• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ピズモのブログ一覧

2015年05月30日 イイね!

駿河・遠江ドライブ(その3・遠州三山)

法多山尊永寺は、山号は法多山、寺号は尊永寺で、真言宗別格本山の寺院です。山号の法多山(はったさん)の名で広く知られています。同じく袋井市にある医王山油山寺、萬松山可睡斎とともに遠州三山の一つです。
神亀2(725)年、聖武天皇の命により行基によって建立され、聖観音菩薩像を安置したことに始まるといわれています。
真言宗の開祖空海も来山し、白河、後白河天皇の崇敬を受け、盛時の僧坊数は60余、中世以降、守護大名今川氏の庇護を受け、天正18(1590)年、豊臣秀吉は当寺の寺領として205石を安堵し、歴代徳川将軍によっても安堵され幕末まで維持されました。江戸時代には厄除け観音として遠州の高野山として親しまれました。
江戸時代後期の火災で伽藍を焼失し、明治初期の廃仏毀釈により規模が縮小されましたが、正面の寛永17(1640)年建立の仁王門がかつての威光をしのばせます。
現在の本堂は昭和58(1983)年に再建されたものです。
境内の茶屋で売られている「厄除けだんご」が名物として知られています。
法多山尊永寺 - 01
法多山尊永寺 - 01 posted by (C)pismo

法多山尊永寺 - 02
法多山尊永寺 - 02 posted by (C)pismo

法多山尊永寺 - 03
法多山尊永寺 - 03 posted by (C)pismo

法多山尊永寺 - 04
法多山尊永寺 - 04 posted by (C)pismo

法多山尊永寺 - 05
法多山尊永寺 - 05 posted by (C)pismo

法多山尊永寺 - 06
法多山尊永寺 - 06 posted by (C)pismo

法多山尊永寺 - 07
法多山尊永寺 - 07 posted by (C)pismo

油山寺は、山号は医王山、院号は薬王院、真言宗智山派の寺院です。同じく袋井市にある法多山尊永寺、萬松山可睡斎とともに遠州三山の一つです。
「ゆさんじ」と発音しますが、「あぶらやまでら」と愛称で呼ばれています。
大宝元(701)年、行基菩薩により創建されました。本尊の薬師如来は行基菩薩の作で、目に御利益があるとされ、天平勝宝元(749)年孝謙天皇が眼病平癒を願い、当寺の「るりの滝」の水で眼を洗浄したところ、全快したので勅願寺に定められました。
守護神である軍善坊大権現は、足腰の病に霊験あらたかとされ、目の仏様、油の仏様として崇敬を集めています。
山門は元掛川城大手門で万冶2(1659)年井伊直好が建立したもので享保16(1731)年、小笠原壱岐守により修復され、明治6(1873)年城主太田備中守が眼病全快のお礼として当山に寄進、移築されたものです。大正12(1923)年に修理の際に屋根を銅板葺にされましたが、昭和45(1970)年1月から大修理により建立当初に復元され、昭和46(1971)年7月に竣工しました。
薬師如来厨子は、本堂内陣の薬師如来安置の宮殿で、天文年間、今川義元の寄進によるものです。本堂は建久元(1180)年、源頼朝の寄進により、工藤左衛門尉祐経が普請奉行として建立されました。大永7(1527)年、隆栄法印により再建され、元和2(1614)年に大修理の後、更に元文4(1739)年、大僧都幸慧上人によって再修理建立されました。
昭和46(1971)年8月、茅葺き屋根を解体し、創建当初の型に復元し、銅板葺きに改め腐食部分の新補、建具、基段、床板等の大修理を完了しました。
三重塔は、長命寺(滋賀県)と宝積寺(京都府)と共に、桃山時代の三名塔のひとつに数えられています。
天正2(1574)年に着工し、二重まで進み、慶長16(1611)年に久野宗成により完成しました。嘉永6(1853)年に白木を丹塗りに、大正9(1920)年柿葺を銅板葺にしました。昭和42(1967)年から解体修理が行われました。
書院は、元横須賀城にあったもので、元禄12(1699)年に建てられ、安政6(1859)年、藩主西尾隠岐守より寄進されたものです。
方丈は宝暦14(1764)年に建立され、遠州浅羽代官所より移築されました。
油山寺 - 01
油山寺 - 01 posted by (C)pismo

