• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ピズモのブログ一覧

2013年07月26日 イイね!

大山山麓(大神山神社奥宮・大山寺・大山自然歴史館・植田正治写真美術館)

大山を下山していくと大神山神社奥宮があります。
大神山神社の御祭神は大己貴神(おおなむちのかみ・奥宮)あるいは大穴牟遅神(おおなむぢのかみ・本社で、大国主神のお若いときのお名前です。
大山は大神岳とも称され、中国地方一の霊峰とも言われ修験道を始め多くの人々の信仰を集めてきました。
神体山としての大山には主神として大己貴命」が鎮座し給うとされましたが、仏教の隆盛による神仏習合思想の広まりとともに、大己貴命に地蔵菩薩を祀り「大智明権現」の称号を当てて神仏混淆の神社となり、平安鎌倉期には三院百八十坊僧兵三千名とまで数えられるようになりました。
一方この地は冬期積雪が多く、祭事の遂行が困難なため麓に冬宮を設けて冬期にはこの冬宮で奉仕を行うようになりました。
明治維新の神仏分離令による廃仏毀釈によって、修験道に基づく智明権現は廃され、明治8(1875)年大山寺は廃寺となり、大神山神社は尾高(米子市)の冬宮を本社とし、大山の宮から地蔵菩薩を除いて大神山神社奥宮とし、現在のような形となりました。
奥宮の本殿・幣殿・拝殿および末社下山神社本殿・幣殿・拝殿は国の重要文化財に指定されています。
大神山神社奥宮 - 01
大神山神社奥宮 - 01 posted by (C)pismo

大神山神社奥宮 - 02
大神山神社奥宮 - 02 posted by (C)pismo

大神山神社奥宮 - 03
大神山神社奥宮 - 03 posted by (C)pismo

大神山神社奥宮 - 04
大神山神社奥宮 - 04 posted by (C)pismo

大神山神社奥宮 - 05
大神山神社奥宮 - 05 posted by (C)pismo

大神山神社奥宮 - 06
大神山神社奥宮 - 06 posted by (C)pismo

大神山神社奥宮 - 07
大神山神社奥宮 - 07 posted by (C)pismo

大神山神社奥宮 - 08
大神山神社奥宮 - 08 posted by (C)pismo

大神山神社奥宮 - 09
大神山神社奥宮 - 09 posted by (C)pismo

大神山神社奥宮 - 10
大神山神社奥宮 - 10 posted by (C)pismo

大神山神社奥宮 - 11
大神山神社奥宮 - 11 posted by (C)pismo

大神山神社奥宮 - 12
大神山神社奥宮 - 12 posted by (C)pismo

大山寺は、山号は角磐山、天台宗別格本山の寺院です。
養老2(718)年、出雲玉造の人、依道という人により山が開かれました。依道は、狼を追いかけて深山に踏み入ったところ金色の狼を追って大山山中に入ると、地蔵尊が現れて猟師のつがえた矢を止め、狼は老尼の姿に変ったといいます。尼僧にさとされた依道は出家し、「金蓮上人」となりました。
平安時代、村上天皇より大山権現(地蔵権現)を大智明菩薩とする詔が下され、御本尊を本殿権現社(現在の大神山神社奥宮)に祀り大智明権現というようになりました。
慈覚大師は、顕密両教と共に「引声阿弥陀経」の秘曲を伝えられました。当山の行者はこれに帰依し、修験道から天台宗に列しました。
承安元(1171)年、火災により本尊を始め諸堂も焼失してしまいました。その頃、近くの長者原に一大勢力を持っていた紀成盛が御堂を再建し、金銅の地蔵尊及び鉄製厨子が奉納され再興されました。
元弘3(1333)年、当山の別当職にあった信濃坊源盛は兄名和長年が後醍醐天皇を奉じて船上山に立てこもった際、兄の義挙を助け当山の僧兵七百余騎をしたがえて船上山に馳せ参じて戦いました。
戦国時代には尼子氏、毛利氏、吉川氏などの尊崇を集めましたが、戦乱により寺運も衰退しました。
慶長年間、豪円僧正が座主となり寺運の挽回を計り、江戸幕府により三千石の寺領を得、次いで寛永7(1630)年からは代々宮様が座主につかれるようになりました。
明治初年の神仏分離令により、座主北白川宮能久親王も時の流れにはどうする事も出来ず大山寺の御本尊を御祀りしてあった本殿を、明治8(1875)年大神山神社に引渡して、大日堂に移し祀らねばならなくなりました。
寺運が衰退しているなか、明治36(1903)年に大山寺の号が復活しました。
昭和3(1928)年には4度の火災に遭い、昭和26(1951)年にようやく再建されました。
大山寺 - 01
大山寺 - 01 posted by (C)pismo

