• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Gris Borealのブログ一覧

2013年08月31日 イイね!

自動運転車か~。

この記事は自動運転車、日産が2020年までに発売、開発競争激化。について書いています。


日産が2020年までに自動運転車を発売するというニュースがありました。
何でも自動車メーカーが自動運転車発売することを発表したのは世界初ということのようですね。




最近の自動ブレーキ付のクルマが増えてきて、これが付いているから安全と勘違いされ、よそ見運転や携帯電話やスマホを操作をされるよりは自動運転で目的地まで運んでくれる方がいいとは思います。


ですが、個人的にはクルマを操っての運転が好きなので「楽」と言われるような自動は苦手です。(笑)




また、地方ではクルマは必需品で年齢を重ねると、どうしても事故を引き起こしやすくなり、免許証を返納という方もいらっしゃいます。
クルマがなければ、生活ができないことは多い場所もあるため、そのようなことを考えると自動運転車は理想ではなのかな~と感じます。





日本では高速道路での使用のみでの検討がされているようですが、開発側も政府側も地方のことも考えているのでしょうかね、一般道での使用では歩行者などの問題などはありますが。




それから、一般道で自動運転車が使用された場合、コンビニなどから道路に出る際など、渋滞していたときに道を譲ってくれる機能もあるのかな~。(笑)
普段でも空けて止まってくれたりして、譲ってくれる人達もいらっしゃいますが、中には「私は絶対に入れたくはありません。」と言いいそうな感じで出ようとするクルマの真前をブロックするような輩もいます。

一般道路でのテスト走行は日本ではできないために、アメリカで行われている自動運転車のテスト、日本ではこのようなときなど後手後手になりやすいですね。




現在の自動ブレーキとか言う中途半端なものよりは完全に自動運転車の方がいいのかな~と思ってしまうGris Borealです。(笑)




※個人的な意見です。
Posted at 2013/08/31 08:19:06 | コメント(2) | トラックバック(0) | 気になること | ニュース
2013年08月30日 イイね!

エンブレム!マツダ車編。

こんばんは!


昔のクルマのエンブレムって字体もデザインされていたり、メーカーのエンブレムもすご~く味があったように思います。


そんなエンブレム、今回はマツダ車編






マツダ車と言えば、これでしょう~(笑)。
コスモ・スポーツ

フロントの東洋工業時代のメーカーエンブレムにコスモのエンブレムがイイですよね~。
フロントにも車名であったり、グレード名などのエンブレムが昔のクルマにはありました。




コスモ・スポーツから3代目となるコスモ2ドアハードトップ、
リア左サイドのコスモのエンブレムもイイです。



初代ルーチェ
これも東洋工業時代のエンブレム

このとき、写真をフロントだけしか撮らなかった~(汗)
リアとかも撮っておけばよかったです。(苦笑)






2代目のファミリア
リア右サイドのファミリアのエンブレム、字体の雰囲気にやられてしまいます。





昔のエンブレムってイイ!(笑)



Posted at 2013/08/30 20:45:02 | コメント(3) | トラックバック(0) | その他 | クルマ
2013年08月29日 イイね!

今更ですが2…。

今更ですが2…。知り合いでもあり、みん友でもあるslcinquecentoさんのブログに影響を受けてしまい私もマイカングーネタを…(汗)


愛車紹介にも少し書いてはありますが、私のカングーは2001年1月初年度登録の1.4RXE Autになります。
カングー購入前の愛車では輸入車の所有もなく、カングーというクルマの存在も知らない状態でした。
この頃、母が車いすでの生活となり、国産のワゴンに乗っていたのですが、母の通院の際などクルマに乗り降りするのに母を抱きかかえての行動が大変、ワゴンなので車高が低いわけではありませんが、ドアの位置が比較的高い位置から始まり、車高も低くないクルマをと思い探していたところカングーに巡り合いました。
国産車で介護用に改造されたクルマという選択もありましたが、そうすると楽しめそうなクルマもないし、どうせ買い換えるのなら楽しめそうなクルマで、なにより天邪鬼な考えで…(笑)

