• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ピズモのブログ一覧

2007年04月27日 イイね!

スクーターがついに・・・

スクーターがついに・・・日常の通勤の足として活躍していたスクーターが壊れてしまいました。
なんでもエンジンが焼き付いてしまったとのこと。
でも10年近くよく働いてくれました。
車と違ってあまり手入れもしていなかったので当然の結果かも知れません。
新しいスクーターですが、現在は排ガス規制の影響で2ストロークのバイクが消えてしまい、選択肢が4ストロークになってしまいます。パワーがかなり劣るそうなので、ちょっと残念です。
Posted at 2007/04/27 19:55:52 | コメント(7) | トラックバック(0) | | 日記
2007年04月26日 イイね!

おすすめスポット2000件突破!

おすすめスポット2000件突破!いつの間にか、登録しているおすすめスポットが2,000件を超えていました。
2007年4月26日現在、2,065件が登録されています。






都道府県別の上位10は
京都府 240件
兵庫県 139件
大阪府 126件
奈良県 121件
長野県 118件
滋賀県  95件
東京都  95件
岐阜県  87件
山口県  77件
愛知県  73件
となっています。
一方下位10は、
福岡県  0件
沖縄県  0件
秋田県  2件
徳島県  2件
佐賀県  2件
青森県  3件
岩手県  3件
栃木県  5件
千葉県  5件
宮城県  6件
となっています。やはり近畿地方の登録数が多いのは当然として、京都が圧倒的に多いのがわかります。一方で九州や、東北が少ないです。意外なのは隣県の徳島県が少ない!


PVベスト10は、
東京ラブストーリー・別れの手紙を投函したポスト(大洲市)  5195PV
東京ラブストーリーロケ地・肱川河原(大洲市) 1500PV
霧の森菓子工房・松山店(松山市) 817PV
北条政子産湯の井戸(伊豆の国市韮山) 458PV
こんだ薬師温泉ぬくもりの郷(篠山市今田町) 378PV
道の駅いが(伊賀市・旧伊賀町柘植) 369PV
大阪カテドラル聖マリア大聖堂(大阪市中央区) 362PV
東京ラブストーリーロケ地・梅津寺駅(松山市) 358PV
鏡山公園・鏡山城(東広島市西条) 347PV
東京ラブストーリーロケ地・油屋旅館(大洲市) 345PV

と圧倒的に東京ラブストーリーロケ地関係が上位に4つも食い込んでいます。霧の森菓子工房・松山店を入れると愛媛県でベスト10のうち5つを占めていることになります。史跡関係は意外と少ない結果となりました。
このページのおすすめスポットは史跡めぐり系を中心としているため、「石碑だけの城」「案内看板だけの史跡」など万人に「おすすめ」スポットではないものも含まれていると思っています。その他にも人によってはおすすめでないスポットもあると思います。まあ、コンセプトが少しマニアックなもので・・・
今後はまだあまり行ったことがない都道府県を中心にいろいろ回って行こうかと思います。


Posted at 2007/04/26 20:20:55 | コメント(11) | トラックバック(0) | みんカラ | 日記
2007年04月15日 イイね!

諏訪湖畔ドライブ

今度は諏訪湖畔をドライブです。
諏訪市原田泰治美術館を訪れました。
諏訪市出身の画家で、朝日新聞日曜版に連載された「原田泰治の世界」でおなじみの原田泰治氏の作品を展示する美術館として平成10(1998)年に開館した美術館です。名誉館長はさだまさし氏。

清潔感のある建物で、日本の美しい風景を描いた作品を堪能できました。
この後は、上諏訪温泉にある、諏訪湖間欠泉センターです。
上諏訪温泉の名物、豪快に噴出する間欠泉を楽しむことができます。
10時・11時30分・13時30分・15時、16時30分と決まった時間に噴出します。間欠泉の高さは50mにもなり、日本一の高さだそうです。
入浴施設はありませんが、近くで足湯を楽しむことができます。
近くで見る間欠泉は、かなりの迫力です。


岡谷市側の小坂観音院にも行ってみました。小坂観音院(おさかかんのんいん)は龍光山観音院といい、かつては諏訪大社の社坊でしたが、中世に諏訪氏の祈願所となりました。 永正3(1506)年作の十一面観世音を本尊としています。
建造物は江戸時代、高島藩2代目藩主諏訪忠澄が寛永21(1644)年に改造、更に4代目忠虎が正徳5(1715)年に再建しました。
作家井上靖の著書「風林火山」では、諏訪頼重の娘由布姫は、信玄の側室となって 勝頼を生み、この観音院で暮らしましたが、病のため25歳でこの世を去ったと書かれています。
昭和38(1963)年境内の高台に、諏訪御料人(由布姫・新田次郎の小説「武田信玄」では湖衣姫)の供養塔が建てられました。また、境内の案内看板によると、武田信玄公は死後自らの遺言により石棺に納められ観音院沖の諏訪湖に葬られたとの言い伝えがあるそうです。

小坂観音院は諏訪湖畔の高台にあります。


参道の入口です。


大河ドラマゆかりの地ということで旗が並んでいます。


境内は高台にあるので諏訪湖周辺の眺望が素晴らしいです。


こちらは岡谷市街地方面


観音堂です。正徳5(1715)年4月、諏訪忠虎公の造営です。


天然記念物の柏槇(びゃくしん)です。弘法大師空海が衆生済度のため、この地にこられ、護摩供養をしたとき植えたものと伝えられています。


武田信玄公側室諏訪御料人供養之塔です。


ここで諏訪エリアの観光は終了。この後は帰路に向かいますが、このまま高速道路で帰るのはつまらないので、昨年開通した国道361号権兵衛トンネルを通って木曽経由で帰ります。
帰りには木曽町・旧日義村で巴渕〔巴ヶ渕〕に立ち寄りました。木曽義仲と共に幼少を過ごし、戦場でも共に戦った愛妾巴御前の名にちなんで巴ヶ淵と呼ばれています。この淵に棲む竜神が巴御前に化身して義仲を守り続け、この渕に戻っていったという伝説があります。
巴渕周辺には石碑なども建っています。


上松町では小野の滝を見ました。木曽八景のひとつに数えられる名所です。
広重・英泉の合作である中山道六十九次の浮世絵に描かれている上松は、この小野の滝の絵です。
明治42(1909)年、鉄道の鉄橋が真上に架けられ、残念ながら往年の面影はなくなりました。
かつてここを旅した細川幽斎は、「老の木曽越」のなかで「木曽路の小野の滝は、布引や箕面の滝にも、をさをさおとらじ、これほどの物をこの国の歌枕には、いかにもらしける」と手放しで褒めています。
また、浅井列はこの地を訪れて「ふきおろす 松の嵐も 音たえて あたりすずしき 小野のたきつせ」と歌を詠んでいます。
国道19号沿いにあり、小さいながらも駐車場もあります。旅の気分転換に滝を眺めてみるのもいいかもしれません。


このまま国道19号で、中津川まで走り、そこからやっと高速に乗って帰りました。何度言っても信州はドライブして楽しいところです。しかし、まだまだ行きたいところも沢山残っています・・・
Posted at 2007/04/25 22:16:03 | コメント(5) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2007年04月15日 イイね!

諏訪氏の史跡・頼重院と桑原城など

高遠の次は諏訪方面に向かいます。杖突峠からは八ヶ岳の眺望が素晴らしいです。信州三景観のひとつに数えられているだけのことはあります。諏訪頼重を攻める際、信玄と結んだ高遠頼継がこの峠を越えて攻めた峠です。諏その後も武田信玄が高遠頼継を攻めるときにもこの峠を越えて、伊那・高遠に進撃しました。
この峠を下りると、茅野市街地です。諏訪インター近くの小作諏訪インター店に立ち寄り、甲州ほうとうで腹ごしらえをした後、前回行った上原城の近く、諏訪市の頼重院に行ってみました。頼重院(らいじゅういん)は諏訪頼重の菩提寺です。
天文11(1542)年7月、諏訪頼重は武田信玄に攻められて桑原城に敗れ、甲府の東光寺で自害しました。墓は東光寺にありますが、この地に菩提寺として頼重院が建立されました。



小説「武田信玄」の著者新田次郎の「陽炎や頼重の無念ゆらゆらと」と刻まれた歌碑。


頼重公の怨念のために大きな石が7つに割れてしまった巨石です。


頼重院の近くには、上原城の支城・桑原城へ登城しました。桑原城は諏訪惣領家の支城です。又の名を高鳥屋(たかとや)城ともいいます。標高981mの山上に築城され、甲州街道から約200メートル北に位置し、本丸跡、二の丸跡、土塁、空堀、首塚などの遺構が残ります。
桑原城は諏訪氏惣領家最後の舞台になりました。天文11(1542)諏訪頼重は武田信玄に攻められました。頼重は7月2日夜、居城の上原城に火をかけて桑原城に退却しました。3日の夕方には戦闘に備えるために検分をしようと「つるね(足長神社につづく尾根?)を下った頼重を見た家臣が、頼重が城を捨てたと思って逃げてしまったため、20人ほどで夜を明かし、4日には武田氏の使者を受け入れ城を明け渡すこととなりました。
その後、頼重は甲府に送られ、東光寺で弟頼高とともに自害し、諏訪惣領家は滅亡しました。辞世の句は「おのづから 枯れ果てにけり 草の葉の 主あらばこそ 又も結ばめ」です。

国道20号から県道諏訪茅野線に入ると、正面の山に「桑原城跡」の看板が。


県道を上っていくと、案内看板があります。林道で本丸下まで車で行くことができます。急な傾斜の道ですがかまわず登っていきましょう。安全運転で。


本丸下に車を駐めると、登城はそんなに大変ではありません。
本丸には石碑があります。


二の丸からは諏訪湖など、諏訪市街地の眺望が素晴らしいです。


二の丸から、本丸を撮影しました。



この後も、諏訪湖周辺をドライブです。
Posted at 2007/04/23 23:28:59 | コメント(5) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2007年04月15日 イイね!

高遠城周辺にも満開の桜が・・・高遠散歩

高遠城の他にも高遠の町を散歩してみました。
高遠町歴史博物館では、第26回特別展「高遠城と武田家~伊那の武田文書~」が開催されていたので見に行きました。


博物館の敷地内には、絵島囲み屋敷があります。正徳4(1714)年1月12日、7代将軍家継の生母、月光院は自分の仕えている年寄絵島を増上寺へ、同じく宮路を上野寛永寺に前将軍家宣の墓参りのためのため代参させました。その後、芝居小屋・山村座にて生島新五郎の芝居を見た後、江島は生島らを茶屋に招いて宴会を開きましたが、宴会に夢中になり大奥の門限に遅れてしまいました。
このことは後で大問題になり、評定所で審議された結果、江島は生島新五郎との密会を疑われ、評定所から下された裁決は、死一等を減じての遠島となりました。月光院の嘆願により、江島についてはさらに罪一等を減じて高遠藩お預けとなりました。絵島は高遠で61歳で生涯を終えるまでの28年間、囲み屋敷に幽閉されることになりました。朝夕の2食(一汁一菜)のみ、たばこや酒もゆるされず、読書や外部との交流も許されない厳しい生活だったそうです。
現在、高遠町歴史博物館の敷地内に見取り図を元に当時の屋敷が復元され、一般に公開されています。


花の丘公園は、八重桜、山桜などが植樹され、平成8(1996)年にオープンした高遠第2の桜の名所です。
高遠城址公園の桜が散った頃から八重桜、山桜などが咲きます。ただ、訪れたのが高遠城址公園が満開時期だったため、ほとんど咲いていませんでした。


ただ、近くの桂泉院は桜が満開でした。桂泉院は臨済宗の禅宗寺院で、元は法幢院といい高遠城内の法幢院曲輪にあるお寺でした。江戸時代にこの地に移転しました。

天正10(1582)年3月織田信忠の軍が武田氏征伐のため天竜川に沿って北上した際、下伊那郡川路村開善寺から奪い陣鐘として運搬した梵鐘があります。信忠は落城の後、城内法憧院郭にこの鐘を吊るしこれを打ち鳴らして敵味方の法要を営みました。


本堂です。本堂脇には、城内の黄金水、満光寺境内の檜水と共に高遠の三名水といわれる「桂水」があります。


昭和56(1981)年、仁科五郎盛信公400年遠忌を記念して建立され、仁科五郎盛信、小山田備中、渡辺金太夫、諏訪はな、諸士の位牌が安置されている位牌殿です。


この地から山本勘助が高遠城を築城するときここから眺めて縄張りの構想を練ったとかで、それを記念して「山本勘介桜(説明看板では勘助ではなく勘介)」が植樹されています。


信州の山を背景に、桜が咲き誇ります。


高遠城の満開の桜も見ることができます。




高遠の地で亡くなられた、武田信虎公の墓もあります。


高遠散歩を終え、再び高遠中学校の駐車場に戻ります。
ここからは、杖突峠を越えて、諏訪を目指します。




Posted at 2007/04/20 23:54:49 | コメント(2) | トラックバック(1) | ドライブ | 日記

プロフィール

「[整備] #PCX エンジンオイル交換(第9回目) https://minkara.carview.co.jp/userid/157690/car/1646340/4873121/note.aspx
何シテル?   07/13 21:09
ドライブで史跡巡りをやっています。 戦国時代の城・幕末がメインですが、史跡は全般的に好きです。 あとMacやデジタル製品など「新しいもの」も大好きです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2007/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

沖縄県編 
カテゴリ:お勧めスポット都道府県別リンク
2017/03/06 23:51:42
 
鹿児島県編 
カテゴリ:お勧めスポット都道府県別リンク
2016/01/09 20:03:52
 
宮崎県編 
カテゴリ:お勧めスポット都道府県別リンク
2014/07/01 23:55:48
 

お友達

名所旧跡を中心としたドライブの話題などが好きです。
よろしければ、遊びに来てください。
89 人のお友達がいます
chintachinta * 朝霞の種馬reborn朝霞の種馬reborn *
やる気になればやる気になれば * BC5~BP5BC5~BP5 *
カワトロ・バジーナカワトロ・バジーナ * tatekentateken *

ファン

65 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
H27.3レガシィBPより乗り換え
ホンダ PCX ホンダ PCX
H26.3購入しました。
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
H18.3アコードワゴンから乗り換えました。
ホンダ アコードワゴン ホンダ アコードワゴン
H11年式アコードワゴンCH9です。 ホンダのVTECエンジンは最高です。 100,00 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.