大山寺 - 02
大山寺 - 02 posted by (C)pismo

大山寺 - 03
大山寺 - 03 posted by (C)pismo

大山寺 - 04
大山寺 - 04 posted by (C)pismo

大山寺 - 05
大山寺 - 05 posted by (C)pismo

大山寺 - 06
大山寺 - 06 posted by (C)pismo

大山寺 - 07
大山寺 - 07 posted by (C)pismo

鳥取県立大山自然歴史館は、大山の自然・歴史・文化に関する資料を展示する資料館です。
大山の成り立ち、山岳信仰、動植物に関する資料等をわかりやすく紹介しています。
大山自然歴史館 - 1
大山自然歴史館 - 1 posted by (C)pismo

大山自然歴史館 - 2
大山自然歴史館 - 2 posted by (C)pismo

少し、車で移動して伯耆町(旧岸本町)にある植田正治写真美術館を訪れました。
植田正治写真美術館は、大山の麓の伯耆町(旧岸本町)にある写真美術館です。
高松伸の設計により平成7(1995)年に竣工、開館しました。
本人から寄贈された15,000点の作品を収蔵、常設展示しています。
植田正治は鳥取県境港市出身で、フランス芸術文化勲章を受けるなど高い評価を諸外国でも受けている世界的な写真家です。
山陰の空、地平線、砂丘などを背景に、被写体をオブジェのように配置した演出写真は写真誕生の地フランスでもUeda-cho(植田調)という言葉で広く知られています。
また、歌手福山雅治「HELLO」のCDジャケット写真を手がけたことをきっかけに福山と親交を深め、写真を指導したことでも知られています。
美術館裏の福岡堤からは大山を真正面に、逆に写し出す「逆さ大山」の池として多くの写真家・画家から親しまれています。
植田正治写真美術館は、このイメージを大切に受け継ぎ、各展示棟の間から望む水面には逆さ大山を見事に再現しています。
植田正治写真美術館 - 01
植田正治写真美術館 - 01 posted by (C)pismo

植田正治写真美術館 - 02
植田正治写真美術館 - 02 posted by (C)pismo

植田正治写真美術館 - 03
植田正治写真美術館 - 03 posted by (C)pismo

植田正治写真美術館 - 04
植田正治写真美術館 - 04 posted by (C)pismo

植田正治写真美術館 - 05
植田正治写真美術館 - 05 posted by (C)pismo

植田正治写真美術館 - 06
植田正治写真美術館 - 06 posted by (C)pismo

植田正治写真美術館 - 07
植田正治写真美術館 - 07 posted by (C)pismo

植田正治写真美術館 - 08
植田正治写真美術館 - 08 posted by (C)pismo

植田正治写真美術館 - 09
植田正治写真美術館 - 09 posted by (C)pismo
Posted at 2013/09/09 23:10:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2013年07月26日 イイね!

大山登山

この日は、鳥取県の大山に登山。

大山寺阿弥陀堂から登っていきます。
阿弥陀堂は、大山寺に現存する寺院の中では最古の建築物で、もともと常行堂として平安時代初期に建立されました。
しかし享禄2(1529)年に山津波で倒壊し、天文21(1552)年に現在の場所に再建されました。
堂内の阿弥陀三尊は天承元(1131)年佛師良円の作と伝えられ、建物、仏像とも国の重要文化財に指定されています。
(現地説明板より)
大山寺阿弥陀堂 - 1
大山寺阿弥陀堂 - 1 posted by (C)pismo