油山寺 - 02
油山寺 - 02 posted by (C)pismo

油山寺・方丈 - 03
油山寺・方丈 - 03 posted by (C)pismo

油山寺・書院 - 04
油山寺・書院 - 04 posted by (C)pismo

油山寺 - 05
油山寺 - 05 posted by (C)pismo

油山寺 - 06
油山寺 - 06 posted by (C)pismo

油山寺・方丈 - 07
油山寺・方丈 - 07 posted by (C)pismo

油山寺 - 08
油山寺 - 08 posted by (C)pismo

油山寺 - 09
油山寺 - 09 posted by (C)pismo

油山寺 - 10
油山寺 - 10 posted by (C)pismo

油山寺 - 11
油山寺 - 11 posted by (C)pismo

油山寺 - 12
油山寺 - 12 posted by (C)pismo

油山寺 - 13
油山寺 - 13 posted by (C)pismo

油山寺 - 14
油山寺 - 14 posted by (C)pismo

油山寺 - 15
油山寺 - 15 posted by (C)pismo

油山寺 - 16
油山寺 - 16 posted by (C)pismo

油山寺 - 17
油山寺 - 17 posted by (C)pismo

油山寺 - 18
油山寺 - 18 posted by (C)pismo

可睡斎は、山号は萬松山、曹洞宗の寺院です。同じく袋井市にある、油山寺、法多山尊永寺とともに遠州三山の一つです。
応永8(1401)年、如仲天誾禅師によって開創された曹洞宗屈指の名刹です。
11代住職仙麟等膳大和尚は、幼い家康を戦乱から救ったことがあり、後に家康が浜松城主になった折、報恩の為に城に招かれた、その席でコックリコックリ居眠りを始めました。その姿を見た家康は、和尚の安らかな親愛の心を悟り、和尚に「睡る可し」(御前にて睡っても無礼ではないとの意)と言い、「可睡和尚」と愛称せられ、寺号も東陽軒から可睡斎と改め、後に拾万石の待遇と徳川家康最初の僧録司という職を与えられました。
秋葉総本殿可睡斎にお祀りしてあります秋葉三尺坊大権現様は、今から千三百年の昔、越後蔵王権現堂の十二坊の一つである三尺坊という僧坊で厳しい修行を重ね、秘密奥義を極めて神通力を得、観世音菩薩三十三化身の一つであります迦樓羅身を現じられました。かくして秋葉三尺坊様は、衆生済度のため、失火延焼の難を逃すことを第一に、三大誓願をおこし火防の霊場を開かれました。
秋葉三尺坊大権現様の御真躰は、明治6(1873)年に秋葉山秋葉寺より遷座奉安され、以来秋葉三尺坊大権現鎮座火防霊場として全国より信仰を集める祈祷の道場として、日々火防と人々の幸福を祈願しています。
(現地説明板などより)
可睡斎 - 01
可睡斎 - 01 posted by (C)pismo

可睡斎 - 02
可睡斎 - 02 posted by (C)pismo

可睡斎 - 03
可睡斎 - 03 posted by (C)pismo

可睡斎 - 04
可睡斎 - 04 posted by (C)pismo

可睡斎 - 05
可睡斎 - 05 posted by (C)pismo

可睡斎 - 06
可睡斎 - 06 posted by (C)pismo
Posted at 2015/06/17 21:52:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2015年05月30日 イイね!

駿河・遠江ドライブ(その2・丸子、藤枝)

鞠子宿(丸子宿)は、東海道五十三次の宿場です。
東海道中でもっとも小さい宿場で、名物はとろろ汁です。
丁子屋は、とろろ汁の老舗で歌川広重の「東海道五十三次」の丸子に描かれました。
慶長元(1596)年の創業です。建物は12代目の当主が、広重の浮世絵を再現するため丁子屋より西へ1kmほどの誓願寺近くの近藤家から譲り受け、昭和45(1970)年に移築されたものです。店舗右側に「梅の木」左側に「あんずの木」を植えて、背後に迫る横田山と共に広重の世界を再現しています。
内部はもちろんとろろ汁を楽しめますが、江戸時代の旅に使われていた旅道具や芭蕉、一九、広重にまつわる版画や掛け軸なども展示されています。
とろろ汁以外にも「おかべ揚げ」がおいしかったです。
丁子屋 - 01
丁子屋 - 01 posted by (C)pismo

