に煙突みたいなアダプタがついてます。推測するに低圧ホースをエンジン違いでも同じものして、このメガーヌ号の取付の調整にしたのではないかと考えます。



 以下の画像のようにアダプタを新しいコンプレッサに取付、配線のコネクタも外したものと同じようになるよう細工をしました。



 そして以下が元の鞘に収めようとしているところです。クルマというものは不思議なもので何とか手が入り、部品を角度を変え、最初は入らないと (あるいは外せない) と思うのがちゃんとうまく行ってしまうことです。これはおそらく設計者 (製造プロセス含む) の意思ではないかと何時も思うものです。



 結果的に以下の画像のようにちゃんと収まり、ドライブベルトも元に戻しました。



 最終的にまずは真空引きです。30分弱、そしてリークのテストは5分程度でオーケーとしました。



 そしてガスをチャージしてとりあえず一件落着となりました。



 その後、市内一周ドライブをしてテスト、ちゃんと冷え一安心です。アルファテスト (仮) 完了となりました。

 さて本日 (8月17日) 、折角ですから高速含めテストをと、常磐高速経由で何時もの朝日峠に向かいました。本日の朝日峠、秋が近いのでしょうか、空が抜けるように高かったです。平日の午後にもかかわらず、大勢の若い走り屋がおりました。筑波スカイラインも皆さん、何時ものように朝日峠駐車場と子授け地蔵の駐車場を往復しているようでした。



 結果的に130キロあまりのドライブですが、その間、新たなエアコンシステムは正常に動作、結果オーケーとなり、ベータテスト (本番) 完了です。以下は考察&補足情報です。

<コンプレッサの問題について>

 症状から診てマグネットクラッチの動作不良とみました。ここで思ったのがリコールが出てないかということです。ビンゴ、以下に突き当たりました:

 ルノージャパン:『リコール 平成28年10月 メガーヌ ハッチバック (ABA-ZM4R VF1BZ1P01C0673828~VF1BZ1P01C0676124) :対象車両のエアコンコンプレッサーのクラッチにおいて、作動電圧が供給されていても、マグネットクラッチが作動しない事があります。』、この対策は部品交換ではなく、若干の保証延長のようです。しかし、我がメガーヌ号は対象車両に残念ながら入っておりません。

 そこで、スペインの同じ工場&同じエンジン (ECUは異なる) で製造された日産のX-trailをチェックしてみました:『リコール 2016/04/15 セレナ、エクストレイルのサービスキャンペーンについて:不具合の内容 エアコンコンプレッサにおいて、クラッチ締結用のコイルに設けたヒューズの接合が不適切なため、内部抵抗が増大するものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、コイル部の温度が上昇して、ヒューズが溶断し、エアコンが作動しなくなるおそれがあります。』、この対策として、改善の内容:当該エアコンコンプレッサのクラッチ締結用コイルを対策品と交換しますと、ありました。

 これは面白い!素人考えですが、おそらく同じ時期のサプライヤの納入品に問題があったのではないか、すなわちマグネットクラッチの不具合です。ルノーは保障延長で対処、すなわち問題が出るまで部品交換は無し、一方、日産は全品交換をしたんだと言う事実です。

<コンプレッサの購入について>

 当初はマグネットクラッチの交換を考えました。あるいは日産のX-trailの中古品ないしリビルト品を模索してました。

 メガーヌのコンプレッサアッシーは日本国内ではおそらく高い、英国のサイトをみても結構な価格、だがネット検索は便利なもので中国製であれば130米ドル+DHL送料で入手可能であることが判明しました。しかもメガーヌもX-trail他対応とちゃんとあります。この130米ドルの価格は日本での日産のマグネットクラッチのコイル単体よりは安いのです。中国製についていろいろは意見もあるでしょうが、ルノーのそのものがチェコ製ないし中国製であるのです。
参考:auto ac conpressor for Nissan X-trail Renault Scenic 8200869742 926007817R

 これはもう買いであると、発注、中三日でDHLからデリバリーされました。

<ガスの量とオイルの量>

 メガーヌ3のBZ1 (2.0 CVT) はR134aが480グラム+/-35グラム、オイルはISO PAG46で110ml+/-10ml (ICT Workshop Solution、他の多くのサイトも同じデータ) のようです。

 実はこのようなデータが日本の中で見ることができません。ネットの中での記述は多くが一般的なものであり車種に合わせたものは見当たりません。また、オイルの粘度についても明確に議論されていません。もっともオイルについては日本の中では粘度を指定して購入が困難です。この辺、プロの皆さんは熟知されて対応されてると考えますが、アマチュアにもちゃんとしたコト (すなわち、情報) とモノ (部品&アッシー) が入ればと切望するものです。

<メガーヌのトリムクリップ>

 フェンダー裏の泥除けの樹脂製のカバーをボデーに固定するクルップ、ルノーのそれは綺麗に外すことが困難です。おそらく素人なのでしょう。今回は全11箇所はずし、破損なかったの5つでした。以下の画像にように足がもげてしまいます。このクリップはeBayなどで検索しても見当たりません。

 そこで庶民の味方、アストロプロダクツで、画像のようなものを購入しました。取り敢えず、使うことができました。この辺、ルノーは使い捨て?、国産のように問題なく再利用可能となればと思うものです。ただ完全防水にするためにルノーのそれように径の大きいカバーが必要です。この辺、二個一で解決しようかと目論んでいます。
ブログ一覧 | クルマ
Posted at 2018/08/17 21:39:06

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

ハチロク エアコン不調 ヘルプ!
countrypapaさん

カプチーノエアコン134a化 その2
イーボーイさん

エアコン-2016 ②
kappa@BA5さん

またつまらぬ物を買ってしまった
拾八郎さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「今年のラグナセカ - 日産レーシングの同窓会 (Reunion) http://cvw.jp/b/1567445/41922759/
何シテル?   09/08 06:59
クルマは走らなければ1/1のただのプラモデルをモットーに、旧車は見てくれ50%で良し、走って200%を目指してます。 みんカラは大分前に登録してましたが何もし...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー メガーヌ (ハッチバック) ルノー メガーヌ (ハッチバック)
ルノー メガーヌ (ハッチバック)に乗っています。
スバル スバル360 スバル スバル360
学生時代の昭和43年に知合いからスバル 360 コンバーティブルを金五千円で購入、当時の ...
ホンダ Z360 ホンダ Z360
結婚当時 (1976年)、クルマはコンテッサクーペ一台、当然、マニュアル、買物や送り迎え ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.