購入したショップさんに話をし始めたのが2000年9月ごろ、基本としてショップさんではグレードがRXEとRTEで1.4LガソリンエンジンにMTとAT、1.9Lディーゼルターボがありました。
その時の担当者さんが言うには、ボディカラーはJaune Citron(レモン・イエロー)はウチで一番売れているカラーなのでやめましょう。(笑)
出来れば他のカラーで…
また、カラーでは特別注文カラーとして現在はデカングーにある、クルールのオレンジやベージュなども注文できますよ、なんでも、過去にルノー車に使われたカラーやコーポレートカラーから塗ることも可能ということでした。

結果として、そのショップさんで展示車として発注をしていたクルマ(12月ごろに入る予定)、Gris Boreal(ボレアルシルバー)にオプションでエアコン、ジラフォン、リアドアは観音ドアにて10月に注文。


正規輸入が始まったころのイベントにて
左がウチのカングー(ボレアルシルバー)、右のカングーが(コスミックグレー)、違うカラーなのですが、違いがよくわかりません。(笑)



12月の中旬にショップさんから、クルマ入りました。と連絡が入り、年末年始の休み前には納車ができるとのことでワクワクしていましたが、早くも納車整備中に輸入車の先例を受けることに(笑)、スピードメーターとタコメーターが途中で止まりそこから動かなくなりました。
部品を取り寄せ、それでも年明けてすぐに納車になりました。

最初にガソリンスタンドに、当時、行っていたスタンドはセミセルフのスタンドで給油作業はスタンドの社員が行うところで、驚いていたのはガソリン給油口を開けたり、閉めたりするときドアのロックがガチャガチャと閉じたり開いたりの繰り返しで「何ですか?」この音とスタンドの人、そして、リアにあるカングーのエンブレム見て、「ガクーン」と言う名前ですか?と言われてしまいました。(笑)

ドアの乗り降りのし易さは正解でした。
フロントのドア、さほど乗り込むときなど屈まない姿勢はすばらしいと今でも絶賛できるところです。

走りの部分というか「走り、曲がる、止まる」ということに関して、国産メーカーと海外のメーカーでこれほど大きな違いがあるというのは驚きがありました。
オートマチックで1.4Lでは上り坂ではとても、つらいですが下り坂は速い速い(笑)、4WD的な安定感があるのと、4つのタイヤが路面を蹴っている状態がわかりやすいものですね。
実家の田舎からウチに帰ってくるときの道で緩やかな下り坂からカーブで橋に渡るという場所があるのですが、雨の日などでは橋のつなぎめにある鉄板やマンホールですべりやすく、緩やかな下り坂からスピードがどうしても出てきて、鉄板などで滑ることがありました。
でも、運転の腕もない自分なのにズルっと滑っても自然とコントロールが出来るものがありました。この辺は最近のクルマにある、横滑りの際自動でコントロールや自動ブレーキが多くなりましたが、いざという時のブレーキの利きやタイヤの接地感のわかりやすさなど基本がしっかりとあってからの横滑りでの自動コントロールや自動ブレーキがあるように思ってしますのですが。カングーに乗るとそんな感想を持ってしまいます。

圧迫感がないところもいいですね。
車高が高いからというのもありますが、窓が大きくて、フロントガラスよりサイドガラスが低い位置から付き、シートの明るい色とボディカラーと同じ車内の鉄板部分で明るくて運転の際もリラックスしてできます。




購入の数年後に室内クロスバーを取り付けました。
ジラフォン付のクルマに付けてジラフォンと干渉しないかと取り付け前に心配しましたが、その点も考えられてのクロスバーで問題もなく、冬など厚めの上着などを置くのに重宝しています。