大山寺阿弥陀堂 - 2
大山寺阿弥陀堂 - 2 posted by (C)pismo

大山は、標高1,729mの山で、富士山、立山、御嶽山とともに日本四名山とされ、日本百名山でもあります。
北西側の姿から別名「伯耆富士」との愛称があります。
主峰の剣ヶ峰~三鈷峰と外輪山の烏ヶ山・野田ヶ山・矢筈ヶ山・甲ヶ山・勝田ヶ山・船上山を総称しての名称ですが、最高点の剣ヶ峰方面は崩落が激しく、縦走することができません。
弥山(標高1,710m)が行くことができる最高峰です。
海抜800m以下の山麓帯では、アカマツやコナラの林が、さらに800m~1300mのエリアでは、日本でも屈指の規模を誇るブナの森があります。そして1400m付近へと上がると特別天然記念物にも指定されるダイセンキャラボクがあります。また、高山植物もクガイソウ、エゾアジサイ、カラマツソウ、エゾノヨロイグサシモツケソウ、イヨフウロなど豊富です。
昭和11(1936)年、日本で3番目の国立公園となり、その後昭和38(1963)年に蒜山地域、隠岐島、島根半島、三瓶山地域が追加指定され現在の「大山隠岐国立公園」となりました。
大山 - 001
大山 - 001 posted by (C)pismo

大山 - 002
大山 - 002 posted by (C)pismo

大山 - 003
大山 - 003 posted by (C)pismo

大山 - 004
大山 - 004 posted by (C)pismo

大山 - 005
大山 - 005 posted by (C)pismo

大山 - 006
大山 - 006 posted by (C)pismo

大山 - 007
大山 - 007 posted by (C)pismo

大山 - 008
大山 - 008 posted by (C)pismo

大山 - 009
大山 - 009 posted by (C)pismo

大山 - 010
大山 - 010 posted by (C)pismo

大山 - 011
大山 - 011 posted by (C)pismo

大山 - 012
大山 - 012 posted by (C)pismo

大山 - 013
大山 - 013 posted by (C)pismo

大山 - 014
大山 - 014 posted by (C)pismo

大山 - 015
大山 - 015 posted by (C)pismo

大山 - 016
大山 - 016 posted by (C)pismo

大山 - 017
大山 - 017 posted by (C)pismo

大山 - 018
大山 - 018 posted by (C)pismo

大山 - 019
大山 - 019 posted by (C)pismo

大山 - 020
大山 - 020 posted by (C)pismo

大山 - 021
大山 - 021 posted by (C)pismo

大山 - 022
大山 - 022 posted by (C)pismo

大山 - 023
大山 - 023 posted by (C)pismo

大山 - 024
大山 - 024 posted by (C)pismo

大山 - 025
大山 - 025 posted by (C)pismo

大山 - 026
大山 - 026 posted by (C)pismo

大山 - 027
大山 - 027 posted by (C)pismo

大山 - 028
大山 - 028 posted by (C)pismo

大山 - 029
大山 - 029 posted by (C)pismo

大山 - 030
大山 - 030 posted by (C)pismo

大山 - 031
大山 - 031 posted by (C)pismo

大山 - 032
大山 - 032 posted by (C)pismo

大山 - 033
大山 - 033 posted by (C)pismo

大山 - 034
大山 - 034 posted by (C)pismo

大山 - 035
大山 - 035 posted by (C)pismo
Posted at 2013/09/09 22:51:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | トレッキング | 日記
2013年07月20日 イイね!