丁子屋 - 02
丁子屋 - 02 posted by (C)pismo

丁子屋 - 03
丁子屋 - 03 posted by (C)pismo

丁子屋 - 04
丁子屋 - 04 posted by (C)pismo

丁子屋 - 05
丁子屋 - 05 posted by (C)pismo

丁子屋 - 06
丁子屋 - 06 posted by (C)pismo

吐月峰柴屋寺(とげっぽうさいおくじ)は、今川家六代当主今川義忠と七代当主氏親に仕えた連歌師・宗長が永正元(1504)年55歳で草庵を結び余生を送ったところです。
禅宗の影響で孤独閑寂の生活を楽しむことが流行し、宗長自身もここに京都銀閣寺を模した庭園を築き、四季の風物を眺めて暮らしたといいます。
風雅な庭園は本堂の正面はるか南方にある「丸子富士」や庭の西方にそびえる「天柱山」など美しい自然をたくみに取り入れた借景園と、庵の背景となる枯山水の庭園は、国の名勝・史跡に指定されています。庵の前庭には、北斗七星をかたちどって配置した七曜石と、宗長が月を出るのを座って待った月見石などがあります。その月見石の背後に師の宗祇と並んで宗長の墓があります。
柴屋寺は京の嵯峨から移植したと言われる竹林に囲まれ、宗長の手工に始まるという竹細工が民芸品として即売されています。寺宝には後水尾天皇御真筆の短冊、足利義政から賜った芦屋釜(文福茶釜)、頓阿法師作柿本人麿像及び一節切の笛などの文化財が保存され、公開されています。
吐月峰柴屋寺 - 01
吐月峰柴屋寺 - 01 posted by (C)pismo

吐月峰柴屋寺 - 02
吐月峰柴屋寺 - 02 posted by (C)pismo

吐月峰柴屋寺 - 03
吐月峰柴屋寺 - 03 posted by (C)pismo

吐月峰柴屋寺 - 04
吐月峰柴屋寺 - 04 posted by (C)pismo

吐月峰柴屋寺 - 05
吐月峰柴屋寺 - 05 posted by (C)pismo

吐月峰柴屋寺 - 06
吐月峰柴屋寺 - 06 posted by (C)pismo

吐月峰柴屋寺 - 07
吐月峰柴屋寺 - 07 posted by (C)pismo

吐月峰柴屋寺 - 08
吐月峰柴屋寺 - 08 posted by (C)pismo

吐月峰柴屋寺 - 09
吐月峰柴屋寺 - 09 posted by (C)pismo

吐月峰柴屋寺 - 10
吐月峰柴屋寺 - 10 posted by (C)pismo

吐月峰柴屋寺 - 11
吐月峰柴屋寺 - 11 posted by (C)pismo

吐月峰柴屋寺 - 12
吐月峰柴屋寺 - 12 posted by (C)pismo

駿河匠宿は、今川、徳川時代から受け継がれた静岡市の伝統産業と歴史をテーマに「創る・遊ぶ・学ぶ・触れる・観る・味わう」ことができる体験型施設です。静岡県が指定する「静岡県郷土工芸品」18品目の内、9品目が静岡市の産業により占められている静岡市の数多くの伝統工芸技術を維持し、発展PRする目的で造られました。
静岡市の伝統産業や歴史を紹介するほか、「竹染工房」「陶芸工房」「おもしろ体験館」の3施設からなる体験工房では、「漆器」「和染」「竹細工」「木製品(指物/挽物)」「木製はきもの」「陶芸」「レーザー加工/サンドブラスト」の製作体験ができます。また、産業展示ホールは、静岡の地場産業に関連する展示会を季節ごとに開催し、東海道歴史体験ホールでは、東海道の旅の様子や丸子の歴史などを紹介しています。
その他、静岡の工芸品や民芸品をはじめとする静岡の特産品を購入することができるおみやげ処「鞠子楽市」やお食事処「たくみ亭」、喫茶処「鞠子庵」などがあります。
駿河匠宿 - 01
駿河匠宿 - 01 posted by (C)pismo

