• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちびーたのブログ一覧

2018年01月13日 イイね!

ちょっとした嘘で絶体絶命!!:(;゙゚'ω゚'):

 
 職場にて


♪鉄面党がゆるせなーいー(・∀・)

 いや?なんか違うな?

♪ゆるせなぁ~いぃ~(・∀・)

 いやいや?なんか、こう調子がというか違うな?
 こう、少し首でも振って調子つけてみるか?

♪ゆるせぇなぁ~いぃ~(・∀・)




「おや、チビータさん、演歌の練習ですか?」







(しまった・・・見られた・・・)
ま、まあねぇ(;・∀・)



「演歌、お好きなんですか?結構、ノリノリでしたがw 誰の歌なんです?」







(いえない・・・レッドバロンっていうダサい特撮ロボットの歌だなんて・・・)








う・・・お・・・:(;゙゚'ω゚'):
と、鳥羽一郎かな(爆)










「うわwマジですかw許せないとか唄ってましたが、なんて曲ですか?」




(ちっくしょう、んなとこ興味もたなくていいだろ)











うー・・・んとぉ、

(;・∀・)













あ、赤い男爵か・・・な(:(;゙゚'ω゚'):)ドカーン!!










「鳥羽一郎の赤い男爵ですかw なんか赤いスイートピーの演歌版みたいですねw 今度、聞いてみます!」








お願いだから、やめてくれ!!
εε=ヽ( TДT)ノ ウワァァァン
2015年12月17日 イイね!

今朝の恥ずかしかった件

場内に誰もいないと思ってトイレに向かう際に、適当な思いつき鼻歌で勝手にンコの歌を歌いながらトイレ前の角を曲がったら十人くらいいて、こっちみてた(爆)
2015年06月27日 イイね!

俺のスポットクーラー(・∀・)

俺のスポットクーラー(・∀・) 夏、暑いので職場にあった汚いスポットクーラーがあったので電源入れたら全然OKだった。



 そんで、俺自身が使うのに便利なようにしたら、その有様がどうやら不評らしい(´・ω・`)




 「これ、スポットクーラーをどうしたんですか?」


 みりゃ分かるだろ、便利にしたんだよ!!
( ー`дー´)キリッ
2015年02月10日 イイね!

オリビアに殺されかけた男の話猫(がんばれチビータくん)

昔のラジオトップテン番組では日本の歌手の曲より海外のポピュラーソングの方が圧倒的に強い時代ってのが存在した。

中でもディープ・パープルとオリビア・ニュートンジョンの曲は、新曲が出る度に上位確実であった。

オリビア・ニュートンジョンといえば「そよ風の誘惑」が何週間も連続1位で、彼女は、この曲で日本での人気を不動のものとしたのだ。




さて、そんなオリビア・ニュートンジョンの曲をラジカセで聴いていた俺達であった。

が、クラスメイトのYが昨日オリビア・ニュートンジョンに殺されかけたという。
更には、しばらく彼女の曲を聴くのまでやめると言い出した。

ファンであった俺は、また何を馬鹿なと、どうせ聴くだろと思いつつ話を聴いていた。


なんでも、昨日の昼に床屋に行ってたんだそうな。

一通りハサミが入って、床屋の椅子がガタンと背が寝かされた。
オヤジが顔にヒゲソリクリームを塗り、カミソリの刃をYの顔に付けた刹那!

かけっぱなしのラジオのトップテン番組のアナウンサーが

「では今週の第四位です。オリビア・ニュートンジョンの新曲になります。ジョリーン」


オヤジが顔のヒゲをそりはじめる。
♪ジョリン、ジョリン、ジョリーンジョリー~ン
たまらずYが我慢しているから肩が揺れる。

「おっとっとっと!!危ないよ!切れちゃうからさ、揺らさないでくれる?」

「あ、はい、、、」

その後、何度か込み上げてくる笑いを足をつねって我慢していたが

「はい、次、喉んとこやるんでね」

そしてオヤジの刃がYの頸動脈の上辺りをやっている時に
オリビアのジョリーンもクライマックスに!!
♪ジョリーンンンン!ジョリー~~ン!ジョリーンンンン!

