• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

gonbeの愛車 [ホンダ フィット3 ハイブリッド]

整備手帳

作業日:2021年5月2日

DAC周り

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
難易度 ★★★
作業時間 3時間以内
1
THS4631がまだ変。 30mVというオペアンプにしては大きなオフセットが出てるのに気が付いたのですが、周囲の信号におかしいところは無し・・・こりゃ壊しちゃったかと疑うも、そうでもなさそうなので、まずはマニュアルの読み込み。 リード部品(針金の出た部品)を使うなとか、部品配置はチップから数mm以内とかDIPの下駄をはかせて動かせる代物じゃありませんね。 結局ウルトラ3D配線でできる限りのことをやって収まったようです。 内部で発振してたのかな。

写真のI/VはMUSE03ですが現状はOPA627でたまにLME49720です。最近OPA1622も参戦してるのですが、使いこなせてません。
2
オペアンプが落ち着いた?ところで電源もいろいろと試してます。最終段にLDOというのも解像度感に関しては良かったんですが、やっぱり使い慣れたスタンダードなリニアの帰還電源が聞きやすいです。 
初段にスイッチング周波数の高い3端子のDC-DCも試したんですが、これは今一つでした。

ES9038PROはデジタル電源とアナログ電源にわかれているので、それぞれとの組み合わせも試してみたいです

オペアンプは9255から頂戴したスイッチングを直結ですが、ここには無帰還のバッファでも挟んでみようかと思います。

まぁDACの電源いぢりはものすごく音への影響が大きいので面白いですね。
電源を変更した場合、たいてい最初は「やってもうたぁ・・・」状態が多いのですが何時間かすると落ち着いてくるので、判断を焦らないのが吉です。
たいていは電解コンデンサが落ち着くのに時間がかかるからかと思います。
3
miniDSPに実装されているDC-DCを撤去です。 DC入力12V~5Vから
まず3.3Vを作ってそこから5Vを作る構造でした。順番がおかしいようにも思えますが大半の電流は3.3Vで消費してますので、部品のサイズを考えるとこういう発想もアリです。
この基板は全てがデジタル動作というわけではなくて、SPDIF入力のPLLとかマスタークロックの発振器とかはアナログ的な動作をしますので、この電源を触るだけでも結構音が変わります。
最初の通電では中高音がすっきりして余韻が増えた・・・ような気がしましたがこの先どうなるか!?

miniDSPも入出力解像度は24bit(内部演算は32bitのフローティング)ながら192Kサンプル処理の製品が出てきてます。 I2Sからだと32bitで取れるのかな~ オンボードのDACはいらないのでもう少し安いのが出ないかな~
4
マイコン周りもぼちぼち進化してます。
車から降ろしてくるときに操作用のロータリーコマンダーをいちいち外すのがめんどくさいのと、当然ながら電源立ち上げ時にはボリューム設定は最小ですので、ジャンパーでコマンダー不要、全チャンネルボリューム最大のテストモードを作りました。 
また、今まではES9038Proにコマンドを送りっぱなしでしたので、DAC基板の動作確認には音を出す必要があったのですが、とりあえず起動時にESS9038のIDを読みだして表示するようにして、DACとマイコンの接続まではすぐに目視確認できるようにしました。 要はやらかしたときに早くスイッチを切るためです。
しかし寄る年波でプログラミングに時間がかかるのがもどかしいです。やるべきことはだいたいわかってるんですが、書き方をいちいち調べないといけないので・・・最初はたったの200行のプログラムに1日かかりました・・・アセンブラで組んでたころを思えば、出来合いの関数もたくさんあって超簡単になってるんですが・・・なさけなし。

5
現在のシステム全景
最近のDACやDSPは動作周波数も高くて基板が裸だとそれなりに電波漏洩があるようで、ガレージのオーバードアのリモコン(電波)が効きにくいのです。 ケーブルのそこここにパッチンフェライトを挟んであります。 音質には多分関係ないと思いますが、リモコンの動作には結構効きます。 まずはケースをなんとかせねば。

イイね!0件




関連整備ピックアップ

冬支度 寒冷地の着雪対策

難易度:

ラジエーターバルブに貼ってみました。

難易度:

ご対面

難易度: ★★★

ツインカラーフォグランプ

難易度:

1年点検

難易度:

スタッドレスタイヤへ交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.