田中城下屋敷は田中城の南東隅にあり、田中城の前身の徳一色城を築いた一色氏やその後裔の古沢氏の屋敷跡だとも伝えられています。
江戸時代後期には城主の下屋敷(別荘)があり、築山、泉水、茶屋等を設けて四季の景色を楽しんだともいわれています。
平成4(1992)年から平成7(1995)年度にかけてかつての庭園を復元整備し、茶室を元の場所に移築しました。また、田中城にゆかりのある本丸櫓、仲間部屋・厩、長楽寺村郷蔵なども移築復元しています。
本丸櫓は、もと田中城の本丸にあり、高さ9尺の石垣の上にあったといわれています。
本丸の南東隅の石垣の上に「御亭(おちん)」と呼ばれる2階建の建物があったことが記録に見え、これに該当するものです。
明治維新により、田中城には高橋伊勢守政晃(泥舟)が入りました。村山氏はその配下にあり、しかも泥舟の4男を養子にした関係で、明治3(1870)年にこの櫓の払い下げを受け、移築して住居としました。泥舟はこの建物を「光風霽月楼」と名付け扁額を掲げています。屋根はもと柿葺であったようです。田中城内より移築した建造物の中で昔から最も著名な建物です。
仲間部屋・厩は、大塚家にある長屋門に付設されていた納屋です。古くから、大洲村の大塚家にある長屋門は田中城内より移されたといわれてきましたが、調査の結果、長屋門に付設された納屋がそれだとわかりました。
仲間部屋と厩とを1棟に仕立てた建物で、手前右側の鬼瓦には、城主、本多家の家紋が刻まれていました。また解体にあたって「安政6年」と書かれた板材が見出されており、建築年代もその頃と推定されます。
茶室は明治38(1905)年頃、千歳の村松家にあったものを上伝馬町の奥野氏が譲り受け、屋敷内に移築したといわれています。もとは田中藩家老の茶室であったと伝えられていますが、下屋敷にあった「茶屋」とみられています。
建物はきゃしゃな造りの数奇屋建築で、西側の四畳半の間が茶室、東側には給仕口のついた六畳の待合が接続しています。
長楽寺村郷蔵は、市内に現存する唯一の郷蔵であり、貴重な建築物です。郷蔵とは、年貢米や飢饉に備えた非常米を保存するための蔵で、江戸時代には村ごとに置かれていました。村役人が管理しており、夜間は畳敷の小部屋に2人1組で泊まりこみ、夜番をしました。
長楽寺村の郷蔵は、明治10(1877)年頃に中西家に払い下げられました。この時郷蔵の半分を切り取り移築したものといわれ、本来は現状の倍の大きさであったとみられます。また、建替えした時の年月と村役人の名が柱に書き付けられています。
(パンフレットより)
田中城下屋敷 - 01
田中城下屋敷 - 01 posted by (C)pismo

田中城下屋敷 - 02
田中城下屋敷 - 02 posted by (C)pismo

田中城下屋敷 - 03
田中城下屋敷 - 03 posted by (C)pismo

田中城下屋敷 - 04
田中城下屋敷 - 04 posted by (C)pismo

田中城下屋敷 - 05
田中城下屋敷 - 05 posted by (C)pismo

田中城下屋敷 - 06
田中城下屋敷 - 06 posted by (C)pismo

田中城下屋敷 - 07
田中城下屋敷 - 07 posted by (C)pismo

田中城下屋敷 - 08
田中城下屋敷 - 08 posted by (C)pismo

田中城下屋敷 - 09
田中城下屋敷 - 09 posted by (C)pismo

平成21年の訪問↓
静岡県の史跡めぐり(2日目その2・静岡市)
静岡県の史跡めぐり(2日目その3・藤枝市)
Posted at 2015/06/17 00:09:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2015年05月30日 イイね!