揺れるY

「うわっと!!だあめだよお客さん!!危なく殺しちゃうとこだよ!!何をさっきから笑ってんのよ!!」

「すみません、ラジオが、、、」

「音楽鳴ってるだけでしょう!笑うようなとこないしょ!なに?思い出し笑いなの?」

「い、いえ」

「たのんますよ、ホント!!」



「てなことがあったから、オリビア・ニュートンジョン聴くと思い出すから、しばらくやめる」

「なんだよ、それ。別にオリビア・ニュートンジョン悪くないじゃん」

「でも、やめる」

「ちぇ!つまんねえやつ!オリビア・ニュートンジョン悪くないのにあたりやがって!お前、オリビア・ニュートンジョンに呪われるからな!」
という根拠のない捨て台詞を吐いて俺はYを置いて家に帰った。

その日は、夕方から雨でYのとこから早めに帰ってきて正解だった。



翌日、教室に入るとショボンとしたYが話かけてきた。

「俺、オリビア・ニュートンジョンに呪われた」

「今度は何だよ!」

「昨日、チビータ帰ったじゃん。そのあと雨降ったじゃん。雷も鳴ってたじゃん」


そういえば、ゴロゴロいってた。


「俺、テレビ観てて母さんが夕食用意してたら、ドグワアン!ってスゲー音と一緒に家ん中が明るくなってさ!テレビ一瞬ピカッとなってさ!そのあと、真っ暗になって、何の音もしなくなってさ。近所の人達が雷がお宅の煙突に落ちたって教えてくれて。家の電気製品が全部駄目になっちゃって。なあ、チビータ。俺、オリビア・ニュートンジョンどうすればいい?」


「聴くべき」

2014年09月11日 イイね!

不思議な死骸の話

以前に山口敏太郎の本に載っていた「ジェニー・ハニバー」の話をしようと思う。

ジェニー・ハニバーって、いったい何なの?という方はネットで調べてみてはどうだろう。


この謎の生物の死骸、正体のほとんどはエイの死骸が腐敗したものという結論のはずである。
あえて〃ほとんど〃と書いたのは、全てではないと俺は言い切れるからで、その理由は、俺自身がジェニー・ハニバーを写真に撮ったことがあるからだ。

とはいえ、色々な古いUFO事件が「昔だからだろ」という情報のレベルが多いのと同じで、かなり古い話なので、そんなイメージで読んで欲しい。



俺が小学校低学年の時だ。
謎の、今で云うところのダイレクトメールが俺宛でやってきたことがある。
確か、切手や玩具の通販だったと思う。
なんで子供にダイレクトメールとなるとこだが、当時から頭の悪い俺は何故に個人情報が漏れているのか?などとはまるっきり考えが及ばず、自分宛てで送られてきたハガキが嬉しかった。
更に嬉しかったのが「君は選ばれた!このハガキの右はじをアブってみてくれ!一等なら自転車が千円、二等ならスパイカメラが五百円で買えるぞ!」と書いてあった。
早速にアブってみると「二等当たり!!」の文字が!

お婆ちゃんにねだって現金書留でお金を送ると数週間後にガッカリするくらいの小さく壊れやすいプレスのカメラと小指大のフィルムが送られてきた。
それでもフィルムをセットして近所のお店に現像を頼んでみた。
上がってきたものは、像といえるレベルのものではなく、お店のおじちゃんも「ボク、、、フィルムが真っ暗のばかりだったよ、ごめんな」と言われる始末だった。

しょんぼりしている孫を気遣って、お婆ちゃんは自分が使っていたハーフカメラを「使いなさい」と貸してくれた。

俺は喜んで何を撮ろうかあれこれ考えた。
なにせハーフカメラは、通常のフィルムの送りを文字通り半分だけするもので、倍の枚数を撮れるようにしたものだ。
そのぶん、小さなレンズになったりで集光力が落ちたり画像が荒くなったりもするのだが、素人目には通常写真となんら遜色がなく、実に小学生向けともいえるガジェットであった。

実家は大家族であった。 カメラをお婆ちゃんから貸してもらったことを知った叔父さんが、写真撮るのに海にでもドライブにいくか?と提案してくれた。
俺は大きく頷き、たちまち日曜の早朝から行ってみるという話になった。


さて日曜日の早朝とは聞いていたが、「そら、行くぞ!」と起こされた時間は、走行にライト点灯が必要な時間だった。

俺は半分寝たまま、ライトバンの中で夜明けを迎えた時には既にアテもない適当な海岸線を走行していた。

ガキってのは適当に出来ている生き物で「とりあえず到着だぞ」と言われるや、さっきまでのグッタリーノな俺は消滅しており、カメラを持って波打ち際まで駆けていっていた。

海につきましたーとはいえ、叔父さんがつれてきてくれた海岸は季節はずれなただの砂浜で、漁港の様なエキサイティングな情景もなければ、釣り人もいない。
しかも天気は曇天で鉛色の雲と日本海特有の重い藍色の海が急速に少年チビータのはしゃぐ心を鎮火させていった。

地球が多少は丸いかも知れないと想像できる水平線をみながら「こりゃ駄目だ」感満載で途方にくれながら、それでもせっかく写真撮りに海まできたんだからと、海岸を散策しはじめた。