丹波金山城

金山城(きんざんじょう)は標高537mの頂上に築かれた山城で、本丸を中心に二の丸、矢島丸、朽木丸、加々見丸、コキリ丸などと伝えられる構えを持ちます。
天正6(1578)年2月、三木城主別所長治が織田信長に背きます。篠山盆地一帯を支配していた戦国大名波多野秀治は、この謀反を支援して他の丹波国人衆とともに一斉蜂起します。信長は明智光秀に征討を命じ、同年三月にその軍勢が丹波へ侵攻することになります。
秀治はその居城八上城にあって、氷上郡にある黒井城の赤井氏と連携しながら、光秀に対し徹底抗戦を続けます。光秀は、この両者の連携を最も恐れていました。光秀には、天正3(1575)年に黒井城を攻めた際、秀治に背後から襲撃され京へ命からがら逃げ帰った苦い思い出があったからです。
光秀は、秀治と赤井氏との連携を分断するために天正6(1578)年9月より天正7(1579)年10月にかけ多紀郡(現篠山市)と氷上郡の郡境にあって、両郡を結ぶ交通上の要衝であったこの地に金山城を築城させました。
これが功を奏したのか、八上城は天正7(1579)年6月ついに落城し、戦国時代に勇名をはせた波多野氏は歴史の舞台から消え去ることになります。
この金山一帯には数々の文化財が存在しています。登山口には赤坂の観音堂があり、風呂の谷奥には「役の行者」が祭られ、その二枚岩の間には文政の年号を刻んだ不動明王の石仏が安置されています。そのほか民話として有名な「鬼の架け橋」「天岩」等の景勝地があり、ハイキングコースとして訪れる人が多いようです。
(現地説明板より)
城址は、鐘ヶ坂トンネルの上にあり、篠山側からと柏原側からとどちらからでも登ることができます。私は篠山側、追入神社から登りました。
金山城 - 01
金山城 - 01 posted by (C)pismo

金山城 - 02
金山城 - 02 posted by (C)pismo

金山城 - 03
金山城 - 03 posted by (C)pismo

金山城 - 04
金山城 - 04 posted by (C)pismo

金山城 - 05
金山城 - 05 posted by (C)pismo

金山城 - 06
金山城 - 06 posted by (C)pismo

金山城 - 07
金山城 - 07 posted by (C)pismo

金山城 - 08
金山城 - 08 posted by (C)pismo

金山城 - 09
金山城 - 09 posted by (C)pismo

金山城 - 10
金山城 - 10 posted by (C)pismo

金山城 - 11
金山城 - 11 posted by (C)pismo

金山城 - 12
金山城 - 12 posted by (C)pismo

金山城 - 13
金山城 - 13 posted by (C)pismo

金山城 - 14
金山城 - 14 posted by (C)pismo

金山城・鬼の架け橋 - 15
金山城・鬼の架け橋 - 15 posted by (C)pismo

金山城・鬼の架け橋 - 16
金山城・鬼の架け橋 - 16 posted by (C)pismo

追手神社の祭神は大山祇命です。
創建は不明ですが、柏原町小倉の苅野神社に関連する伝説や、大山荘園の成り立ちから推論して千年は経過しています。
小宮は、稲荷社、秋葉社、恵比須社、愛宕社で明治41(1908)年、村内にあったものを移しました。
神社境内にある千年もみは日本一で平成元(1989)年12月12日に兵庫県郷土記念物に指定されました。夫婦いちょうは、推定樹齢350年、夫婦円満の木として親しまれています。
(現地説明板より)
追手神社 - 01
追手神社 - 01 posted by (C)pismo

追手神社 - 02
追手神社 - 02 posted by (C)pismo

追手神社 - 03
追手神社 - 03 posted by (C)pismo

追手神社 - 04
追手神社 - 04 posted by (C)pismo

追手神社 - 05
追手神社 - 05 posted by (C)pismo

追手神社 - 06
追手神社 - 06 posted by (C)pismo

追手神社 - 07
追手神社 - 07 posted by (C)pismo
Posted at 2013/09/08 22:28:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2013年07月16日 イイね!

下総・常陸・川越・東京(5日目その3・東京スカイツリー)

旅行の最後に東京スカイツリーを訪れました。
東京スカイツリーは平成24(2012)年5月22日に展望台のある観光施設として開業した電波塔です。
平成20(2008)年7月14日着工、平成24(2012)年2月22日に竣工しました。
高さ643mあり、完成時点では世界一高いタワーです。
なお、その他商業施設の東京ソラマチ、東京スカイツリーイーストタワー(オフィス・教育関連施設)、コニカミノルタプラネタリウム“天空”in東京スカイツリータウン、すみだ水族館などの複合施設で、東京スカイツリータウンを構成しています。
東京スカイツリー - 01
東京スカイツリー - 01 posted by (C)pismo

東京スカイツリー - 02
東京スカイツリー - 02 posted by (C)pismo

東京スカイツリー - 03
東京スカイツリー - 03 posted by (C)pismo

東京スカイツリー - 04
東京スカイツリー - 04 posted by (C)pismo
Posted at 2013/09/08 16:44:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行(ドライブ以外) | 日記
2013年07月16日 イイね!