駿河・遠江ドライブ(その1・駿府城)

久し振りに駿府城を訪れました。

以前の訪問↓
静岡・箱根・小田原・山梨・伊那ドライブ(1日目その2・駿府城)

紅葉山庭園は、花しょうぶなどの季節でした。
駿府城・紅葉山庭園 - 01
駿府城・紅葉山庭園 - 01 posted by (C)pismo

駿府城・紅葉山庭園 - 02
駿府城・紅葉山庭園 - 02 posted by (C)pismo

駿府城・紅葉山庭園 - 03
駿府城・紅葉山庭園 - 03 posted by (C)pismo

駿府城・紅葉山庭園 - 04
駿府城・紅葉山庭園 - 04 posted by (C)pismo

駿府城・紅葉山庭園 - 05
駿府城・紅葉山庭園 - 05 posted by (C)pismo

駿府城・紅葉山庭園 - 06
駿府城・紅葉山庭園 - 06 posted by (C)pismo

駿府城・紅葉山庭園 - 07
駿府城・紅葉山庭園 - 07 posted by (C)pismo

駿府城・紅葉山庭園 - 08
駿府城・紅葉山庭園 - 08 posted by (C)pismo

駿府城・紅葉山庭園 - 09
駿府城・紅葉山庭園 - 09 posted by (C)pismo


徳川家康公銅像
駿府城 - 10
駿府城 - 10 posted by (C)pismo

駿府城・二ノ丸御門跡 - 11
駿府城・二ノ丸御門跡 - 11 posted by (C)pismo

駿府城 - 12
駿府城 - 12 posted by (C)pismo

こちらは、平成26(2014)年に再建された坤櫓(ひつじさるやぐら)。初めて見ます。
駿府城・坤櫓 - 13
駿府城・坤櫓 - 13 posted by (C)pismo

駿府城・坤櫓 - 14
駿府城・坤櫓 - 14 posted by (C)pismo

駿府城・坤櫓 - 15
駿府城・坤櫓 - 15 posted by (C)pismo

駿府城 - 16
駿府城 - 16 posted by (C)pismo

駿府城・坤櫓 - 17
駿府城・坤櫓 - 17 posted by (C)pismo

駿府城・坤櫓 - 18
駿府城・坤櫓 - 18 posted by (C)pismo

駿府城・坤櫓 - 19
駿府城・坤櫓 - 19 posted by (C)pismo

駿府城・坤櫓 - 20
駿府城・坤櫓 - 20 posted by (C)pismo

駿府城・巽櫓 - 21
駿府城・巽櫓 - 21 posted by (C)pismo

駿府城・巽櫓 - 22
駿府城・巽櫓 - 22 posted by (C)pismo

駿府城・巽櫓 - 23
駿府城・巽櫓 - 23 posted by (C)pismo

駿府城・東御門 - 24
駿府城・東御門 - 24 posted by (C)pismo

駿府城・東御門 - 25
駿府城・東御門 - 25 posted by (C)pismo

駿府城・東御門 - 26
駿府城・東御門 - 26 posted by (C)pismo

駿府城・東御門 - 27
駿府城・東御門 - 27 posted by (C)pismo

駿府城・東御門 - 28
駿府城・東御門 - 28 posted by (C)pismo
Posted at 2015/06/16 20:11:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2015年05月25日 イイね!

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地

ちくさ高原は、国内有数のクリンソウの群生地があります。
クリンソウは、兵庫県のレッドデータブックBランクにも指定されています。
高原内のちくさ湿原は、約15haの谷間の湿地などにクリンソウが群生しています。
地元の有志「クリンソウを守る会」のメンバーが中心となり管理されており、毎年5月中旬〜6月中旬まで楽しむことができます。
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 001
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 001 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 002
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 002 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 003
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 003 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 004
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 004 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 005
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 005 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 006
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 006 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 007
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 007 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 008
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 008 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 009
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 009 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 010
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 010 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 011
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 011 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 012
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 012 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 013
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 013 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 014
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 014 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 015
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 015 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 016
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 016 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 017
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 017 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 018
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 018 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 019
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 019 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 020
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 020 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 021
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 021 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 022
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 022 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 023
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 023 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 024
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 024 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 025
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 025 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 026
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 026 posted by (C)pismo

ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 027
ちくさ高原・ちくさ湿原クリンソウ群生地 - 027 posted by (C)pismo
Posted at 2015/06/16 00:28:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2015年05月25日 イイね!