流木やら壊れた洗濯機やらが漂着していたが、撮るには寂し過ぎた。


しばらく下を見ながら歩いていると、波打ち際から5メートル位のところにホッケのひらきの様な死骸が見えた。
しかしホッケよりもかなり大きく、しかもなんだかおかしいと感じた。

作り物ではなかった。
腐敗が今一つ進んでないのは気温のせいだ。

そのなんだか分からない死骸は、海洋生物であろうことだけはサメにも似た形状の頭の皮膚感や羽根とはことなる固い質感で茶色に黒い縞模様の尻尾らしい部分でなんとなくわかる。

しかし、この間接のイメージがないネコの様な足はなんだ?

胸のところにある、ひじから先だけの腕はどういうことだ?

簡単にここまで観察した時に、急に一昨日に読んだ少年マガジンのニュースコーナーで、ヨーロッパで宇宙からきたと思われる生物の死体がうちあげられていたという小さな写真付きの記事を思い出した。

これって、もしかして、、、と思ったら急に怖くなってきた。
俺は、見ちゃいけないものを今、見ているんじゃないか?
そう思ったら、ますます怖くなってきた。

大人に教えるべきなんじゃないか?
とも考えた時にはカメラで、その怪しい死骸をカシャカシャ写していた。

一番注目したのは手だ。 シャッターを切りながら観察してみた。
ひじがない。
いきなり手首みたいな印象で、生後すぐの赤ん坊のような手は指が四本あった。
指には関節意識があり、我々と同じように3自由度のものだ。
ただし!
親指に相当するものが見受けられない。

しかし、可動部位の密度が高い。足の造りのゾンザイさとはえらい違いだ。
足はまるでキリタンポの様で胴体との接合部にも筋肉質が見受けられない。
どうみたって、こんな落書きみたいな足では地上で歩行は出来ない。


俺が砂浜の一ヶ所であまりにシャッターをきっているものだから様子を見に叔父さんもやってきた。
「いったい、さっきから何を撮って、、、うわっ?!なんだこれは?!」

わかんないから写真に撮ってるんだ猫

「なんなんだろな、、、いや、なんなんだろう」

そんな観察をしていたら、犬の散歩で近所の人が通りがかった。

「あら、何か落ちてらっしゃるの?」

いや、これ何かなあって猫

「へーぇ、、、えっ?!なにこれ?!何の生き物なの?!」

分かんないです猫

「なんだろ、なんか怖いわ、これっ!やめなさいっ!!」
犬が近づこうとするのを引っ張ってとめていた。


さんざん写真も撮ったし、どうしようもないので帰ることにした。


帰りの車の中では、ほとんど喋らなかった。
唯一といえば「あれ、なんだろうね」くらいだった。

俺は帰るなりフィルムを近所の店に現像に出した。

上がりは4日後で、その間、撮れているかどうかが気になって仕方がなかった。

仕上がり日に店に取りにいくと、いつものオッサンが
「なあ、ボク。これに写っているもの、あれはなんなんだい?」
といいながら俺にネガと紙やきが入った袋を手渡した。

その写真は、その後の幾度もの引っ越しの際になくなってしまった。


実は、あれがジェニー・ハニバーなる名前で呼ばれているのを知ったのは、今から精々五年ほど前のことである。

エイが腐敗しても手首はない。
だから、俺がみたものは、もしかしたらジェニー・ハニバーではないのかもしれないし、ある意味本物の未確認生命体の死骸だったのかもしれない猫


プロフィール

「No1 ロズウェル事件 http://cvw.jp/b/157643/43426276/
何シテル?   11/04 07:51
 ふとしたことからラジカセのことを思い出してしまい、気が付けば随分と集まってしまってた。  本来は宇宙物が好きなんだが、ラジカセメカに周囲を囲まれた生活...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

七年前の、あの日 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/16 08:23:01
地球外からの来訪者の話を聞いた猫 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/09 07:37:09
片付ける 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/18 21:10:32

愛車一覧

三菱 その他 戦艦 (三菱 その他)
考えるところがあり、詳細割愛いたします。 チューン内容に興味がある場合はブログカテゴリー ...
日産 マーチ 日産 マーチ
軽自動車が一年で次々と壊れていく中、「凄く程度が良いのでとっておいた」という理由で俺のと ...
三菱 ミニカトッポ 三菱 ミニカトッポ
それまでアルトワークスに乗っていたのですが、そのワークスが飲酒で無免許のやつに停止中に正 ...
三菱 トッポBJ 三菱 トッポBJ
通勤、貨物用としてできるだけ安いの!ということで購入のBJ猫 安いだけあって、NA、左 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.