下総・常陸・川越・東京(5日目その2・江戸城)

そして、ここからは少しだけ東京です。
江戸城です。
江戸城は長禄元(1457)年に太田道灌により築城されました。
文明18(1486)年に太田道灌が上杉定正に暗殺され、扇谷上杉氏の城となりました。
永正2(1505)年、上杉朝良が隠居城としました。大永4(1524)年、北条氏綱が武蔵高輪原の戦いにより落城させ、北条氏が城代を置きました。
天正18(1590)年に北条氏が滅亡し、徳川家康が居城をここに定めました。
慶長8(1603)年、徳川家康が征夷大将軍になると、翌年より埋め立てによる城下の拡張が開始され、慶長11(1606)年には江戸城の西の丸、北の丸の増設や外郭の整備などの大増築工事が開始されました。
慶長12(1607)年には、慶長期天守が、元和8(1622)年には元和天守が完成。寛永13(1636)年には総構えが構築され、寛永15(1638)年には寛永天守が完成しました。
明暦3(1657)年の明暦の大火では寛永天守、本丸、二の丸、三の丸が焼失しました。以後天守は再建されず、万治2(1659)年、本丸御殿が再建されました。
慶長4(1868)年4月4日、江戸城は新政府軍に無血開城され、10月13日に東京城(とうけいじょう)に改名されました。明治2(1869)年には東京奠都、東京城は、皇城と称されました。
明治6(1873)年、西ノ丸御殿が焼失し、明治21(1888)年に明治宮殿が完成し、宮城(きゅうじょう)と改称されました。
大正12(1923)年9月1日、関東大震災で大きな被害を受け、昭和20(1945)年には空襲で大手門を焼失しました。
昭和23(1948)年、皇居と改称されました。
昭和24(1949)年に西の丸下及び現在の皇居を取り巻くお濠の地域が「国民公園皇居外苑」として一般に開放され、昭和44(1969)年からは北の丸地域が加えられ広く国民に親しまれています。

皇居東御苑は,旧江戸城の本丸・二の丸・三の丸の一部を宮殿の造営にあわせて皇居附属庭園として整備されたものです。
昭和38(1963)年5月30日に文化財保護法による「特別史跡」に指定されています。
平成18(2006)年には日本100名城に指定されました。

ここは、平成18(2006)年に皇居一般参観で訪れました。
東京旅行1日目(その1)皇居一般参観に参加してみる。
東京旅行1日目(その2)皇居東御苑を散歩
東京旅行1日目(その3)皇居周辺を巡る


今回は、火曜日でしたが休日の翌日と云うことで皇居東御苑は休園、和田倉休憩所でスタンプをゲットして、皇居外苑を回りました。前回は訪れていなかった場所なので、また違った印象があります。桜田門と西側の石垣がない土塁が印象に残りました。


江戸城 - 01
江戸城 - 01 posted by (C)pismo

江戸城 - 02
江戸城 - 02 posted by (C)pismo

江戸城 - 03
江戸城 - 03 posted by (C)pismo

江戸城 - 04
江戸城 - 04 posted by (C)pismo

江戸城 - 05
江戸城 - 05 posted by (C)pismo

江戸城 - 06
江戸城 - 06 posted by (C)pismo

江戸城 - 07
江戸城 - 07 posted by (C)pismo

江戸城 - 08
江戸城 - 08 posted by (C)pismo

江戸城 - 09
江戸城 - 09 posted by (C)pismo

江戸城 - 10
江戸城 - 10 posted by (C)pismo

江戸城 - 11
江戸城 - 11 posted by (C)pismo


日本100名城スタンプラリー 取得実績
004 弘前城     H24/7/12
005 根城      H24/7/13
006 盛岡城     H24/7/13
007 多賀城     H24/7/15
008 仙台城     H23/10/25
009 久保田城    H24/7/14
010 山形城     H24/7/15
012 会津若松城   H24/12/29
014 水戸城     H25/7/13
019 川越城     H25/7/15
020 佐倉城     H25/7/12
021 江戸城     H25/7/16
023 小田原城    H23/12/29
024 武田氏館    H23/12/30
025 甲府城     H25/6/15
026 松代城     H24/12/31
030 高遠城     H23/12/30
031 新発田城    H24/12/28
032 春日山城    H24/12/28
033 高岡城     H24/4/28
034 七尾城     H23/7/23
035 金沢城     H24/4/28
036 丸岡城     H23/6/18
037 一乗谷城    H24/4/28
038 岩村城     H24/6/23
039 岐阜城     H23/4/16
040 山中城     H23/12/29
041 駿府城     H23/12/28
042 掛川城     H23/12/28
043 犬山城     H24/6/23  
044 名古屋城    H24/3/24
045 岡崎城     H24/10/8  
046 長篠城     H24/10/8  
047 伊賀上野城   H24/4/1
048 松坂城     H24/3/8
049 小谷城     H23/12/23
050 彦根城     H24/1/14
051 安土城     H23/4/9
052 観音寺城    H24/1/14
053 二条城     H23/11/3
054 大阪城     H23/11/19
055 千早城     H23/12/10
056 竹田城     H23/11/16
057 篠山城     H23/11/26
058 明石城     H23/12/24
059 姫路城     H24/1/28
060 赤穂城     H24/1/28
061 高取城     H24/1/22
062 和歌山城    H24/2/18
063 鳥取城     H24/7/27
064 松江城     H23/6/27
065 月山富田城   H24/9/21
067 津山城     H24/4/14
068 備中松山城   H24/10/20
069 鬼ノ城     H24/10/20
070 岡山城     H24/1/7
071 福山城     H24/2/4
072 郡山城     H23/3/18
073 広島城     H23/3/17
076 徳島城     H24/5/21
077 高松城     H24/5/12
078 丸亀城     H24/5/12
079 今治城     H25/5/4
080 湯築城     H25/5/4
081 松山城     H25/5/4
082 大洲城     H25/5/4
083 宇和島城    H25/5/4
086 大野城     H24/9/3
088 吉野ヶ里遺跡  H24/9/1
089 佐賀城     H24/9/2
090 平戸城     H24/9/1
091 島原城     H23/9/17
092 熊本城     H23/9/18
093 人吉城     H23/9/15
098 今帰仁城    H25/3/21
099 中城城     H25/3/20
100 首里城     H25/3/22
H25/7/16現在 77/100城


Posted at 2013/09/08 16:19:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行(ドライブ以外) | 日記

プロフィール

「[整備] #PCX エンジンオイル交換(第9回目) https://minkara.carview.co.jp/userid/157690/car/1646340/4873121/note.aspx
何シテル?   07/13 21:09
ドライブで史跡巡りをやっています。 戦国時代の城・幕末がメインですが、史跡は全般的に好きです。 あとMacやデジタル製品など「新しいもの」も大好きです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

沖縄県編 
カテゴリ:お勧めスポット都道府県別リンク
2017/03/06 23:51:42
 
鹿児島県編 
カテゴリ:お勧めスポット都道府県別リンク
2016/01/09 20:03:52
 
宮崎県編 
カテゴリ:お勧めスポット都道府県別リンク
2014/07/01 23:55:48
 

お友達

名所旧跡を中心としたドライブの話題などが好きです。
よろしければ、遊びに来てください。
89 人のお友達がいます
yukiGyukiG * ある@ats-vgraceある@ats-vgrace *
やる気になればやる気になれば * @shu310.com@shu310.com *
BC5~BP5BC5~BP5 * スター★マンスター★マン *

ファン

65 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
H27.3レガシィBPより乗り換え
ホンダ PCX ホンダ PCX
H26.3購入しました。
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
H18.3アコードワゴンから乗り換えました。
ホンダ アコードワゴン ホンダ アコードワゴン
H11年式アコードワゴンCH9です。 ホンダのVTECエンジンは最高です。 100,00 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.