所有して10年になろうかという頃に立て続けに部品交換に見舞われました。
大きなところではエアコンのコンプレッサー、細かなところではパワステ、水温センサーなどと数年間トラブルにあいましたが、今は快調に活躍してくれています。(笑)
走行が出来ない場面も、購入して1年半ほどしたとき、フライホイールセンサーの異常で信号待ちからエンジンストップ(泣)後続車から何度となくクラクションを鳴らされたことか、おかげさまで走行中のトラブルでも度胸がついてしまいました。(爆)



荷室部分ですが、カーペットもないので掃除の際、濡れぞうきんで拭き掃除が簡単に出来るところもいいです。



細かなトラブルはありますが、5ナンバーサイズで扱いやすいクルマであって今でも乗っていたい、想い出いっぱい、愛着のあるカングーです。
マイナスよりもプラスの部分が大きいですね。(笑)

大きな再起不能状態にならない以上はいつまでも乗っていたいと思わせるカングーです。

親バカなブログ内容と長文ですみません。また、最後まで読んでいただいて方、ありがとうございました。
Posted at 2013/08/29 11:58:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | カングー | クルマ
2013年08月28日 イイね!

ルノーエクスプレス・ピックアップ。

ルノーエクスプレス・ピックアップ。またまた、いけないものを…(笑)


ピックアップがマイブームとなってしまっているのかもしれません。(病気?)







ルノーエクスプレス・ピックアップ


エクスプレスは1985年11月にデビューしてピックアップは87年10月から作られはじめたようです。




それにしても、キャビンと荷台の境目のカタチがすばらしいの一言です。(爆)

エクスプレスの見慣れた箱状のものを、そのままキャビンと荷台の境目で切り取ったようなスタイル。
キャビンの後ろ側がどのようになっているのか、リアランプやその周りのデザインなど見たいぐらいですね~。
リアからの画像までは発見できなかったので残念ですが。



一度は実車のピックアップを見てみたいものです。
おそらく、見たときは崩れ落ちてしまいそう。(笑)
Posted at 2013/08/28 18:12:30 | コメント(4) | トラックバック(0) | 商用車 | クルマ
2013年08月28日 イイね!

赤い彗星気分で操縦…?

きのうの新聞にシャア専用オーリス、トヨタ予約開始とありました。

80年代にも有名ブランドとコラボしたモデルなどがありましたから、今回のオーリスにシャア専用があっても不思議ではないし、トヨタのことですから売れるのでしょうね~。







専用のパーツだけでも販売、新車購入時にパーツもフル装備した場合の価格が330万6825円?は高すぎません。(苦笑)



また、これってシャア専用オーリスというより、量産型オーリスですね。(笑)




※個人的な意見です。
Posted at 2013/08/28 17:34:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | 気になること | クルマ

プロフィール

「@slcinquecento さん、夏木さん、私はGメンとチェイサー、そして、数年前のFTPではお見掛けする程度でしたがお元気であったお姿です。ご冥福をお祈りいたします。」
何シテル?   01/30 20:42
Gris Boreal(グリ ボレアル)です。よろしくお願いします。 イタリア・フランスの車、80年代の国産車が好みで、中でも希少車といわれるような台数が少な...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/8 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

DIY全塗装 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/14 23:33:03
トヨタ コロナリフトバック 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/09 21:56:24
モーニングクルーズで見た車 その1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/17 22:20:19

愛車一覧

ルノー カングー ルノー カングー
2001年1月登録のルノーカングー1.4RXE Autに乗っています。 判を押したのは ...
ルノー エスパス ルノー エスパス
初代エスパスの後期型、ガソリン2.2L TXEです。 初輸入車、カングー愛車にし、その直 ...
シトロエン AX シトロエン AX
1991年式のTRSです。 今では一部の国産軽自動車を除いても、軽い車両重量790Kg ...
トヨタ カムリグラシア トヨタ カムリグラシア
ボディーカラーはダークブルーマイカメタリック 保有期間は1997年1月~2001年1月 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.