姫路城グランドオープン後初訪問

平成の大修理を終え、平成27年3月27日より公開開始した姫路城をグランドオープン後初訪問です。

工事前からの変貌は下記の通りです。
平成21年9月17日 歴史秘話ヒストリア「姫路城 美と強運の400年物語 ~巨大迷宮の秘密を探る旅~」の影響を受けて姫路城散策 姫路城のライトアップ
平成24年1月28日 姫路城「天空の白鷺」
平成25年11月22日 完成間近の「平成の大修理」姫路城
平成26年6月29日 国宝姫路城大天守保存修理工事から姿を現した姫路城とその周辺
平成27年3月24日 姫路市立美術館「竹内栖鳳展」・姫路城・置塩城

オープン後しばらく経っているし、平日なので空いていると思いきや・・・天守前では渋滞が発生。2階、4階と入場制限がかかりました。天守内は人を見に来ているような感じがしたので、早々に退散しました。

白亜の天守が間近に見ることができ、良かったのですが、やはり平日でこの混雑なので土日はとんでもない感じなのでしょう。
また、順路や動線が厳しくなり、以前のように自由にグルグル回って縄張りを楽しむ、というのはできなくなっていました。
人気が出るのはいいのですが、お城は建築物だけでなく、縄張りを感じてこそ楽しめます。少し残念です。
姫路城 - 01
姫路城 - 01 posted by (C)pismo

姫路城 - 02
姫路城 - 02 posted by (C)pismo

姫路城 - 03
姫路城 - 03 posted by (C)pismo

姫路城 - 04
姫路城 - 04 posted by (C)pismo

姫路城 - 05
姫路城 - 05 posted by (C)pismo

姫路城 - 06
姫路城 - 06 posted by (C)pismo

姫路城 - 07
姫路城 - 07 posted by (C)pismo

姫路城 - 08
姫路城 - 08 posted by (C)pismo

姫路城 - 09
姫路城 - 09 posted by (C)pismo

姫路城 - 10
姫路城 - 10 posted by (C)pismo

姫路城 - 11
姫路城 - 11 posted by (C)pismo

姫路城 - 12
姫路城 - 12 posted by (C)pismo

姫路城 - 13
姫路城 - 13 posted by (C)pismo

姫路城 - 14
姫路城 - 14 posted by (C)pismo

姫路城 - 15
姫路城 - 15 posted by (C)pismo

姫路城 - 16
姫路城 - 16 posted by (C)pismo

姫路城 - 17
姫路城 - 17 posted by (C)pismo

姫路城 - 18
姫路城 - 18 posted by (C)pismo

姫路城 - 19
姫路城 - 19 posted by (C)pismo

姫路城 - 20
姫路城 - 20 posted by (C)pismo
Posted at 2015/06/15 22:46:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記

プロフィール

「[パーツ] #レヴォーグ カップホルダー クワトロ X カーボン調 ブラックメッキ / DZ373 https://minkara.carview.co.jp/userid/157690/car/1902122/9090533/parts.aspx
何シテル?   03/25 21:35
ドライブで史跡巡りをやっています。 戦国時代の城・幕末がメインですが、史跡は全般的に好きです。 あとMacやデジタル製品など「新しいもの」も大好きです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/5 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

沖縄県編 
カテゴリ:お勧めスポット都道府県別リンク
2017/03/06 23:51:42
 
鹿児島県編 
カテゴリ:お勧めスポット都道府県別リンク
2016/01/09 20:03:52
 
宮崎県編 
カテゴリ:お勧めスポット都道府県別リンク
2014/07/01 23:55:48
 

お友達

名所旧跡を中心としたドライブの話題などが好きです。
よろしければ、遊びに来てください。
89 人のお友達がいます
朝霞の種馬reborn朝霞の種馬reborn * すた☆君すた☆君 *
FLAT4FLAT4 * ぱん・ともしぱん・ともし *
Ron StinxRon Stinx * カワトロ・バジーナカワトロ・バジーナ *

ファン

65 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
H27.3レガシィBPより乗り換え
ホンダ PCX ホンダ PCX
H26.3購入しました。
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
H18.3アコードワゴンから乗り換えました。
ホンダ アコードワゴン ホンダ アコードワゴン
H11年式アコードワゴンCH9です。 ホンダのVTECエンジンは最高です。 100,00 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる